記事一覧

[ワンピース 考察] “D”とはある「思想」の略称?それは血縁を絶たれても消えない「意志」


物語の大きな謎の一つ“D”について、これまでアレコレ考えてきた。

“D”の名を持つ者達!“Dの意志”まとめ考察

宿命の種族!? “D”の意味を考えよう

“D”と“ディー”の違いについて考える


これらの記事を書いた事と、そのコメント欄でのやり取り等から

今回は、“D”について現状での個人的な考えをまとめておきたい。

仮説の結論と共に、作中のセリフ等の裏付けも添えて書いてみる。

① D=ある思想の略称?

② Dの一族の中に巨人族が居る理由

③ 宿命の種族

④ その思想とは



[① D=ある思想の略称?]

その王国の“存在”と“思想”こそが

お前達「世界政府」にとっての

脅威なのではないのか!!!


[クローバー博士]


博士の言うように、「世界政府」にとっての脅威はその「思想」。

つまり“D”とは…空白の100年に存在した「ある巨大な王国」の民達が持っていた「思想」の略称なのではないだろうか。

ならば「ある巨大な王国」には、「思想を生み出した大元となる者」が居た筈。

その者こそ、元々“D”を冠する者だった?

そして、その思想に賛同する者が、次々に名前に“D”を刻みこんだ?

その理由は2つ考えられる。

1つ目は、大衆にその思想を広める為。

2つ目は、大本にいる「“D”の思想を生み出した者」を分からなくする為。


タイヨウの海賊団が、奴隷とそうでない者を分からなくする為、全員に太陽のマークを入れた様に、本物の“D”を隠すために、その賛同者が次々に“D”を名乗ったのではないか。

そして、それを遥か未来に繋いでいく事が“Dの意志”なのかもしれない。

ロジャーの意志を継ぐ者達がいる様に

いずれエースの意志を継ぐ者も現れる…

”血縁”を絶てどあいつらの炎が消える事はねェ…

――そうやって遠い昔から脈々と受け継がれてきた……!!


[エドワード・ニューゲート]



[② Dの一族の中に巨人族が居る理由]

その思想には、種族も性別も血縁すらも関係がない。

ゆえに、“Dの一族”の中に巨人族であるサウロがいた事も頷ける。

元々その思想に賛同する者ならば、誰でも付けることが出来たモノだからだ。

ああ…これは

よく知らんでよ

ウチの家系はみんなくっついとるんでよ


[ハグワール・D・サウロ]


このように、名に“D”を持つ者は“Dの一族”として、子孫にそのミドルネームを継いでいくんだろう。

[スポンサーリンク]


[③ 宿命の種族]

一族と言えど、血縁ではない“Dの一族”。

その「意志」を後世に伝える事を半ば運命的に定められている事から、“宿命の種族”と呼ばれるんだろうか。

隠し名“D”…!!

間違いない

お前は宿命の種族

“Dの一族”だ……!!


[ ドンキホーテ・ロシナンテ]


その意味まで子や孫に伝えない者も多いのだろう。

その為“D”について何も知らない者も多い。

主人公のルフィもまた然り。

その意味を知る者、秘めたる使命がある者には、“隠し名”と共に“忌み名”を持つ者もいる?

「D」は隠し名

「ワーテル」は忌み名で…

ウチの家系は代々…


[トラファルガー・D・ワーテル・ロー]


幼少期のローが言いかけた「ウチの家系は代々…」に続く言葉に、それに繋がるヒントがありそうな気がしている。

しかし、それでも不慮の事故等によってその意味の伝承も途絶えることがある。

例えば、ローのパターンでいうとフレバンスの一件だったり。


[④ その思想とは]

最後に、“D”の思想を持つ者達について。

彼ら彼女らは、その根底に「自由」の心を持つ者達だと思う。

・世界で一番自由である者が海賊王だと言うルフィ

・天竜人が牛耳るこの世界を変えたいと行動するドラゴン

・海軍の中に居て、縛られることのないガープ


それこそ、「“D”の者達の思想」の根底にあるものだと思う。

その意味にまではちょっと考えが届かなそうだけど。笑

―――――――――――――――――――

とりあえず、今のところの“D”に関する考察の最新版はコレ!という事で。


[関連リンク]

“D”の名を持つ者達!“Dの意志”まとめ考察

宿命の種族!? “D”の意味を考えよう

“D”と“ディー”の違いについて考える


[スポンサーリンク]


コメント

dの略称

dは「dying message」説結構ないですか?調べてみると(以下引用)
ダイイング・メッセージ(dying message)とは、ミステリー作品において死亡した人物が死の間際に残したメッセージのこと。 多くは殺人事件の被害者によって犯人を示す目的で残される。:
とありますがロジャーの死に際の一言、また、現在の世界政府が巨大な文明を滅ぼしたつまり殺したと考えればそのことを伝えるのが「D」まさに一致しています なかなか有力な説ではないでしょうか

Dの一族、Dの意思についての考察で、
彼らが現・世界政府の被害者であるようなものはよく見ますが、
逆に彼らが加害者で...
みたいなものはあまり見ません。

尾田先生なら、そのくらいの大逆転してしまいそうな気がします。。

No title

強者が今の体制を打倒しトップを挿げ替えるなら特に”Dの意志”は必要ないと思うのですよ。人や種族を差別したり弱い物から搾取したり支配をする、そうゆうものが無い自由を求めるのが”Dの意志”それをルフィ”から感じたのでは、多分。

かんりにんさん

>>過去に「“Dの一族”が海軍に所属している事実をどう解釈する?」って記事を書いたんですが、上手い事結論までたどり着けなかったんですよね('Д')

ガープはエースとルフィを海軍にしようとしていた、積極的に海軍に入る事で消すべき灯から外したかったのかな?
Dがターゲットになりやすいことは、隠し名にするくらいだから事実だろうし。

Re: No title

> たとえばルフィや革命軍に触発・導かれそういう意志をもてばミドルネームに”D”が付かなくても”Dの意志”になるんじゃない。

広く見ればそれも”Dの意志”になるんですかねぇ。

でも、Dr.くれははルフィのミドルネームを知って”Dの意志”を感じてましたよね~

Re: No title

> 「ある巨大な大国」では種族等関係なく「D」を名乗った可能性はある。その後大量にXXされたり、名を捨てたり隠したり伴侶の姓を継ぐなどし減った。

空白の100年の出来事は、いつか壮大な過去編としてコミックス1~2冊くらいのボリュームで描いて欲しいですな('ω')

Re: 特定の一族がD

> たった7歳のルフィでもモンキー・D・ルフィと呼ばれる以上、意志を持つ前でもDが確定している。

それについては記事中にも書いてますがサウロと同じで、代々家系的に「D」が付いてるからそこに意志は関係ないですよね。


> 一族であっても必ずしもDの意志を持つとは限らない。

それはぼくもそう思います~

かつてその意志を持っていても、世代が変わる事で薄れていくものでしょうし('ω')

Re: No title

> 自由・差別の無い社会を求め集った者達が”D”そういう意思を”Dの意思”。つまり支配する者にとって民衆が”Dの意思”を持って”D”になってしまうのが最も厄介。勿論皆が”Dの意思”を持つまで導く者がいると思うますが、それは作中で”D"の名を持ちラフテルに到達する者。

それが「=ルフィ」になるんですかね?(*´ω`*)

>伝説はかく語りきさん


> Dは思想かと言われると疑問はある、思想に意思はないからね、Dをもつ人達の意思=思想だから、ある意味あってるけど解釈が難しいよね。

ふ~む、なるほど。

確かに解釈が難しいですねぇ('Д')

Re: タイトルなし

> 不思議なのは政府が積極的にDを滅ぼそうとはしてないことですね
> それどころか海軍にも普通に入れるし出世もできる
> オハラやシャンドラ等、歴史に関わるものは執拗なまでに消したのに。政府側はDが何であるかも理解してるのに。
> 昔は抹殺対象だったけど、もう歴史を忘れてただの名前の一部でしかなくなったから残ったDは捨て置いてるんですかね?

そこなんですよね~

過去に「“Dの一族”が海軍に所属している事実をどう解釈する?」って記事を書いたんですが、上手い事結論までたどり着けなかったんですよね('Д')

http://onepiece-log.com/blog-entry-1280.html

>でんちさん

> 夢見る災害つうと、drug?
> ドラッグつうと日本語では違法ぽいけど、そもそも薬は用法次第で全部毒ですからね

お~、Drug!

頭文字が「D」の単語って色々ありますねぇ(^^)

>ゆーとさん

> ムー大陸伝説は、あくまでも確証のない伝説ですから、伝説をモチーフにするのも問題ないとは思います。

モチーフにすることについては全く問題があるとは思ってないです(*'▽')

これまでも童話や神話からアレコレ引っぱってきてますしねw

No title

”D”のミドルネームは”巨大な大国”の時代に付いた可能性はあるな。巨人族にも生き残りがいるし。これは特定の王族だけが”D”じゃないよってことじゃない。その当時の国民の意思は”支配・束縛・差別されない自由を求める意志=”Dの意志”は当たり前(その為に集まった民だから) 現代でいえ、たとえばルフィや革命軍に触発・導かれそういう意志をもてばミドルネームに”D”が付かなくても”Dの意志”になるんじゃない。

No title

「ある巨大な大国」では種族等関係なく「D」を名乗った可能性はある。その後大量にXXされたり、名を捨てたり隠したり伴侶の姓を継ぐなどし減った。

特定の一族がD

たった7歳のルフィでもモンキー・D・ルフィと呼ばれる以上、意志を持つ前でもDが確定している。
よって、特定の一族がD。Dの王国の王族の末裔たちがD。
一族であっても必ずしもDの意志を持つとは限らない。

No title

初めの頃は特定の一族が”D”だと思っていたのですが、今は自由・差別の無い社会を求め集った者達が”D”そういう意思を”Dの意思”。つまり支配する者にとって民衆が”Dの意思”を持って”D”になってしまうのが最も厄介。勿論皆が”Dの意思”を持つまで導く者がいると思うますが、それは作中で”D"の名を持ちラフテルに到達する者。

Dの意思そこには支配と自由の対立があることは間違いないとは思う。

先スレ話でグランドラインの島はつながると書いたけど、じつはレッドラインすらその影響でできていると考えてます。
十字の中心は爆心地でマリージョアこそ失われた国の中心、からの玉座はDの意思(失われた国の考え)の一部でそれを潰した側が服従を示して剣を突き刺し、担ぐべき王を座に据えたとかかも?

Dは思想かと言われると疑問はある、思想に意思はないからね、Dをもつ人達の意思=思想だから、ある意味あってるけど
解釈が難しいよね。

Dに巨人がいることは、けして難しくはない、Dと巨人が結婚してDを名乗ればよいからね、魚人がいないのは魚人は魚扱いで人と認められていなかったから、もしくは人と魚人の対立の中で、人の名前であるDを魚人が名乗ると、仲間内から殺され兼ねないから名乗らなかった。

不思議なのは政府が積極的にDを滅ぼそうとはしてないことですね
それどころか海軍にも普通に入れるし出世もできる
オハラやシャンドラ等、歴史に関わるものは執拗なまでに消したのに。政府側はDが何であるかも理解してるのに。
昔は抹殺対象だったけど、もう歴史を忘れてただの名前の一部でしかなくなったから残ったDは捨て置いてるんですかね?

一方で王国側もポーネグリフの様にDを守ろうとも何かを託そうともしてない様に見えます。今のところは、ですが。
一族が絶えないような対策をしてる訳でもなく、実際に(親族がいないとしたら)ゴール家とポートガス家は絶えてしまいましたし、他にも絶えたD家はあるでしょう。

100年の歴史で重要な役割を果たしたのは間違いなくても
王国にとっても20人の王にとっても、Dが残るかどうかは大した問題ではなかったのかもしれませんね
でも一族の性質的に結果として嵐を招いてる

あ、でもトラファルガー家ではDを隠してたからやっぱり昔は抹殺対象だったのかな

かんりにんさんへ
dreamとdisasterを一つの言葉ですか
難しいですね
夢見る災害つうと、drug?
片方から見れば薬
片方から見れば毒
ドラッグつうと日本語では違法ぽいけど、そもそも薬は用法次第で全部毒ですからね

ムー大陸伝説は、あくまでも確証のない伝説ですから、伝説をモチーフにするのも問題ないとは思います。そのムー大陸の王がラ・ムーという名前らしいので、その昔、存在した大きな国の王もディーという名前かも知れませんね、笑。頭文字がDではなく、王様ディ、ディー王、まさにDという訳です。思想における指導者と同時に王でもあった、のかも。マンガ的には、ドーン王国のドーン王の方が面白いですが。俺の本当の名前は、モンキー・ドーン・ルフィだ~。で、ど~んと登場したら、読者は思わず、笑いながら突っ込んでしまうかも。以前から出ているドーンは、個人的には今のところ最も有力だと考えてあるので。

>でんちさん


>ある側から見れば夢dream。ある側から見れば災害disaster

見る側から意味が変わるのは面白いですね~

それを一つの言葉で表せたら更に良さ気(^_-)-☆

>なななな~さん


>そもそも、Dの一族が持つ"ある思想"でないと世界政府に脅威を与えることは出来ないのかな…?空白の100年に栄えた王国の思想を受け継ぐDの一族も危険ではあるけど、過去の歴史に関係なく現時点での世界政府に対する不満や疑問を感じている人物(組織)がDに感化されずに自ら立ち上がるだけではダメなのかな?

ふむ、確かにそこは気になるとこですよね!

例えば、ポーネグリフを読み解いたオハラの学者達に相当な武力があれば、現政府に反旗を翻す事も十分可能なわけですもんね。

それだけじゃダメな理由を尾田先生には期待したいですね~(*'▽')ノ

単純に
夢 dream
災害disaster
ではないかな、と
どっちも作品世界で多用されますし
ある側から見れば夢
ある側から見れば災害

そもそも、Dの一族が持つ"ある思想"でないと世界政府に脅威を与えることは出来ないのかな…?
空白の100年に栄えた王国の思想を受け継ぐDの一族も危険ではあるけど、過去の歴史に関係なく現時点での世界政府に対する不満や疑問を感じている人物(組織)がDに感化されずに自ら立ち上がるだけではダメなのかな?

例えば、巨大な橋を作らされている世界政府非加盟国の人たちが反乱を起こしたり、魚人のように差別されている種族の人たちが行動を起こし政府に大ダメージを与える的な…

世界政府を倒す為の動機や思想は他にも考えられるけど、致命的な脅威を与えるには
その"思想"は必要不可欠なのかな???

>ゆーとさん


>Dは思想の頭文字とは違うのではないか?と思います。Dの意思で考えると、思想家には意思があっても、思想に意思はないですので。おそらく、Dは名前等の固有名詞の頭文字だと考えます。

ふむふむ、再考の余地はまだまだありそうですな~( `ー´)ノ



>昔あった巨大な国のモデルは、アトランティス大陸やムー大陸伝説をモチーフに考えたのかもしれない

これは割とよく見る説ですな!(*´ω`*)笑

No title


>「あわよくば天災をも払いのける神の様な王になれたら...」

確かにこれはちょっと気になるセリフですよね~

リク王が強大な力を持つフラグなのか、そのような人物が出てくるフラグなのか…('Д')

>Pさん


>そもそも何故、今なお世界政府はDの一族、意志を危険視するのでしょうか?

やはりそれはクローバー博士が言っていた事に尽きるのでは?

記事中にも書きましたが、「その王国の“存在”と“思想”こそが お前達「世界政府」にとっての 脅威なのではないのか!!!」の部分です。

やはりその「思想」が現政府の脅威となる、と。

>斑海ネコさん


>1つ目は血縁的民族。2つ目は文化的民族。3つ目は国家的民族

おお、民族学について学んでいたのですか(*'▽')

良いコメントありがとです、勉強になります!

フワフワしてた考察にしっかりと骨格と肉が付いて行く感覚ですわ~

>理IZMさん


>あとはギリシャ語書いてる人いましたけど、ONE PIECEの文字と関係してこないかなぁ?なんて思ってます。

尾田先生曰く「ONE PIECE」というタイトルにも大きな秘密があるそうですからね~!

そことも絡めて考えたいですよね(^^)/

「D(d)」を「ひっくり返す」っていう発想は面白いと思います~!!

>謎と伏線さん


>「”D”の意志を継ぐ者ならば~」

そのくだりの印象として、「”D”の意志を継ぐ者」ってのは結構多く居そうな気がしたんですよね('◇')ゞ

単純に「名に“D”を持つ者」程度の意味なのかな~?と。

もちろん、白ひげがルフィに期待してるってのは様々な描写から分かります(^_-)-☆

以前、別のDに関する記事欄でも以下の考察コメントを書きましたが、再度追記します。 Dとは、その思想の創始者で、人々を導いた指導者の名前の頭文字かその指導者が組織した団体又は国家の頭文字であり、その指導者の血縁的一族及び末裔をDの一族又は宿命の種族と言うと考えています。コラさんはローを見てその血縁的末裔であると見抜いたのかもしれません。また、Dの一族以外にも存在するミドルネームにDを持つ人物は、指導者Dの思想に共感した人々の末裔で、その血縁的末裔のリーダーが世に立つ時は、そのリーダーの旗のもと、一声に蜂起し集まる運命なのかもしれないですね、笑。ローは血縁的末裔であっても、ルフィこそ、そのリーダーになる男だと認めていたのかもしれません。ちなみに、ワンピースの後半では、Dをミドルネームではなく、姓がDで始まる人物も出てくると予想しています、笑。まさに、Dの直系の末裔とでも言いましょうか。ルフィのお母さんかも、笑。ところで、かんりにんさんには申し訳ないですが、Dは思想の頭文字とは違うのではないか?と思います。Dの意思で考えると、思想家には意思があっても、思想に意思はないですので。おそらく、Dは名前等の固有名詞の頭文字だと考えます。話は変わりますが、昔あった巨大な国のモデルは、アトランティス大陸やムー大陸伝説をモチーフに考えたのかもしれないですね。既出ならご容赦の程。

No title

>斑海ネコさん
玉ねぎの腐った臭いですか、すご過ぎて想像すらできません(笑)。
悪魔の実の味、なるほど、確かにそうかもしれませんね。

世界政府が「巨大な王国」を攻めたのは自由思想を危険視したのと、
悪魔の実を手に入れるためだったとしたら面白いかも。

それにしても幼いルフィは、
まずい悪魔の実をデザート代わりによく食べましたね。
「一度食った物は絶対吐き出したくねェんだ」精神は、
すでにこの頃から培われていたのかな?

>滝さん、塩アメさん、斑海ネコさん


お三方のコメントをピックアップさせていただいて下記の記事にまとめました(*'▽')ノ

悪魔の実のモデルは果物の王様ドリアン?その発祥は!?
http://onepiece-log.com/blog-entry-1473.html

取り急ぎ、ご報告まで!

また後程、皆様へのコメントの返信に来ます~!!

No title

Dってのが顔文字の「:D」から来てたらちょっと拍子抜け、、てのはさておき。
個人的にはリク王が王位に戻るときに言ってた「あわよくば天災をも払いのける神の様な王になれたら...」って台詞も気になります。

No title

少し未来のワンピース人また来ないかな?
当たってて驚いた

はじめてのコメントで失礼します。。

「D」についての考察は沢山ありますが、
そもそも何故、今なお世界政府はDの一族、意志を危険視するのでしょうか?
宿命の種族とまで言われてますが、現在ではルフィやサウロなどDの意志について理解していない人物も多いと考えられます。
さらに一言にDの一族と言っても考え方や主義は統一されていないように感じます。
それでも「世界をひっくり返す」にはDの一族でないと出来ないのでしょうか?
かつて栄えた王国が歴史から消え長い時間が経ち、他の勢力(Dを持たない人物)が世界をひっくり返す可能はないのか疑問です。
Dを持つから世界をひっくり返すのか
世界をひっくり返す事が出来るのがDだけなのか、、、

浅い知識で拙いコメントになりました。
すみません。。。

>塩アメさん
確かドリアンは味は良いものの、玉ねぎの腐ったような強烈な臭いがすると読んだことがあります。

悪魔の実の味が強烈なのはドリアンがモデルだからなのかもしれませんね。

民族的に考えると

以前民族学について学んでいたのですが、私の先生は民族の概念の基本をおおまかに3つに分けて説明していました。
1つ目は血縁的民族
2つ目は文化的民族
3つ目は国家的民族
なお○○人=○○民族と必ずしもなるわけではありません。

Dの一族は血縁は関係ないそうなので、「Dを名乗るという文化を持つ」と考えれば、文化的民族なのかもしれません。
また巨人族のサウロも含まれているところを見ると、かつての巨大な王国は現在の万国のような国でありDの一族は元々国家的民族だったと考えられます。
ちなみに元々の国家や民族居住地から離散すること、また離散して別の土地に住んだ国民や民族のコミュニティのことをディアスポラdiasporaと言います。
現実ですとユダヤ人がそうですね。ただし彼らの場合はDiasporaです。

たとえば仮に万国が崩壊し住人が離散した際に、その住人達が名前に「T(ティー、トットランド)」を入れるような感じですかね?名とは所属コミュニティを表すものでもあるので。
そして血が繋がっていなくても思想や遺志を継いだ者もその名を入れられるのがDなのかもしれません。
歌舞伎や落語のような襲名や、あるいは武家の通字でしょうか。どちらかと言えば後者が近いですかね。
落語のように「血の繋がりが無くとも育ての親とも言える師の名を継ぐ」ようなものとも考えられますが。
時には憧れで名乗ったものもいるかもしれません。そんな例が無きにしも非ずなので。

しかしコラさんいわくDの一族は「宿命の種族」。民族とは言われていません。
そして現在「Dの一族」と明言?されているのはロー1人。
忌み名の有無かと思いましたがコラさんは忌み名には反応してなかったんですよね。
それが今も不可解です。

連投すいません

先ほど書いた
one-piece→one-diece
文字の見方では無く「読み方」に着目してみたのですが
・ワンピース→ワンダース

で、ダース→12個を1ダースと読む
ちなみにダースは旧フランス語らしいですが、ギリシャ語っぽいつづりでした。

ウィキでダースを調べてみました。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9

そこに、ロシア語らしいですが
「悪魔のダース」という言葉が書いてあり、その数字が「13」だというらしく。

んで、13という数字をひっくり返して3→ミ、1→イ
ちょっとこじ付けですが
「実」とならないかなぁ?と思いまして。

あと、「6」の事を「半ダース」というそうで、ジェルマ66の数字
6+6=12となるし、意味あるのかなぁ?なんて。

あと気になったのは10
2の倍数は出来るけど
4の倍数では割り切れない事など
気になりましたね。

長くてごめんなさい!

Dを小文字にするとdですよね?
コレ、逆さまにするとpになるけど
何か意味あるかなぁ?なんて思ってます。
one-piece→one-dieceとか?
あとはギリシャ語書いてる人いましたけど、ONE PIECEの文字と関係してこないかなぁ?なんて思ってます。

No title

滝さん、素晴らしいです、よくそこまでつながりましたね!!
かんりにんさんとの連係プレイ!
Dについては、滝さんの考察を僕は支持します。

そうなると「ある巨大な王国」は、
「Δωρεάν王国」であるという可能性もありますね。
まぁ…「ドリアン王国」では力が抜けてしまいますが(笑)。

ドリアンは「果物の王様」と称賛される一方で、
「悪魔の果物」とも言われているようですね。

強引にこじつければ、
「悪魔の実は、ある巨大な王国ドリアンでつくられていた」

No title

>かんりにんさん
>そういう描写ありましたっけ?

>黒ひげの事を「お前じゃねェ」と言っただけで、ルフィを「ロジャーの待っている男」だとは言ってなかったような('Д')

直接的には言ってなかったです。
白ひげの台詞として”D”の意志を継ぐ者=ロジャーの待つ男ではないでしょうか。
ロジャーの意志を継ぐ者、エースの意志を継ぐ者というのは”D”の意志について語る為の例であってロジャーの待つ男、つまり「”D”の意志を継ぐ者ならば~」とルフィへのあくまでも「期待」ですね。

>デルタさん


>ローマ字のDはギリシャ語のΔ(デー、デルタ)を語源としてるので、Δがリオポーネグリフの3点を表しているならその先にあるラフテルにDの秘密があることの暗示にも見えるなぁって思いました

ラフテルの場所を示すのは、「ロードポーネグリフ」で、「4点の中心」ですね('◇')ゞw

>バスクさん


>Dの意志には笑顔が強く関係しているのかなと

うんうん!その説も根強いですよね(*'▽')

自由、笑顔…それが根底にある思想。

全てを統合する「D」…

>寅間さん


>白ひげに説明している様にロジャー自身はDが何なのかを知っています。これ、元々知っていたのか。ラフテルに着いたら知ったのか。自分以外のDを見ている内に悟ったのか

そこは気になるとこですね(^_-)-☆

やはりポーネグリフを読み解き、ラフテルに行ったからこそなんでしょうか?

>ろろのさん


>例えばリポ○タンDの"デー"みたいに読むことで何かみえることがあるのではないのでしょうか?

何か見えそうです?('ω')笑

>zebraさん


>FREE”D”OM の”D”では^^

それもちょっとよぎったんですが、やはり頭文字がDの方が収まりがいいかなぁ、とか考えちゃいますね。笑

>謎と伏線さん


>白ひげは黒ひげではなく、ルフィに意志を継ぐ者として期待していました。

そういう描写ありましたっけ?

黒ひげの事を「お前じゃねェ」と言っただけで、ルフィを「ロジャーの待っている男」だとは言ってなかったような('Д')

滝さんのコメントを読んで思ったのですがローマ字のDはギリシャ語のΔ(デー、デルタ)を語源としてるので、Δがリオポーネグリフの3点を表しているならその先にあるラフテルにDの秘密があることの暗示にも見えるなぁって思いました

・今現在亡くなっているDの名を持つ者(ロジャー、サウロ、エース、ルージュ)が死に際に笑顔を見せていること
・海外では絵文字で笑顔を:Dと表記すること
・ONEPIECEのキャラクターの笑顔の口はDが多い
・ローグタウンでルフィが処刑台で笑ったこと
・ONEPIECEのキャラクターは変わった笑い声が多い
・海軍にはなぜか変わった笑い声のキャラクターが少ない

ことからDの意志には笑顔が強く関係しているのかなと思いました

白ひげに説明している様にロジャー自身はDが何なのかを知っています。
これ、元々知っていたのか。ラフテルに着いたら知ったのか。自分以外のDを見ている内に悟ったのか。
どれですかね。どれもありえそうですが。

どっかのSBSで尾田先生が"今はただD(ディー?)と読んでいてください"的なことを言ってたのでもしかしたら思想+家系とかかもしれないかなーと。

例えばリポ○タンDの"デー"みたいに読むことで何かみえることがあるのではないのでしょうか?

"読む"というところが気になりますね~

Dかあ~

かんりにんさん おはようサンサンサニ~号v-108

Dですかあ・・・ボクは高校の頃 5段階評価の成績で DかEばっかでした(笑い)

D・・・ ほかのコメント主さんも書かれてるかもしれませんが・・・

 FREE”D”OM の”D”では^^

freedom は広い意味の自由を表わす語で,拘束や障害などが存在しない ことを意味する; と 英和辞書で記載されていました。

No title

言われてみればそれぞれ自由を追い求める人々が多いですね、”D”を名に持つ者。
白ひげは黒ひげではなく、ルフィに意志を継ぐ者として期待していました。
2人の違いと言えばチェリーパイの美味いまずいが対照的だったりしましたが、何よりの違いは思いやりの心でしょうか。黒ひげは命を賭してまで仲間を助けたりしなそうですし、杯を交わす兄弟がいる程の人望も無さそうで、そこにルフィとの決定的な違いがありそうですね。
幼少期、半月の下で寂しそうに泣くティーチも実は伏線・・・?

しかし、そうするとサボを助けるなど優しい心を持ち、既に地位を得て大きな影響力を持つルフィの父・ドラゴンがいながら、なぜルフィに期待したのか(ロジャーの意志がキーポイントでしょうか)。
また、なぜ”D”を持つ者でなくてはならないのか。シャンクスには支配にこだわらない自由な印象がありますし、ロジャーに憧れそして海賊王に近い人間です。

謎は深まります。

>サンタさん


>ロジャーの意志も「継ぐ」って事はロジャーに関わった人ですよね

レイリーのセリフに「あの日 広場でロジャーから何かを受け取った者達が確かにいるとは思うがね…」ってのがありますね(*'▽')

シャンクスやバギー、その他 次代を引っぱっていく様な猛者があの場にはワンサカ居ましたね!

かんりにんさんへ


そうだ!
エースの意志は俺たちが継いでいくってセリフあったような覚えがありました。多分サボだったかな。

ロジャーの意志も「継ぐ」って事はロジャーに関わった人ですよね、多分。
ありがとうございました!

>サンタさん


>「エースの意志」ってなんでしょうか?

子供時代に言った「自由に生きる事」と、死に際にルフィに言った「ルフィの夢の果てを見届ける事」ですかねぇ?

んで、エースの意志を継ぐのはルフィとサボですよね!

白ひげのセリフ
「ロジャーの意志を継ぐ者達」はなんとなくわかるんです、シャンクスとかルフィとかかな?
「エースの意志」ってなんでしょうか?大雑把に「自由」と言えばぼやっとわかるんですけど、エースってこれといって大それた思想を持っていなかった様な気がして。

>滝さん


>ギリシャ語で「Δωρεάν」という文字があります。これは日本語では「自由」と訳され、

これめっちゃ面白いですやん(*'▽')ノ

ナイス~~~!!


>読み方は「Dorian」です。

ドリアン?('ω')笑

ワンピースってギリシャ神話を元にしてるネタとかあるじゃないですか。古代兵器の「ポセイドン」「ウラヌス」「プルトン」とかがそうですね。
それで、ギリシャ語で「Δωρεάν」という文字があります。これは日本語では「自由」と訳され、読み方は「Dorian」です。「Δ」は「D」と同じなのか分からないですが、何か関係あるんじゃないかと思います!

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

オススメ


5709.jpg
5718.jpg
5711.jpg
5710.jpg
4649.jpg
4650.jpg
4651.jpg
4652.jpg

オススメONE PIECE


[ONE PIECE コミック 全巻セット]

[ONE PIECE(デジタル版) 01~90巻]