記事一覧

[ワンピース 予想] モモの助の妹「光月日和」が生きている4つの可能性


20年前のワノ国、燃え盛るおでん城内にて、モモの助の妹の存在が明らかになった。

妹の名は「光月日和」

その容姿はシルエットになっていたが、母トキに抱きつく姿を見て8歳のモモの助より2つ3つ年下のような印象受ける。

ここでは、その日和の生死について考えたい。

母トキはその場を自らの死に場所と決めていたが、息子であるモモの助の事は4人の家臣と共に20年後の未来へ送った。

であるならば必然的に娘の日和についても、生かす方向で考えるのではないだろうか?

そう考えた時あの場にいた家臣は、モモの助と共に未来に飛んだ4人の他にもう1人いた。

5822.jpg

その人物は「赤鞘九人男」の1人であろう笠の侍。

20年後の光月家の協力者である「地武えもん」の話によると、「赤鞘九人男」の遺体は一人として確認されていないのだそうだ。

という事は、この笠の侍と共に、日和は今もどこかで生きている可能性が高いと思われる。

しかしながら、日和は今も兄・モモの助の前に姿を現していない。


その事も含め、あの場から生き延びた可能性を4つ程考えてみたい。



[スポンサーリンク]


① トキトキの能力で20年より「後」に飛ばされた


20年後の世界に飛ばしたモモの助達が打倒カイドウを果たす…

それを信じるトキ様が、それより後の世界に日和を飛ばしてる可能性はあるかもしれない。

平和が訪れたワノ国に辿り着けるように。

例えば「21年後」の未来とかね。

まぁ、それだと例え生きていたとしても本編ですぐすぐ絡む事は無さそうだよね。

ならば、20年と半年後に送った、とか?

そんな細かいコントロールが出来るのかは定かじゃないけど。



② トキトキの能力で20年より「前」に飛ばされた


モモの助達を20年後に送っているのだから、それより以前に妹である日和を送るというのは個人的には考えにくいかなと思ってる。

カイドウとオロチが支配しているであろう、未知の未来に少女と侍1人を送るのは危険度が高いんじゃないのかな?と。

しかしアクシデント等も考えられるから、この可能性も挙げておこう。

例えば20年前に日和が4歳程度だとして、16年後の未来に飛んだら現在8歳という事になるだろう。

兄と妹が同い年…そんな事もあるかもしれない。笑

ちなみにこのパターンだと「お玉」とか「おトコ」あたりが該当するかも。

5997.jpg



③ 笠の侍と共に20年間生きてきた


仮にトキ様の能力に何らかの制限があるとしよう。

他者を未来に飛ばした後は、しばらくは能力が使えないとか。

そうなると、日和を未来に飛ばすことは出来なくなる。

だとしたら笠の侍と共に城を脱出し、どこかひと気のない山里にでも隠れ住んでた?

そして数年後、成長して見た目では光月日和だと分からなくなった時人里に下りて…

その時に木を隠すなら森の中、少女を隠すなら大勢の女性の中…って事で「遊郭」に行った可能性も?

成長と共に姿形は変わり、化粧もすれば正体はバレにくくなるかも。

更に芸者としてある程度の地位を築けば、敵側も手を出しにくくなり一石二鳥。

「日和」=「小紫」であると考えて予想してみた。笑

5996.jpg



④ 黒炭家の誰かの許嫁となり敵陣で生きてきた


あまり考えたくないけど、この可能性もあり得るかも。

実際の江戸時代はどうだったのか分からないけど、政権争いに負けた家柄の娘を勝者が嫁として迎えるとかってあるのかな?

ドレスローザのヴィオラのパターンが近いかな?



――4つほど考えてみた。笑

仮に日和が生きているならば…他にどんな方法で生き延びているかな?


[関連リンク]

おでんの奥方様の呪文!? 「九つの影」とは何を指す?

時を超えた光月家の5人の侍!何故「20年後」だったのか?


[スポンサーリンク]


コメント

小紫の身長随分高くないですか?
本編の手前の人の手ですが、奥の人達と同じ様に手を上げているのだとするとそれよりも顔が更に上!
道の真ん中を歩いているとしたらお菊並みの長身です。
モモノスケも回想シーンのおトキ様も長身と言う訳ではないので、光月家関係では無いと思います。

禿を分解して組み立て直すと「和」、トコをくっつけて「日」で、禿のトコが日和なのではないかと思う。

No title

ここまでたくさんのキャラが出てくる前、お玉だけしかキャラが出てきてなかったとき、日和という名前が出てきて、まさかお玉ってわけではないと思っていたので、その母親で、何かで(ドレイクが編み笠村を滅ぼした時か)亡くなったって思っていたが、おとこと小紫という謎のキャラが出てきた。
その時に、小紫が日和だと直感的に思いました。小紫って名前は、源氏名でしょ。

日和は名前を変えて国外にいると考えてます。ペローナの異名はゴーストプリンセス
訳すると亡霊の姫になるので日和=ペローナと考えてます

他の方も書かれてますが、トキトキの実の継承相手で、今もどこかに紛れて、住んでるんではないかと思います。

「ブランク」でシリュウのエピソードを挟んだのも、何か意味深に見えてきました。

No title

既出かもしれないですけど、おトコがトキなのかなぁと。
数百年前から生きているというのは、かなりの設定。
それぞれ1年ずつすごしても、10年ずつ飛んだら110年で10歳になってしまう。
トキトキの実を食べた年齢が10歳ならもうハタチ。
長く旅してきたイメージに合わないです。
むしろ毘丘尼伝説のように、時を飛ばずに、ずっと生きてきたようなイメージなので。

けれど例えば能力を使ったり寿命を迎えると、再び、赤ん坊からやりなおす・・・ということなのでは?と。
手塚治虫先生の「火の鳥」の毘丘尼の設定です。
小紫ではなく、なぜ「おトコ」がタイトルなのか?
名前の相似も含めて、そう思いました。

つまり、小紫が日和かなと。
日和が自分で暮らせるようになってから赤ん坊返りしたなら、今、小紫のそばにいる理由にもなる。

お玉は・・・
ミスリードというよりも、カイドウやオロチに関係がある気がしてきました。
(にしては、腹が鳴るのを恥ずかしがったりモモに似てますが)

No title

>inuyan さん
私ごときが生意気に横レスすみません

日和という名

調べてみたのですが

晴れたよい天気。晴天。また、なにかをするのに、ちょうどよい天気。「待てば海路の日和あり」「小春日和」「行楽日和」
物事の成り行き。雲行き。形勢。「日和を見る」

<根気よく待てば、航海によい日和の日もやってくる。>
それを掛け合わせているのではないのか?

よく日和を 自己保身みたいな意味でつかわれることが多くなっていますが

<いつかはきっとよくなる>

それは彼女の名”日和”の真の意味ではないかと。

ドレスローザ編でのヴィオラを覚えていますよね。

平和だった旧リク王体制の国だったのがあの悪夢の一夜。
そして父であるリク王の助命のため、国を踏みにじった男の部下として従って生きなければならなかったつらい日々。

たぶん日和もあの時のヴィオラと同じく
「いつかはきっとよくなる。それまでの辛抱」と胸に秘めて生きてるのではと。

お玉が日和なら1人で買い物に行かせるとか
危険すぎるのでお玉≠日和と解釈。

トコはワノ国でカタカナの名前がついてる事に
自分の中では違和感があって…
そう考えてたらトとコが合体すると日になるって
思った瞬間、無理矢理なこじつけだなーってのと
じゃあ和の方は?と考えたら行き詰まりw

小紫=日和じゃあ王道すぎて尾田先生はやらない

こうやって色々読者に考えさせて結局まだ
出てきてないってパターンかな?

No title

日和は、編み笠村にいたと思います。

お玉の立場は「光月家侍者」です。
しかし光月家は20年前に滅びているため、
年齢的には20代後半以上でなければなりませんし、
そもそも誰の侍者なのでしょう?

ドレークが1年前に村を襲い、用心棒の侍を倒しています。
食べ物さえない貧しい村で、屈強な侍5人が何を守っていたのでしょう?

お玉は日和の侍者で一緒に20年前から飛んできて、
侍たちは光月家家臣で日和の護衛にあたっていたのでは?

それをオロチやカイドウが嗅ぎつけ、ドレークに捕らえるよう命じた。
日和はお玉と1年後に飛んだけど、
何か事情があって日和はまだ到着していないということかも?

お玉の年齢が1歳合わないのはそのせいで、
飛徹が待っているのは日和だと思います。

No title

多分例の美女だと思う

No title

④の説ですが、歴史上の人物で例えると、
両親をシに追いやった男・豊臣秀吉の側室になって、その後息子・秀頼を出産して権力を握った、淀殿のようにも思えるのですが。
同じような人生を、現在の日和も辿っているのか?

でも、そのパターンでいくと最後が壮絶な物になってしまいますね…。

まあ、いずれにしても、日和はトキの能力で未来には送られてないと思います。
誰でもかれでも、未来には送れないかも知れないと考えたのです。
日和にはもちろん、生きててほしいですが。

イヌとネコは、錦えもん達とのあの日の言葉を信じて(20年後に)というやり取りはどこで交わしたんでしょうか。イヌとネコいましたっけ?燃え盛るあの状況での脱出方法はトキ以外全員タイムスリップ以外なかったと考えてたのですが…。
個人的には、日和の成長が打倒カイドウに必要で時差を設けたのかと考えましたが、管理人さんの仰るアクシデントによる20年より前の途中下車かも知れませんね。

余談ですが、
「日和」が「成り行き(自然のまま)」みたいな意味で、転じて、
「日和る」は「成り行きに任せる(妥協する)」という意味のはずですが、
誰かが「ひよる」を「ひ弱になる」の意味だと誤解して使ったのが、広まりつつあるのだそうですね。言語が時代とともに変化するのは当然ですが、味わいのある言葉が、不勉強に駆逐されるのは、なんとも勿体ないことです。

さて。
父は平仮名。兄は片仮名まじり。祖父も片仮名。本人は漢字のみ。
どういう使い分けかまだ釈然としませんが、とりあえず「日」という字が入りました。
これまで作品では月をフィーチャしてきたので、そう言う目で見たら大きなことと思います。
それと、「ひより」自体は、おだやかな印象の言葉ですが、苗字と合わせると、「月」+(和)「日」=「明」と、とても強い印象の文字配列に思えてきます。それが何を意味するか、或いは見当外れが、わかりませんが…。

日和をモモの助たちと同時に20年後へ飛ばさなかったのは、トキの死の瞬間に近くにいさせることで(酷だけど)トキトキの実を引き継ぐことが目的だったんじゃないかという気がする。
トキの力でモモの助たちを未来へ飛ばす→トキ死亡→日和がトキトキの能力を獲得→笠の家臣が日和を逃すorすぐに日和の力で2人揃って(20年後ではない別の)未来へ
という感じかな。
モモの助たちもまとめて日和の能力で、という選択肢もあるけど、能力を受け継いですぐだと使いこなせるか分からないし、万が一使いこなせなかったときのために5人は先にトキの力で送り、笠の男を日和避難用に残した、とか。

お玉=日和が一番すんなり行くんですが、この場合、日和はモモの助達よりも前の時代に飛ばされてますよね。エースと会ってますので、4年か5年くらい前?
気になるのは、なぜモモの助達よりも前の時代なんでしょうか?カイドウ&オロチの支配下にあって、生きていくのも大変な時代だと思うんですが…

お玉が日和なのかと思ったけど、そうだとするとお玉がスピードに乗って帰るのをお菊が見送るだろうか。
家臣なら絶対に送り届けるはずなのに。
お菊が成長した日和に気づいてなかったとしても、日和はお菊に気づくはずだから、互いに招待は知っていないとおかしい。
また、笠の男が飛徹というのも、ならば日和を初対面の海賊に預けるのはおかしい。

日和=お玉と考えるのが自然なように見受けられますが、日和=くいな説も捨てがたいと思いました。コウシロウが赤鞘九人男だとするならばその可能性が高いのではないかとおもいます

誕生日から

難しい点もあるかもしれませんが、僕もお玉=日和だとは思っています。
尾田先生はキャラの名前から誕生日を決めたりすることも多いため、もし僕がお玉と日和の誕生日を決めるとしたら…
<お玉>
・お→英語のO(オー)→0月(ゼロ)
・玉→玉は丸い(〇)→0日
<日和>
・日→日、太陽は丸い(〇)→0月
・和→同じ読みの輪(わ)に置き換える→輪っかは丸い(〇)→0日
0月0日(ゼロがつゼロにち)という月日はないので、例えるなら10月10日ということでも?10月20日や10月30日もありますが、左右の数字は揃えたほうが良いかなあと。
名前から考えて、ワノ国編の登場人物の中でお玉と日和は誕生日が一致しそうなので、同一人物の可能性があると思っています。

それとお玉が「8歳になったばかり」などという情報。もしこの情報が正しければお玉の誕生日から、「今のルフィたちの冒険は2年後の何月何日頃の話」なのかも分かって中々興味深いです。今ワノ国にルフィたちがいる時期は、2年後の4月頃(前半)なのか、10月頃(後半)なのかとかも分かって。

No title

悪魔の実の能力継承の為に日和は過去に残ったというのは順当に考えればそれっぽいけど、
能力の伝達条件は世界一の頭脳を持つベガパンクが解明したもので、それを何故20年前のトキが知っていたのかが疑問になる
もっとも、トキは下手したらワンピースの世界の最初からやってきた人間の可能性もあるから悪魔の実の能力の秘密を知っていてもおかしくはないけど・・・

だっちさんも書いていますがトキトキの実の継承の為に日和を残さないといけなかったのだと思います。
ただ、これはあくまで隠れたミッションで、表向きは領民安堵の為に政略結婚したのだと思います。

日和と笠侍だけ別行動を取らねばならなかった理由は、トキ様がトキトキの実を日和に引き継ぐ必要があったからだと思います。
日和は、トキ様が死ぬまで近くにいる必要があった。
笠侍は、トキトキの実を引き継いだ日和を連れて逃げる必要があった。

…この説からすると、団子人間であるお玉は、日和ではあり得ないことになります。

No title

飛徹が9人男、お玉が日和
この設定は同時には存在しないと思います

飛徹が日和であるお玉を匿っていたとするなら、カイドウの手下たちがいるかもしれない場所に、お玉1人で買い物に行かせるとは思えませんし
(駒犬はいましたけど)

やはり

日和=おたま

15年後に飛徹とともに、とばされたと思います

くまのニキュニキュの実の能力みたいに、飛ばす時代を選べるのでは

日和は生きてるとは思いますがお玉が日和って可能性もあるんですかね
ただ、お菊の接し方見てると日和とは思えないんですよね。日和は回想見る限り5歳ぐらいでしょうか。それが今8歳のお玉だとしたら、成長してたとしてもさすがにお菊は気付くと思うんですよね…。うーん
残りの赤鞘九人男に守られ生き延びたのでしょうか?飛徹が九人男だとしたら日和の行方は知ってそうですよね

モモノスケがルフィと同盟を組むときに両親の仇としか言っていないから、日和が生きているのは確定でしょうね

光月波

トキ様はモモ、キンエモンを始めとするあかざやメンバーを20年後へ飛ばし、日和様は政府側に拾われてロシナンテの様に海兵として育ち、鎖国国家である和の国とはもう関わらずに生きてほしいという想いを込めてナミがベルメール氏に拾われたあの戦争へ飛ばしたのでは?

No title

②であってほしいです。

城の地下とかに避難させて焼け跡で生き残った日和が誰かに育てられた。

または城が燃え尽きる前に、モモの助を錦えもんに預けたように日和も誰かに預けた。

もし育ての親が芸者指導のばあさんだったらロビンが日和と会って話が展開しそうですね

No title

日和は、多分生きてると思いますが・・・
心の中にとかでは無くて実際に

日和=お玉説・・・無いことも無いでしょうが・・
個人的には別人で考えてます

光月家の姫君が将来、妖艶なくノ一とか・・
それはそれで、悲惨な人生にも感じるし

光月家の姫君が光月家の従者ってのも、違和感が・・・

スケベ天狗に、そそのかされてたら・・尚更悲惨!

日和様について

前話できんえもんが我々5人は未来から来たと言っていましたが、5人以外にも未来にきてるということですよね、、、??
じぶえもんが遺体はひとつもなかったと言っているので、トキ様もどこかで生きていたらいいなぁ、、、

   

私は、今までのなくなったキャラたちの「実は生きてる!説」とかは
期待していない方なんですが、日和だけは
ああ、この子は生きているんだろうな!と、思ってしまった。

トキ様はモモを未来へ送ることで生かし、
日和にはトキトキの実の能力を譲ることで生かしたんじゃないかと思うのです。

No title

今週号の感想にもコメントしましたが、日和は生きており、笠を被った侍=天狗師匠と共に逃げ延びたと考えます。

1、笠を被った侍が、天狗師匠と考えられる理由 ①天狗師匠には、待つべき存在がいる。
②天狗師匠の羽根とお面は着脱が可能なように   見える事から、トキ救出時に羽根が無くても問  題ないと考える。
③トキ救出時にワザとらしく笠を被っている(編笠
  村を暗示?)
④天狗師匠は現在白髪?の長髪で如何にも爺さ
  んポイが、それは、日和を助け出してから20   年が経過しているのも知れない。又、キンエモ  ンと同年代としても60歳以上?か。
⑤天狗師匠は美少女こけしコレクターである。
⑥体型が天狗師匠と笠侍で似ている。
⑦キンエモン達がトキによって、20年後にタイム   スリップした際に、日和の名前を叫んでいた事  から、キンエモン達も日和がどうなったのかは
  知らされていない。
⑧その他

日和がお玉であると考えられる理由について
①トキは日和の命を必ず守るはずである。
  その方法は、笠侍に託す方法を選んだと考え   られる。
②お玉は5歳の時にエースに会っているが、その  時に着ている着物は綺麗な感じに見えること   からも、当時の貧困の編笠村には似つかわしく  ないと考える。
③綺麗な着物を着ていることから、それなりに裕   福そうに見えているにも関わらず、おしるこを   食べた事がない(過去の記憶を無くしているの  か?)
④お菊もお玉が日和であることを知らないのでは  ?お菊からしてみれば、日和に似ているお玉を  見つけ、あれこれ聞いても、天狗師匠から教え  られた偽の経歴をお玉がお菊に伝えた時点で  確認のしようがないのでは。

以上の事柄を踏まえて、笠侍=天狗師匠、日和=
お玉であることを考えると、未来へ飛ばされ組の目的は、あくまでもモモの助の守護とカイドウ、オロチを討ち、ワノ国を開国することであるから幼少の日和は足手まといになる可能性が高い。
そこで、トキの採った方法は美少女こけしコレクターである天狗師匠に日和をこけし化し(天狗師匠の登場紹介でワザワザ書かれていることからも少女をこけし化する能力があるのかも?)てもらい
燃えるおでん城から逃げたと考えます。
こけし化された人間は、そのまま年をとらないのかも。更に、燃えるおでん城での出来事から恐怖のあまり、記憶を無くしたのか、又は天狗師匠にひとまず記憶を消されているのか。トキの判断としては、諸々の条件から天狗師匠へ預けるのが一番安全と、考えたのかも。
何れにしても、日和のこけし化解除は、今から4~5年前なのでは?天狗師匠の白髪爺さん化が20年の時の流れを語っているのかも。
又、以前、ドレークが編笠村を襲い、5人の侍が対抗して戦ったとの事。何故、小さな村のために、5人の侍で守っていたのかも不自然なような。
おそらく、この時もお玉の存在を探しに村へ来たのではないか、と考えます。

これらのことから、日和=お玉、笠侍=天狗師匠であると、予想しておきます。

日和は生きていると思います

日和=お玉説
笹をかぶっている人=ひてつ

もしくは
日和=くいな
笹をかぶっている人=コウシロウ

くいなとコウシロウであってほしいです。
日和は幼く和の国の記憶はなくコウシロウのもといつかオロチ、カイドウを討つために剣術を磨く。
しかし、女での剣術に最強を目指す限界を感じたくいなにイワが現れ男にする。
くいなとコウシロウは20年のときをまち和の国に現在上陸。
もしくはくいなだいぶ前からオロチの元に潜入している。
こんな流れでオロチに敗れたくいなを助けてゾロがオロチを倒す。

No title

もし日和が生存してるなら、私は②の説に一票ですね。
日和とモモの助が再会した時、彼女は20代半ばの大人の姿になってて、錦えもんやお菊らも、最初だれか分からない。そんな展開になるかと。

更に捻った予想で、日和は頭山盗賊団の頭目・酒天丸と同一人物。などと思ったのですが。

お玉が4年前からいたっていいと思う。
日和の年齢がわからないんだから。
笠の人が飛徹だとしてもいい。
あの2人は何か後で特別に絡んでくる可能性が高い。

仮に15年後とかの未来にでも送れるならお玉が日和という可能性も充分あり得ると思いますよ。
ただ何年後までとか何かしらの制限はあるんでしょうね。
そうでなければカイドウを相当先の未来に送ることも可能でしょうし能力として強すぎるので。

トキトキの能力予想の方で詳しくコメントしましたが日和はお玉だと予想してます。

それとお菊さんは時間移動してきた組なんで時間移動→錦たちと現状把握→おこぼれ町といった流れだと思います。

No title

まだかなり幼いので笠をかぶっている人物が育てている可能性があると思います。
モモ達は打倒カイドウですから、幼子と一緒に飛ばすわけにはいかなかったのではないでしょうか。

①で仰っているように少し時間をずらして飛ばすのもありえそうですよね。
笠の人物とともに5年後に飛ばしていたとしたら、日和は15年の歳月を経てモモより年上というカオスになってきますが。

お玉は4年前にはすでにワノ国にはいるからねえ

命あっての物種 

なんとしても 命だけは無事に・・・母トキや家臣の思いですよね。

たとえ、一番つらい③黒炭家の誰かの許嫁のケースだったとしても 仕方ないですよ。 命あっての物種ですからね。

 そういえば、関ケ原の戦いでも  家康側の東軍として参加した 元豊臣家恩顧の家臣たちの有力大名の何人かも 家康についたことで 恩賞として領地が配分されてしまい豊臣政権から徳川政権へとガラリ一転。

光月家から黒炭家へ 政権交代したのと同じですよね。

それでも、家康側に参加した加藤清正は 一大名としてでも秀吉の遺児 秀頼に生き残らせたい想いで熊本城に住んでもらいたいと築城したと聞いたことがあります。

 もものすけや日和にはどういう形でもいいから生き残らせたいという、母トキや家臣たちの必死な思いがこもっています。



お玉と天狗は違いますかね。
きびだんごの能力が表の狙いで、
本当の理由は光月家だから狙われているは違うかー

感想

日和は、お玉の母親とか親族てことはないかな? アシュラドウシておでんの部下にいたならあのもう一人の部下てアシュラドウシでは?

私も日和は玉じゃないか思います。
村を守っていた五人の侍は赤鞘の残りではないでしょうか。

No title

トキ様は、日和を飛ばしていないと思います。

死を覚悟していたなら、トキトキの実のことも考えているはずです。
これがオロチやカイドウの手に落ちるのは、絶対に避けなければならない。
敵をパワーアップさせるだけでなく、
敵がすぐに20年後へ飛んでモモの助を始末する恐れもあるからです。

だから日和を残して、トキトキの実を引き継がせたのでは?

その後、日和が自分の力で20年後に飛んだかどうかはわかりません。

20年間どこかで生き延びたとします。
実は既に登場しているかもしれない…今こそ年齢表の出番だ!と思って20〜27歳の女性を見てみました。
1人、丁度良さそうな人がいました。両親不明でその頃ワノ国にいた可能性がある女性。
ペローナです。
子供の頃にモリアが拾い育てた彼女。
モリアが拾ったのがワノ国に行った時で、つまり家臣と離れてしまって1人のところを拾われて、なんとしても生き延びないと!と思っていたら意外と居心地が良かった感じで。
…まあ、ただの可能性の話です。ペローナ本人にそんな素振りが微塵もないので考察のしようがありません。

顔を隠して生活してる飛轍、その飛轍が育ててるおたま。なんらかの理由で飛ばされた年数が違ったこの二人じゃないですかね?おたまは能力やエースとの絡み以外でストーリーにもっと深く入ってきそう。

他の方の考察ですが
おでんを漢字にすると織田
織田と言えば本能寺で明智に
妹もなんか歴史に関係するのかな?

追伸
ゾロ「俺を乗せながらよく迷子になるな」
お前を乗せてるからだよ!w

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

オススメ記事

5709.jpg
5718.jpg
5711.jpg
5710.jpg
4649.jpg
4650.jpg
4651.jpg
4652.jpg

amazon×ONE PIECE


[ONE PIECE コミック 全巻セット]

[ONE PIECE(デジタル版) 01~90巻]