記事一覧

モモの助の象主に命令できる力は母トキの天月の血に由来する?


ミンク族の棲むモコモ公国は約1000年の歴史を持つ。

その国は巨大な象の背中に存在しており、その巨象「象主(ズニーシャ)」は常に歩き続けている。

4692.jpg

それは大昔におかした罪に対する「罰」

命令に従い「歩き続ける事」しか出来ないのだという。

そんなズニーシャに唯一新たな命令が出来たのが、ワノ国の童「光月モモの助」だ。

ジャック率いる何隻もの海賊船を一撃で破壊した。

何故、モモの助だけがズニーシャに命令する事が出来るのか?

今回は、この件について考えてみたい。



声を聞くだけなら


ズニーシャの声を聞ける者は、モモの助以外にもいる。

ルフィもロジャーも、モモの助の父・おでんにも聞こえていた。

しかし「声が聞こえるだけ」だと。

父・おでんにも出来なかった「ズニーシャに命令できる力」

これをモモの助が持っていたという事は、この力は「光月家」由来のモノではない?

つまりこの力は、母方…トキの旧姓「天月家」に由来するのではないか、と。

ズニーシャ「私は大昔に罪を犯し――ただ歩く事しか許されていないのだ。命令に従い続けている…」

元々、ズニーシャに歩き続ける事を命令したのは「天月家」の人間?



モモの助の母・トキの「天月」の血


トキは約800年前の「空白の100年」に生まれ、時を飛び越え現代までやって来た過去の人物。

10028.jpg

ただズニーシャは、1000年前から歩き続けている巨象。

つまり、トキ本人はズニーシャに命令した張本人ではない。

しかし受け継がれている天月の血が、それを可能にしているのではないか。

800年前にジョーボーイと仲間だったスニーシャ…

その時のトキはどんな立ち位置だったのかな。

[スポンサーリンク]


現在のワノ国で「天月」の血を継ぐ者


現在のワノ国では「天月」の名は聞こえてこない。

黒炭家のお家断絶までは確かにワノ国の大名家だった筈だが…

7650.jpg

かつてのワノ国の5つの大名家の変遷と現在」という記事の中で、天月家は既に滅んでいるという仮説を立てた。

つまり現在、直系の天月の血を持つ者はモモの助と日和しか居ない?

第1041話冒頭で、ズニーシャの存在自体が「世界の夜明け」にとって重要な存在だと判った。

だとしたら確かにモモは「生きなくちゃ」だ。

トキと夫婦となったおでんは「象主の罪」を知っていたのかな?

モモの「力」の存在については、確信に近い予想をしていたおでん。

10027.jpg

それはやはり「光月」の血ではなく、「天月」の血に関係しているのかもしれない。

この件は物語の根幹にも繋がってきそうだから、今後語られるのが楽しみだね!!

[スポンサーリンク]

コメント

スリラーバーグの最後に出てきたのって、ズニーシャじゃないんかなぁ??
だとしたら、ルフィを追いかけてる??

ここまで来たらある程度予想が出来そう
ももの助はジョイボーイの直系の子孫

象主を天月が操れるとしてその血縁は大事にされると思うんですよ、リュウグウ王国みたいに。
しかし、ワノ国編で天月の名前が出たのはオロチの過去編のみ。これはワノ国で箝口令が敷かれて記憶からも歴史からも消えている可能性が考えられると思います。
箝口令の理由として800年前に連合軍に裏切った為かなと。
天竜人に着物の人がいるのと象主の罪に関しての話はこれで繋がるのでは無いかと思います。

結論 : モモの助は死んだらいかん

800年の昔、トキがおでんと巡り合う前にトキ自身が光月家の存在を知っていたのかにもよりますが、血筋から考えるならば、先代ウラヌスとは、トキの父親か、もしくはジョイボーイ在世時の光月家の棟梁であったのかも知れないですね。

背丈

ズニーシャの高さとワノ国の高さってどっちが高いんですかね?同じくらいですか?同じくらいならモコモ王国からワノ国への入国は簡単そう。ズニーシャは登れないでしょうから。
ワノ国ってなんであんな標高高いんでしょう?もし高さが同じだったら大昔ズニーシャとワノ国は一体だった説を唱えます!

お玉もトキの血筋なのではないでしょうか?
吉備団子を食べさせたスマイルの能力者に
大声で命令した時にゾウに伝わったのではないでしょうか?

何気に、カイドウの食べたウオウオの実が偽物で、ももの助が食べたものが本物だったり
元々ゾウ主の声が聞ける体質?万物の声が聞けるのだが
ウオウオの実が覚醒してゾウ主に命令出来る様になったりだったりね
竜がウオウオの実ってのも変な話だし

No title

巨大な王国側の残党は僻地で生き残った。
魚人島、ゾウ、空島などポーネグリフの残る島々。
そしてズニーシャは一頭ではなく沢山いると思っています。

我が名は、ウラヌス!(象)

1000年以上前に象に歩き続けることを命令したのはトキトキの実の前任者、トキの父親のジョイボーイ
人魚姫と戦い、暴れ回り青海を荒らす象に対し、月の民(Dの一族)のジョイボーイは、海と地上の仲裁に入り
その力、役目が来るまで、歩き続けろと象へ言う
そしていつか世界を一つにすると人魚姫に約束をする

200年以上の時を超え、人類と協議するジョイボーイは800年前の大きな戦いで、プルトンを使うイム(裏切り者の月の民)と五老星たちの前に力尽き、人魚姫との約束を果たせなかった
 
月(ワンピース)がルフィたちの住む星と重なる周期に生まれたDの一族の王子がルフィ(世界を一つにする者(ジョイボーイ)
象に命令できる力はもものすけに継承され
トキトキの実の力は日和に継承された

妄想ですみません

どこに書いたらいいかわからないので、こちらに書き込みさせていただきます。
モモの助の食べた悪魔の実って人造品のスマイルじゃないような…
人造品の場合、体の一部がゾオン化してる感じだけど、モモの助の場合はそれが当てはまりません。
もしかして天然品の悪魔の実でカイドウと同じ実なのかも。タイムパラドックス的な何かで同じ能力者が同時期に存在してるとか?

モモの助=ジョイボーイだとして、
20年飛ばしてしまったため、成長しきってない事が今後の展開を難しくしそう。

モモ=ジョイボーイがかなり濃厚になってきましたね。思えば謝罪文がポーネグリフというのも古代文字を使えるということ。光月家の血筋の可能性が強い。「ジョイボーイに代わって約束を果たしにくるもの」とか「ジョイボーイが現れるまでに開国せねば」とかルフィ来てんのになぁ、と思ってたんですよね。これがモモが何かが目覚めてない、目覚めるとジョイボーイ(その資格)になるという意味だととてもしっくり来ますよね。その力を正しい方向に導くものがルフィってことでしょ。

単純にジョイボーイが現れる時にキーマンが揃うという意味で、光月家の血筋ではないかと思っています。
人魚姫しらほしにもその力が宿っているし。

記事のタイトルに合いそうなので、こちらにコメを。
モモの助が象主と会話できるのはトキの血筋でしょうね。
おでんは声は聞こえるけど、会話はできないという。
という事は、空白の100年と密接な関係があるトキは20の連合王国側の姫君?とかでしょうか。

個人的にはおでん様の血筋かなと。
多分ミンク族は陸上動物(厳密には恒温動物)とコミュニケーションが取れる。
コレは魚人と同じ、混血っぽい種族の持つ能力で、混じってる対象とのコミュニケーションが図れる。
その極大版が古代兵器。
つまり鳥人族的なバーティアンてきな種族もいると思われる。
そして彼らは鳥と話すことができ、古代兵器は島ほどもある鳥(実際空島背負って飛んでそう)

象主の罪ってなんぞ?
単純に考えれば、よくある癇癪起こして「消えちゃえ!」とか言ったら、力が暴走して象主大暴れみたいな?
まぁそんなギャグ展開じみてる癖に後味悪い話にはならないか。

由来するとしたら、ジェルマの王族と兵士の関係に似てますね。下にも出てた血統因子の話です。

仮にジェルマが解体して、遺伝子操作も辞めたとして。兵士も一般人になりヴィンスモーク家と離れたとしても、その子孫には遺伝でヴィンスモークの人間を裏切れないことが残ったりするのか?(あのクローン兵に生殖機能があるかはおいときます)

もしトキの血族で象主を操作していたとしたら、息子のモモは血が濃いから命令でき、血族でも年月をかけた遠い子孫には血が薄まって声だけが聞こえる人もいるということなのかなーと。
海軍が血に拘っていたので、どちらかというと覇王色がこの仕組みかと思ってました。

トキが長い間、時間を飛んで巡りあったのは、おでん様ではなくて、モモの助のような気がします。
おでん様ですね。と発言したのはあくまでも部下たちなので、ミスリードに思えます。

象主と会話(命令)できることをモモの助が気づいたのは現在ですが、 20年前にも象主ではないかもしれませんが同じようなことがあり、トキ様がそれに気付いた。
また、カイドウもそれに気付いて、モモの助を脅威と判断して、オロチに光月家を滅ぼした。

No title

尾田先生が、書かなくてはいけない3人目の美女。
小紫が登場したことで、小紫だったのかと感じている人が多いですが。
自分としては、トキのことだと思っています。

八尾比丘尼や前述の千年女王、などなど。
不老不死の女性は絶世の美女であるというイメージ。
だからこそ、小紫は日和かなぁと。美女の娘なので。
でも伝説の美女ともなると、人魚姫、女人島と並ぶには花魁では釣り合わないと思います。
月から来たかぐや姫伝説がやっぱり一番しっくりくる。

ゾウと話せたのはトキの血か?というのは面白い考察だと思ったのですけれど。
トキが長い時間をかけて辿り着いたのが、おでんなのだとすれば。
おでん様の持つ力も、あなどれないのかなぁとか。
或いは、モモを産んだことで、辿り着いたと考えたのかなぁとか。
だから、やっぱり、おでん様の能力だと思ってます。
少なくても古代文字を理解できるのも含めて。

ガネーシャ、トキ、イム、ジョイボーイ
1000年を超える物語がいずれ語られると思うとワクワクしますねっ!

>サルワターリさん


> ももの助がワノ国に向かわずゾウに残ったのはゾウの声が何とかかんとか(うろ覚え)だったと思うんですけど
> その答えのようなものって分かったんですかね?

象主と話してみたいと言ってましたね!(^^)

確かに話ができたのか出来なかったのかは、ちょっと気になるトコですよね~

No title

ここに書き込む内容じゃない気もしますけど
ももの助がワノ国に向かわずゾウに残ったのはゾウの声が何とかかんとか(うろ覚え)だったと思うんですけど
その答えのようなものって分かったんですかね?
あれ?ワノ国にもう来たんだ?と思ってしまったんですけど

>romさん

> 月の民というのがいると仮定して、彼らはガンダムでいうニュータイプのような能力を持っているのかもしれませんね。その血が隔世遺伝のような形でモモの助やルフィなんかに継がれているのでしょうか。

月の民が青色の星に降り立ってるのは事実としてあるわけですもんね~

それがどれ程前の事なのか、その後月の民は地上&空島でどう広がっていったのか…気になる事だらけですね(^^)

>でんちさん


> トキトキは時間をジャンプした途端に実が再生するとか。で、時間ジャンプから着地した途端に片方消失?死亡?いやこれだと誰かが言ってたように、めんどくさいパラドックス系に陥るか

仰る様に、それだとちょっとややこしくなりますよねぇ('Д')

月の民というのがいると仮定して、彼らはガンダムでいうニュータイプのような能力を持っているのかもしれませんね。その血が隔世遺伝のような形でモモの助やルフィなんかに継がれているのでしょうか。

えーと、下の欄の
タイトルなしさん?かんりにんさん?
まあどちらにも向けて
遺伝とかとっぱらってですね
悪魔の実って、必ず時間軸に存在するってのはどうですかね
トキトキ以外の実はこれまでの描写から類推するとして、トキトキは時間をジャンプした途端に実が再生するとか
で、時間ジャンプから着地した途端に片方消失?死亡?
いやこれだと誰かが言ってたように、めんどくさいパラドックス系に陥るか

Re: タイトルなし


> 悪魔の実を食べた人間が妊娠した(させた)場合、産まれてくる子供には悪魔の実の能力が、魚人族のように違う形で「遺伝」されたりはしないのですかね?

そこは遺伝しないと思うんですけどね~~

じゃないと、この世は能力者モドキだらけになりそうな気が…('Д')w

>でんちさん

> 1000年女王のモチーフはかぐや姫
> かぐや姫は竹から生まれた

なにか絡んで来そうなモチーフですな(^^)/

>寅間さん

> トキ様の旅の目的が「各時代で子供を作る」=「各時代で象主に命令できる人を存在させる」ってことはありますかね。

ふ~む(´・ω・`)

その為だけに子を残す…のかな?

Re: タイトルなし


> この力が遺伝によるものなら血統因子も絡む話でしょうか。
> そして日和も同じ力を遺伝してる?

血統因子ってのは、こちらの言葉で言う「DNA」ですよね!

遺伝情報を記録している物質「DNA」

情報を保存しておく媒介としての役割があり、遺伝子の本体であるといえる。

「生命の設計図」という表現が使われる理由は、このDNAに生物を作るのに必要な情報がすべて詰まっているからだ。


生命がそれによって創られているのなら、モモにも日和にも刻まれてるのかもですよね('ω')

Re: No title

> 「象主の罪」が空白の100年に起きた出来事の切っ掛けで、20年後に送ったモモの助・錦えもん達がルフィと出会い・・・そのルフィ達が空白の100年に起きた出来事のけりを付けるまで分かって”自分の役目はここまで”と判断した・・・ってことはない?

象主が1000年間歩き続けてるって事を考えると、「象主の罪」は1000年前に由来しそうな気がします!

これまで該当例がなかったのですが、

悪魔の実を食べた人間が妊娠した(させた)場合、産まれてくる子供には悪魔の実の能力が、魚人族のように違う形で「遺伝」されたりはしないのですかね?

そうすると、今回のモモの助の例も、お玉が「日和」だと仮定した場合でも「きびだんご」の能力も、それぞれ説明つきそうですよね。

1000年前かあ
1000年と言えば、松本零士の1000年女王、古っ
1000年女王のモチーフはかぐや姫
かぐや姫は竹から生まれた
今後、誰かが竹の節から登場するかな
または、モモ達は竹の節の中で20年過ごしてた、かな

トキ様の旅の目的が「各時代で子供を作る」=「各時代で象主に命令できる人を存在させる」ってことはありますかね。
例えば命令できるのが自分とその子供世代で孫世代以降は声を聞くだけで命令できないならば、象主の制御のために相応しい人を求めて旅をしてきた…というのもあると思います。
ということは、象主の声を聞けるルフィもその血を引いているのか。海王類の声が聞こえるのも同様の力なのか。それがDなのか。
…まだまだわかりませんね。
20年前で旅の終わりとしたのは、モモの助達の世代でケリがつくという確信もあったのかなと思っています。

しらほし、ポセイドンの力と通ずるものがありますね
同じパターンでモモ=ウラヌスとは思いませんが、古代兵器と関わる力なのかもしれません。
トキ様は自分がその力を持つ子を産むと知ってて、相応しい夫と時代を求めて未来を旅していた…
トキ様がもともとワノ国の生まれだとしたら、ワノ国も古代兵器と関わる国だったから古代文字を刻む役目を負うことにもなった…

うーん…しっくりは来ませんが可能性のひとつとして

この力が遺伝によるものなら血統因子も絡む話でしょうか。
そして日和も同じ力を遺伝してる?

No title

「旅の終着点」単純に見ると最良の伴侶にめぐり逢えたと読み解けますが、「象主の罪」が空白の100年に起きた出来事の切っ掛けで、20年後に送ったモモの助・錦えもん達がルフィと出会い・・・そのルフィ達が空白の100年に起きた出来事のけりを付けるまで分かって”自分の役目はここまで”と判断した・・・ってことはない?

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索