記事一覧

[ワンピース 考察] 海楼石の産出国はワノ国!世界政府との繋がりは?


第924話“は”にて、ホーキンスがこう言っていた。

世界に広がる「海楼石」はこの国で生まれたんだ

そんなに小さく加工できる技術者は

ワノ国にしかいない


「とある海域のみに存在する不思議な石」と言われていた海楼石の産出国がワノ国だったということだろうか。

5189.jpg

「生まれた」という表現が少々引っかかるけど。

そして、さらに「加工が難しい」と言われている海楼石を小さく加工する技術を持つのも、ここワノ国にしかないと言う。

なるほど確かに、このたびローが肩に受けた小さな釘型の海楼石はワノ国でしか作れない代物かもしれない。

だが、これまで作中に多く登場した海楼石製の物の多くは海軍が所有していた。

海楼石製の「十手」や「手錠」「軍艦の底に敷き詰める石」も含め海軍が多く所持している。

しかしその産出国であるワノ国は世界政府の非加盟国である。

世界政府に属さぬ国で取れる海楼石を、世界政府直属の海軍が多く所有しているという矛盾。

ここには…何やらキナ臭い取引の香りがする。

もしかして、従来より言われていた「ワノ国の侍が強すぎて海軍も近寄れない」と言う噂は半分本当半分嘘で、海軍の上層部とワノ国の上層部とが手を組み、不可侵条約を結んでいたのではないかとも考えられそうな気がする。

それは互いの利益の為に、そうすることが一番だったのかな。

海軍側は、海楼石の独占。

ワノ国側は、世界政府に非加盟ながら海軍に攻め込まれないという確約と海楼石の売却益を得る


[スポンサーリンク]


海軍が海楼石製の武器等を使い始めたのはいつ頃のことなのかわからない。

しかし、20数年前のロジャーの時代にはまだ悪魔の実能力者自体がそこまで認知されてなかった。

5919.jpg

せいぜい「噂」程度のモノだと。

このことから、海軍もそれまでは武器等に海楼石を仕込む事はなかったかもしれない。

つまり海軍が海楼石の武器やそれ自体を入手し始めたのはここ20年そこそこなのかもしれない。

そして、ワノ国で20年前と言えば、政権が「黒炭家」に変わったあたり…

ざっくりした一致だけど何か引っかかる気がする。

ワノ国、黒炭家、海楼石、海軍、取引…

もしかしたら、この度のワノ国編で多くの点が1本の線に繋がるかもしれない。


[関連リンク]

ワノ国の将軍家「黒炭」は代々「刀鍛冶」の家系!?

ワノ国の全歴史年表…光月家と黒炭家と海賊の20数年


[スポンサーリンク]


コメント

海楼石製武器の流通ルート

20年前の時点から
百獣海賊団→闇のブローカー達(10年前の時点からジョーカーが彼らの中心となる)→政府→海軍

こうでは?

頂上戦争で黄猿がベンベックマンに銃を突きつけられ何もできなかったのは銃弾が海楼石であると分かっていたからで、なおかつ実際にその銃弾が海楼石であったと仮定した場合、銃弾サイズの海楼石を入手できているということから赤髪海賊団と海軍にはやはり何かしら繋がりがあるんだろうなと思いました。

No title

>ワノ国出身者らしき人物がチラホラ
ワノ国とそれ以外の国は名前がカタカナかどうかで明確に区別されてますよ。なので関係ないと思います。

海楼石はカイドウ達(あるいはワノ国の人間)が流したものを世界政府が裏商人から買い取っているのかもしれないですね。
赤犬ら海軍元帥がイム様を知っているのかどうかすら確定していないですし、世界政府が取引していても知らなさそうですね

海楼石の産地は鬼ヶ島です。
ワノクニのモデルは吉備、カイドウのモデルは桃太郎の鬼のモデルの温羅です。
温羅(うら)
「吉備冠者」「鬼神」とも。
鬼ノ城を拠点とした鬼。渡来人で空が飛べた、大男で怪力無双だった、大酒飲みだった、等の逸話が伝わる。

温羅は討伐される側の人物として記述される。しかし、吉備は「真金(まかね)吹く吉備」という言葉にも見えるように古くから鉄の産地として知られることから[10]、温羅は製鉄技術をもたらして吉備を繁栄させた渡来人であるとする見方や[11]、鉄文化を象徴する人物とする見方もある[12]。

海楼石に悪魔の実の能力を封ずる力があることに気がついたカイドウが、オロチをそそのかした流れでしょうかねー。

海楼石が、和の国出身ということでふと思いつきましたがビッグマム海賊団のことで能力者が、多数いることでもしかしたら...と考えてしまいました。

No title

悪魔の実・海楼石・ルッチ
悪魔の実・・おそらく例の大国が消えた頃からあった(イム様?トキ?)しかし大航海時代に入った頃から頻繁に見つかるようになり能力者が急増。それまではルッチのような六式使い、覇気使いが最強。例の大国存在の頃から能力者に海楼石が効果があることは分かっていたが大国とワノ国の秘密事項だった。それを知っていたオロチがカイドウと組んで独占し世界政府と密約したのかも。

ドフラミンゴが戦争後に政府関係者と話していた取引?
はたまた空島からの別の入手ルートがある?
もしかするとベガパンクが増産に成功した?

世界政府が海楼石を独占する見返りに、ワノ国を表向き鎖国状態にし、カイドウやオロチの支配を見て見ぬ振りしているのではないでしょうか。

世界政府→海楼石を独占できる
ワノ国→海楼石等のワノ国独自のものを密かに売って支配者層が莫大の富を得ている

No title

世界政府(天竜人)と将軍家の繋がりはないと思います。
ポーネグリフの存在など、やはり、900年前に対立した国同士なので、そこが繋がるのは無理があるかなと。

明らかに鎖国によって失われた技術がワノ国には残っていると感じました。

・古代文字の解読
・ポーネグリフの石工
(光月家/おでんは将軍になる前に解読できた?)

大名家は全てかつての古代技術を継承している家かもしれないと思いました。
黒炭家が、製鉄であれば、確かに海楼石(釘は鉄なので)も、失われた技術で出来るかもなと。

刀鍛冶は、製鉄と密接な関係にありますが別の技術だよなぁとか。
覇気を込めた鍛冶もありそうですよね。
天狗山が、鍛冶としての号のようなものなら、黒炭飛鉄が本名もあるのかなぁ・・・。

そんなわけでして。
もし世界政府との取引があるのであれば。

百十海賊団⇒闇のブローカー⇒世界政府

というのが一番自然な気がします。
カイドウがどこまで絡んでいるかわからないのですが、キングは相当なやつな気がしています。
なんせ、あの酒飲みで、自由すぎるカイドウをここまで政治的存在にしているので。

〉もしかして悪魔の実も「ワノ国」から広がった…とか?

20年前の襲撃が、トキトキの能力者を危険視したイム様とCP0の暗躍によるものと考えたらどうでしょう?

トキトキの能力者とラフテル到達者の一人であるおでん夫婦であれば、悪魔の実流出の鍵になっていても不思議じゃないですよね。

海楼石が生まれたって表現が気になりますねワノクニの周りにある、海水と淡水が交わる滝の下の水を固形物して海楼石にしているとか…
ワノクニは、海軍が来ることができないけどCPなら来れるって事ですよね?CPが関係していると思いますけどね〜幕に登場する女性がCPで海楼石の密輸売買をしていると予想します

以前の考察に黒炭家が鍛治工の家系では云々の中で、恐ろしい程の硬度を持つ黒刀を作り出したのが黒炭家では?ってありましたよね?
恐竜に踏まれても折れない程の刀を作れる技術があるのだとすれば、海楼石を加工する技術を持ち合わせていても不思議ではないし、表向きは鍛治工として名を馳せているその裏で、その技術を政府や海軍との取り引きにしていたのでは?

僕は海軍と言うよりは、パンクハザードで出てきた
「闇の売買人」達の存在が頭に浮かびました。
公に出来ない事案ならば、彼らの出番?

海軍のみならず、抑止すべき海賊にも行き渡っている海楼石。
ワノ国にいる何者かが秘密裏に売りさばき、
それが世界に広まっていったのではと。

もしもそうなのならば、
光月家か、黒炭家か、まさかのカイドウか。
想像や妄想するのが楽しい限りですw

>タケキヨさん

> ワノ国で海楼石が産出されるのであれば、能力者に対し無敵じゃないかと思うのですが、しかし実際にはカイドウに支配されているっていうのは不思議ですね。ワノ国の人達は海楼石の力を知らないということですかね。

海楼石があるのに能力者であるカイドウに支配されてるのが不思議って事ですかね?

カイドウが海楼石を押さえてるから、ワノ国にも流出していないとかですかね。。

>そらまめさん

> 海楼岩とかもっと大きなものだったり、そもそも固形ではなく、液体や気化したものを石として固形化出来る技術があって、それで海楼石はワノ国で生まれたって表現したのかもね。

なるほど!だとすれば「生まれた」っていう表現がしっくりきますね!!

>滝さん

> ワノ国は絶賛鎖国中だとは思いますが、海軍の中にもワノ国出身者らしき人物がチラホラ(赤犬、藤虎、センゴク、etc.)。藤虎に至っては徴収で大将になってますから、何かしらワノ国との繋がりを感じますよね。

そうなんですよね~!!

もしかして藤虎の言う「見たくもねェモン」ってのはワノ国絡み?

>romさん

> 昔から疑問だった謎の一つですね。 侍が強すぎるという、妙に納得しづらかった理由。ワノ国の鎖国、情報封鎖をしていたかったのは政府なのかもしれませんね。ここまでポーネグリフに関わるとなると、物語の核心にワノ国編が重要な位置づけになってきそうです。

本当に、ワノ国には色々と詰め込まれてそう!

世界政府にとってもワノ国は開けてはならない「パンドラの箱」なのかも(; ・`д・´)

>寅間さん

> 仮にワノ国と世界政府が秘密裏に取引をしているならば、世界政府側からは何を提供しているんですかね。
> …全く想像できません、

鎖国国家である「ワノ国」に武力を持って踏み込まないという確約?

Re: タイトルなし

> ワノ国⇔海軍・政府? だから非加盟国?鎖骨?優遇されてるから? おでんが開国しようとしたからあんな目に…?

おっしゃる通り闇が深そう。

何かありそうですよねぇ('Д')

>綾鷹さん

> 確かに20数年前は悪魔の実は噂程度って言うのが描かれてましたね
> そこで思ったんですが錦えもん達も悪魔の実の能力者なんですよね20年前から…
> ロジャー海賊団が錦えもん達と出会っていても術?として捉えているので能力者だと気付いていない場合もありますが…

もしかして悪魔の実も「ワノ国」から広がった…とか?

流石にそれはワノ国に詰め込み過ぎるか!笑


> というか京都で行われたイベントのストーリー内にも悪魔の実がワノ国(パラレル?)の海岸に流れ着いてるんですよね笑

そーでしたねェ('ω')


>ガムさん

> この感じだと酒鉄鉱もワノ国ですかね?ポーネグリフの加工、海楼石の産出加工。特別な鉱石の産出国で、だからこそ加工技術も独自に発達していったって感じでしょうか

酒鉄鉱の産出国ってまだ確定はしてないんでしたっけか('Д')

過去にこんな記事書いてます~!

そこではワノ国かな~?って結論になってましたわ(*'▽')

特殊な鉱物「酒鉄鉱」の特性と産出国

http://onepiece-log.com/blog-entry-232.html

>zipさん


> ワノ国では海楼石の加工技術が高いとなるとポーネグリフも海楼石の成分が含まれている可能性が少し高くなりそうですね。ポーネグリフに能力が使えなくなる性質があるのかは語られてないですけどどちらも硬い物質ではありますし加工には共通した技術があるのかもしれないですね。

能力者であるロビンがポーネグリフを触っても力が抜けてないんで、海楼石の成分は含まれてないかもですが、「硬い石の加工」という共通点があるんで何か関連性はありそうですよね~(*'▽')

>くまもんさん

> これはワノ国編の最後は、赤犬やサイファーポール登場の布石かもですね

オロチの口から海軍や世界政府の重役の名前が出る、とかありそうですよね('Д')

No title

ワノ国で海楼石が産出されるのであれば、能力者に対し無敵じゃないかと思うのですが、しかし実際にはカイドウに支配されているっていうのは不思議ですね。ワノ国の人達は海楼石の力を知らないということですかね。

海楼岩とかもっと大きなものだったり、そもそも固形ではなく、液体や気化したものを石として固形化出来る技術があって、それで海楼石はワノ国で生まれたって表現したのかもね。

ワノ国と世界政府の裏の取引…確かに何かありそうですね。
ワノ国は絶賛鎖国中だとは思いますが、海軍の中にもワノ国出身者らしき人物がチラホラ(赤犬、藤虎、センゴク、etc.)。藤虎に至っては徴収で大将になってますから、何かしらワノ国との繋がりを感じますよね。

昔から疑問だった謎の一つですね。
侍が強すぎるという、妙に納得しづらかった理由。ワノ国の鎖国、情報封鎖をしていたかったのは政府なのかもしれませんね。
ここまでポーネグリフに関わるとなると、物語の核心にワノ国編が重要な位置づけになってきそうです。

仮にワノ国と世界政府が秘密裏に取引をしているならば、世界政府側からは何を提供しているんですかね。
…全く想像できません、

ワノ国⇔海軍・政府? だから非加盟国?鎖骨?優遇されてるから? おでんが開国しようとしたからあんな目に…?

カイドウ⇔ドフィ (武器⇔スマイル)←シーザー(SAD)

なんか闇が深そうだな。もし120巻で終わるなら詰め込めるのって思いました。

確かに20数年前は悪魔の実は噂程度って言うのが描かれてましたね
そこで思ったんですが錦えもん達も悪魔の実の能力者なんですよね20年前から…
ロジャー海賊団が錦えもん達と出会っていても術?として捉えているので能力者だと気付いていない場合もありますが…

悪魔の実がいつから世界的に広まったのか
気になります

というか京都で行われたイベントのストーリー内にも悪魔の実がワノ国(パラレル?)の海岸に流れ着いてるんですよね笑
(-_-)ウーム

No title

この感じだと酒鉄鉱もワノ国ですかね?
ポーネグリフの加工、海楼石の産出加工
特別な鉱石の産出国で、だからこそ加工技術も独自に発達していったって感じでしょうか

ワノ国外では希少なものですけど釘サイズに加工できる職人が石工の一族である光月でなくてもいるということはワノ国においては加工する機会があるくらいには身近なのかもしれないですね。

海軍は何らかの取引で入手してる説が最有力なのかもしれないですがワノ国から付近の海に流出したものを入手してると考えてもいいのかな。

ワノ国では海楼石の加工技術が高いとなるとポーネグリフも海楼石の成分が含まれている可能性が少し高くなりそうですね。
ポーネグリフに能力が使えなくなる性質があるのかは語られてないですけどどちらも硬い物質ではありますし加工には共通した技術があるのかもしれないですね。

No title

これはワノ国編の最後は、赤犬やサイファーポール登場の布石かもですね

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

オススメ記事

5709.jpg
5718.jpg
5711.jpg
5710.jpg
4649.jpg
4650.jpg
4651.jpg
4652.jpg

amazon×ONE PIECE


[ONE PIECE コミック 全巻セット]

[ONE PIECE(デジタル版) 01~90巻]