記事一覧

宇宙海賊の存在と月遺跡発掘の理由考察


第9弾の表紙連載「エネルのスペース大作戦」

この中に登場したのは「宇宙海賊」という存在。

ここでしか登場してないから未だに存在自体が謎だし、この先の物語に関わりがあるのかも不明。

だけど、この宇宙海賊が発掘に来た「月」とその地下にある「古代遺跡」は間違いなく物語に絡んでくるだろう。

という事で、この「宇宙海賊」という存在についても一度考えてみよう。




宇宙海賊は別の惑星から来た存在?


宇宙海賊という名称から、やはり星の海を駆ける賊なのだろう。

では彼らはどこで生まれなのか。

選択肢は3つかな。

① 青色の星生まれで宇宙に出た

② 月生まれで宇宙に出た

③ 他の星で生まれ宇宙に出た


船長らしき男はパッと見 ミンク族にも見えるけど、結論としてはやはり③の「他の星で生まれた存在」だろう。

その理由は「彼らの宇宙船」と「文字」

6635.jpg

彼らの乗ってきた宇宙船は、ロケットエンジンを搭載した本格的なモノだった。

青色の星と月は、マクシムのようなプロペラ船や風船で行き来できる空間。

つまり月のある場所は厳密には宇宙空間ではなくて、空気のある場所なんだろう。

宇宙空間だとしたら息もできないし、プロペラ回しても推進力は出ないからね。

本格的な宇宙船を使って月にやってきた宇宙海賊は、プロペラ船の使えない本当の宇宙空間を越えてやってきたのではないか?と。

もう1つは、発掘機械に書いてある「文字」。

青色の星で使われている日本語でも英語でもなく、ポーネグリフに使われている古代文字とも違う…という事は、これは彼ら独自の文明で使われている文字だろう。

つまり宇宙海賊は、発掘機械や宇宙船を作り上げた「高度な文明」を持った「別の惑星」で生まれた存在なんだろう。



宇宙海賊はどんな生命体?


さて、この宇宙海賊はどういう生命体なのか。

上に書いた様に科学の水準は相当高いものと思われる。

おそらく指示出している狐(犬?)っぽいヤツが「船長」だろう。

その他の人物を見ると、見た目が同じキャラクターがいる。

6636.jpg

この四角いワニの様なヤツだ。

ワニは量産されている「労働力」兼「戦闘員」

ロボットか、もしくはジェルマのクローンの様な技術を当たり前のように持っているのかもしれない。

そしてこのワニの胸元についている計測器(?)の様な物が付いているキャラも何人かいる。

6633.jpg

これはただのデザインなのか、造られた者の証なのか、もしくはロボットに必要な機械の一部なのか…

更に、上で挙げたキャラクターが船長と思われる彼と見た目が瓜二つなのだ。

6634.jpg

これもクローン?

考えれば考える程、謎が深まる宇宙海賊…

[スポンサーリンク]


月の遺跡を狙う理由


月にある古代都市「ビルカ」を発掘する理由は何だろう?

この場所は、太古に 資源不足に陥り、月に暮らしていた人は青色の星へ飛んだ。

暮らせなくなった程だから、ここに資源など無いだろう。

では何故、宇宙海賊はこの場所に来たのか。

冒険していたらたまたま辿り着いたわけではないだろう。

発掘機材を持ってきている事から、始めからそれが目的だったと思われる。

その古代都市はエネルの電撃で動きだした。

これは、月の古代都市の「技術」がそのまま残っているという事かな?

宇宙海賊の狙いも「古代都市の技術」かもしれない。



月に遺跡がある事をどこで知った?


しかし宇宙海賊は、表からは見えない月の地下にある古代都市「ビルカ」の存在をどうやって知ったのか?

方法としては「月の人から直接聞く」他ないかな。

青色の星の空島「ビルカ」出身のエネルが「月」の事を「神はそこに存在するものとされている」と言っていたから、ある程度の伝承は残っていそうだ。

でも、そのビルカも5年前(現在から見たら7年前)にはエネルによって消滅している。

であるならば、「ビルカがまだ月にあったころに、宇宙海賊(の先祖)が月に来たことがある」という事になるかな?

つまり太古、月の人は宇宙人と接触したことがあった、と。

その時の情報が、宇宙海賊達の住む惑星に残っていたのかな。

だからその宇宙人の子孫である宇宙海賊達は月の地下にある「ビルカ」の古代遺跡の存在を知っており、この度それを発掘しにやってきたのではないか。

全てが憶測にすぎないけど、もしも「月の人」と「宇宙人」の接触が過去にあったのなら、その「宇宙人」が「青色の星」にも来ていた可能性もありそうだ。

「青色の星」の不思議な地形は、太古にやって来た宇宙海賊によって造られた…?

もしかしたらそんなエピソードもあるかもしれない。


[関連リンク]

エネルはマクシムを作り上げる超技術をどこで手に入れたのか?

月に渡ったエネルの「スペース大作戦」の謎



[スポンサーリンク]

コメント

Re: タイトルなし

> エネルは未だ謎、意外と世界政府とエネル関係あったりして、ドフラミンゴのマリージョアの秘密と関連

んん~~エネルは青海に降りてきた事無さそうだし、世界政府も空島とはあまり関りを持ってなさそうなんで、両者の関係性は薄そうかな~?('Д')

エネルは未だ謎、意外と世界政府とエネル関係あったりして、ドフラミンゴのマリージョアの秘密と関連

>大次郎さん


> カラクリ島のツキミ博士はあの小さい兵士を作るだけの技術があったので、月の技術を継承している人だとは思います。
> カラクリ島=からくり島(バルジモアはそのうちの一国)だとしたら、ベガパンクがあれだけの技術を持っていたのも、月の民の末裔であることが理由かもしれないです。

そういう事になりますよね~!!

ただツキミ博士の住んでいる島とベガパンクの住んでいた島の気候が全く違うのが気になりますね('ω')

宇宙海賊が持っている筒みたいな鉄砲って、フランキーの腕みたいな雰囲気ですよね。地球の銃みたいに引き金がなく、片手で楽々扱っているように見えます。あの時計みたいなのが付いた海賊や船長が持っている筒型の武器を作った技術は、地球にも伝わっているのかもしれません。

カラクリ島のツキミ博士はあの小さい兵士を作るだけの技術があったので、月の技術を継承している人だとは思います。
カラクリ島=からくり島(バルジモアはそのうちの一国)だとしたら、ベガパンクがあれだけの技術を持っていたのも、月の民の末裔であることが理由かもしれないです。プルトンを創り出したW7なんかも月の技術を持っている人たちがいて、トムさんやアイスバーグ、フランキーの代まで受け継がれているのかもと思いました。

Re: タイトルなし

> 時計状のもの、天竜人の服にも付いてますね

ふむ…なにかしら共通点が…('Д')あるのかな。

時計状のもの、天竜人の服にも付いてますね

Re: No title

> 過去に月の住民と地球の住民が仲良く共存しているところに来ていた事実が・・・話が面倒臭い展開になるからそれはないな。

はるか太古に遡ればそんな事もあったかも…(*'▽')ノ

>ナナシのゴンベエさん

> 宇宙船の左隣にいるデカイ生き物、顔つきはウワバミに似てるような?近い存在かな~と思っていたり。或いは巨大なウナギか(非常食)?

でもある程度の知能はありそうなんですよね~!

宇宙海賊、謎の存在である('Д')w

>romさん

> 時計のようなものはパシフィスタにもついていますね。ただしパシフィスタのほうは赤い部分がありません。あれは大概酸素ボンベのように燃料切れなどの警告を意味するものが多い気がします。

なるほど(^^)

パシフィスタは、クローン&サイボーグ化してるっぽいんで、あの宇宙海賊のクルー達もそんな感じの…?

No title

考古学者とか調査団ではなく宇宙海賊にしたということはお宝(稼ぎになるもの)を得るために来たということですよね。先祖が月&地球出身で自分達が何者か探る意思は無いということだろうか。そうであれば物語には大きく関わる事はないだろうが、過去に月の住民と地球の住民が仲良く共存しているところに来ていた事実が・・・話が面倒臭い展開になるからそれはないな。

宇宙船の左隣にいるデカイ生き物、
顔つきはウワバミに似てるような?
近い存在かな~と思っていたり。
或いは巨大なウナギか(非常食)?

時計のようなものはパシフィスタにもついていますね。ただしパシフィスタのほうは赤い部分がありません。あれは大概酸素ボンベのように燃料切れなどの警告を意味するものが多い気がします。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

オススメ記事

サイト内検索