記事一覧

ルフィも感染!クイーン製の奇病「ミイラ」を治す方法


第949話にて、そのサブタイトルともなった「ミイラ」という奇病にかかってしまったルフィ。

これはクイーンの作った「疫災(エキサイト)弾」により発病する感染病。

ミイラという病の特徴は以下にまとめ。

6988.jpg

●撃たれた箇所から広がる高熱

●焼けるような全身の痛み

●吹き出す血液

●接触で感染する

●果ては干からびて腐った植物のようになる


さて、このウィルス性の病「ミイラ」を治す方法として考えられるものは何があるんだろうか。

今回はそこについて考えてみたい。



①兎丼に特効薬がある


基本的に、こういった感染力の高いウイルスを作成する場合、同時にその特効薬となるものも作るのだそう。

そうしないと、作成途中に誤って感染した場合や、使用時に味方に感染が広がった場合の対処に困るからだ。

兎丼に疫災弾が大量に保管されているという事は、この特効薬となるものも同時に保管してある可能性が高い。

それさえ確保できれば、この奇病「ミイラ」を治す事は可能になるだろう。

ただ、クイーンの「疫災」という異名を考えると、そういう特効薬を用意してない可能性も考えられそう。



② ルフィの自己治癒能力に賭ける


では、その特効薬が兎丼にない場合どうするか。

即座にその症状を抑える特効薬を作るのは難しいだろうから、ルフィの自己治癒能力に賭けるという選択もあるかな。

ルフィはこれまでに数多くの毒を受け、ある程度の毒には抗体ができており効かない体となっている。

今回の「ミイラ」は、それらとはまた種類の違うものだろうし、見た目にもその症状がしっかりと現れていることから確実にルフィの体を蝕んでいる。

ただ他の感染者と比べると、ルフィは気力や体力や自己治癒能力が高い方だと思うし、このミイラウイルスに抗う力が多少なりともあるかもしれない。

[スポンサーリンク]


③比較的症状の軽い者の血液から血清を作る


ルフィ含めこの病に感染した囚人達の中で、比較的症状が軽い者がいたとしたら、その者の血液から血を流す血清が作れるかもしれない。

比較的症状が軽いという事は、そのウィルスに対しての抗体を持っているということであり、それを増やす事ができたら、この病に打ち勝つ特効薬ができる可能性もある。

ただそれを数日で完成させることができるのかどうかは不明。



④治せる能力を持った者が偶然やってくる


血清を作るのも難しい場合、奇跡的にその病を治せる能力を持った者が、偶然この兎丼に現れるという可能性も…?

個人的にそれは都合が良過ぎだから、ないかなぁと思うけど。笑

ちなみに、持病「ミイラ」を治せる可能性のある人物といえば…

●過去に自身が侵された白鉛病を、オペオペの実で完治させた「トラファルガー・ロー」

●毒を大好物とし、それを吸い取ることができる改造人間「ヴィンスモーク・レイジュ」

●不死鳥の能力により他社の自己中能力を高める能力がある「マルコ」


だけどここに挙げた人物が、この場所に来る可能性は極端に低いように思える。

ローは羅刹町で捕まっている可能性が高いし、マルコはワノ国に来ることすら難しい状況。

そしてレイジュは、ホールケーキアイランドを無事脱出できたかも不明。



さて、いくつか「ミイラ」ウイルスを治す方法を考えてみたけど、やはり①の特効薬が兎丼にあるってのが1番シンプルだしありそうだね。

この先どんな展開が待つのか楽しみだ!!

[スポンサーリンク]

コメント

>かんぴさん

> 大穴でホールケーキアイランド編から度々見られるようになった、(我流)生命帰還でしょうか

あれでウイルスをぶっ飛ばせますかね?(*'▽')

>名無しリューマもさん

> 全く状況は違いますが、ナイトメアルフィを連想してしまいます(笑)

ほうほう、どのあたりにそれを感じたんでしょ~?

ミイラの皮膚感??

>zebraさん

> チョッパーは火祭りの直前まで隠れ家にこもって缶詰状態で薬を作るハメになりますね。
> 鎖国国家であるがゆえに 疫病に効くための薬草の調査なり、研究なりで準備がかかるでしょうからね・・・('Д')

て考えるとやっぱり、敵側が特効薬を持ってる可能性に賭けるしかないですよね~

>おほしさまさん

> ベガパンクが世界政府の人たちとワノ国にくる!笑

無いとは言い切れないですよね~w

ベガパンクと戦桃丸が来る流れが…あるようなないような。

No title

大穴でホールケーキアイランド編から度々見られるようになった、(我流)生命帰還でしょうか
血液を調べたら、異常に白血球が増えていたとかw

No title

全く状況は違いますが、ナイトメアルフィを連想してしまいます(笑)

>かんりにんさん

>さすがに載ってないかと。
鎖国国家ワノ国に居るクイーンが作ったウイルスなので…

 そうですか・・・と、なるとチョッパーは火祭りの直前まで隠れ家にこもって缶詰状態で薬を作るハメになりますね。

鎖国国家であるがゆえに 疫病に効くための薬草の調査なり、研究なりで準備がかかるでしょうからね・・・('Д')

ベガパンクが世界政府の人たちとワノ国にくる!笑

>じゅげむさん

> チョパ右衛門 ○人目の伏線では?

個人的には、SMILEの方を完治させて「○人目」が付くのかな~?と(*'▽')

Re: タイトルなし

> ミイラ状態なんてアラバスタで何回経験したと思ってるんだ
> 水飲めば一発よ

例えそれで一時は凌げても、ミイラになる原因のウイルスがまだ体に居る状態なんでまたミイラ化しちゃいそう…

そもそもアレで助かるのはルフィくらいでは。笑

Re: タイトルなし

> ナルトのサクラがサソリからもらったカンクロウの毒を分析し、特効薬を作るのと同じように、チョッパーが特効薬を作るのでは?

あの兎丼の環境でそれが出来るのか、ってのが懸念事項ですね('Д')

>漫画の王道さん

> ここは、奇病"ミイラ"だけに、包帯ぐるぐる巻きのミイラ男に活躍してもらいましょう。その流れでキッドたちとも共闘しちゃいましょう!

包帯ぐるぐる巻きのミイラ男とは…「鎌ぞう(キラー)」??

>恋んチェックさん

> 特効薬で治すに1票
> 理由はルフィ以外にもたくさん感染者がいるから
> 仮にルフィが自己の力で生き抜いたとしても、ルフィが助かったから、他の人はもういいやとチョッパーが思うわけない

ルフィが自己の力で生き抜いたら、チョッパーはその血液か血清を作りそうな気がします!

仰る様に、他の人も見捨てる事はないと思います(*'▽')

>あっかんべェさん

> ギア2でポンプ状態にすることで免疫力をあげる。
> 高熱状態でウイルス打倒。
> ルフィの体内に生成された抗体から血清をチョッパーが精製していく。
> 同時にチョッパーの目の前に、SMILEという精神に作用する病という壁も現れる・・・

ギア2のポンプで血流上げて熱上げて、免疫力向上っての面白いです(^^)/

Re: タイトルなし

> ちょぱえもんの医療技術とキッドのギミックで作った医療機器でなおったり

キッドにも活躍の場が与えられたらいいですねぇ(^^)

>のぼるんさん

> せっかく今、竜桜をマスターしているところなので、ウイルスを内部破壊するとか。。

それが出来たらルフィがまた一段階進化した感じになりますね(^^)

>ナナシ―さん

> 予想というより、この場にチョパ右衛門が参戦している時点で何らかな対応を感染者全員に施す以外に道はないと思う。

ここ最近船医として頼りなかったチョッパーが、ここで活躍して欲しいですね(*'▽')

>ゴールドさん

> インペルダウンに似てるのでイワンコフ登場に一票で

いきなり!?笑

何の前触れもなく??

>リスキーさん

> もしかしたら……ガマの油が特効薬だったりして(笑)

まさかの万能薬!('Д')笑

>risaraさん

> 私もチョッパーの活躍でミイラやSMILEの副作用を治し欲しいなーと期待してます。
> そして何人目のタイトル見たいですねぇ〜。
> サクラ舞うワノ国もぴったりだし。

ですね~!

ぼくもチョッパーには活躍して欲しいんですが、ここ最近活躍出来てないもので(*_*)

ヒルルクが桜を見た国はワノ国?桜がスマイル治療に役立つ可能性

https://onepiece-log.com/blog-entry-1858.html



> UDONの人たちに赤鞘とヒョウジイとルフィは触れられたけどチャッパーだけ存在感消されてたのも伏線っぽいですよねー。

これから活躍するフラグ!(*'▽')

>熱燗さん

> キッドの能力で菌を吸い寄せる、と予想。

キッドはおそらく磁気・磁石的な能力なので、菌やウイルスを引き寄せる事はムリなのでは…('Д')

>抹茶さん

> クイーンの製薬室などはあるはずなので、そこの設計図や元になった毒などのサンプルから医学の知識のあるチョッパー、ローが解読→治療といった流れを予想しています。

兎丼に製薬室がありますかね?

それがあればなんとかなりそうですね(^^)/

>123さん

> ここでもDr.チョッパーの出番は無しですか…(泣)

いや、わからんですけどね。笑

何かしらの解決策を見出して欲しい…



> チョッパーが医者らしい行動を最後に見せたのって、確かルフィがヨロイオコゼの皮を食べて4にかけた時。もう三年ぐらい経ってますよね…。

この時も、何の処置も出来なかった記憶が(*_*)w

>汚三十郎さん


> おそらくクイーン本人がワクチンを持っているので、クイーンを倒さない限り治療できないのではないでしょうか。

本人が居なくとも、その症状からの判断と、感染者の血液から何とかできたりしないですかね~??('Д')

>zebraさん


> おそらくウィルス性の病「ミイラ」
> 特殊な病ですのでチョッパーのトリノ王国の薬の研究所の医学の本に掲載されてたかどうか・・・・

さすがに載ってないかと。

鎖国国家ワノ国に居るクイーンが作ったウイルスなので…

>マルボロマンさん

> チョッパーの見せ場かと思います。
> 二年間に蓄えたであろう特効薬で、あっさり治してしまうのでは、、、

2年後になって、あまりチョッパーの出番ないですもんね(*_*)

そろそろ…

>塩アメさん

> クイーンは、部下の命には興味がない気がします。
> なので自分にはワクチンを打つけど、部下の分はないかも?

そんな気もしますよね(*_*)



> お玉を快復させた「邪含草」は、ウイルスには効かないのでしょうか?

ありましたね邪含草!

なんとなく、その名前が気になる草('Д')



> カイドウとの激突で「ミイラ」は必ず使われるはずなので、ワクチンは兎丼の感染者以外のためにも、大量生産が必要と思います。

使われますかね?

漫画的に、同じ感じの描写になりそうだからどうかなー?って。

>大次郎さん


> ローのオペオペは結構使えそうな気はします。白鉛病なんかも直せたくらいなので、血液からウイルスだけ取り出すとかみたいなスゴイ技があればと少し期待はしています。

しかしながら、ローがこの場所に来る可能性は…

捕まって連行されてくるならアリかも(*'▽')

>しまゆうさん

> マルコの伝言はこの事に関してかも。
> ミイラを治す術を。

さすがにピンポイントすぎる助言!笑

Re: タイトルなし

> やっぱり敵方は抗ウイルス剤も何処かに保管してそうですよね
> 彼らを拷問すれば、どこにそれが保管されているかを吐きそうですね

もしくはお玉のきびだんごでギフターズを従わせて保管場所を聞くとか?(^^)/

>キツネさん


> ルフィ気を失う、河松がルフィに人工呼吸、何かしらの毒の抗体が作用して復活!

なんとなく雑な復活!笑

>ギロンさん


> 自分もエボラを想起してます致死率は80%くらいですから対症療法でも20%は生存するってことですよね
> エボラならもしかしたら分子標的治療薬として特効薬が存在するかもしれませんね だとしたら①か・・・

ふむ。それが兎丼に保管されてる可能性がありますかね('ω')



> ふと思いましたが、カイドウ・オロチサイドはワクチン接種済なんじゃないですかね
だとしたらカイドウ・オロチサイドの全員の血液から血清治療に使える血清が採取できるのかもしれませんね

百獣海賊団の大幹部達が皆、予防接種してる絵を想像したら笑ったw

チョパ右衛門 ○人目の伏線では?
ルフィーが思いのほか重体になって、感染も拡大して、どうしようもない状態を突破して、タイトル○人目。もういい加減、仲間認定しましょうよー

ミイラ状態なんてアラバスタで何回経験したと思ってるんだ
水飲めば一発よ

No title

ふと思いましたが、カイドウ・オロチサイドはワクチン接種済なんじゃないですかね
だとしたらカイドウ・オロチサイドの全員の血液から血清治療に使える血清が採取できるのかもしれませんね

ナルトのサクラがサソリからもらったカンクロウの毒を分析し、特効薬を作るのと同じように、チョッパーが特効薬を作るのでは?

ここは、奇病"ミイラ"だけに、包帯ぐるぐる巻きのミイラ男に活躍してもらいましょう。その流れでキッドたちとも共闘しちゃいましょう!

特効薬で治すに1票

理由はルフィ以外にもたくさん感染者がいるから

仮にルフィが自己の力で生き抜いたとしても、ルフィが助かったから、他の人はもういいやとチョッパーが思うわけない

No title

ギア2でポンプ状態にすることで免疫力をあげる。
高熱状態でウイルス打倒。

ルフィの体内に生成された抗体から血清をチョッパーが精製していく。
同時にチョッパーの目の前に、SMILEという精神に作用する病という壁も現れる・・・

みたいな予想をしています。

ちょぱえもんの医療技術とキッドのギミックで作った医療機器でなおったり

せっかく今、竜桜をマスターしているところなので、ウイルスを内部破壊するとか。。

チョパ右衛門

予想というより、この場にチョパ右衛門が参戦している時点で何らかな対応を感染者全員に施す以外に道はないと思う。
それと割と短期間ではあったけどシーザーと共にいたし、何らかの劇物や危険薬物の知識を学んでいた可能性も有りそうですね。

インペルダウンに似てるのでイワンコフ登場に一票で

No title

もしかしたら……ガマの油が特効薬だったりして(笑)

私もチョッパーの活躍でミイラやSMILEの副作用を治し欲しいなーと期待してます。

そして何人目のタイトル見たいですねぇ〜。

サクラ舞うワノ国もぴったりだし。

UDONの人たちに赤鞘とヒョウジイとルフィは触れられたけどチャッパーだけ存在感消されてたのも伏線っぽいですよねー。

楽しみです!

キッドの能力で菌を吸い寄せる、と予想。

くまは体の中から特定のものを押し出したけど、キッドはその逆で、吸い寄せる。

ヤミヤミの実と似ているけど、キッドの能力は対象を選択できるのが、違い。
吸い寄せるのは、義手のほうね。

この能力なら、キラーも復活できるかな?

No title

クイーンの製薬室などはあるはずなので、そこの設計図や元になった毒などのサンプルから医学の知識のあるチョッパー、ローが解読→治療といった流れを予想しています。

No title

ここでもDr.チョッパーの出番は無しですか…(泣)

チョッパーが医者らしい行動を最後に見せたのって、確かルフィがヨロイオコゼの皮を食べて4にかけた時。もう三年ぐらい経ってますよね…。
猛スピードで血清を作るか、何かの植物で特効薬を作り出してくれそうな気がしてたのですがねぇ…。

これじゃあ今のチョッパーは、忍者のコスプレしてる狸もどきのマスコットとみなされますよ…。(言い過ぎかな?)

クイーンを倒すしかない?

人工的に作られたウィルスであれば、作った本人でないと治せないと思いますけどね。ゾウでは毒ガスを作った本人がいたのですぐに治療できましたが…薬学が専門のチョッパーですが、ちょっと厳しいと思います。おそらくクイーン本人がワクチンを持っているので、クイーンを倒さない限り治療できないのではないでしょうか。ここまで活躍の場がないキッドさんに頑張ってもらいましょう!

あれは無帽でしたね。

正直言ってルフィが感染者を抱きかかえて説得したのはすごかった。だからこそ囚人たちに訴える説得力もあった。


しかし、それでも無謀でしたね。

はっきりいって
④治せる能力を持った者が偶然やってくる
これはないと思います。そうそう都合よくあらわれるとは思えません。
やはり火祭りまでのまでの残り八日間でチョッパーが血清を作ることを願うしかないかな~と。

おそらくウィルス性の病「ミイラ」
特殊な病ですのでチョッパーのトリノ王国の薬の研究所の医学の本に掲載されてたかどうか・・・・


もしかしたらチョッパー自身が感染したら・・・( ゚Д゚)

予想としては特効薬ができたとしても 早くても決戦の日の二日前とか そのぐらい日にちを費やす
と予想してます。

チョッパーの見せ場かと思います。
二年間に蓄えたであろう特効薬で、あっさり治してしまうのでは、、、

No title

クイーンは、部下の命には興味がない気がします。
なので自分にはワクチンを打つけど、部下の分はないかも?

お玉を快復させた「邪含草」は、ウイルスには効かないのでしょうか?
ところで、お鶴さんはどのようにして「邪含草」を入手したのでしょう?
絶対おこぼれ町に払い下げられるはずのない、希少価値のあるものです。
どこか特定の場所に生えていて、お鶴さんはそれを知っている??
でもその土地も汚染されているはずだし…。
汚染土でも育つ草なら、兎丼にも生えていたりして?

毒に強いルフィと河松の血液、それに邪含草を混ぜ合わせたら!
って…そんなに簡単にワクチンはできないですよね(笑)。

カイドウとの激突で「ミイラ」は必ず使われるはずなので、
ワクチンは兎丼の感染者以外のためにも、大量生産が必要と思います。

ウイルスと毒だと全く違うものなので、今回ばかりはルフィの体で勝手に治るということもなさそうですね。
触れたら感染するというのも今までにないくらい悪質なものだと思います(ルフィはこういうの嫌いそうですよね)。

考えられる対処法は、
○ 抗ウイルス薬などの薬系
○ 悪魔の実(オペオペ、チユチユ......)
○ まさかの河松⁉︎

これくらいしか思い浮かばないです。

ローのオペオペは結構使えそうな気はします。白鉛病なんかも直せたくらいなので、血液からウイルスだけ取り出すとかみたいなスゴイ技があればと少し期待はしています。

あとは、ウイルスにさらされた後に使うタイプのワクチンがあればいいなと思います。クイーンが持ってそうなのと、ミイラを作る過程の実験台になった人がいればそこから作り出せるかもしれません。コロとロコみたいに打ち消しあうウイルスなんかも存在したりして......。

あとは、何かまだ特殊なものを持ってそうな河松が解決に導く線もやっぱりあるのかなと思います。

話が少し逸れますが、ドフィやクラッカーやカタクリみたいに物体を増殖させる系の能力者が出したものにも、ウイルスが入った状態になるのかふと気になりました。ルフィは今完全にウイルスゴム状態なので、悪魔の実の効果に影響があったりするのか、心配です。

マルコの伝言はこの事に関してかも。
ミイラを治す術を。

やっぱり敵方は抗ウイルス剤も何処かに保管してそうですよね
彼らを拷問すれば、どこにそれが保管されているかを吐きそうですね

他の感染者はチョッパーがルフィの血液から抗体採取してください笑

13年?間毒魚を食べ続けた河松が案外あっさり治しちゃったりして…。
河松、毒魚食べ続けて抗体あり。
ルフィ、マゼランのおかげで抗体あり。
ルフィ気を失う、河松がルフィに人工呼吸、何かしらの毒の抗体が作用して復活!

No title

短い時間でスレ立てするかんりにんさんも能力者ですよwすごい

ウイルスがミソかもです 使用する側はそれこそ弱毒ウイルスを自身に投与すれば同系の強毒ウイルスに罹患しません いわゆるワクチンです
そしてそのワクチンは敵の手に渡らないために破棄するしその製造方法は処分します
ですので兎丼には特効薬はないというのが普通ですがどうでしょうか?
細菌であれば抗生剤という特効薬があるのですがウイルスですから
だから②と③を支持します

自分もエボラを想起してます致死率は80%くらいですから対症療法でも20%は生存するってことですよね
エボラならもしかしたら分子標的治療薬として特効薬が存在するかもしれませんね だとしたら①か・・・

>かかしぃさん


> それはそうと話は変わりますがウィルスやカラクリをクイーンが作れるならわざわざシーザーのガス兵器使わなくても良かった気もしますが…さすがにクイーン一人だと限界があるんでしょうか?

なるほど、確かに。

ジャックは関係性的に、クイーン&キングに対して何も言えないくらいの立場なのかな?

だからジャックは、クイーンに対して「ウイルス兵器貸して」と気軽に言えないのかも。笑

>スルメさん

> また別の可能性として、兎丼に捕えられているヤクザの親分の1人が奇病を治せる能力、もしくは感染病等に詳しい医者でもありチョッパーと協力して治療に取り組むということもあり得るのかもなと思いました。

ヤクザで医者!

そんな可能性もあるかもですね~(^^)



> あとちょっと話はぶれますが、チョッパーはまだSMILEの影響については聞かされてないですよね。キラーを見てSMILEの影響について聞き、ワノ国には同じような人がたくさんいることを知り、キラーについても「必ず治す!」とキッドに宣言して、キッドも立ち直りルフィ達と手を組む展開になるのではと予想します。奇病についてもそうですが、作者目線で言えばチョッパーが兎丼に来た意味をちゃんと用意しているのでしょうね。

確かに、チョッパーが活躍するのは「ミイラ」より「SMILE」の方かなと個人的には思ってます(^^)

>うつけさん

> これ元ネタはエボラ出血熱だと思ったので調べてみたんですが気になるところ抜粋してみました。
> エボラ出血熱感染症に対して有効な医薬品などは確立されていない。しかしエボラ出血熱に感染した後に回復した元患者には抗体があり、元患者の血液や血清の投与が唯一の有効な治療法とされている。→ルフィの抗体のある血液から囚人を救う?!
> 潜伏期間は通常7日程度→決戦の日には間に合う?!

なるほど、面白いですね!

ルフィの血液が囚人達を救う可能性出て来ましたね(*'▽')




> あとこれは別件ですが
> クロコダイルにミイラ化されたときのことも思い出しました。
> あの場面となにか被ってる要素がないかも見つけられたらいいな程度ですが。

う~~む、大量の水を飲んだら復活する?笑

せっかくチョッパーがいるんだからチョッパーが治療してくれるところ見たいですねぇ

それはそうと話は変わりますがウィルスやカラクリをクイーンが作れるならわざわざシーザーのガス兵器使わなくても良かった気もしますが…
さすがにクイーン一人だと限界があるんでしょうか?

No title

また別の可能性として、兎丼に捕えられているヤクザの親分の1人が奇病を治せる能力、もしくは感染病等に詳しい医者でもありチョッパーと協力して治療に取り組むということもあり得るのかもなと思いました。個人的な意見としては、誰かが兎丼へやって来るというより、兎丼の中にいる人たちで奇病「ミイラ」の治療は解決していくのではと思っています。

あとちょっと話はぶれますが、チョッパーはまだSMILEの影響については聞かされてないですよね。キラーを見てSMILEの影響について聞き、ワノ国には同じような人がたくさんいることを知り、キラーについても「必ず治す!」とキッドに宣言して、キッドも立ち直りルフィ達と手を組む展開になるのではと予想します。奇病についてもそうですが、作者目線で言えばチョッパーが兎丼に来た意味をちゃんと用意しているのでしょうね。

No title

これ元ネタはエボラ出血熱だと思ったので調べてみたんですが気になるところ抜粋してみました。

エボラ出血熱感染症に対して有効な医薬品などは確立されていない。しかしエボラ出血熱に感染した後に回復した元患者には抗体があり、元患者の血液や血清の投与が唯一の有効な治療法とされている。
→ルフィの抗体のある血液から囚人を救う?!

潜伏期間は通常7日程度
→決戦の日には間に合う?!

あとこれは別件ですが
クロコダイルにミイラ化されたときのことも思い出しました。
あの場面となにか被ってる要素がないかも見つけられたらいいな程度ですが。

>kuramaさん

> ご無沙汰しております

お久しぶりでーす(*'▽')



> ミイラですが今までルフィが受けていた毒とはまた変わったものかなと思います

広義では毒と似たモンかな~って認識です。笑




> 予想するのはチョッパーによる治療ですね

チョッパーの手に負えるかどうか…

一味の船医の力を発揮してほしいですね(*´ω`*)

ご無沙汰しております
コメントできてなかったですが相変わらず楽しく拝見させていただいてます

さて、ミイラですが
今までルフィが受けていた毒とはまた変わったものかなと思います

今回のミイラをウイルスとするのであれば、今までルフィが受けていたものはポイズンというような
なのでルフィの中の抗体は働かない恐れがあります

そこで予想するのはチョッパーによる治療ですね
昔からよく、チョッパーの「n人目」タイトルはワノ国で出ると言われてますが、
スマイルやミイラなど、その伏線はかなり増えてるかなと予想します

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

サイト内検索