記事一覧

ワンピース 第952話“日和と河松”感想 その②


[週刊少年ジャンプ38号]

(コミックス派はネタバレにご注意)

第952話“日和と河松” 感想その②。

その①はコチラ



13年前、日和と河松がはぐれた理由


20年前、燃え盛るおでん城から脱出した日和と河松。

しかし13年前に河松と「逸れてしまった」と言っていた日和。

6448.jpg

しかし、第952話“日和と河松”で再会し、その時の真相が日和から語られた。

見つけた僅かな食糧をいつも私にくれて…

年々やつれていく姿を見ていられなくて

あなた一人なら生きていけるのに…

私のせいで河松が死んじゃったらどうしようって

恐くなって私…逃げ出したの!!


確かにこれが真実なら「お優しい理由」だ。

この日和の独白にウソが無い事を願う…笑

その後、河松は居なくなった日和を探して敵陣に乗り込んだりした際に捕まっちゃったのかな?

兎丼の「開かずの檻」に13年閉じ込められていた事から、比較的すぐに兎丼に収監されたんだろうし。



23年前の海賊騒ぎが不幸の始まり?


牛鬼丸は、現在のワノ国がこんな状況なのは、ワノ国の宝「秋水」が盗まれた事が始まりだと言う。

刀神様である「リューマ」が怒っているのだ、と。

これ以前も記事にしてるんだけど、カイドウがワノ国に来たのは23年前以前なのかな?

カイドウがワノ国に来たのは23年前以前?オロチと手を組んだ時期は?

もしかしたらこんな感じの時系列かも。

年月出来事
?年前カイドウ、ワノ国へ
23年前カイドウVSモリアで、モリア敗北
モリア リューマの死体と秋水を盗む
?年前オロチ 海賊カイドウと手を組む
?年前光月家から黒炭家へ政権交代
20年前おでん 花の都で罪人として処刑
おでん城炎上&崩壊
光月トキの能力でモモ達は20年後へ

牛鬼丸のこのセリフ。

7117.jpg

アレ(秋水)を持ち出された事こそ

不幸の始まりなのだ!!

そのせいで“刀神様”の怒りを買い!!

各郷は敗北を重ね!!

ついに国は支配されてしまった!!


この口ぶりから、カイドウとオロチのワノ国支配には結構な時間が掛かっている印象だよね。

やはり、ワノ国の過去編が待たれるな…

[スポンサーリンク]


錦えもんの作戦が順調に進行中


ここ最近の展開で、一気に打倒カイドウ&オロチの作戦準備が整ってきた。

当初の作戦からは少々軌道修正した部分もあるが、概ね順調。

ここで、錦えもんの作戦と経過をまとめてみる。

錦えもんの策現状
理想の戦力5000人“麦わらの一味”
“ハートの海賊団”
“銃士隊”
“赤鞘九人男”
羅刹町に1000人の侍
兎丼に3500人の侍
ヤクザの親分達
鬼ヶ島に渡る船アシュラが用意済
(整備が必要)
集合場所刃武港→どこかに変更
(ハブに2本線を足した地)
カイドウの屋敷図アシュラが入手済
オロチの軍勢の
当日の動向把握
ロビンが情報入手
大量の武器集めミンク族が敵側から奪取
海外に輸出される武器を狙う
牛鬼丸が集めている武器(?)

やはり、なかなか順調そう。

決戦の日まであと一週間…

それまでに何か起こりそうな。笑



スマシが進化?


ワノ国の電伝虫「スマートタニシ」通称「スマシ」。

これまでは、使用中でも何の変化もなかったと思うんだけど、今回から相手の顔が反映されるようになったね。

7116.jpg

これまでにも、同じ描写あったかな?

ちょっと探してみなければ。



ヤクザの親分達の名前の元ネタ


7122.jpg

今回登場した各郷のヤクザの親分達とヒョウ五郎の名前には元ネタがある。

それが「清水次郎長」

清水次郎長とは、幕末・明治の侠客、博徒だ。

ヤクザとして名を挙げ、清水に縄張りを持つ。

“次郎長伯山”の異名を持つ三代目神田伯山の講談から広まり、人気を博する。

大政、小政、森の石松など、「清水二十八人衆」という屈強な子分がいたとされる。


まず、“花のヒョウ五郎”

これは「清水次郎長」の本名である「山本 長五郎」からだろう。

では、他の4人はどうだろう?

“血文字の大マサ”=大政…清水二十八人衆の一人。

“破れ傘綱ゴロー”=関東綱五郎…清水二十八人衆の一人。

“夕顔のお蝶”=お蝶…清水次郎長には生涯三人の女房がいて三人とも名前は「お蝶」

“蛇の目の弥太っぺ”=関の弥太っぺ…日活映画の主人公?


最後の「弥太っぺ」だけ、清水次郎長と関係ないけど何か、あるのかな?


以上。皆様の感想・考察お待ちしてます!
[スポンサーリンク]

コメント

今回のタイトルって日和と河松はすでに登場してるし2人の関係性もすでに明かされていたので、少し違和感感じました。
それともヤクザの親分達の登場や鬼ヶ島のやりとりに目移りして、二人の再会を流し読みしたからでしょうか?

お玉

ふと思ったんですがお玉の能力でカイドウ以下殆ど取り込めますね。

いつだって君は一人じゃない

⑥ヒョウじい
・大マサや綱ゴローたちに強く慕われているその人柄や人望はさすがです。ヒョウじいのその人望はこれからもワノ国で人を動かしていくことになると思います。裏社会に生きたヤクザの大親分とはいえ、しのぶ曰く「民衆に優しい」とのことですから(935話より)。
ヒョウじいが裏社会に身を置いたのも、本当は陰から庶民を護るためだったのかもしれません。ある意味ヒョウじいもフランキーのような男ですよ。
⑦大マサ・綱ゴロー・お蝶・弥太っぺ
・ヒョウじいの言うヤクザの親分4人が今回登場したわけですが、やはり気になるのはこの先どれだけ出番があるかですね。何せ旗本である地武えもんでさえ今のとこ一度きりの出番ですからね。この4人の親分でさえ大した出番のないまま物語が進んでいくのも否めないとこです。
だから「健闘を祈る」とだけ彼らに言っておきます。それが読者として新しく登場したキャラたちに贈る言葉ですから。
しかしヒゲの感じから大マサはミンク族かな?見廻組の中にも兎っぽい侍がいたし、ワノ国内にもミンク族はそれなりにいるかも?
⑧錦えもん
・編笠村へ向かうようですが、その道中や行く先で撤退した牛鬼丸に出会うかも?牛鬼丸がこの後どこへ向かうか分からない以上は。
⑨河松
・再会した日和に見せた笑顔がとても良かったですよ。その笑顔で日和も今回救われたことでしょう。真面目・忠義・優しさ・愛情、たとえ人間ではなく河童だとしても河松こそがワノ国一の人格者ですよ。
⑩日和
・少なくとも河松は日和の幸せを心から願っているよ。今も昔も。今回河松に見せたその涙を決して忘れないこと。いいね。
日和がオロチを強く憎んでいるのは知っているけど、河松は日和に修羅の道を歩んでほしいとは思っていないだろうから、それは分かってやんな。
自分を護ってくれる存在がそばにいるってことだよ。争い事に関しては河松に甘えな。日和にはその権利がある。

皆さんプリンショックが抜けてないんですね
日和はどうなんでしょ
プリンは
「私との結婚は地獄にさせませんよ"」
てヒントがありましたんで日和が悪ならまたヒントを出すんだと思います
今のところはよゐこ

No title

夕顔のお蝶はうまく名前つけたなーと思いました

Re: タイトルなし

> 古徹が待っている人は牛鬼丸か牛鬼丸に命令して武器を集めている人ではないでしょうか?
> 刀を集めても錆びて使えないと意味がないのでいつか打ち直す日まで隠れているのではないでしょうか?

飛徹はどんな立場の人物なのか、まだ個人的にハッキリしないんですよねぇ。

当然光月家側の人物ではあると思うんですが…

今一度考えるのもアリですね!飛徹(*´ω`*)

>あっかんべェさん

> 第二部が収束しそうだなと思ってます。

2幕終幕に向かって体制を整えてる感ありますよね(*'▽')

>ゆーとさん

> かんりにんさんのご指摘の箇所であれを考えたのではなく、リューマの愛刀を尾田さんが特別なエピソードを込めて描くなら、秋水自信に何らかの秘めたパワーを持たせたようなエピソードもあり得るのではないかと考え

なるへそ!

>ゴールドさん

> ホールケーキでのプリンみたいに実は悪女という可能性もありますね

でも同じパターンになっちゃいそうなんで、日和の豹変はないかな~?と(*'▽')

古徹が待っている人は牛鬼丸か牛鬼丸に命令して武器を集めている人ではないでしょうか?
刀を集めても錆びて使えないと意味がないのでいつか打ち直す日まで隠れているのではないでしょうか?
河松も古徹も牛鬼丸も妖怪の集落出身とかだったり

No title

第二部が収束しそうだなと思ってます。
レヴェリー編も重要な日になったので。
この1日であと何が起きるだろう?
モモと日和は出会うだろうか?

そんなことを考えながら読む1話でありました

かんりにんさん

かんりにんさんのご指摘の箇所であれを考えたのではなく、リューマの愛刀を尾田さんが特別なエピソードを込めて描くなら、秋水自信に何らかの秘めたパワーを持たせたようなエピソードもあり得るのではないかと考え、以前、別記事で書いたんです。今はもうリューマは存在しませんが、ゾロがリューマのパワーを感じながら秋水で、カイドウと闘うなら、まさに、過去のリューマVS竜を彷彿させるだけでなく、ワノ国は英雄リューマとゾロが共に協力しワノ国を救うことと等しいという事になるのかも、笑。リューマからゾロへのメッセージでもあり、「ワノ国をカイドウから取り戻せゾロ!」ってな感じを期待しています、笑。

ホールケーキでのプリンみたいに実は悪女という可能性もありますね

>zebraさん

> 秋水はどうなるんでしょうね。

これからもゾロが使うと思ってます!

ワノ国の民にも「ゾロが持つのに相応しい」と太鼓判を押してもらえるようなエピソードがあったり。

>ヤッホーさん

> 秋水が保管されていた所から抜かれたことで悪魔の実(カイドウの実)が解き放たれて不幸が始まったとか?

そんなファンタジーちっくな事が…!?('Д')笑

>塩アメさん


> 昔、日本で起きた大飢饉の描写で、「愛情が深い者が先に逝く。
> 食べ物を愛する者に譲るため」というのを読んだ記憶があります。

これ泣けますね(/ω\)




> 日和がゾロと河松に話した内容が違いますが、初対面のゾロに詳しいことは言いたくなのかったのかも?

ここの部分はそういう事だと理解してます!

初対面でそこまで話さないでしょうし。

まぁ、初対面のゾロに「モモの助の妹」だと告白しちゃってましたが。笑

>瀬菜洋介さん

> カン十郎っていま何してるんたっけ?笑

ナミとフランキーと一緒に、康イエの遺体を持って九里の編笠村へ向かってますね!

Re: No title

> 個人的には河松が最初に日和を見たとき日和だと気付いてないのが気になりますね…
> まあ確かに10年以上たってるし成長してるから気付かないのもおかしくはないんですけど…

ぼくは「10年以上経過してるし成長してるから」という理由で、あの描写には特に違和感を感じませんでしたね~(*'▽')

>123さん

> 牛鬼丸が刀狩りをしていたのは、“刀神様”と神格化されたリューマの怒りを鎮めようとして刀をお供えしてたからなのでしょうか?「刀をお供えて刀神様のお怒りを鎮めればワノ国は救われる」と、そんな思いだったのかも。

なるほど。

そういう理由もアリですね~(*'▽')ノ

>トラッシュさん

> 牛鬼丸の正体はわかりませんが、刀狩りの目的は決戦に備えて武器を、しかも刀を集めていたのでわ??

そう思います!

ただ、牛鬼丸単独ってよりは背後に誰かが居る気がします(^^)

Re: タイトルなし

> もしかして秋水ってドラゴンスレイヤーみたいな物なのかな?

リューマはこの刀で竜を斬ってますからねぇ(*´ω`*)

Re: No title

> 日和は完全な敵側とかはないと思うけど、まだ何か隠してる感ありますね。ゾロもそれに気づいてる節もありますし
> やっぱり狂死郎との関係、切られたのに生きていたなどが鍵を握ってそうですね

狂死郎との関係は気になるトコですな!

13歳で遊郭に入ってからの付き合いなのか、それ以上のモノがあるのか…

>ゆーとさん


> ところで、秋水はかなり特別な刀であるのは分かっていたが、更にとんでもない能力を秘めた刀なのかも知れない。

それは牛鬼丸の「アレ(秋水)を持ち出された事こそ不幸の始まりなのだ!!」のセリフから、そう思われたんですかね?

これって400年前のジャヤの生贄と同じようなモンで、神への過剰な信仰を表してるだけと思いました(^^)

>漫画の王道さん

> 秋水の盗難が不幸の始まりだという牛鬼丸。もしそれが事実なら、真犯人のモリアがワノ国編に登場する可能性も出てきましたね。こういう因縁は、張本人にケジメをつけさせないとスッキリしませんから。

モリアは今黒ひげのトコにいるんですかね?

だとしたら黒ひげも一緒にワノ国に??('Д')




> 日和ですが、ゾロへの説明と河松への説明の食い違い。どこかしっくりきませんね。

んん~個人的にはそこまで引っかかってはいないんですが、そう思うのも分からんでもないかな~って感じです('◇')w

>かんりにんさん

秋水はどうなるんでしょうね。
そりゃ、ワノ国の国宝だから特別なのはわかりますが 返さないと意地を張ってますから。


刀も剣士自身も現場で歴戦を重ねてこそ強くなるというものです。
以前は私も 秋水返却の考えでしたが はたしてそれが秋水自体が飾られるだけだと それで終わってしまうではないかと思うようになっています。

秋水が保管されていた所から抜かれたことで悪魔の実(カイドウの実)が解き放たれて不幸が始まったとか?それなら実を食べる前のカイドウとモリアが互角でも納得…

きんえもんもカイドウ側も博ジローとアプーという最終カードを持ってるから、まだわからんな・・・

No title

単純な僕は日和の言葉をそのまま受けとめ、ホロリとしてました。

昔、日本で起きた大飢饉の描写で、「愛情が深い者が先に逝く。
食べ物を愛する者に譲るため」というのを読んだ記憶があります。

自分のために、大好きな河松が衰弱していく恐怖や悲しみ。
なのに何もできず守ってもらうだけ、という負い目。
それで、私さえいなくなればと考えてしまったのでは?

日和がゾロと河松に話した内容が違いますが、
初対面のゾロに詳しいことは言いたくなのかったのかも?
本当は河松とずっと一緒にいたかったというつらい想いがあるし、
他人に「河松を助けるために離れました」とは言えないのでは?
河松をおとしめることになると僕は思いますが…。

かんじゅうろう

カン十郎っていま何してるんたっけ?笑

No title

個人的には河松が最初に日和を見たとき日和だと気付いてないのが気になりますね…
まあ確かに10年以上たってるし成長してるから気付かないのもおかしくはないんですけど…
逸れた理由も正直あんまり釈然としないしやっぱり日和は何かあるんでしょうねえ
ただ単純に敵って感じもしないんですけど早くこの辺は知りたいですね

No title

牛鬼丸が刀狩りをしていたのは、“刀神様”と神格化されたリューマの怒りを鎮めようとして刀をお供えしてたからなのでしょうか?
「刀をお供えて刀神様のお怒りを鎮めればワノ国は救われる」と、そんな思いだったのかも。そう考えると、牛鬼丸は見た目が僧兵だけあって、信心深い男のようですね。
でも、神仏を信じないゾロから見れば牛鬼丸のこの行為は、バカバカしいとしか思えないのでしょうね。

もしかして

牛鬼丸の正体はわかりませんが、
刀狩りの目的は決戦に備えて武器を、しかも刀を集めていたのでわ??
てか秋水ってこれほど重要なものだったとわ…

もしかして秋水ってドラゴンスレイヤーみたいな物なのかな?

No title

日和は完全な敵側とかはないと思うけど、まだ何か隠してる感ありますね。ゾロもそれに気づいてる節もありますし
やっぱり狂死郎との関係、切られたのに生きていたなどが鍵を握ってそうですね

えー‼ゾロと日和、もうリンゴに到着しとるじゃないですか~。前回の焔魔堂のシーンは、ワノ国各国紹介の名所巡りみたいなもんか‼まぁ、そんなことは、どうでもいいんですがね。今回も不自然だらけですな~。何故、カワマツはリンゴに来たのか?ライゾウ達に行き先も告げず、リンゴの何処へ行く?デンジローに会いに行くのか?それなら、ライゾウ達に一言言ってからでも遅くはないし、言わないと不自然。リンゴに何かあるのか?カッパの仲間に会いに行く、や、他の理由があったとしても一言言ってからでも遅くはないし。ん~、分からん。牛鬼丸も不自然。カワマツを見て、何故、逃げる?日和とカワマツの再会ももっと感動的に演出できそうなのに、尾田さん、ちょっとエピソードを詰め込みすぎ、笑。日和のカワマツから逃げた理由も不自然では?カワマツすら、空や食わずの状況なのにも拘わらず、日和が自分独りになって何故、食っていけると判断できたのか?不自然だ~。ところで、秋水はかなり特別な刀であるのは分かっていたが、更にとんでもない能力を秘めた刀なのかも知れない。以前も別記事でコメントしましたが、秋水の黒刀化は単に覇気を纏っているだけではなく、更にリューマの何らかの力も宿っていて、それを引き出せる者だけが真の秋水の保持者となれるのかも。その力を引き出せた時、ゾロには、龍(カイドウ)を斬ることができるのか、笑。その辺を、火祭りの日までデンジローに修業をつけてもらえれば、なかなか面白くなりそうですが。デンジローも秋水を持っていれば、カイドウに負けてなかったりして、笑。それは、それとして、キンエモンが編笠村を拠点としたのは、飛徹に刀を可能な限り、造って貰う為では?飛徹も20年間、この日の為に隠れて刀を大量に製作していたのかも。ビッグマムとカイドウの闘いも、もうすぐ終わり、会話が始まるか、又は、会話の具体的な場面はカットされ、いきなり同盟成立の場面か、笑。闘いながら会話してるんだろうしね。何か書き忘れているような。思い出したら書きます、笑。

秋水の盗難が不幸の始まりだという牛鬼丸。もしそれが事実なら、真犯人のモリアがワノ国編に登場する可能性も出てきましたね。こういう因縁は、張本人にケジメをつけさせないとスッキリしませんから。

日和ですが、ゾロへの説明と河松への説明の食い違い。どこかしっくりきませんね。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索