記事一覧

20年前の「九里」のヤクザの親分はアシュラ童子?


かつてのワノ国を裏で支えていたヤクザの親分達。

20年前より今日まで兎丼で囚人として労働をさせられていたが、ルフィ達が兎丼を征圧した事で解放された。

さて、解放されたヤクザの親分達はヒョウ五郎含め5人。

7122.jpg

名前
花の都
花のヒョウ五郎
兎丼
血文字の大マサ
白舞
破れ笠綱ゴロー
鈴後
夕顔のお蝶
希美蛇の目の弥太っぺ
九里??

鬼ヶ島を除くワノ国の郷は6つだから、1人足りない。

それは「九里」の親分だ。

九里の親分は「誰」「どこに行った」のか?

前提として、九里にも親分が居たのはしのぶのセリフから確定だろう。

7118.jpg

「その他 5つの郷の親分達」

つまり、6つの郷6人の親分がいた、と。

そして、ヒョウ五郎のこの発言。

ワノ国を裏で支えたヤクザの親分達も…

みなここ(兎丼)にいる。


その時のシルエットを見ても、5人描かれているように見える。

6513.jpg

一人は吹き出しに隠れてるけど。

[スポンサーリンク]


では、何故このタイミングで出てこなかったのか?

もしかしたら元々捕まっていなかった可能性もあるかもしれない。

――というのも、おでんが一時帰国した26年前。

7818.jpg

ここで姿をみせなかった傳ジローとアシュラ童子が何をしていたかというと、後にネコマムシがこう答えていた。

アシュラは九里のヤクザや

山賊らあが暴れんようその頭に!!

傳ジローはワノ国中を歩き回り金を借りたり返したり


アシュラ童子は、26年前以前から九里のヤクザと山賊達の頭となっていたそう。

それが「頭山盗賊団」

つまり、九里のヤクザの親分ってのはアシュラ童子が兼任していたのではないだろうか。

過去回想で出て来た「黒駒の親分」とかも気になるけども。

7449.jpg

ヒョウ五郎一家に対抗できる規模のヤクザだったっぽいし。

でも、個人的にはアシュラ=九里の親分説の方が好みかな。

これもいずれ作中で明らかになると嬉しいね!

[スポンサーリンク]

コメント

No title

そう言えば海軍大将達ってワノ国っぽいですよね

黒駒の親分 すっかりわすれていました。

>かんりにんさん
“花のヒョウ五郎”のライバル?「黒駒の親分」とは何者!?での記事でもかきましたが

https://onepiece-log.com/blog-entry-2021.html

おでんはアシュラ童子を負かして仲間になったじゃないですか・・・それが縁でのちに赤鞘のひとりになりました。

ってことは裏の取り仕切りでも それと同じくヒョウ五郎はライバルの黒駒親分を打ち負かしてヒョウ五郎を心から認めたからこそ 6つの郷のひとつ、九里の親分になったのだと・・・・?

私は九里の親分=黒駒の親分だと推測しています。

確かに、1人隠れてますね。
ウドンに集まってると言ったので、アシュラではないような、、
でも誰かは分からんのですよ。
ウドンにいて、大物で、新キャラでないやつ????
カリブー?笑 スマシに詳しかったし笑

ゾロの本名

いつも面白い考察ありがとうございます。

既出なら申し訳ないのですが、ちょっと思いついたことがありまして、聞いていただければ幸いです。
ゾロの名前の由来です。

まず「ロロノア・ゾロ」の「ロロノア」を縦書きにして くっ付けると。漢字の「月」に見えませんか?
そして次に「ゾロ」ですが、月数の1から12までで、ぞろ目は「11」のみです。
「ロロノア・ゾロ」の呼び名の順だと「月11」となりますが、逆にすると「11月」になります。
「11月」は昔の呼び方だと「霜月」ですよね。

では苗字は「霜月」ですが、名前は何でしょう。

気になるのは「霜月ウシ丸」ですが、おそらく彼はゾロの父親で、ゾロが幼少のころ離れ離れになったのではないでしょうか。「牛丸」の子供、つまり「若」様です。そうすると、ずばり「霜月牛若丸」がゾロの本名ではないでしょうか。
「オニ丸」と橋の上で戦ってますしね。
個人的には「霜月牛若丸義経」だと嬉しいんですけどね。
以上、暇なじじいの妄想でした。

九里って、おでんが来るまで、各郷を追放された罪人・浪人の無法地帯でしたから、裏やくざとか居なかったんじゃないかな、可能性的には、おでんが来るまで郷を牛耳っていたアシュラ童子じゃないですかね。

個人的にはこの辺はさらっと出してもいいような気がする
なんか色々隠し過ぎて疲れる

No title

なるほど。
次郎長がひょうじぃのモデルだと・・。
そう考えると各郷の親分の名前が次郎長一家をモデルにしているというのも納得できますね

自分は新門の辰五郎のイメージでしたねぇ・・・。
辰は龍なので彪にしたのかなと。
火消のイメージや、幕末期の無血開城を手伝ったこと江戸城下の大親分だったことなど
ひょうじぃと重なる部分が多いです。
次郎長とも兄弟分だったと思います。

次郎長がこれから出るかなぁと思いこんでいたのでちょっと寂しかったり。

藤虎イッショウ説はわりに本気で面白いと思っています。

No title

天狗山飛徹が街にでられない理由と、仮面をつけて隠れ住んでいる理由は、ヤクザの親分という素性を隠しているということも考えられそうですね。(ヤクザの親分であれば 見つかり次第 即刻 捕まるでしょうし )

また、おでんを慕っていたというなら、事情を知っていて おたまを かくまっていた理由もわかるし、また、誰かを待っているのであれば、20年後に現れるかもしれないという赤鞘、ももを信じて待っているということもあり得ますね。。。はたして、、、

No title

九里の親分がいた事は間違いないんですが、その立ち位置というのがイマイチ分からないんですよね。

かつての九里は悪党達が争い合う無法地帯で、その中でも最も危険な男だったのがアシュラ童子で、そのアシュラを倒して九里をしめたのがおでんだった。
でもおでんは大名ですしアシュラもヤクザではない。
すると九里の親分というのはどういう立場の人物だったのか?
九里に割拠するアウトロー達の中でヤクザのカテゴリに属する者達を束ねていたのがその親分だけど、九里全体を抑える力は無くてアシュラの方が強かった。
その後おでんの時代になってからはおでんの政権を裏から支えるようになった、という感じでしょうか?

元ネタが関東綱五郎、清水の大政、関の弥太っぺかと思われるので、そのあたりのネーミングで新キャラで出てくるかなあ、とか思いました(笑)

お喋さんについては勉強不足で元ネタわからず。
( ;꒳​; )

アシュラ童子なのでは?

ヤクザの親分という立場かは不明ですが元々アシュラ童子が九里の大悪党で、おでんが成敗したんでしたよね。

イッショウ

ひょうじぃが、新門の辰五郎をモデルなら
清水の次郎長か、森の石松、国定忠治とも思ったんですけども

ふと一番はまるんだよなあと

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

オススメ

8118.jpg

サイト内検索