記事一覧

ゾロが日和から貰ったおでんの刀「閻魔」について


ゾロが、スリラーバークで手に入れたワノ国の国宝「秋水」

日和は、秋水をワノ国に返却してくれれば自身が父から譲り受けた名刀を譲る、という提案をしてきた。

日和の父 光月おでんは"大刀二刀流"の剣士であり、処刑前に子供2人にその二本の刀を一振りずつ託した。

兄 モモの助には「天羽々斬」

妹 日和には「閻魔」

その「閻魔」は、あの強靭な肉体を持つカイドウに傷をつけた伝説の刀だそう。

日和の提案をアッサリと受け入れるゾロ。

7257.jpg

今回はこの「閻魔」についてのまとめと気になる件を考えてみたい。



地獄の底まで切り伏せる刀「閻魔」の特性


まず、この「閻魔」の特性を箇条書きでまとめ。

●名工「霜月コウ三郎」作

●大業物21工に位列

●地獄の底まで切り伏せるという触れ込み

●持ち主の「流桜(武装覇気)」を勝手に放出し必要以上に斬る刀

●並の剣士なら一太刀で干からび倒れる

●妖刀ではないが理屈は同じで、弱い者には扱えない

●カイドウに傷を付けた唯一の刀


このワノ国で「閻魔」を手懐けられたのは、後にも先にも「光月おでん」ただ1人だそう。

ゾロが試しに枝を一本斬ろうとしただけで、海岸ごと斬れる程に扱い方が難しい刀だ。

[スポンサーリンク]


20年間どこに保管されていたのか


では、その閻魔は20年間どこに保管されていたのか。

その答えは第955話“閻魔”にて、刀鍛冶の天狗山飛徹の口から明かされた。

さて…わしは天狗山飛徹!!

ワノ国の刀鍛冶である!!

20年…この刀をお2人に返納する日を

お待ち申し上げておった!!


飛徹の待ち人とはモモの助と日和の事で、保管していた2本の刀を返納する日をずっと心待ちにしていた、と。

そもそもその2本の内の一本である「天羽々斬」は飛徹が打ったもので、「閻魔」を打った刀鍛冶は現在はワノ国に居ないから、預かるとしたら飛徹しか居ないかもね。

20年前のモモの助と日和はまだ幼い子供だったし、大刀を持つにはまだ早そうだし。



まだ黒刀に成っていない「閻魔」


そしてこの閻魔について、飛徹はこうも言っていた。

「閻魔」はまだ黒刀に成っておらぬ!!

お前次第で“位列”も上がるぞ


黒刀に成れば位列が上がるという発言も気になるが…

カイドウに傷を負わせる程に閻魔を手懐けていたおでんでさえも刀を「黒刀」に成せなかったというのが、気になる。

やはり、刀を黒刀に成すには何かしらの条件があるんだろう。

刀が「黒刀」に成る条件とその特性を考える

武装覇気の扱い方や、戦いの年月なんかが必須になってくるのかな?



――という事でゾロが譲り受けた「閻魔」についてのまとめと考察でした!

他に気になることがあれば、コメント欄で是非!!

[スポンサーリンク]

コメント

特徴・デザイン→答え合わせ

閻魔という名前だけが先に漫画に出た時、前にこちらの記事でデザインや特徴などを自分なりに考えたのがあったのですが、前に投稿した文章がなくなっていたのでもう一度投稿させてください。こちらとしてもその答え合わせがしたいので。
(前に投稿した文章)
× ①名前とは裏腹に透き通った水晶のような美しい刃の刀?
× ②光輝く美しい刀?黄金の刀?
③閻魔の名前通り禍々しい見た目の妖刀?常に妖気を放っている?
× ④石でできたような刀。石の刀?光月家が高度な技術をもつ石工の一族であれば。
× ⑤同じく石でできたような刀だが、「月の鉱物で作られた」などすごい設定がある?
× ⑥ものすごく大きい巨大な刀?
× ⑦逆にナイフのように小さい超小型の刀?
× ⑧見た目は日本の刀ではなく、中国の青龍刀(刃が湾曲していて、幅のある)に近いデザイン?
⑨見た目はごく普通の刀と同じ?ただしその切れ味・破壊力は凄まじい?
× ⑩見た目は普通の刀だが、刀に光月おでんの魂(意思をもち、喋る)が宿っている?
× ⑪錆びたボロボロの刀?ただしその錆びた状態でも切れ味・破壊力は凄まじい?カイドウとの戦いの中で錆が消え真の姿を取り戻す?
× ⑫悪魔の実の能力者となった刀?ぶんぶく君のように悪魔の実の能力を得た生きた刀?ジゴジゴの実、ヘルヘルの実の地獄刀?
× ⑬色が赤・青・紫色・黒・白などの刀?「黄泉の国で作られた」など、不思議で妙な言い伝えのある刀?
× ⑭刀全体が龍をあしらったデザイン?
× ⑮刀という名のブレスレット(腕輪)?腕にはめ、自身のオーラといったエネルギーから光状の刀を作り出す?刀を握った感覚は確かにあるが、空気のように全く重みを感じず、それでいて凄まじい切れ味を誇る?
⑯その他デザイン・特徴

955話で閻魔を見た限り、答えは③(妖刀)と⑨(見た目は普通の刀だが、切れ味・破壊力が凄まじい)を合わせたような感じでした。
常に目に見える妖気を放っているわけではなさそうですが、流桜(武装覇気)が勝手に放出されるなど一癖ある妖刀でしたな。そして特別着飾らないシンプルなデザインの刀ではあるがそれの威力は海岸が切れるほど凄まじいと。
色については955話で特にコメントがないので、変わった配色ではないということでしょう。

自分なりに15通り考えたものが今回少しでも引っ掛かったたり掠ったりしたので再度投稿しました。失礼しました。
世の中必ずしも「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」というわけではないと思いますが、尾田先生の考えに対抗するには一つの考えや案だけではなく、いろいろと、複数案を出してみるのも手です。

No title

刀の位列の決め方
山田浅右衛門5代吉睦は多くの刀の試し斬りを行い、刀工ごとに切れ味を分類した結果を『懐宝剣尺』という本にまとめて公表した。刀剣の業物一覧(とうけんのわざものいちらん)は同書に記される、最上大業物14工、大業物20工、良業物50工、業物80工、大業物・良業物・業物混合65工の計229工をいう。
黒刀になると、切れ技が増して上がると言うことかな?

日和になぜ、閻魔を譲ったのか?宝の持ち腐れにしか見えない。
将来、日和の旦那になる男に託したのか?
結果、ゾロに渡ったが。

ゾロは和の国の子孫で因縁がある閻魔でカイドウを撃つのはゾロでビッグマムを倒すのはルフィではないかと思いました。

No title

昨日は時間がなかったのでちゃんと書けませんでしたが、
ロケット戦闘機秋水のネーミング自体も
秋のころの清らかに澄んだ水
からです
しかし擬人化絵が西洋人であることは国産でありながら設計は西洋であるロケット戦闘機からの意味があると思われますし
ワンピ内秋水のドラゴンスレイヤー伝説は
B29を龍にみたて戦中の新聞が二式複座戦闘機キ45改を屠龍と愛称した事実から同じB29キラーとして開発された秋水はドラゴンスレイヤーという意味からワンピ内秋水のネタ元の一つとキーさん同様私も思います
ちなみに硫黄島陥落によってムスタングが来襲する事態以後屠龍は残念な結果となってしまいました

閻魔は夏の季語でもあると聞いたことがある気がする
雪走は冬、秋水は秋、もしかしたら閻魔の次に春を匂わす刀が来るかもしれません

No title

擬人化された秋水は西洋人だったような・・・

ネットで調べましたが、秋水には「秋のころの清らかに澄んだ水。比喩的に、曇りがなく清らかなもの。特に、よくとぎすました刀」という意味もあるそうです。
ONE PIECEの秋水の元ネタとしてはこっちの方が有力なのでは?と思いました。

No title

残念ですか
秋水はB29とは戦っていません
実機は1機しかも初飛行でエンジントラブルで大破しています
実戦参加はありません
もとはドイツのMe163の設計図から作られたロケット戦闘機です
震電、火龍、橘花などすべて対B29兵器への開発者の努力には涙が止まらない感動を覚えます

ただの想像ですけど、おでん様は
錦えもん達を逃がす時間稼ぎの為に、
自らの武装色の覇気の全てを閻魔に与え、
カイドウに一太刀浴びせたのかな~と。

今日たまたま知ったのですが、秋水って日本の戦闘機の名前なんですね。あのB-29と正面から戦ったそうな。現実の日本を守る為に戦った秋水がワンピースの世界でも和の国の国宝の設定だと、このまま和の国に返すんでしょうね。

いつも楽しく記事を読ませて頂いております。
細かいことですが、記事内に「ゾロが、パンクハザードで手に入れたワノ国の国宝「秋水」。」
とありますが、正確にはスリラーバークです。
そこが気になったので報告です。
これからも面白い記事を待っています!

ゾロが秋水を手に入れたのはパンクハザードではなくスリラーバークだったのでは?
こちらのコメントは承認不要です。

おでんとカイドウはいつどういう状況で対峙し、いつ愛刀を飛徹に託したのでしょうね
百獣海賊団の九里襲撃はおでん処刑後なのでその前からカイドウ達とは因縁があったのか…

悪魔の実を食べた?刀だと思います…

>ゆうさん

> バッテンの傷は二刀流で同時に付けたのではなく、閻魔の方だけで二回切った?

む~~これはもう過去編待ちですな(^^)

バッテンの傷は二刀流で同時に付けたのではなく、閻魔の方だけで二回切った?

>風車さん

> ゾロのステージが上がって、海楼石をもスーと静かに切れる剣士の高みに到達するのかな。
> 剣士の極みと石工の流れで

そか、海楼石ってダイヤモンド並みの硬度を持ってるんでしたかね!

そうなると、2年前のアラバスタでのダズの「次はダイヤモンドでも斬ろうってェのか?」的なセリフも効いてきますね(*'▽')

>塩アメさん

> 「カイドウに唯一傷をつけた刀」なら、それを処分するためにカイドウやオロチが血眼になって捜しているはず。なのに20年経っても見つかっていない…。

ふむ、確かにそう言われたらそんな気も('ω')




> それで「リスキー」さんが書かれた「飛徹の腰の刀」を支持します。
> 刀の鍔は交換できるし、刀鍛冶の飛徹ならそれは造作ないでしょう。
> 鍔を天狗風に変えて肌身離さず持っていれば、怪しまれないのでは?

んん~、それは物凄く現実寄りの考え方な気がするんですよね~(*'ω'*)

漫画で、そこまでやるか?と。

漫画として考えると「どこかに隠していた」の方がスマートかな?

>ゆーとさん


> あの閻魔堂の紹介は、名刀閻魔を閻魔堂のどこかに隠してあることのネタフリではないかと

そんな気がしますね~!

Re: タイトルなし


> 「唯一カイドウに傷を付けた伝説の刀」というのは
> 1.”刀剣”に類する武器では閻魔のみが傷を付けた
> 2.拳や実の能力等も含めて閻魔でしか傷付いてない

どちらの解釈もできますね( ^)o(^ )

んん~~2…なのかな?

>猫genさん

> ゾロの次なる刀の補充も出来るし、最後の仲間で、一石二鳥!!

日和は、次期将軍になるモモの助(8歳)を妹として支えないと~(*'▽')笑

ゾロのステージが上がって、海楼石をもスーと静かに切れる剣士の高みに到達するのかな。
剣士の極みと石工の流れで
これから、麦わらの一味の壮絶な戦いと成長が描かれるだろうと思うと、ワクワクしています。

No title

「カイドウに唯一傷をつけた刀」なら、
それを処分するためにカイドウやオロチが血眼になって捜しているはず。
なのに20年経っても見つかっていない…。

最初、僕は焔魔堂にあるのではと思ったのですが、
名前つながりで徹底的に捜索されているだろうと考え直しました。

それで「リスキー」さんが書かれた「飛徹の腰の刀」を支持します。
刀の鍔は交換できるし、刀鍛冶の飛徹ならそれは造作ないでしょう。
鍔を天狗風に変えて肌身離さず持っていれば、怪しまれないのでは?
でも目が肥えた人が刀身を見れば「閻魔」だとバレてしまうので、
町には行けないのかなぁと。

No title

名刀閻魔については、感想コメントである程度書いたので、改めて書きませんが、前々回の連載で都の外れにあるお堂として閻魔堂が紹介されました。(地図では完全に白舞になっていた?笑)
その時、何故、急に閻魔堂と言う印象的な名前のお堂をイチイチ紹介するのか?と疑問に感じ、今後、閻魔堂が何かの舞台になるのでは?と感想コメントで書きました。
あの閻魔堂の紹介は、名刀閻魔を閻魔堂のどこかに隠してあることのネタフリではないかと考えます、笑。
ちなみに、この閻魔堂は、オロチ体制になったワノ国ではカイドウに関係するものが祭られているのか?
それによって、誰も閻魔堂の祭具は盗まないことも、名刀閻魔が秘匿されることには好都合だったのかも。

「唯一カイドウに傷を付けた伝説の刀」というのは

1.”刀剣”に類する武器では閻魔のみが傷を付けた

2.拳や実の能力等も含めて閻魔でしか傷付いてない

どちらなんでしょうか?
いずれにしても剣が武器のシャンクスはダメージを与えられなかったという事で、カイドウを退かせた手段がますます謎ですね。

かんりにんさまへ

そうです! ゾロの次なる刀の補充も出来るし、最後の仲間で、一石二鳥!!

>大次郎さん

> 光月家が持っている刀なら、最上大業物・妖刀・黒刀なのでしょうね。それプラスなんかすごい力があればと期待しています。例えばすでに多くの血を吸ってすごく強くなっているとか。

妖刀ならば、日和の身が危険すぎる気が…笑

Re: タイトルなし

> 閻魔堂にあるとしたら今まで盗まれてないのがおかしいな、ルフィの借りてきたやつが閻魔だったり?

厳重に隠されているとか?

ルフィの借りてきたやつは二代鬼徹ですね。

>猫genさん

> よし、日和をヒトヒトの実(モデル:閻魔)にしよう!(゚ω゚)

てことは…「閻魔(私)を差し上げます」…と!?笑

>ワタリドリさん

> 流桜を使いこなせないと本来の閻魔の持つ力を発揮できないとか扱いづらい設定の可能性もあったりして。。

確かにどんな名刀でも、使う者の技量次第という側面はあると思いますので、「閻魔」もそうなのかな。

>フォウさん

> ところで日和の言うこともちょっとおかしいよね。確かに秋水はワノ国の大事な国宝なので最終的には返してもらわないといけないかもしれませんが、今はカイドウを倒してワノ国を解放するのが優先であって、ゾロはそのための力になる存在なんです。なら今はひとまずゾロに秋水と閻魔を両方使ってもらうのが妥当なはずです。このタイミングで秋水を手放せって勝つ気あるのかと。

それくらい「秋水」というのはワノ国にとって大事な物だったと言うことでは無いのですかね?

個人的にはそこまでおかしいとは思わなかったですが。

>ウソロアさん


> 飛徹が持っていると思います
> 飛徹がその場から離れられないのは閻魔を盗られないようにかと

なるほど、それありそうですね~!!

そろそろ飛徹の待ち人問題も回収してほしいですもんね(^^)/

>ななしさん

> 閻魔は嘘を見抜ける刀で 秋水の疑惑も晴れるんじゃ

どういう仕組み??

しゃべるの??('Д')

>Rさん


> そのカイドウに傷を残した刀は当然武装色の覇気→黒刀かな
> 既に黒刀に成っていてもおかしくはないけど

おでんのシルエットが描かれた時に、共に描かれている刀が「閻魔」だとしたならば、黒刀にはなってない感じでしたね(^^)/

>小春日和さん

> 日和が閻魔を譲り受けたのは、モモの介が20年後に送られ騒動が治まった後、「閻魔しか取り返せませんでした。」みたいな形でおでんに所縁のある日和の下に来たのではないでしょうか?愛刀は常に肌身離さず帯刀していたと思いますし、処刑の際には敵方に渡っていて、誰かが奪い返したんじゃないかな?

う~~ん…これはワノ国の過去編に期待ですね!

>あっかんべェさん

> 例のカラーグラビアの地図を日和が預かっているとか。


なるほど、あの時の巻頭カラーでゾロが見ていた地図が本編でも出てきたらちょっとワクワクしますね(*'▽')

Re: タイトルなし

> おでんが使っていた刀とは言ってても、カイドウに傷を付けたのがおでんとは言ってませんね。
> もしそうならこういう持って回った言い方はせず、「父が使いカイドウを傷付けた刀」と言えばいいわけですし。

う~ん、まぁ明確に言われてるわけでは無いですが…

暗に言われてるのと同義かな?と。

そこは文脈から読み取ったと言うことで('◇')

>風来坊さん


> ロジャー海賊団は地獄や冥界に繋がりそうな船員が多いなぁと感じました。
> “鬼”と恐れられた船長ゴール・D・ロジャー、“冥王”シルバーズ・レイリーや“鬼の跡目”ダグラス・バレット…そして名刀“閻魔”を振るう光月おでん…

なるほど、確かにそんな感じですね~!!

面白いかも(*'▽')

Re: タイトルなし

> 尾田先生はサンジのミスタープリンスしかり何気ない会話の中に伏線散りばめますからね
> ゾロの炎分ソード発言がここで関わってくるかもですね!

まぁこれは、パンクハザードで炎を斬った錦えもんの「狐火流」をマスターする伏線のような気もしますけどね(*'▽')

Re: タイトルなし

> ここでゾロが閻魔を黒刀にするんじゃ?

ん~~それもあるかも。

個人的には、和道一文字を黒刀化するのかなあと思ってます(*'▽')

>リスキーさん


> もしかして、飛徹の腰の刀かも?名刀って言っていたし!

あれは、いかにも天狗が持ってそうな「ヤツデの葉」っぽい鍔になってるので、飛徹所有の刀かと。

>さんじゅさん


> なんにしてもトドメはゾロがリューマの如くカイドウの首を切るってのがほぼ確定じゃないでしょうか?
> んーーーーたまらない!!!!笑
> やばい!!!!笑

う~ん、まだ確定とはいえないかなぁ~('ω')

それにしてもめっちゃ興奮してなさる。笑

>Sivaさん


> モモではなく日和にとなると、実は守り刀で短刀ってパターンもありかと。

仰る様に、短刀でカイドウを傷付けるってのは厳しそうな気も…('◇')笑

>名無しの梨さん


> 使用しないとはいえ わずか6歳の女子に渡すにはちょっと。。

ですよね~('◇')

だから日和に「いつかこれを渡すに相応しい者がお前の目の前に現れた時に渡してくれ」的な事を言って、おでんが託したとか?

>ヒナ心外さん

> 炎分ソードですか。
> 炎魔の異名もありそうですね。
> 海老マヨネーズ鬼斬りの再登場もある…か??

閻魔→炎魔ですか。笑

そうなると、普通の「鬼斬り」がデフォルトで「焼鬼斬り」に(*'▽')w

>100さん

> 日和が「閻魔」を受け継いだというよりは、彼女は父の刀のありかを知っているのでは?「閻魔」がどこにあるかを日和だけが知っている。

だとしたら、日和は「父から譲り受けた」と言いますかね??



> で、そのありかは…編笠村、飛徹が持っているに一票!

なるほど、ここで飛徹の「待ち人」と絡めるわけですね!

あるかもです。

光月家が持っている刀なら、最上大業物・妖刀・黒刀なのでしょうね。それプラスなんかすごい力があればと期待しています。例えばすでに多くの血を吸ってすごく強くなっているとか。

日和に持たせたのは、閻魔が時を越えられないという制約があったからではないでしょうか。妖刀であるなら、トキトキの実による効力を受けられずに跳ね除けてしまうとか、何かを成し遂げるまでワノ国になければならない(モモたちが海外へ出るのを予測して)ので日和に継いだとか、そういう刀自身の理由かなと思います。

あとは、実はモモと日和は異母兄妹(この場合日和のほうがトキの子供)であり、閻魔は理由あってトキの血を引く日和渡さなければならなかった......モモにはまた別のものを遺してあるみたいな理由があるとかそういうことかなと思います。モモと日和って顔が似ていない気がするので、こういう展開もアリかなと。もし閻魔が大昔からあるような曰くつきの品であれば、大昔に生まれたトキと何らかの関係があったりしてと思います。ただこれは可能性が低いとは思います。


あと、閻魔=冥界の王的存在だと、こっちの世界の西洋ではプルートやハデスにあたります。関連している可能性はごく少ないかとは思いますが、一応プルトンのことを思い出しました。

閻魔堂にあるとしたら今まで盗まれてないのがおかしいな、ルフィの借りてきたやつが閻魔だったり?

よし、日和をヒトヒトの実(モデル:閻魔)にしよう!(゚ω゚)

時越え「20年」の理由も、引っかけてくるのかね?
20年後に、閻魔を使う人物が現れる……とか?

閻魔

流桜を使いこなせないと本来の閻魔の持つ力を発揮できないとか扱いづらい設定の可能性もあったりして。。

No title

ところで日和の言うこともちょっとおかしいよね。
確かに秋水はワノ国の大事な国宝なので最終的には返してもらわないといけないかもしれませんが、今はカイドウを倒してワノ国を解放するのが優先であって、ゾロはそのための力になる存在なんです。
なら今はひとまずゾロに秋水と閻魔を両方使ってもらうのが妥当なはずです。
このタイミングで秋水を手放せって勝つ気あるのかと。

他の方も仰っていますが
飛徹が持っていると思います
飛徹がその場から離れられないのは
閻魔を盗られないようにかと
オニ丸が刀を守っていたみたいな感じですね

閻魔は嘘を見抜ける刀で 秋水の疑惑も晴れるんじゃ

ルフィの武装色によってカイドウの鱗が壊せそうという発言。
そのカイドウに傷を残した刀は当然武装色の覇気→黒刀かな
既に黒刀に成っていてもおかしくはないけど
ゾロの過程としては成ってないほうが…でも
和道一文字が本命だからそっちでも?

No title

日和が閻魔を譲り受けたのは、モモの介が20年後に送られ騒動が治まった後、「閻魔しか取り返せませんでした。」みたいな形でおでんに所縁のある日和の下に来たのではないでしょうか?愛刀は常に肌身離さず帯刀していたと思いますし、処刑の際には敵方に渡っていて、誰かが奪い返したんじゃないかな?

No title

例のカラーグラビアの地図を日和が預かっているとか。
おでん様が捕まった時に託したとかならあるかもなと。

地図持っても迷子になりそうですけど・・・ゾロ・・・

地獄の閻魔より恐ろしい新冥王ゾロ
くぅ。

ウシマルの刀も気になりますね。
そしてその刀のそばにはウシマルの棺桶か・・・。
鈴後でおばけやってたブルックもここは見つけられなかったんだなぁ

おでんが使っていた刀とは言ってても、カイドウに傷を付けたのがおでんとは言ってませんね。
もしそうならこういう持って回った言い方はせず、「父が使いカイドウを傷付けた刀」と言えばいいわけですし。

名前やカイドウの強靭な肉体に傷を付けたとなれば恐らくは“最上大業物クラス”…それでも光月おでん程の剛の者でなければ真の切れ味を出せないという…とんでもない刀の様な気がする。
あと記事内容には関係ないですがロジャー海賊団は地獄や冥界に繋がりそうな船員が多いなぁと感じました。
“鬼”と恐れられた船長ゴール・D・ロジャー、“冥王”シルバーズ・レイリーや“鬼の跡目”ダグラス・バレット…そして名刀“閻魔”を振るう光月おでん…

尾田先生はサンジのミスタープリンスしかり何気ない会話の中に伏線散りばめますからね
ゾロの炎分ソード発言がここで関わってくるかもですね!

ここでゾロが閻魔を黒刀にするんじゃ?

No title

日和に譲ったと言うより、オデンがトキ様に預けたのかな?
トキ様がオデン様より譲られた刀(閻魔)を日和(河松に)託したって感じがする。
飛徹が持っている可能性が高いかな?
もしかして、飛徹の腰の刀かも?名刀って言っていたし!

ルフィとゾロの共闘の可能性などでてきましたね!
なんにしてもトドメはゾロがリューマの如くカイドウの首を切るってのがほぼ確定じゃないでしょうか?
んーーーーたまらない!!!!笑
やばい!!!!笑

一応、私も普通の刀を想像していますが…。
モモではなく日和にとなると、実は守り刀で短刀ってパターンもありかと。
カイドウを傷つけられたのも、例えば偽りの恭順を示しつつ故に懐に入ったものの、致命傷を与えられず…
う~ん、ちょと苦しいかな😓

まず、女の人が刀を持つというのは実際の江戸時代ではどうだったのだろう??
フィクションでは男装した女性が刀を持つことはあるけれど、刀ってそれなりに重いものですし女性が持つには相応しいのかどうか。せめて持つとしたら護身用の短刀ですよね。
くいなに対しても、重くないのかな〜って思ってましたし…(笑)
使用しないとはいえ わずか6歳の女子に渡すにはちょっと。。

炎分ソードですか。
炎魔の異名もありそうですね。
海老マヨネーズ鬼斬りの再登場もある…か??

日和が「閻魔」を受け継いだというよりは、彼女は父の刀のありかを知っているのでは?「閻魔」がどこにあるかを日和だけが知っている。
で、そのありかは…編笠村、飛徹が持っているに一票!
飛徹が待っているのは日和、ではなく「閻魔」に相応しい侍であり後継者。次の持ち主がモモでなくても、刀鍛冶である飛徹が認めた者に継承するようにと、か…でしょうかね??
「閻魔」は名前的に鬼徹一派の作かもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索