記事一覧

ローを解放した人物は誰?その人物の陰謀とは!?


捕まっていたハートの海賊団クルー、ベポ・シャチ・ペンギンの代わりに、捕えられたロー。

ホーキンスとドレークは、ローにワノ国入りした目的を吐かせようとしていた。

しかし、第954話“龍に翼を得たる如し”で形勢逆転!

拷問部屋の様な所でローの前に横たわるホーキンス。

ホーキンスは、ローの「ROOM」内で、胴と手首を「切断(アンピュテート)」されたと思われる状態だ。

7190.jpg

しかし、「ROOM」内の攻撃であれば直接的な肉体ダメージは無い筈…

口から血を流し弱っている状態という事は、ロー以外の誰かに攻撃を受けたのだろう。

そして部屋を出る時のローが「ある人物」にこう言った。

おれを逃す事がお前の陰謀なら

──乗ってやるよ…


7191.jpg


今回は、この人物の正体と、企んでいる陰謀について考えてみたい。



この人物はドレーク?


さて、この人物は誰だろう?

まぁシンプルに考えたら、直前まで一緒にいて、今この場にいない「ドレーク」か。

直前にも、様子のおかしさをホーキンスに指摘されてたし。

7008.jpg

更に靴のシルエットとマント着用のキャラ…

それに加え、ローが「お前」と呼ぶという事は、顔見知りで、かつ立場的に対等そうな関係性…

やはり最悪の世代であるドレークで確定かな?

7176.jpg

[スポンサーリンク]


その人物の陰謀とは?


さて、その人物がドレークだったとしよう。

ローをこの場から逃がす事で、何を狙っているのか?

前述した様に、ローを捕らえた理由は「ワノ国入りした目的を吐かせる為」

7011.jpg

それをさせずにホーキンスを攻撃し、ローを逃がす…

ローはそれを「お前の陰謀」だ、と。

これが何に繋がるのか…

シンプルに考えたら「打倒カイドウ」

もしくは、もっと深い理由があるのかもしれない。

ドレークのこれまでの経歴と、カイドウの元にやって来た経緯から推測できるかな。



ドレークの謎多きこれまでの経歴


ドレークのこれまでの経歴とカイドウの元にやって来た経緯をまとめよう。

元海軍将校バレルズの息子として産まれる
父に憧れ海兵になる夢を持つ
突如父は海賊に、息子にも暴力を振るう酷い男に豹変
海兵だった過去の父を信じてついて行く
19歳、北の海ミニオン島にて
ドンキホーテファミリーに狙われる
ひとり逃げ出し海軍に保護され海兵になる
海軍将校(少将)にまで上り詰める
何の因果かその後、海軍を抜け海賊になる
ドレーク海賊団を立ち上げる
“赤旗”という異名を持つ
最悪の世代のルーキーとしてシャボンディ諸島に集結
頂上戦争を見届けた後、新世界へ
カイドウのナワバリ「お気に入りの冬島」へ上陸
そこの守備をしているアイアンボーイ・スコッチを襲撃
百獣海賊団のクルーとなる
百獣海賊団の真打ちとしてワノ国の編笠村を襲撃
カイドウのお気に入りの冬島で
反乱軍を指揮していたカリブーを倒し連行
ドフラミンゴの敗北を知る
花の都で、おそばマスクを追う
湯屋で、ナミの裸を見て倒れる
ホーキンスが捕らえたローを逃がす(不確定)

海軍に所属していた過去と海賊になった現在。

カイドウの傘下の海賊に攻撃を仕掛け、百獣海賊団入りをした経緯。

これらを考えると、ドレークの行動には明確な意思を感じる。

だけど、目的が見えてこないなぁ。

単純な「打倒カイドウ」ってわけでもなさそうだし…

コメント欄でご意見頂きたいです!

[スポンサーリンク]

コメント

仮にドレークだとして、どうやって藁人形を攻略したんでしょう?

やはり海楼石の釘か海水ですかね?

No title

そもそも、父バレルズは何故海軍を裏切ったのか?性格が豹変し息子ドレークに暴力を振るうようになったのか?オペオペの実をどうやって入手したのか?を考えると、先代のオペオペの実の能力者によってバレルズの肉体に他者(海賊?)の魂が入れ替わり(シャンブルズ)、オペオペの能力者と共に海賊として名を馳せ、後にオペオペの能力者が死亡したことで、オペオペの実を入手した。
本物のバレルズは海賊として捕らえられていて海軍将校として成長した息子に会えたのか、海賊として処刑されたのか・・・なんてのはどうでしょう

>かんりにんさん

やっぱりドレークっぽいかな
ドレークの様子がおかしかったのがここでひっかかってますから。

No title

話ずれますが、ドレークって、19で海軍に保護され入隊?現在32か33歳で海賊、いつ海軍辞めたかわからないけど、シャボンティの時はすでに海賊だったから、10年くらい所属して見習いから少将って、大出世じゃないですか?
恐竜に変身する実は海軍時代に食べたのなら、自らか、軍に食べさせられたのか、海軍辞めてからゲットして食べたのか、謎です。
恐竜になったところで、今のところすごく強い感じしないけど、少将まで登り詰めたのなら、強いんでしょうね。武力より知能派という印象です。

下の考察のように、ドレークがまだ海軍所属ならなぜ黄猿に攻撃されたり、死にかけたりしなくちゃならないのでしょうか。ドレークは革命軍か単体で行動してると考えてます。海軍所属よりは信憑性あるかなと、、

普通に考えたらドレークだと思います。ただ、青キジであれば陰謀感があっていいなと思いました!シークレットにしておいてドレークだとつまらないし、青キジもシルエットのような格好もしていたと思うので、一応候補の一人なのかなと

ドレークが裏切った理由は単にジェルマが好きだから、とか、ナミに惚れてしまっまからという単純な理由だったりして(笑)

脱獄した後ローは編笠村の会議に合流してないですね。
ホーキンスとの会話からローがルフィとの同盟の継続に思うところがあるのは伺えますが、そうであっても「陰謀」とやらに同盟を利用するつもりがあるなら一旦は合流しそうなものです。
この「陰謀」とはどういうものなのでしょうかね?
そしてローはどこに向かったのでしょうか?

間接的とは言え、幼少期にオペオペの実の件でローとドレークにつながりがあったのは尾田先生が何も考えて無いとは思えないんですよね。
ドレークは父の影響で海軍をやめオペオペの能力者を待っていたとか?
もしくは海軍にいたのならロシナンテと知り合いだった可能性とか?
最悪の世代をたくさん登場させたけど描ききれないから、あとは全部カイドウの手下ってのも雑な扱いだと思います。
あの最悪の世代たからカイドウと言えど簡単に屈する人達とは思えないんですよね。
アプー以外はカイドウの手下のふりかもしれない。

狂四郎はないですかね

ドレイクだと思いますね。
ローとルフィの海賊同盟は、ドフラミンゴを倒し、そして、サンジのジェルマ66を見て、ビックマムを倒し、ジェルマをも味方につけたから、カイドウも倒せるのでは?と思ったのかもです。

ドレークの陰謀(仮)

ドレークはもともと正義感が強かった→親父にも、天竜人の犬である海軍にも絶望し、海賊になる→自分が海賊王という絶対的正義となり、世界の新たな秩序となって、世界を平和にすることをしよう→その為にはロードポーネグリフの写しを取る為に一時、四皇カイドウに従ってチャンスが来たら、カイドウに挑もう→チャンス(自分と同じくカイドウの首を狙うロー)が到来し、利害が一致しているローを助け、いよいよカイドウに挑む

2回目のコメントすみません

ドレークが今もまだ海軍でスパイだとしたらその指示を出しているのは黄猿ではないでしょうか?黄猿とドレークは上司と部下、あるいはセンゴクとロシナンテのような関係性だったりしませんかね?シャボンディでドレークに会った時、何故かドレーク少将と呼びかけてましたし(直後に元少将と言い直してましたが。
黄猿といえば単身ワノ国に乗り込もうとしていたので、身内をカイドウの元に送り込んでいても不思議ではないような気がします。ドレークの陰謀に黄猿が関わってるんじゃないかな?と思いました。

No title

ほぼほぼドレークだと思うんですがここでシルエットにする意味もあんまり分かんないんですよねえ…
ただドレーク以外誰があり得るキャラも思い浮かばないし、ドレークじゃないとしたら新キャラかなあ

ヴェルゴがしゃべれないように、口から半分にされてたので、同じようになったのかもしれない

No title

ドレークの本当の所属って?を考えてみました。
で、こんな案が思いついたんですがどうですかね?
ドレークはカイドウ傘下でもなく、海軍でもない。
もしかしたら革命軍?とも思いましたが、革命軍の今はレベリー集中だし。
実はシャンクスの指示で動いてるのではないでしょうか?
世界の均衡を保つ為の情報収集はシャンクス一人(赤髪海賊団)だけでは限りがあるし。
ドレークは海軍にも海賊にも両方に情報網を持っていてもおかしくないかと。
五老星との会話でも出てきた
「ある海賊についてはなしが…」
て言うのも、カイドウの元に潜伏しているドレークの事で。
今はレベリー(革命軍)やワノ国編と別々ですが、どこかで繋がると感動です!

元海軍つながりで青雉くるんじゃ。海軍のスパイだか知らないけど やっぱ猿犬雉と桃太郎で鬼ヶ島ですよね。

ドレークの印象は実直な男、と言うイメージですね。百獣海賊団には合わない。海軍のスパイ、革命軍のスパイ、又はシャンクスの部下か。シャンクスが言う「ある海賊」の情報の元ネタはドレークからなのかも。どれも可能性が有りすぎて、決めきれないですよね。今後の展開が楽しみだ~。

ドレークってコラソンと同じ海軍のスパイなんじゃないですかね?
海軍が動けないからルフィ達をぶつけて少しでもカイドウの弱体化を狙ってるのかな?

そもそもロ―が拘束されてる時に、目元が、ホーキンスの目元に入れ替わってるよーに見えるんですが、、
ホーキンスが(ロー) ローが(ホーキンス)になってるよーに見えるんですが、。

このことに加えても、ガープの発言が気になりますね。ガープはこれから大きなことが起きることを知っていた様子でした。ガープから考えられるのは少数の海兵だけが知っている情報なのか、ガープだから知りえる情報なのか。後者であれば動くのは海軍ではなく第三者の大きな組織であると思われますが、マムとカイドウが手を組んだ以上は海軍も動くでしょう。そうなるとワノ国は四皇同盟、ワノ国同盟、第三者、海軍の四つ巴状態になりそうです。そうなると尾田先生の言っていたマリンフォードの戦争が可愛くみえるレベルですね。

ドレークは以前から謎な部分もありましたからね。
“前半の海”とリンクさせるという意味では、シャボンディ諸島でくまがルフィ達を逃したように、彼もまた革命軍の何らかの繋がりがあって、その目的の為に敢えてカイドウの配下になり、ローを逃す事になった……とかでしょうか。
以前黄猿と遭遇した時も、『それ(パシフィスタ)の偵察』だと言われていましたし。当時『バーソロミュー・くま』の複製・サイボーグ化をどれだけの人が知っていたのかは分かりませんけど、彼はそれを知る立場・機会があったという事ですから。

No title

ドレークは実はまだ海兵?
コラさんのように海賊になって何かを探っている?
最近は予想の斜め上を行く展開ばかりで正直読めませんね。ただその陰謀によってカイドウ・マムの海賊同盟とルフィたちとの力の差が埋まることに関連してくるのかなと思っています。

これはもうドレークという人間の根本の話になってきますね。
何を思って父と同じ道を歩いているのか。
海兵時代に背負っていた正義は捨てたのか。
ローを逃すのは彼の正義なのか。

少なくともドレークと父は「元海軍将校の海賊」という点では同じですが、それ以外は全く違うと思います。
…まだ情報が足りない。

No title

海兵→海賊→四皇傘下→四皇に対する裏切り 打倒(不確定)
この流れを見ると、所謂三大勢力の均衡を破壊したいとかじゃないですかね?まあ、なんの目的でそれを目指してるのかは予想出来ないんですがww

父は拷問を受け性格変わってしまったのかなと思いました。キラーの様に。
打倒キング?

カイドウの目的が世界最大の戦争なので
ドレークの目的は戦争の回避だと考えています
ドレークの異名の赤旗には革命派の象徴の意味もあるので
実は革命軍(若しくは革命軍と何か繋がり)だったり…しませんかね

ローはホーキンスの心臓抜き取ったんじゃない?

まぁシルエットではありますが、100%ドレークだと思います。特にブーツのシルエットはドレークのブーツの特徴まんまといった感じです。ローとの身長差もちょうどこんぐらいかと
それに牢屋敷に自由に出入り出来る人物なんてそう多くはないですし、様子のおかしかった件もありますからね。あとはローと因縁持ちとか諸々の理由で(・・;)

気になるのは陰謀の方ですが、なかなか見えて来ませんね。でもローを逃し、ホーキンスを黙らせた時点で普通は百獣海賊団に戻れないような。だってこの状況だと真っ先にドレークが疑われますよね?わざと逃したのか?って。本人戻るつもりないんでしょうか?


No title

いわゆるノースの闇

ワノ国が闇取引で世界政府に武器を売っていた事実
これをぶち壊しに来たのだと思います。
コラさんの持っていたジョーカーのリストは武器販売顧客リスト。
世界中の戦争が武器商人を通して行われている。
そしてそこには隠れて世界政府の取引もある。
海軍将校として気付いたのかと。

アイアンボーイ・スコッチの島もカリブーの顛末で武器を創っていることがわかりました。

それにしても拷問部屋を書くとは!怖い!
「ザクッ!」も気になりますね・・・。

打倒カイドウだとは思います。
ただ2年前の台詞を考えると、なんとなくですがベガパンクの開発した何か、もしくは藤虎が知った王下七武海に代わる戦力を不必要な存在にするのが目的かなあと思ってます。
悲しいマラソンを止める、というような。
その為にはそれを必要とさせてしまう存在であるカイドウを倒さなければならない、とか。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に(^○^)]

サイト内検索