記事一覧

空船に金色神楽!年に一度の「火祭り」の詳細まとめ


錦えもんがカイドウ及びオロチを討つ為の作戦決行の日を「火祭り」の夜に定めた。

それは、鬼ヶ島に討つべき相手が全員勢揃いするからだ。

●カイドウ率いる百獣海賊団

●オロチ率いる将軍行列


そこでは祭りの一環である「参拝」にかこつけて、盛大な「宴」が行われているそう。

では、そもそもの「火祭り」とはどんな祭りなのか…

今回は、それについてまとめておきたい。



「火祭り」の概要


7223.jpg

●花の都の町民達の年に一度の盛大なお祭り

●火祭りは死者を弔う行事

●祭りが盛大な程、亡き人に想いが届く

●想いを届けるために「空船」を飛ばす(?)

●オロチの将軍行列が鬼ヶ島に参拝へ向かう

●それはワノ国を守る「明王」カイドウへのお参り(形だけ)

●鬼ヶ島ではアプーが楽しみにしている「金色神楽」が行われる(?)

[スポンサーリンク]



死者を弔う「空船」


7224.jpg

上にもまとめたが、この火祭りに際して町民たちは「空船」というモノを作っていた。

火祭りは死者を弔う行事であり、亡き人に想いを届けるために「空船」を飛ばすのだろう。

空船を飛ばす祭り、という事で思い出したのはタイ・チェンマイの「コムローイ祭り」

7222.jpg

コチラは、その年の収穫と豊作を祝う「収穫祭」としての意味を持つ行事だけど、「空に飛ばす」ってあたりをオマージュしてそう。



年に一度の「金色神楽」


7225.jpg

火祭りの夜、鬼ヶ島では「金色神楽」というモノが行われるそう。

百獣海賊団の傘下であるオンエア海賊団のアプーも、それを楽しみにワノ国に帰って来たらしい。

では、この金色神楽とは何だろう?

神楽とは、神に奉納するため奏される歌舞の事だ。

それが「金色」の名を冠するほどに豪華絢爛な感じなのかな?

カイドウも「今年は一層派手にやるぞ」と言ってるしね。

陽気で音楽に関係ある能力を持っているアプーが、それを目当てに帰って来たってのもしっくり来るね!


――という事で、決戦の日の「火祭り」についてまとめてみた。

[スポンサーリンク]

コメント

No title

ワノ国編ラストで空船を飛ばして、おでん、トキ、康イエ、今まで亡くなった侍たちを盛大に弔う、それこそタイのコムローイ祭りのようなシーンが待っていると思うとそれだけで泣けてきちゃいますね。決戦がどう転ぶかまだ分かりませんし、空船を飛ばすシーンがラストに持ってくるかどうかわかりませんが。

No title

コムローイ祭り
いきなりタイの祭りを参考に出すのが不思議でしたが、ラプンチェルのモデルになった祭りなんですね
たしかにランタンを空に飛ばすという行為は利用できそうですね侵攻軍側には・・・
一種のヘリボーンや落下傘部隊としても沈黙火力としても利用できそうです すばらしい

ただ火祭りと言えばワノ国であればモデルの日本は結構多いですよ五山の送り火は有名ですし
なにより本邦には修験道という密教と密接な関係のある特殊な宗教があってその聖地熊野ではちょっとズレた那智において有名な火祭りがありますよ どころか密教では常に護摩を焚いています 元はゾロアスターからだと言われていますが修法です 修験道では火渡りがおこなわれます
密教・修験道ともに明王は重要な本尊の場合が多いですし、逆に小乗仏教(タイの仏教)には密教がないから明王はいないかもしれません

今のところ、四皇の海賊団に対する作戦の特徴として、四皇が催すイベントをぶち壊すというものがありますね
対ビッグ・マム海賊団→茶会と結婚式をぶち壊す
対百獣海賊団→火祭りに乗じて、討ち入る

No title

ビッグママの船から飛ばしてた風船に四皇の海賊たちがぶら下がって乗り込んで
偶然?にも空船の中に紛れ込んだりでもしたら一波乱起きて面白いかも!
(あの風船がどうしても気になってしまって…)

地図はあるから忍者部隊が先陣を切り、熱気球のように空に浮かんだ船を奪いカイドウの屋敷に侵入して何か仕掛けておくミッションがあれば面白いかなと。笑

WCI編ではマムの『お茶会』というビッグイベントがありましたが、ワノ国編ではカイドウを参拝する『火祭り』があるという。楽しみですね。
アプーがナンバーズを引き連れて現れましたが、海底に沈んだジャックを助けたのってナンバーズですかね?アプーの指示で。

No title

火祭り!
本当に楽しみにしているのです
藤山とかも大文字焼とか色々あるかなぁ・・・とか

鬼が島での金色神楽より
オロチ政権打倒後の都でのワノ国全体の火祭りも!
きっと美しいし、その時こそトキが残した歌の意味がわかるかもなぁとか

空船

・・・かつて藤山に船が空からやってきた伝説がある
みたいなことないですかね?
そんな神社ありますよね、日本に。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索