記事一覧

裏切者は居ない?情報が筒抜けなのは狂死郎の作戦だった可能性


第958話“約束の港”にて、反逆の同志達の集合場所である「常影港」に集合した錦えもん達だったが、その場所には誰もおらず船もなく、ただ攻撃された跡だけが残されていた。

7365.jpg

この絶望的な状況は、オロチの仕業なのか。

作戦はもう全てダメになってしまったのか…?

個人的には、コレは尾田先生お得意のミスリードではないか、と考える。

そしてこれまで、コチラの作戦が全て筒抜けなのは「味方の中に裏切り者がいるからだ」と考えてきた。

判じ絵の札と足首の月の印の情報はどこから漏れたのか

将軍オロチに情報を送っている裏切者はカン十郎!?


しかし逆に「裏切り者がいない」という可能性も残されていると思うので、その場合「誰が」「どんな意図で」情報を漏らしているのかを考えてみたい。

裏切り者がいない…そう考えた場合、敵側にいる人物がこちらの作戦を修正&補完する為に情報を少しずつ小出しにしていき、作戦を成功させるために秘密裏に導いているのではないだろうか。

例えば、決戦当日の同志達の元々の集合場所は「刃武港」だったワケだけど、当日オロチ達の軍もその場所から鬼ヶ島へ向かうわけだから、白舞に同志達が集っていたらその場で作戦自体が台無しになりかねない。

つまり「港の変更」は作戦決行には必須だったわけだ。

※集合時間が違うとはいえ、その時間までにその場所に集うと思ったらあらかじめ白舞入りする事は避けられないだろうから、いずれにせよ見つかりそうだ。

集合場所の変更をしたのは元白舞大名康イエだったが、それをせざるをえない状況になったのはあの「判じ絵」が敵側にバレてしまったから。

それがバレた直前に何があったかというと、オロチ城での宴。

その場でその判じ絵を拾った人物は、“居眠り狂死郎”

7370.jpg

狂死郎はそれを見て、作戦の変更の必要性を感じたんじゃないだろうか?

つまり、これまでの作戦の一部がバレていた件は全て狂死郎がやった事だと。

もちろんそれは、作戦を成功させる為のモノで。

[スポンサーリンク]


これまでも狂死郎については、単なる敵ではないと思われる描写が多々あった。

居眠り狂死郎は味方?これまでの言動から考える

●将軍オロチを笑う狂死郎

●おでんの妻「トキ」を敬称を付けて呼ぶ

●小紫を斬ったフリをして逃がした?

●光画タニシをワノ国全域に手配



これまで裏で動いていた狂死郎が、表に出て動くとしたら今が好機だろう。

──というのも、決戦の日「火祭り」当日、狂死郎は都に一人留守番として残るから。

今回は狂死郎が港の留守番!!

よきに伝えよ!!


狂死郎はこの時を待っていたのかもしれない。

つまり流れはこんな感じ。

●狂死郎の正体は姿を変えた傳ジロー

●狂死郎と康イエは繋がっていた

●判じ絵を見た狂死郎から康イエに連絡

●康イエはカン十郎達の元を訪ね詳細を知る

●集合場所の変更と捕まった同志達の救出が急務

●相談の結果、康イエが自分の命をかけて大芝居

●その処刑を狂死郎が光絵通信で国中に流す

●国中の同志に蜂起を促す

●決戦当日までにオロチを油断させる為、情報を細切れにして流し続ける(情報源は日和)

●決戦前夜、オロチの命で常影港付近に集まっている同志達を討伐に

●そこで戦闘があったように見せかけ、同志達を別の場所に移動させる

●もちろん船もそちらに移動


ただ、誰にも連絡が付かない今の状況はちょっと不思議だけど…

――という事で、これまで裏切者の仕業だと思われていた情報漏洩は狂死郎による手回しで、作戦を成功させる為の犠牲だったという説をここで挙げておきたい。

他にも面白そうな説があればコメント欄に是非!!

[スポンサーリンク]

コメント

No title

実はエネルとオロチが組んでいて、マントラで情報得ていたとか。
まぁエネル再登場の伏線らしきものがないんで、これはないか。

No title

二つの可能性を書きましたが、個人的には内部に内通者が存在すると考えています。

ちなみに、ライゾウを追いかけてモコモ公国に来たジャック達は、何故来れたのか?について

ミンク族の裏切者がカイドウ側にいれば、来れると考えています。
ローのところにいるクマやペコマムシもゾウに来れたのなら、カイドウの部下又はジャックの部下にそのような裏切者が存在すれば、ゾウに来るだけなら可能だと考えますが。

No title

スマシでルフィたちに応答を請う錦えもんが演技していたとしたら錦えもんが裏切り者の可能性もあるのかな。

地武えもん?

もし内通者がいるのであれば、個人的には地武えもんが怪しい感じです。958話にて920話で一度だけ登場した彼の名が出てきたということもあって。名前だけとはいえ実に38話ぶりですからね。
とにかく出番が少ないこと、兵集めであまり成果を出していないこと(一方のお蝶・弥太っぺなどは数日という短期間で成果を出している)、初登場時一緒にいた布袋似の大男や髭の男などが今牢に捕まっていること(地武えもんは反乱の同志のふりをして、布袋似の大男たちに近づき騙した?)などから、最近地武えもんは「実はカイドウ・オロチ敵側の人間なのでは?」とも考えるようになりました。
表向きは希美の元旗本・反乱の同志として、裏ではカイドウ・オロチの協力者として行動しているのかもしれません。
錦えもんたちにしてみれば20年後に飛ばされてすぐに出迎えてくれた人物ですからね。錦えもんたちにしたら地武えもんへの信頼は大きいんじゃないですか。だから描写がないだけで、錦えもんたちは地武えもんに自分たちの行動や現状などをこまめに報告していたんじゃないですか?
そして地武えもんは内通者としてその情報を敵側にそのまま伝えているというか?地武えもんにより赤鞘や反乱の同盟たちの情報や行動などが筒抜けになってしまっているというか?

あと狂死郎と傳ジローはぜひ同一人物であってほしいです。赤鞘の最後の1人として、9人の中で一番おいしいとこを持っていきましょう。それが最後に登場するキャラの特権というものです。

No title

続いて、外部に情報提供者が存在した場合の予想。

その前に、狂シローは、リンゴの大名霜月牛マルの家臣であった可能性もあると付け加えておきます。
日和がリンゴへ逃げていたのは、狂シローとリンゴに縁があるからなのかも。
霜月家同士の関係から康イエの元に狂シローを含め同志として仲間が集まっているとして。

情報提供者が外部の者ならば、以前からコメントしている通り、ワノ国内に存在するCPがそれであり、狂シローも同じくCPに所属していると考えております。

それでは、CPの目的は何か?

以前から指摘している通り、CPはオロチの暗殺または、失脚を目論んでおり、オロチ亡き後、自分たちの傀儡を将軍の座に付け、ワノ国の利権を奪いたいと考えているのかも。

そこで、CPは自らの持つ情報網を駆使し、ルフィやキンエモン達の行動を監視し、目的を同じくする彼らに裏から協力している可能性も考えられます。

仮に、狂シローがワノ国における表には出ない実質のCPの責任者ならば、あらゆる情報操作は可能なのかも。
スマシの会話を傍受し、キンエモンと外部の会話を盗聴していてもおかしくはない。

オロチへの状況報告書がCPによるものならば、日和が生存し北の地にいること、ウドンがルフィ達に制圧されていること、トカゲ港への集合場所変更も全て、キンエモンとの綿密な打ち合わせ後の報告書作成なのであれば、「問題なし」となります。(昨日の予想考察参照)
ちなみに、オロチによるトカゲ港襲撃計画を阻止し
オロチ側の船を攻撃したのは、フランキーでも康イエの家臣達や仲間、CP、誰でも構わない訳ですが。

そうなると、キンエモンは、何故、トカゲ港にアカザヤ達を連れて行ったのか?
全て、狂シローと協力し作戦を実行しているならば
アカザヤ達には全て状況説明していてもおかしくないのではないか?
という疑問が出てきます。

外部の情報提供者が存在するのか?
内部の内通者が存在するのか?
実は、その両方が存在するのか?

今後の展開が楽しみですね。








オロチの「信用ならねェマネしやがって」という台詞が少し気になります。
信頼してる部下に対してなら違和感も。
内通者ならしっくりいくかな。
ただメモの情報がオロチを騙そうとしたモノなら…?
港での出来事が錦えもん達の裏の作戦である可能性も。
もしくは狂死郞の秘めた胸のうちをオロチは知らないとか。

No title

今回は、裏切者がいることを前提に予想を書きます。

何パターンかありますが、今回はこのパターンで。

先ず、狂シローは、かんりにんさんの記事にもあるように、城での宴会後に判じ絵を康イエに見せ、集合場所の変更が急務であることを相談し、それを受けた康イエ磔の結果、彼の魂の叫びは全国に伝わった。

生前の康イエからの指示で、狂シローからキンエモンへの直接会談か、スマシで連絡をとり、自分と康イエの関係や仲間の存在、自分たちの目的等を説明。
その際、CP内の情報網からキンエモン達の動きがオロチにバレていることや、内通者の存在とオロチのトカゲ港襲撃計画等を聞き、二人の相談にて、再度、集合場所と集合時間の変更を決定。

それを受け、キンエモンは独自にウドンのヒョウゴウ、イタチ港のフランキー、ルフィ達、その他に変更事項を伝えた。(変更の理由は適当にごまかし、内通者の存在は伝えない)

オロチは、火祭り前日の夜に部下を船で派兵させトカゲ港にて待ち伏せしていたところを、逆にキンエモンからの指示に従い、出撃したフランキー達の船に攻撃され、オロチ側の襲撃は失敗に終わる。
キンエモン達が荒れ狂う海岸で見た攻撃跡はオロチ側の船の残骸である。
キンエモンはそれが分かっていて、あの攻撃跡を見ている。

キンエモンは、スマシのスイッチを入れずに、一人でしゃべり続け、ルフィ達に連絡ができないふりをしている。

キンエモンは、河松からも狂シローの事は聞いているのかも知れない。
日和は狂シローに匿われている可能性あり。
河松とゾロは、日和を狂シローのところまで送り届け、その際に、河松とゾロは狂シローと会っている
のかも。

内通者は、河松がリンゴから編笠村へ来たことから、日和が北の地に生存、とオロチへ報告したのか。
内通者の情報は基本的に編笠村で情報交換しているキンエモン達が持っている情報と相違ないように思える。
ならば、編笠村に集まった者の中に内通者がいる可能性も考慮し、考察しないと的外れな予想となることも踏まえ、内部にいる内通者、外部にいる情報提供者のどちらのパターンも考える必要がある。(今回は内部の内通者のパターンの考察。表現はおかしいが)


キンエモンが何故、トカゲ港までアカザヤ達だけで来たのか。理由は、何か?
あの、スマシにしゃべり続ける目的は何か?

あのキンエモンの訴える内容は、アカザヤであれば嫌と言う程、理解していること。
ルフィ、ロー、その他が仮に聞いていたとしても、「分かってるから今更いわなくても」と答える内容。
自分は、あの訴えは、スイッチの入っていないスマシにしゃべるふりをしながら、この中にいる内通者に話していると見ています。
あのキンエモンの訴えを内通者は、どんな気持ちで聞いているのだろうか。

この後、キンエモンがネタバラシをした後に「我らの思いは、一つではなかったのか!!!」
と内通者に向かって言うのかも。

自分が分からないのは、仮に内通者が存在した場合、何故、情報をリークする必要があったのか?。
目的は何か?
以前、別記事でも書きましたが、内通者がいた場合の、理由と目的がよく分かりません。
モモの命が欲しいなら、いくらでも暗殺のチャンスはあったはず。
それ以外の目的があるのか。

取りあえず、今回は内通者が内部にいた場合の予想考察でした。

ちなみに、内通者の候補は、しのぶが一位。
二位がカンジュウロー。
となります。




No title

狂シローは、デンジローではないと考えますが
白舞時代からの康イエが信頼する家臣であり、尚且つ現在はCPでもあると追記させて頂きます。
しのぶが狂シローを知らないのはその為であり、康イエ自身がえびす町で自身の仲間が存在する事を皆に伝えていましたが、その仲間であり家臣の一人が狂シローだと考えます。
それ故、トキを奥方と呼び、アカザヤと勝負してみたいと武士としての誇りを語り、オロチをバカにする発言も平気でする、と考えます。

ならば、康イエの家臣であり、狂シローの仲間もまだ複数存在するのでは。 

その仲間達が、トカゲ港の事件と関係していると考えますが、続きはまた明日書きます。 

ジャックによるゾウ襲撃事件のこともあるので、やはり裏切り者は居るのではないでしょうか?
今回の事件に関してはドレークから討ち入り情報が漏れていることと内通者が存在していることを聞いたローがドレークと先手をうったのだと思いました。人は昨夜のうちに移動、オロチ軍は無人の港を破壊しただけ?的な
錦えもん達だけ取り残されたのは彼らの中に内通者が居るからではないでしょうか?みんなの方から連絡を絶ったのかな?と

カン十郎の技

◆カン十郎の技でたくさん人の絵をかいて、
人数がいるように見えるようにした。
◆和の国の人は、カン十郎が書いた魚を買うぐらい
鈍感(能力を知らない)
◆カリブーの能力で音信普通
◆カリブー裏切者
◆サボ捕まっていない。天竜人を殴った犯人が
サボのせいにされている。

しのぶだけ横向いてるの気になります!
後ろめたい(後ろ見てる)のか?

Re: タイトルなし

> しのぶのリアクションも気になりますね…。
> 途中の「う゛う゛」ってのも、皆の命を守る為に討ち入りをさせない為に仕組んだの苦渋の決断を下した表情にも?

しのぶがオロチと通じてたとしたら、そういう理由もありそうですね!

カラスとはいえ、そう簡単には遠いワノ国には来られないだろうから、くまさんのニキュニキュで飛ばしてもらったのかもしれない。

「拙者、将軍の犬ゆえ」と言った狂死郎。これはウシ丸と鬼マルの関係に対応。つまり、傳ジローはおでん(お傳)の狛犬で、そのドロンした姿が狂死郎なのです。
トキの言葉を信じて20年の時を耐え忍んだ狛犬の傳ジローは、同志・福ロクジュとともにオロチを出し抜く策略を構築。情報を操作し、オロチが油断する状況を作り出した!

ルフィのピンチに、マリージョアにいたはずのサボが駆けつけてくれてたらかっこいい!カラスに便乗してワノ国にやってきて、モーリー様の技で採掘場のみんなは地底に身を隠している。
サボ死亡はモルガンズの意図的な誤報で、事実はサボがほうれんそうせずに勝手な行動をしたために、行方不明になってたってわけ。

鬼マルがドロンして人型になっていたことでピンときました。傳ジローもドロンできる狐かなにかで、20年前におでん様の身代わりになって死亡。破天荒なおでん様は傳ジローの妖術で狂死郎となって、日和を保護。全ては20年の時を待つおでんの作戦。

狂死郞も気になりますが、しのぶのリアクションも気になりますね…。
途中の「う゛う゛」ってのも、皆の命を守る為に討ち入りをさせない為に仕組んだの苦渋の決断を下した表情にも?

>ジョルマ69さん


> トカゲ港の様子は電々虫でオロチに筒抜け。
> 本気で錦えもんたちを困らせる必要あり。
> オロチ側の電々虫のネットワークは繋がっていて、赤鞘チームの電々虫のネットワークは沼が飲み込んで使えないようにしている。そうやって本気で困る姿をオロチに見せ、油断させる。

てことは、既に錦えもん達が生存している事はオロチにバレている、と?

Re: タイトルなし

> それじゃオニ丸が力を振り絞ったに一票いれときますね

ん?詳しく~(^^)/!!

>おみずさん


> トの廉が死亡した関連で赤鞘集が流した涙に嘘はないと思いたくなりました…
> あれで誰か演技で、隠し通しているんだとしたら大した役者で騙されてもお手上げですね…

そうなんですよね。

あれが演技なら、もうお手上げですw

>ゾロゾロさん


> 港に誰もいなくて船も無いのはやはりカリブーですかね?それならば通信が取れない理由も一致しますし、カリブーに呑み込まれておけば少数で鬼ヶ島へ移動して敵前で一気に数千の光月軍!みたいな?赤鞘だけと思って余裕のオロチもびっくりの展開ですね。

現状その線が濃厚なんじゃないかな~?と思っちゃいますね(^^)/

Re: タイトルなし

> 敵を欺くには味方から。
> 錦えもんと狂死郎の策じゃない?

錦えもんも知らない方が個人的には好み。

今回の錦えもんのリアクションが全て演技って事になっちゃいそうで('Д')

Re: タイトルなし

> もともと傳ジローと日和が、狂四郎と小紫として時を待ち、作戦成功のためにサポートしているのだと思います。情報は日和から傳ジローに報告されているのだと。よって裏切りではなく。

日和は傳ジローがどこにいるのか知らないと言ってたんで、狂死郎=傳ジローだとしたら、日和はそれを知らないのかな?と考えます(^^)/

>ajtさん

> ゾウに雷ぞうがいるのを敵に知られてた事はどうなるんだろう?
> やっぱ裏切者はいるんじゃないかな…

そう。そこはまだ謎のままになっちゃうんですよね~('Д')

>sumioさん

> ローを牢から出す手助けをしたのもドレークではなく狂四郎じゃないかなぁと思います

足元のシルエットが、狂死郎のモノとは違うように感じました。

どうですかね?

>わさもんさん


> もしかしてオロチはワノ国を守るため飢え死にしないようにスマイル食わせたり
> 各親分たち含め重要人物をかろうじて生かしてたりしたのかも
> もちろん狂四郎もグルというか忠実な部下として

さすがにそれは厳しそうな…(´・ω・`)w

>リスキーさん

> 日和は、まだ、傳ジローにあってないと言っていましたから、狂死郎は、傳ジローの弟ではないでしょうか?

狂死郎=傳ジローだとしても、日和にも内緒にしている可能性もあるのかな?と。

裏から日和を守るために。

>―さん

> 全員が港にいなかったのはローのROOMでどこかへ移動?
> でも、遠くまでは飛ばせないか?

どこか別の港に全員集まってる可能性高そうですが、4000人規模の集団の移動となると大変ですよねぇ('Д')

>塩アメさん

> わざとおトコをお座敷にあげたのでは?

狂死郎と日和は通じていて、小紫から日和に戻る為の策としてってのはあり得ますよね~!

Re: No title

> 狂四郎は小紫が切られる前か後か忘れたけどオロチの部下にここまで忠誠を見せるのか!と言われてたので20年前に負けてオロチの仲間になったんだと思います。もちろん20年後のために信頼を得ていったんだと思います。酒店丸も仲間になれと勧誘されてたし。

そうなるとオロチは、狂死郎=傳ジローだと知っているという事ですかね?

酒天丸を勧誘してたのはカイドウですね!

Re: No title

> ミスリード説賛成です。ゾウの件で裏切り者がいると思わせといて・・・

ただ、ゾウでの件はそれでは解決しないんですよね~('ω')

>123さん


> もし狂死郎=傳ジローなら、康イエの命懸けの行動を必死に止めるはず。なのに、まるで見て見ぬふりをしてたし、これらに対する心理描写も無い。

この行動については、既に二人の間で話し合いがなされていた筈。

傳ジローは必死に止めたでしょうけど、康イエの決意は揺るがず。

であるなら、せめて多くの国民に周知させるた為の行動をとった、としたらどうでしょう?

他の赤鞘の侍達と同様の悲しみを、あの時点では既に乗り越えた故の行動だと考えます!

Re: No title

> 狂死郎が味方で傳ジローだとすると、傳ジローは半成功・半失敗のSMILEを食べたのではないかと。

んん~個人的にはSMILEを食べたってのはないのかな?と。

普通に真顔もありますし(^^)



> あとはいずれにしろ裏切り者はいると思う。狂死郎(傳ジロー)が正体を明かさないのは裏切り者の存在を知った上で作戦をサポートしているからだと。

それも考えられますね~!!

>moonさん


> ロジャーやシャンクスにまで慕われた「おでん」というキャラクターの格を落としてしまうことにつながるので、やはり "赤鞘の おでんに対する忠義" というとても重要なラインを崩すようなことは物語上ありえないように思えてきました。

それもそうですねぇ~

やっぱ裏切は考えたくないですしねぇ('Д')

>あっかんべェさん


> スマシは鬼が島に連絡されないように親分スマシを捉えているのかもしれないですね

連絡が取れないのはコレが原因でしょうねぇ!



> あ、ちなみに狂死郎が傳ジローというのは懐疑的です
> 気付かないにも程があるなぁと

仮に狂死郎=傳ジローだとしたら、気付かれたら終わりなんでそこには細心の注意を払っていたのかな?と。

なんなら能力的に変装できるモノの可能性も('ω')?

敵を騙すには、まず味方から

敵を騙すには、まず味方から。

トカゲ港の様子は電々虫でオロチに筒抜け。

本気で錦えもんたちを困らせる必要あり。

オロチ側の電々虫のネットワークは繋がっていて、赤鞘チームの電々虫のネットワークは沼が飲み込んで使えないようにしている。

そうやって本気で困る姿をオロチに見せ、油断させる。

それじゃオニ丸が力を振り絞ったに一票いれときますね
妖狐の力、開眼してほすぃ

根拠も無いですが

コミックス94巻を買って読み直してたら
トの廉が死亡した関連で赤鞘集が流した涙に嘘はないと思いたくなりました…
あれで誰か演技で、隠し通しているんだとしたら大した役者で
騙されてもお手上げですね…

No title

狂死郎=傳ジローはどうかわかりませんが狂死郎=敵だとは私もどうしても思えない。
なので管理人様のお考えに賛成ですね。
ただ狂死郎の過去というか回想をしっかりやらないといけないですね。おでんへの忠義を尽くす為にオロチに仕えているフリをしていることをしっかりやらないとコメントにもあるようにおでんの評価を下げかねません。
港に誰もいなくて船も無いのはやはりカリブーですかね?それならば通信が取れない理由も一致しますし、カリブーに呑み込まれておけば少数で鬼ヶ島へ移動して敵前で一気に数千の光月軍!みたいな?赤鞘だけと思って余裕のオロチもびっくりの展開ですね。

敵を欺くには味方から。
錦えもんと狂死郎の策じゃない?
錦えもんは前歴ありだし、今回もそのパターンかと。
たぶん狂死郎=傳ジローであることは錦えもんしかしらない。全てはこの2人の策。
これまでの描写からして狂死郎は少なくともオロチの味方というには不自然すぎる。
光月側でないとするなら、カイドウの部下かcp0。カイドウの部下だとするとカイドウはこのタイミング、島に呼んどいてオロチ一派を一掃し完全にワノ国を手中に収めるつもりかも。

もともと傳ジローと日和が、狂四郎と小紫として時を待ち、作戦成功のためにサポートしているのだと思います。情報は日和から傳ジローに報告されているのだと。よって裏切りではなく。

ゾウに雷ぞうがいるのを敵に知られてた事はどうなるんだろう?
やっぱ裏切者はいるんじゃないかな…

ローを牢から出す手助けをしたのも
ドレークではなく
狂四郎じゃないかなぁ
と思います
ドレークはあくまでも根っからの海軍なので
作戦といえど
海賊をたすけるかなぁ…と

No title

オロチ = 大石内蔵助

もしかしてオロチはワノ国を守るため飢え死にしないようにスマイル食わせたり
各親分たち含め重要人物をかろうじて生かしてたりしたのかも
もちろん狂四郎もグルというか忠実な部下として

もしも今鬼ヶ島に向かっているのが討ち入りだとするのなら
オロチ自身ヒドイ事をしてきたこともあり考えると涙がでそう。。。

まぁオロチと大石内蔵助の関連性は何も無いと思うので
ありえないし妄想ですがw

このまま終わるワンピースではない

ことはわかっていますが…
少年漫画だから。

「昨夜」何が起きたのか。
単なるミスリードには「思えない」のですが。

そうあってほしいという願望はあります。
しかし我々の予想の斜め上を行くのが作者。
なかなか予想通りにはいきますまい。

しかしこのもやもやした気持ちのまま2週間過ごせと言うのは、年少の読者には残酷ですな。

No title

日和は、まだ、傳ジローにあってないと言っていましたから、狂死郎は、傳ジローの弟ではないでしょうか?
名前が、二郎に四朗ですし
兄弟だから、オロチの部下になりつつも、光月家も裏切れない。しかし、兄と同じくらい強い、赤鞘とも対戦したい!そんな感じじゃなかろうか。

No title

この件に関しては、以前別記事でコメントした通りですが、狂シローは、CPだと推察しています。
ワノ国にいるCP達は、裏からルフィ達が有利になるよう動いていると考えます。
彼らの目的はオロチの失脚か暗殺なのでは。
デンジローは、鬼ヶ島の牢獄か、シャンクス達と共にいると予想してます。

No title

全員が港にいなかったのはローのROOMでどこかへ移動?
でも、遠くまでは飛ばせないか?
それと狂死郎とドレークが繋がってたりして?

No title

こんばんは!管理人さんの思考!当たりだと思います!座布団、10枚って感じです!
 狂四郎は、やはり味方かな!

No title

わざとおトコをお座敷にあげたのでは?

笑いが止まらないおトコがオロチの機嫌を損ね、
大騒動になるのは目に見えています。

あのお座敷自体、最初から仕組まれていたと思います。

No title

狂四郎は小紫が切られる前か後か忘れたけどオロチの部下にここまで忠誠を見せるのか!と言われてたので20年前に負けてオロチの仲間になったんだと思います。もちろん20年後のために信頼を得ていったんだと思います。酒店丸も仲間になれと勧誘されてたし。

No title

ミスリード説賛成です。ゾウの件で裏切り者がいると思わせといて・・・オロチが「刃武港」から出港することを知っていてオロチの味方ではない者→狂死郎が仕組んだですよね。日和の発言で傳ジロー≠狂死郎と思わせといて・・(狂死郎を演じていることがばれない様に日和もグルで)多分この狂死郎としての最後の仕上げをしたら合流ですね。ゾロと互角の剣豪がオロチ側じゃだめでしょ。

No title

本当に狂死郎は傳ジローなのでしょうか…?
もし狂死郎=傳ジローなら、康イエの命懸けの行動を必死に止めるはず。なのに、まるで見て見ぬふりをしてたし、これらに対する心理描写も無い。
これだけですと根拠が足りないですが、私は同一人物とはどうしても思えないのです。

どちらの勢力にも味方するわけでもない。でも、敵であることには変わりない。そんな男な気がします。

No title

狂死郎が味方で傳ジローだとすると、傳ジローは半成功・半失敗のSMILEを食べたのではないかと。狂死郎の出る場面はそのほとんどが半笑い・ニヤケ面(何度か真顔の場面もある)なので。キラー程の強者があの有様なので完全な失敗作ではないと思う。
あの特徴的な髪型は何らかの動物系能力の影響で、元々の長髪がチリチリ髪になったとか。んで外見がずいぶん変わったのでオロチ陣営に潜り日和を助けることも出来たのかも。顔は変わんねえだろって言われたら、まあ。

あとはいずれにしろ裏切り者はいると思う。狂死郎(傳ジロー)が正体を明かさないのは裏切り者の存在を知った上で作戦をサポートしているからだと。

No title

その線もありそうですね、、、
いずれにせよ 赤鞘の誰かが裏切り者、という線は

ロジャーやシャンクスにまで慕われた「おでん」というキャラクターの格を落としてしまうことにつながるので、
やはり "赤鞘の おでんに対する忠義" というとても重要なラインを崩すようなことは物語上ありえないように思えてきました。

No title

あ、ちなみに狂死郎が傳ジローというのは懐疑的です
気付かないにも程があるなぁと

むしろ傳ジローの息子や、錦えもんと鶴の息子かなと
そんなことを思っていたりします

No title

いいですねぇ!
全部符合します!

スマシは鬼が島に連絡されないように親分スマシを捉えているのかもしれないですね
赤鞘の中に裏切り者がいるのは、当初からないと信じておりました。

傳ジローなのかはともかく
レジスタンスが日和や、狂死郎、鶴も?いると思ってます。
そうじゃなきゃあれだけの資金をためるわけもなく!
こうあってほしいなぁ。願望!

ローの周囲だけ気になりますねぇ・・・。
何が起きているのか。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

オススメ

サイト内検索