記事一覧

傳ジローの正体が“居眠り狂死郎”である可能性を考える


第960話“光月おでん登場”にて、遂に赤鞘の侍の1人である傳ジローが登場した。

7440.jpg

舞台は41年前のワノ国。

当時の錦えもん(15歳)の事を「錦さん」と呼んでいた事や、錦えもんと比較してまだ小さい事から年齢は10歳前後だろうか。

都の孤児(身なし子)と紹介されていたが、道具屋とのやり取りで金をチョロまかす悪知恵が働き、古文書なんかも読んでいる傳ジローは、錦えもんと違って学がありそうだ。

さて、41年前にの過去編に登場した傳ジロー。

実はまだ現在の時間軸には登場していない。

しかし、かねてより傳ジロー=狂死郎なのではないかと予想をしていた。

傳ジローの正体が狂死郎だと判明?アニメのOPで赤鞘の侍として描かれる!

だが今回登場した傳ジローの目元は、現在の狂死郎とは似てもにつかない。

7442.jpg

ただ、元より狂死郎が傳ジローだったとしても、オロチにも日和にもその事を気づかれていない事から、容姿を丸ごと変えている可能性も大いに考えられる。

ではその他に、傳ジローが狂死郎だと思われる部分を探してみよう。


 

髪の生え際と一文字の眉の一致


奇抜な髪型をしている狂死郎だが、その生え際は傳ジローと酷似している。

7443.jpg

髪を結えている部分も同じな気がする。

ちなみにアニメの方で狂四郎の髪の色が明らかになったが、ポンパドールの部分だけちょっと色が違うのよね。

7444.jpg

これはカツラ?

正体を欺く為、あえて奇抜な髪型にしたのかも。

その他に「眉」と「鼻の形」も似てるかな。
 
[スポンサーリンク]


金絡みで働く悪知恵


初登場時の傳ジローは、道具屋と古典落語の「壺算」の様なやり取りで金をチョロまかしていた。


善悪は別にして、傳ジローには金勘定の才覚がありそう。

そして狂死郎は黒炭家御用達の「両替屋」。

金絡みの描写のある両者。

特に関連性はないと言われたらそれまでだけど、この繋がりはもしかしたら…と思ってしまう。



蓄えた知識と冴えわたる頭脳


傳ジローは都の身なし子だが、古文書なんかも読んでおり知識を蓄えてそう。

そして黒駒の親分の企みを推測するといった知恵もある。

後に結成される「赤鞘九人男」の中でも、リーダーである錦えもんを支える策士だったのかもしれない。

そして狂死郎も、現在はワノ国全土の裏社会を取り仕切るヤクザの大親分。

当然バカには務まらず、相当な切れ者だと推測できる。

これも共通点の一つだろうか。


という事で、傳ジローと狂死郎の同一人物説について再度考えてみた。

未だに現在の時間軸で傳ジローが未登場なのは、やはり何者かに変装して潜んでいるのではないか、と。

これの答え合わせが楽しみだ!

[スポンサーリンク]

コメント

No title

スコッパー・ギャバンだったりして

私はコウシロウ関係者だと思います
傳ジロー自身の持ってる刀や面影でもそう思うのですが、今回おでんの使った技“桃源白滝”がゾロの“鬼斬り”に似ています。これって、おでん→傳ジロー→コウシロウ→ゾロと伝わったのではないでしょうか?

No title

現状の光月側は、オロチに大橋も船も壊されて常影港に仲間が集結せずそして鬼ヶ島へ出港も出来ずと劣勢の様に見えるが、これも全て傳ジロー=狂死郎の作戦。
実際には、敵のオロチ側は皆んな鬼ヶ島にて宴会中、仲間の光月側は皆んなワノ国本島に居る状況。
傳ジローが光月側の皆んなを今なら敵の居ない花の都オロチ城へ集結させ、オロチ城地下のポーネグリフを確認。
最悪の戦艦プルトン=ゾウで、これを操れるのは光月の血を引く者=モモノ助。モモノ助がワノ国にゾウを呼び、鬼ヶ島を一発ドカン。
でも竜カイドウだけは生きてる。
みたいな…。

No title

傳ジローがコウシロウと似ていて和道一文字みたいな刀を持っている。
じゃあ傳ジロー=コウシロウ?というのも何か無理がありそうな…なぜワノ国ほっぽって東の海にいるんだろうと。
可能性としては本人というより例えば双子の兄弟とかそういうののほうが無理がなさそうな気がする。
刀も双子というか同時に二本作って片方をコウシロウに、もう片方は傳ジローに、とか。
その後コウ三郎が出国した際にコウシロウは連れて行ったけど何らかの理由で傳ジローはワノ国に留め置かれた。
なのでみなしご、とか。
勿論コウシロウ本人だった方が盛り上がるとは思うけどその場合東の海でのんびりやってるのがどうしても腑に落ちない…
あとこの場合なら仮に何らかの手段で外見を変えて狂死郎になっていたとしても矛盾しない。

きょうしろうとデンジローが同じ人間はないと思う。
デンジロー=モリアがありえそうな気がします

居眠り狂死郎…彼の異名は居眠りしている彼の姿から。その様はまるで抜け殻のよう…と周りには思われているが、実際に抜け殻。中身の人物は丑三つ小僧として活動。その正体は傳ジロー。

追記

皆さんの面白い意見を読み、改めて書きます。

以前、この件でかんりにんさんと記事内でやり取りした際に、かんりにんさんから狂シローが化けることが出来れば可能なのでは、との提案がありました。
自分もそれができれば、狂シロー=デンジローも可能でしょう、と書きました。
しかし、それならば、何故、狂シローはオロチを斬らないのか?
何故、日和を花魁にしたのか?
日和の数少ない親友が狂シローならば小紫が日和であることも知っているはず。
その日和を花魁にする必要があるのか。
日和に光月家の血筋を残す役割があるなら、花魁にさせると言う事は、真逆の事とデンジローなら理解しているはず。
にも関わらず、何故、デンジローは日和を裏方ではなく、遊郭の表舞台に出させたのか。

光月家の重臣として、又、知恵の回る人物として
描かれるならば、現在の狂シローはオロチを優先し、光月側への配慮に欠けた行動をするだけの人物となってしまいます。

但し、見方を変えれば次のようにも考えられます。

デンジローは元々、自分の出世にしか興味のない人間であった。
とすれば、現在の行動も理解できます。

古文書を読み、ポーネグリフの情報を手に入れ海外へ乗り出す足がかりを作りたいという野心がデンジローの本音なのであれば、おでんを裏切り、オロチに付くこともお手のものなのかも知れませんが。

しかし、自分はデンジローをそのような人間とは考えていないので、以前から書いている通り、彼に関しては、これまでの予想を前提に考えております。

ちなみに、狂シローの顔を変えた人物がアカザヤに関わる人間ならば、変えた能力の持ち主は狂シロー=デンジローであることを知っていることとなり、盟友であるアカザヤ達全員にその真実を伝えていないことが不自然となってしまいますし、ワザワザ秘密にする目的もイマイチ分からなくなってしまいます。

更に言えることは
デンジロー自身の能力で顔を変えて狂シローを名乗り、デンジロー自身の考えで行動し、彼個人のの計画でオロチへの復讐を実行するのであれば、もはや我々読者の予想を超えた次元での尾田さんの構想となるので、狂シローの正体が分かるまで彼に関する今後の予想はお手上げなのかも、笑。

今後の展開に注目ですね。

狂四郎もありえるねー
他にも既存のキャラクターだとしたら

博ジロー→メガネにポニーテールの黒髪の男→スコッパーギャバンとなった?
ないか(*_*;

ん~イゾウとして生きてる?
これも違うか

どれも自分の中でしっくりこない。
やっぱりまだ現代では出てきてないのかなぁ

でんじろうが出る前にわざわざ丑三つ小僧の名前出してるのが怪しい。

カン十郎はモノを描くのは下手だけど、浮世絵風の顔を描くのは上手くて、顔に別の顔を書いて変化させることができる。錦えもん、お鶴、傳ジローはその能力で顔を変化させた。カン十郎が多くを語らないのは、作戦の全貌を知ってるから。相当妄想入ってますが、カン十郎がこれまで披露した能力がmaxだったら、他の赤鞘のメンバーより明らかに使えないと思います。前にも書きましたが、カン十郎はスパイではなく、脳ある鷹は爪隠すに一票。

ワンピースだからちょんまげ結うのに思い切り引っ張ってひっつめてくくってるから顔が引っ張られてつり目になってるとかの力業は普通にありそう
弟分が役割を果たすために清濁合わせ飲んで事が終息してももう元に戻る気はないとか好きそうやけどな
コウシロウの線は時間的にちょっと無理があるんじゃないかと思う

そうなんですよね~
小紫が「斬られて死んだ」のが丸々嘘な訳だから"見たまんま"はあてにならない、
これがあらゆる可能性を広げてる。

時代劇の設定で考えたらゾロと戦うのは悪代官のオロチじゃなくってその用心棒の狂死郎と見せ場のチャンバラをして狂死郎がやられた後にオロチが簡単に切り捨てられるってパターンが王道だと思うからやっぱり狂死郎は敵側のキャラだと思う。

狂死郎がなぜ「居眠り」なのか、その辺にヒントが隠されている気がする。。

でんじろーは、普通にこうしろーでしょう。

そういえばお菊がお鶴にあったと聞かされたとき、錦えもんは無事ならば良かった・・・と言う反応をしていた気が。

まあ奥さんだから普通の反応だけど、
もしかしたら、自分が講じた策が上手くいっているようでよかったという思いもあったり?

No title

「2019/10/29(04:32) 」さんのコメントと似ているのですが。

悪魔の実を使って、お鶴さんともども顔を変えているのかも?
錦えもんの悪魔の実は服を出すだけではなく、「変装の実」なのでは?
生き延びさせるために、錦えもんが二人の顔を変えたとか…。
錦えもんがドレスローザ市民の衣装を描いたとき、
男女とも浮世絵みたいな顔をしてました。
なので二人の顔は錦えもん好みになっているのかなぁと…。

または、レイジュがサンジに顔の腫れをおさえるパックを貼りましたが、
あれと似たような感じで顔全体を上に引き上げるパックとか…。

No title

お鶴さんは顔を変えなくてはいけなかった理由がありそうです。
きんえもんの妻であれば、オロチに狙われると思います。
そこで、傳ジローと一緒に何かしらの能力で顔を変えたと思います。
傳ジロー=狂死郎が胸熱展開ですね!

そもそも傳ジローと花のヒョウ五郎が似てる。
傳ジローはヒョウ五郎の息子かな?

着物

傳ジローの着物の柄は、ポンパドール?を模しているのかも?

普通に新キャラだと思うけどなぁ…

錦えもんが過去に飛ばされる前に錦えもんの能力でお鶴と狂死郎にお面(マスク)を付けてるのでは?
デンジローは絶対狂死郎

傳ジローの元ネタがアンジローという宣教師じゃないかと考えていて、宣教師と言えばガンビアなので傳ジロー=ガンビアだと思います!ガンビアも和の国に関係あるっぽいですしね
あと傳ジローが付けてるグラサンに似てるのをガンビアは頭につけてます!

あの髪形に秘密が…頭皮を引っ張って目を吊り上げているとか…

No title

現代のお菊とお鶴がオロチ側の人間で、成りすましているパターンは考えづらいですかね、、、?顔があまりにも違いすぎるので。

No title

狂シローとデンジロー、二人の相違点等についての疑問(以前にコメントした内容に追記)

・見た目の年齢が違う。
 デンジローは年齢的に50歳くらいと考えられる  が狂シローは35-40歳前後?に見える。
 これは、何故か?

・顔が違う
 目の形が違い過ぎる。
 お鶴は、看板娘時代も目じりが上がっていること からも年齢に応じて自然に現在の目になったと  してもあり得るのか?とも考えるが、タレメ気味  の少年デンジローの目が狂シローのキツネ目に まで吊り上がるものだろうか?
 何故、こんなに変化したのか?

・何故、アカザヤ達やしのぶ、康イエ、オロチ、フク ロクジュ達が、狂シローを見て、デンジローと気  づかないのか?
 彼らは、皆、デンジローの顔を知っているはず。
 何故、気づかない?

・狂シローがデンジローなら、何故オロチを主君お でんの仇として斬らないのか?

・小紫と日和を同一人と認識していたなら、何故
 花魁として、主君を裏切るような職種に付かせた のか?
 狂シローがデンジローなら、おでんとトキに顔向
 けができるのか?

・狂シローがデンジローなら現在の金エモン達の  窮地に何らかの手を差し伸べてもいいはず。
 現時点でその気配は、ないが。
 何故、助けないのか?

・その他、色々とあり。
 
・自分は、以前書いたように狂シローは、康イエの 家臣又は霜月ウシマルの家臣と考えておりま   すし、デンジロー本人は鬼ヶ島に幽閉されている か、又は、シャンクスと共にいるのではないか   と考えております。
 が、皆さんの指摘にあるように、少年デンジロー の生え際と狂シローの生え際は似ていますし、
 狂シローの手のデカさや長い指と少年デンジ   ローの手の印象が似ているようにも感じます。
 
 仮に、狂シローとデンジローが同一人物ならば、
 上記の疑問に狂シローはどう答えるのか。
 尾田さんがどのような謎解きをするのか。
 今後の展開が楽しみです。

顔立ちは傳ジロ≠狂死郎
お鶴さんの顔も違いますが、女性は現実でも化けますからね(笑)
キラー=鎌ぞうの件もあるし、どうでしょう

古文書読んでるシーンなんかある?

No title

「壺算」、自分はドリフのコントで志村けんがこれと同じのやってたのを思い出しました。
あと、ドラえもんにも同じネタありましたね。

若い頃と顔が違うなんて言うと
リンリン様が癇癪起こしますよ。

狂四郎でしょうね。顔のパーツが違いますが。
しかし顔が違うのは、お鶴も同じ。
顔は手掛かりにならない、もしくは、お鶴と狂四郎は顔が変わる同じきっかけがあった?

お鶴も。

お鶴さん、若い頃は目がクリッとしていて顔は丸顔。
中年の今は目は細くつり上がり、顔はキツネのように縦長。
傳ジロー→狂四郎ならば、顔の変化の様子はお鶴さんと全く同じですね。

No title

お鶴があの変わりようなら、傳ジロー=狂死郎もありうる。目が細くなってるし。

髪の色、水色と紫?
狂死郎(傳ジロー)と日和の子供がお玉だったりして?

同一人物なら、狂死郞は今何歳かな?と疑問が
少なくとも50歳は超えてると思うけと見た目が若い
錦えもんと一緒に20年ワープしたわけでもない
もしくは、もっと昔に20年ワープしてたとか?
日和に気付かれないのはまだ小さかったし狂死郞が成人して見た目変わって気づいてないとか
小紫と狂死郞がオロチに隠れて繋がってそうなのも怪しい
尾田先生の頭の中が全く読めないですね

傳ジローの持ってる刀(和道一文字?)のこともあるので、傳ジローがコウシロウやコウ三郎と無関係とは思えません。(少なくとも狂死郎の刀とは違います
年齢も狂死郎とは合わないと思います。狂死郎が50前後には見えません
この傳ジローのビジュアル出る前は私も狂死郎が傳ジローかな?と思ってました
でもこの傳ジロー見ちゃうと、コウシロウとの繋がりを意識してしまいます

おでん様おつきの侍

カン十郎じゃないですかねえ
既出かなあ

かつらだとしてそれを取るとオープニングの頭と同じになるね(笑)

No title

まあ傳ジロー=狂死郎は内通者説と同じで根拠はないですからね。。普通に新キャラだと思います。

No title

傳ジロー=狂死郎という結論が先にあってそれに合わせてこじつけてるとしか思えない。
頭がいいから狂死郎とか言い出したら誰でも狂死郎になってまうわw

おでん様も傳ジローも一緒に来たよ

現在の時間軸には傳ジローと呼ばれる人物は未だ一切登場してませんでしたが
今週にて子供の頃の姿で登場
見た目はグラサン?っぽいのかけてる以外は普通の子に見えます
ただ、わざわざ髪の生え際を丸く波打つ特徴的な描写にしたり
眉と鼻の形、金銭へのズル賢さ、古文書を読む…読み書きが身なし子でありながら出来る…かなりの知恵者である印象を真っ先に読者に見せる辺り
当然意味はあるのだろうと考えます

また、現在のワノ国の中で唯一姿を現していない赤鞘九人男の一人
傳ジローですが
火祭り当日になっても登場しない所を見ると
実は既に姿を見せている可能性も出て来ます
そう考えた場合に、今週で登場した傳ジローの特徴を成長させ、照らし合わせた人物が
居眠り狂死郎であり、同一人物ある可能性は考えられると思いますそうであってくれ困る頼むよお願いします君だけが頼りなんだぁぁぁぁ

No title

傳ジローが左腕にしてる2つのブレスレットも気になる
今までの登場人物で同じのを身につけてる人いないかな

きょうしろうとこうしろう、、なんかありますかね?

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索