記事一覧

かつてのワノ国の5つの大名家の変遷と現在


前将軍スキヤキが生まれる前のワノ国には、将軍家である「光月家」の他に5つの「大名家」がいたそう。

7650.jpg

霜月家
黒炭家
雨月家
天月家
風月家

ワノ国は将軍家が治める「花の都」と、5つの郷「九里」「希美」「鈴後」「白舞」「兎丼」からなっている。

上にあげた5つの大名家が、花の都以外の各郷を治めていたのだろう。

この5つの大名家が現在にかけてどうなっていったのか…

今回はその件についてまとめ考えてみたい。



黒炭家の凋落


スキヤキが生まれる少し前の話、世継ぎの居なかった光月家に代わり将軍家の地位に着くのは誰になるのかと、5人の大名はザワついた。

その内の一人でありオロチの祖父にあたる黒炭家の当主は、他の大名達を内乱に見せかけ次々に毒殺していった。

しかし、光月家に世継ぎスキヤキが生まれた挙句に黒炭の計画はバレて「切腹」を言い渡された。

そして、領土も城も地位も全てを奪われた「黒炭」は大名家でなくなった。



元々黒炭家が治めていた郷はどこ?


かつて大名として黒炭家が納めていた郷はどこだったんだろうか。

現状で候補として挙げられるのは「九里」「白舞」「鈴後」の3つかな?

長い間無法地帯であった「九里」。

黒炭家が大名家でなくなった事で、将軍家もサジを投げる様な土地になってしまった?

または20年前まで霜月家が治めていた二つの郷「白舞」か「鈴後」のどちらか。

元々、霜月家が治めていた郷は一つだったけど、黒炭家が大名の地位を失った事で、もう一つの郷も霜月家が受け持つ事になった可能性が高そう。

[スポンサーリンク]


黒炭家の他に滅んでしまった大名家がある


もう一つ、気になる事がある。

20数年前のワノ国は光月家が「花の都」と「九里」を、霜月家が「白舞」と「鈴後」を治めていた。

残る郷は「兎丼」と「希美」。

将軍&大名
花の都
光月スキヤキ
九里
光月おでん
白舞
霜月康イエ
鈴後
霜月牛マル
兎丼
(雨月or天月or風月)
希美(雨月or天月or風月)

2つの郷に対して3人の大名…数が合わない。

つまり、大名の地位を失っていた黒炭家の他にも「雨月家」「天月家」「風月家」のどこかも大名家じゃなくなっているという事になる。

これはオロチの祖父による大名暗殺が原因の可能性が高いんじゃないかな。

殺された大名家の当主も世継ぎが居なくて、お家断絶してしまった?



滅ぼされた大名家は「天月家」?


雨月家、天月家、風月家の中のどこか一つが滅んでしまったならば、可能性が高いのは「天月家」じゃないだろうか。

──と言うのも、トキのフルネームを聞いた筈のおでんがトキの名前を聞いてもピンときてない感じだから。

おでんが生まれ育った時代には、既に「天月」という大名家はなかったのではないか…

つまり、28年前に危篤のスキヤキの元に集まった4人の大名は霜月家の2人と雨月家、天月家の大名達だったのではないか。

7649.jpg


――という事で、ワノ国の大名家について考えてみた。

仮に「天月家」が滅んでいたとしても、光月と天月 両方の血を継いだモモの助と日和が生きてるってのが、なんとも良い話に繋がりそうな気もする。

[スポンサーリンク]

コメント

黒炭家はどこの大名だった?

希美(岡山の吉備)
黒炭家(岡山の黒住教)

黒炭家が希美の大名だったとしたら、カン十郎(希美の妖怪)と地域が一致しますね。

ただ、九里は荒れ放題だから九里の可能性が高いんですよね。
名前でいえば岡山なんですけどw

気になるのが、地武えもんという、"かつての希美が旗本"だったキャラ

旗本は戦国時代は大名の配下、江戸時代は将軍の配下なので、黒炭家が滅ぼされる前は黒炭家の配下で、滅ぼされた後はスキヤキの配下になったのかも

その後オロチが将軍になってたけど、オロチは裏切り者を許さないので職を解かれて、"かつての希美が旗本"となったのかも

この辺りには様々な可能性があるので、色々妄想が膨んで楽しいですw

No title

お玉は希美の大名家出身だったりして

初めまして、いつも拝見してます。

お玉のは未だ登場していない風月家か雨月家の末裔なんじゃないかなと予想しています。

あと、おでん家臣の中にも風月家か雨月家の家系がいるんじゃないかなと予想してます。意外と錦えもん辺りとか。

No title

「黒墨」家は、昔「黒月(=月食)」家と言われていたのでは?

古代メソポタミアでは月食が王に災いをもたらすと考えられていて、
その間は身代わりをたてて王並みの扱いをし、終わると殺したようです。

中世の日本でも、月食は忌み嫌われています。

黒墨家は大昔は月食での身代わり、戦時は影武者などを担い、
将軍家を裏で支えてきたのかもしれません。
なのに黒月では不吉だと改姓させられ、大名としては軽んじられた。
月食の身代わりや影武者などで経験した将軍の地位の魅惑、
そして重用されない恨みなどがオロチの祖父のときに爆発とか?

いつどの場面で康イエを見ても、10才くらいのトコが実の娘とは思えません。
仮にスキヤキと同じくらいの年齢と考えて、80才前後くらいでしょうか?

各郷の大名の御先祖も元々武士であったかどうかは不明ですからね~。光月家もポーネグリフを作成する技能を持っていたようなので、各郷の大名達の御先祖の職種や身分も武士とは限らないのでは。日本の歴史上でも、そのような事例は多々あるようですし。戦国時代の有名な例として、織田家は、平氏出身又は神社神官の出身だったとか、豊臣秀吉は愛知中村の百姓や蜂須党の忍者であったとか。後々、トキの出自については明かされるでしょうから、その辺りから光月家、天月家等の歴史が分かるのでは。

当時の将軍がマリージョアへ移り天竜人へ?
後釜に光月家が国を治めるようになる?
大名の枠が1つ空くから、黒炭家がその枠に入ったのだろうかと?
月はついてないけど、抜てきされた笑。

風月のシルエットは、モサッとしてミンク族?な感じがしますね。

黒炭家だけ月じゃないと皆思う事でしょうが、実は新月の闇夜を表しているとか。

たしぎはもしかしたら雨月家の人間?技名とか刀も「時雨」だし

No title

記事の論点から離れてしまいますが、黒炭家は江戸時代の外様大名な立ち位置だったのかと思います。

徳川政権の大名は
親藩大名…将軍の徳川家と血縁関係を持つ
譜代大名…関ケ原の戦い以前から徳川家に仕えた家臣が、江戸幕府開闢の際に大名の地位を授かる
外様大名…関ケ原の戦い以降に徳川家に仕えた大名家
↑と別れるそうです。

外様大名には関ケ原で徳川家と敵対した者も多く、恩賞による領地の拡大と称して僻地へ飛ばされたり要職への就任が不可能に近かったりと冷遇もあったそうでして。
(Wikipediaからのコピペなので語弊があるかもです)

黒炭家が大名家で「月」の文字を持たない理由も、ワノ国建国の際に一悶着があって他の一族と待遇に差を付けられたのかなと。

その不満が積もりに積もって、オロチの祖父の代で鬱憤が爆発したのかもしれません。

>romさん

> かつては鬼ヶ島も誰かの領土と捉えられると思います。カイドウが本州? ではなく、わざわざ離れ島にいるので意味があるのかもしれません。

鬼ヶ島も含めるのであれば、スキヤキが生まれる前の大名の数が足らない気がします。

花の都、九里、白舞、鈴後、兎丼、希美

光月、天月、霜月、黒炭、雨月、風月
下線の文

なので、鬼ヶ島は郷に含まないのかな、と(^^)/

>あっかんべェさん

> 天月たま・・・毒殺されて孤児なって保護されていた元九里大名家跡取って可能性が出てきたなぁと思っていました
> 日本における天皇家(住んでいるのが神社だから)なのかなぁと思っていたのですけれど・・・。

それなら、もともと一大名であったことに違和感がある様な気も('ω')

>オレンジさん


> 後、狂四郎が天月姓だったら面白い、

こうなってくると身なし子やまだ名字の無いキャラが気になってきますね~!

>ごーどるじゃろーさん

> そういえば、ワノ国にも天皇ポジションの人はいるのかな?

今後登場するかもですねぇ。

現状は将軍がトップって感じですが(^^)/

>よくばりセットさん

> オロチやカイドウを退けても、ハズレのSMILEに侵され感情が奪われた国民の治療や工場の稼働で荒れた国土の浄化などなど、ワノ国の再生は果てしなく遠い……

そうなんですよねぇ。

ワノ国はこれからが大変そう(´・ω・`)

かつては鬼ヶ島も誰かの領土と捉えられると思います。カイドウが本州? ではなく、わざわざ離れ島にいるので意味があるのかもしれません。

No title

天月たま
・・・毒殺されて孤児なって保護されていた元九里大名家跡取

って可能性が出てきたなぁと思っていました
風月家、雨月家でもいいんですけどねー。
日本における天皇家(住んでいるのが神社だから)
なのかなぁと思っていたのですけれど・・・。

雨月の大名のシルエット、イゾウに似てる
気がする、
後、狂四郎が天月姓だったら面白い、

そういえば、ワノ国にも天皇ポジションの人はいるのかな?

No title

オロチやカイドウを退けても、ハズレのSMILEに侵され感情が奪われた国民の治療や工場の稼働で荒れた国土の浄化などなど、ワノ国の再生は果てしなく遠い……

アラバスタやドレスローザの王族と違ってモモの助は少年なので、なかなか荷が重そうです

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

ONE PIECEの小ネタ呟いてます

7074.jpg

サイト内検索