記事一覧

おでんの家臣イゾウが白ひげ海賊団に留まり続けた理由


ワノ国九里の大名 光月おでんの歴史が色々と明らかになる過去編。

おでんは一国の大名でありながら海賊と共に海へ出て、4年という月日を海洋の冒険に費やした。

そして、ここからおでんはロジャーにスカウトされ「ロジャー海賊団」の船に乗る事となる。

それが今から遡る事26年前の出来事だ。

この時、白ひげ海賊団の船に乗っているおでんの関係者は6人。

光月トキ(30歳)
息子
光月モモの助(2歳)
光月日和(0歳)
家臣
イヌアラシ(14歳)
家臣
ネコマムシ(14歳)
家臣イゾウ(?歳)

この6人はおでんがロジャーの船に移籍する際、どういう行動を取ったのか。

イヌアラシとネコマムシは、おでんと共にロジャー海賊団の船に乗る事が確定している。

イゾウは白ひげの船に残り続け、後に16番隊の隊長まで務める事も確定している。

それは何故だろう?

そしてトキ達はどうしたのか…。

その件も踏まえ、今回は「おでんの家臣であるイゾウが何故白ひげの船に残り続けたか」という事について考えてみたい。


 

26年前に白ひげの船に残った理由


おでんが白ひげの船からロジャーの船に移った26年前、イゾウは何故イヌネコと同じ様に付いていかなかったのか。

一番有力なのは、やはりおでんの妻であるトキと2人の子供モモの助&日和の存在が大きいんじゃないかと。

おでんがロジャーの船に乗る事となった詳細はまだ語られていないが、目指す先がラフテルである以上、そこに至る為の道のりはこれまでより困難で危険な物になる事だろう。

その為、さすがのおでんも大切な家族をロジャーの船に乗せ共に連れて行く事ことはしなかったんじゃないかな?

そうなるとトキ達は白ひげの船に残る事になるが、そこに誰一人護衛をつけないというワケにもいかないだろう。

7662.jpg

トキやモモを気遣う素振りを見せていたイゾウ。

そんな経緯から、おでんにはイヌネコが、トキと2人の子供達にはイゾウがつく形になったのではないか。

逆にトキ達もロジャーの船に乗る事になるのなら…

何故イゾウは白ひげの船に残ったんだろ?おでんの頼みかな??

[スポンサーリンク]


25年前、ワノ国帰国時


約25年前、ロジャー海賊団はラフテルに到達し世界の秘密を知った。

おでんも同様で、その中でワノ国がなぜ何百年も鎖国をしていたのかを知ったらしい。

そして、ロジャー達に向かってこう宣言した。

国に残した優秀な家臣らと共に!!

「ワノ国」を開国し!!

20年以上先の!!“未来”を待つとしよう!!!


7368.jpg


こう言ったからには、この後おでんはワノ国に帰る事になったのだろう。

そうなると当然トキ達もワノ国に帰国するモノと思う。

上で考えたように、イゾウがトキ達の為に白ひげ海賊団に残っていたとするならば、いずれにしてもここで一度ワノ国に帰還する事になったはず。

しかし、2年前の頂上戦争時16番隊の隊長であったイゾウ。

ここでワノ国に戻らず、白ひげの船に残ることを決意したのかな??


 

16番隊の隊長になったイゾウ


28年前、白ひげの船でクルーを幾つかの部隊に分ける「隊長制度」が取られた。

その時に5人の隊長が決められ、5つの隊が出来た。

白ひげ海賊団はその後も拡大を続け、人数もどんどん増えていったんだろう。

その度に新たに隊長を立て、部隊を作っていったと思われる。

さて、そんな隊長格の面々の中でイゾウは「16番隊」を任されていた。

白ひげ海賊団の中で一番最後に出来た隊だ。

30年前から白ひげの船に乗っていたイゾウは、おそらくそれまでにも何度も隊長への打診を受けていただろう。

そんなイゾウが16番隊の隊長を受けた時、何かしらの心境の変化があったのではないか。

それはどのタイミングなのか…

もしかするとその時にワノ国に戻るか、白ひげの船に残り続けるかという葛藤があったのかもしれない。

イゾウが白ひげ海賊団に残る決断をしたのは、白ひげに対する恩義か、主君であるおでんが途中で船を降りた事による贖罪か…。

この辺りも過去編で丁寧に描いてくれたら嬉しい。

[スポンサーリンク]

コメント

>まるさん


> ロジャーの船に乗る際 一緒に行くと言ったイゾウに白ひげに恩義のある おでん様が「白吉ちゃんを頼む!」とお願いして残らせたのでは?と思います。

それが一番シンプルでしっくりきますかね(*'▽')

>696さん

> 一度全員ワの国に戻るけど、イゾウの噂を聞いたエースが誘いに来たんじゃないのかな?これでエースがワノ国にきた伏線も回収できるし!

エースがワノ国に居たのはまだスペード海賊団の時じゃないですかね?

Re: No title

> イゾウは超新星たちと同様で
> 「描いたら思った以上に人気が出てしまったので後から設定作った」キャラの気がする

連載ってワンダーランド!('Д')笑

>romさん


> おでんはワノ国に帰ってもすぐに船に戻るつもりだったのではないかと思います。イゾウはそれを待ってましたが、知らぬ間におでんは亡き者にされ、鎖国されたワノ国に帰れなくなってしまったように思えました。

そんな経緯があった可能性もありますよね~(*'▽')

それはイゾウ辛いな…

でも、何故おでんについてワノ国に戻らなかったのか。

>chi-さん

> 単純に、イゾウはワノ国を離れてから一度も帰国する機会がなかったのかなと思いました。

ではイゾウ一人だけが白ひげの船に残る理由を考えたいですね~!!(^_-)-☆

>抹茶さん


> 流れとしては一度船を離れる→おでん死亡→白ひげ和の国へ→再度海賊へみたいな。
> イゾウはみんなが死んだと思い国内に拘りが無くなったのかも。

という事は「再度海賊へ」の時期は20年前くらいって事ですかね(*'ω'*)

>zebraさん


> 移籍の落とし前がきっかけだったとは思う

この過去編でそろそろ明かされそうですね~(^^)/

>OPDHさん


> 白ひげに対して義がたたない。おでんが戻るまで私は白ひげの船に残ると自ら言い一船員として残った

そんな理由もありそうですよね(^^)/

はじめまして!
私は、ロジャーの船に乗る際 一緒に行くと言ったイゾウに白ひげに恩義のある おでん様が「白吉ちゃんを頼む!」とお願いして残らせたのでは?と思います。

それと、ロジャーの船にはトキ様も乗船されてラフテルまで行ったのでは?と思います!
なぜなら今までの おでん様の生涯の中でワノ国がポーネグリフに関わっているのにスキヤキ様より教えてもらえた時期がない事より最終地点まで行ったロジャーが初めてポーネグリフに書いてある意味をトキ様より解読してもらい、もう一度旅を初めからやり直したのではと考えるからです。

その途中の空島のポーネグリフに書いた言葉は、おでん様が牢屋に入ってる際に石工の棟梁まで上り詰めたので おでん様で間違いないとは思いますが文字を教えたのはトキ様だと思います。

イゾウが16番隊長になったのは、おでん様の訃報を聞いてからなので1番最後の隊長になったのではと考えます。

なので、光月家が代々ではなく トキ様が800年前より来られた事により伝承されたようになったのかな?
だとすればトキ様が過去より来られた意味が繋がるかと考えますがいかがでしょうか?

一度全員ワの国に戻るけど、イゾウの噂を聞いたエースが誘いに来たんじゃないのかな?これでエースがワノ国にきた伏線も回収できるし!

No title

イゾウは超新星たちと同様で
「描いたら思った以上に人気が出てしまったので後から設定作った」キャラの気がする

ロジャーに引き抜かれたというのは、単純に求める答えを探しにラフテルへ連れ添ったという事に思えます。白髭は前に"ラフテルには興味がない"とロジャーに話していましたので。いつか戻ってくると思っていたからこそ、2番隊の隊長が空席という扱いだったのではないでしょうか。おでんはワノ国に帰ってもすぐに船に戻るつもりだったのではないかと思います。イゾウはそれを待ってましたが、知らぬ間におでんは亡き者にされ、鎖国されたワノ国に帰れなくなってしまったように思えました。

単純に、イゾウはワノ国を離れてから一度も帰国する機会がなかったのかなと思いました。
イゾウ以外ロジャーの船に乗って、途中でトキ、モモ、日和、イヌ、ネコはワノ国に上陸した際に降りたのかと。
おでん以外はロジャーの船に密航者として乗ったとか。

No title

カイドウに対する抑止力としての対価みたいな感じで隊長に就任したのかと考えました。
白ひげが健在の内はカイドウも派手に動けないでしょうし・・・
流れとしては一度船を離れる→おでん死亡→白ひげ和の国へ→再度海賊へみたいな。
イゾウはみんなが死んだと思い国内に拘りが無くなったのかも。

>かんりにんさん


「“おでんの侍”イゾウがワノ国に帰って来ない理由」
https://onepiece-log.com/blog-entry-2041.html

 移籍の落とし前がきっかけだったとは思うのですが トキやモモの助の 護衛目的なら説明がつきますね。

白ひげ➔ロジャーへと組織を移籍するのなら タダで移籍させてくれ、というわけにもいきませんよ。それなりに筋は通さないと。

護衛しながら おでんたちが移籍したことの落とし前も両立できる。

所属は白ひげ海賊団でも 元の主君おでんを想う気持ち そんなイゾウの心意気を認めたからこそ白ひげは16番隊の隊長を任せた、

それもあり得る気がします。



No title

白ひげ海賊団の2番対隊長に任ぜられたおでん
しかしロジャーと出会い旅の目的を聞きおでんは移籍を良しとしたんでしょう
しかし白ひげへの恩義がある
おでんも流石に移籍に躊躇した
いやノリノリでロジャーのスカウトを承諾した
どちらにしても白ひげはロジャーの船に預ける形でおでんを手放した
なので2番隊の隊長が長く空位になっていた
ロジャー達はまずワノ国に向かいトキやモモの助、日和を降ろす約束をしておでん一行を乗船させ様とした
これで一件落着と思いきやイゾウは余りにも白ひげに対して義がたたないと思ったんでしょう
おでんが戻るまで私は白ひげの船に残ると自ら言い一船員として残った
しかしいつまで経ってもおでんは帰らない
おでんが処刑されてだいぶ経ってから、その事実を知る
そのころには白ひげが親父と本気で思える様になっていた
で、隊長になる事も承諾した

>ちぃ。さん

> きっとイゾウも白髭をオヤジとして慕ってたのかもしれないですね。

白ひげ>おでんになっちゃったって事ですかね('ω')

>よくばりセットさん

> 回想では帯刀して刀と銃の二刀流だったイゾウが、頂上戦争では二挺拳銃に切り替えている描写も気になりました

戦争終了後に帯刀しているイゾウが描かれてたりするんですよね(´・ω・`)

ぼくも教えてもらったんですけどね。笑

https://twitter.com/manganouA/status/1196777937451675648

No title

きっとイゾウも白髭をオヤジとして慕ってたのかもしれないですね。

No title

回想では帯刀して刀と銃の二刀流だったイゾウが、頂上戦争では二挺拳銃に切り替えている描写も気になりました

おでんの家臣から白ひげ本隊の隊長就任の際に「侍との決別」みたいなケジメとして刀を放した?
さすがに考えすぎでしょうか……

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

オススメ

サイト内検索