記事一覧

2019年のONE PIECEで衝撃を受けたエピソードTOP10


2019年12月31日。

今日で2019年が終了しちゃいますね。

2019年のONE PIECEは、連載22年目とは思えない程の大盛り上がりを見せ、衝撃に次ぐ衝撃の連続!!

──という事で今回は、2019年に掲載されたONE PIECEの中で個人的に衝撃を受けたエピソードをトップ10形式でまとめます。

2019年というのは、2019年ジャンプ6-7合併号~2020年ジャンプ4-5合併号まで。

話数でいうと第929話“ワノ国将軍 黒炭オロチ”~第966話“ロジャーと白ひげ”までになります。

それでは、10位からランキング形式でどうぞ。


 

十位「ドレークは海軍機密特殊部隊隊長」


2年前に新世界に入り、カイドウのナワバリを荒らした上で百獣海賊団入りをしたドレーク。

百獣海賊団では「飛六胞」という肩書きまで与えられ、中核を担っている男だ。

しかしその正体は、海軍の機密特殊部隊「SWORD」の隊長。

7737.jpg

確かに、元々ドレークは海軍本部で少将にまで登りつめた男…

そんなのドレークがなぜ海賊になったのか等々色々と謎はあったけど、大物海賊の懐に入り込む任務の為に海賊になったという事だったのか、と。

そしてその「SWORD」には大佐になったコビーも属してるし、興味深い部隊だ!

次にSWORDの活躍が描かれる事を期待してる。
 


九位「康イエの死を賭した作戦変更」


元白舞大名という知名度に加え、丑三つ小僧だというウソをつき話題性を集め、自身の処刑をワノ国中に知らしめた康イエ。

それは錦えもん達の作戦を成功に導く為!

そんな背景があるからこそ、最後までお調子者として散る康イエがカッコいいし、その口上に涙しちゃうアツい名シーンになってるんだよね。

子供らの目を塞げ!!

「光月」に仕えた最後の大名が

いやさ えびす町のお調子者が

あの世へ参るぞ!!! 歌って行こうか!!!

あらよっと♪


尾田先生のセリフ回しは本当に上手い!

これで康イエに一気に心を掴まれちゃった。


 

八位「SMILEの意味と副作用」


シーザーの生み出した「SAD」から造られた人造悪魔の実「SMILE」

パンクハザードでこのSMILEについての概要が語られてからいくつかの章を超えて、遂にワノ国で全貌が明らかになった。

海に嫌われ泳げなくなる事は勿論、アタリを引けば動物の力を得て凶暴化できるが、その確率は約10%と低い。

更にハズレの場合はリスクのみを引き受け、副作用として「笑う事しか」できなくなってしまう。

この様に、なかなかにエグい果実だ…

もっとも、その名前だけなら2年前に既にドフラミンゴが言ってるから、何年越しの伏線回収だよ!って感じのSMILE。

この「SMILE」という名前の由来もまた外道の所業。

6657.jpg



七位「人斬り鎌ぞうの正体」


ワノ国編第二幕の序盤から都で騒がれていた“人斬り鎌ぞう”。

そのシルエットと、反体制側っぽい行動から赤鞘九人男の一人である「傳ジロー」なのではないか?と予想していたけど、見事に裏切られてしまった!

なんとなんと、その人斬り鎌ぞうの正体は、キッド海賊団のNo.2、殺戮武人キラーだった。

6691.jpg

船長であるキッドを人質に取られた事で、オロチにアレやコレやと命令され、ハズレのSMILEまで投与され何とも悲しい状態になってしまっていた。

キッドと共に兎丼の囚人採掘場をでてからの行動は語られていないけど、なんとか一矢報いて元通りの姿になって欲しいと切に願う。



六位「百獣海賊団とビッグマム海賊団の海賊同盟」


四皇同士の海賊同盟!!

7178.jpg

まさかこんな展開になるとは…って感じの、ド肝抜かされた展開だった!

しかもこの2人が組む事は、ロジャー時代以前に海の覇権を握っていた「ロックス海賊団」の復活を表してる…とか。

もしかしたら、その時以上の戦力になっちゃってるかもしれん…

協力し!!! 世界を取ってからでいいよな!!

殺し合いの続きはよォ~~~!!!


この2組が組んだらマジで世界落とせそうだし、正にサブタイトル通り“龍(カイドウ)に翼(マム)を得たる如し”だ。

[スポンサーリンク]


五位「マリージョアで起きた幾つかの事件」


ワノ国の幕間に描かれた“ビッグニュース”。

それはマリージョアで起こった幾つかの事件!

まだ詳細は語られていないが、アラバスタ王国や、サボの身に何かが起きたそう。

様々な情報が飛び交い、殺人未遂や死者の出た事件も…

政府が揉み消そうとして失敗した事件やワポルのリーク情報も気になる。

そして、レヴェリーで議決された「七武海の制度の完全撤廃」により海軍の標的となった元七武海達のその後も気がかりだよね。

JF2020での尾田先生からの手紙に書かれていたのは、このマリージョアで起きた幾つかの事件の事だろうし…

7701.jpg



四位「ロックスの存在とガープの英雄伝説」


ビッグマムとカイドウが手を組む事を「ロックスの再来」と言われ、そのロックスとやらがどれ程の存在だったのか気になっていたけど、相当に伝説級な海賊団で面食らった!

まず、メンバーがスゴい!

後の四皇となる白ひげ、マム、カイドウに、それと等しい実力者のシキにキャプテン・ジョンやら、のちに名を馳せる大物揃い。

7331.jpg

そして、それを束ねる船長ロックスは“Dの一族”で、野望は「世界の王」とか…

子供の空想みたいにスケールがデカいのに、それを叶えられそうなくらいの実力と海賊団の規模感よ!

そしてそれをロジャーとガープが手を組んで壊滅させたってんだから、またスゴい!(語彙力)

拳骨一つで戦うガープがこれ程の実力者だとは思いもやらなくて、逆ギャップだ。

このゴッドバレー の一件も、またカイドウやマムの口から語られたりしないかな?

気になり過ぎる件でしょ、コレ。



三位「ロジャー海賊団vs白ひげ海賊団」


2019年の締めくくりとなるラストの一話。

遂に描かれたロジャー海賊団vs白ひげ海賊団!

戦闘の内容については略されてて若干不完全燃焼感はあるんだけど、なんというか伝説を目の当たりにしてる事にグッときた!ワクワクした!!

ロジャーと白ひげの初手の剣戟に圧倒され、戦闘後のほのぼのプレゼント交換に和まされ。笑

7702.jpg

というか、この過去編はズルいよね!

絶対に面白いに決まってる!笑

だって、第一話から出てる超重要キャラクターの伝説の過去を凝縮して目の当たりにしてるんだもん。

最高 of 最高だわさ、正に。



二位「四皇と伝説の海賊達の懸賞金額」


今年世間が一番沸いたのは、この伝説級の海賊達の手配者公開と懸賞金額が明らかになった回だろうか。

この時ばかりは、近頃ONE PIECEから離れている層も食いついてたんじゃないかな?

現四皇のビッグ・マム、カイドウ、シャンクスに黒ひげ、そしてロジャーに白ひげといったレジェンド海賊の手配書まで一挙公開!

7325.jpg

これで盛り上がらないはずはないよね。

でも、海賊の懸賞金額として最高額が出ちゃった事で天井が見えて、物語のラストがより近づいてきてる感じ…



一位「光月おでんの冒険」


これはワンシーンとか、この場面って括りじゃなくなっててアレだけど、おでんの冒険の全てが今年のNo.1だなー!

光月おでんという男の39年の濃い生涯を、更に濃縮して描く過去編…

その中には、白ひげとの出会いと初めての外海の冒険、ロジャーとの巡り合わせと世界の秘密を知る為の冒険も含まれてるしね。

まだたった数話の過去回想だけど、既におでんが好きになってる。笑

7521.jpg

2020年もまだおでんの冒険は続くんだろうけど、最終的には悲劇が待ってるのが確定してるからちょっと寂しい。。

てな事も含め、おでんの冒険をNo.1にしてみました。



以上、個人的な2019年のONE PIECEで衝撃を受けた場面トップ10でした~!!

場面じゃなくてエピソードとかも混じってますが。笑

皆さんなら、どのシーンを選びますか?

[スポンサーリンク]

コメント

ドフラミンゴ奪還

ジャック、アプー、ドレーク
他はインペルダウンに行きドフラミンゴを救出すればいいと思う

2019年は光月おでんイヤー

かんりにんさんと同意見です。僕も光月おでんが1番良かったです。

939話でアルパカマンの思いがけない出番を見て以来、毎回その話の大賞(コミックスのウソップギャラリー海賊団に因んで)を決めるようになったんですが、その中でも光月おでんに去年4回大賞をあげました。

破天荒な性格や行動により決して万人受けはできない人物。でも我が道を行くその芯は誰よりも強く固いはず。
登場する前からおでんのことが楽しみでしたし、登場した後もおでんという男の魅力をよく描いてくれましたよ。
また原作では今おでんの回想を通じ、ゴールドロジャー・白ひげ・レイリー・クロッカス・シャンクスなど、ONE PIECEの物語に大きくかかわった人物たちが続々と登場しています。そう考えると光月おでんは紛れもなくONE PIECEの重要人物ですよ。
おでんは今年もまだまだ注目していきたい男です。

去年各キャラにあげた大賞数はリセットします。去年は途中から大賞を決めてきましたが、今年は1月から12月末までの1年分の大賞数をカウントするので、去年以上に楽しみです。1年間で1番大賞を取れたキャラが僕の中で優勝(1番)です。僕の中で2020年のONE PIECEは誰が1番になるのか?今からすごく楽しみです。

<2019年大賞数>
〇4回 🏆🏆🏆🏆 光月おでん 優勝 i-221
・2回 🏆🏆 トコ・トの康・ビッグマム・河松・ゴールドロジャー
・1回 🏆 アルパカマン・マジロマン・クニさん・ヒョウじい・ダイフゴー・ババヌキ・キッド・牛鬼丸(オニ丸)・傳ジロー・ルフィ・ドラゴン・センゴク・光月トキ(天月トキ)

そういえばダイフゴー(948話)に大賞をあげた理由をまだ書いてませんでした。理由はダイフゴーが『北斗の拳』に出てくる「ジャギ」に似ていると思ったので。

かんりにんさんあけましておめでとうございます。昨年も楽しませていただきましたが今年もよろしくお願い致します。

盛り上がりがとどまるところを知らないONE PIECEですが、このランキングに主人公のルフィはおろか麦わらの一味すら関与してないのが凄い!ここまで主人公をないがしろにして盛り上がる漫画が他にあるんでしょうか?(笑)
しかし過去を見ても幕間や過去編で新事実が明かされたり布石を打ったりしてきたONE PIECEですから(個人的にも大好き)伏線回収や物語の核心に迫る今が盛り上がらないはずがないですよね!最後が近づいてるのは寂しいですが、今年も大いに楽しませていただきましょう!
というわけで個人的衝撃ランキング1位は主人公がランクインもせーへんのかーい!ということで(笑)

No title

四位 「康イエの死を賭した作戦変更」

三位 「ドレークは海軍機密特殊部隊隊長」

二位 「ロックスの存在とガープの英雄伝説」

一位 「光月おでんの冒険」


この他で(「衝撃」とは違いますが)個人的には

◯10年前に鬼ヶ島に討ち入った者たちが切ない…。

◯混浴が出てくると思ってましたが、「幸せパンチ」までサービスされるとは!

◯ワンピースには修行の描写がほとんどないので、
ルフィの修行場面がけっこう描かれていて嬉しかったです。

◯常影港でモモの助が「自害にひとしい!!」と止めても、
錦えもんは「拙者達にここから逃げて生き恥をさらせと申されるのか!!!」。
そして雷ぞうがモモの助に「生きていただきたい…!!」と。
菊の丞が掛け声の「捨名知!」を禁止したのは、こういうことなんだと。
同じ状況に置かれても、主君と家臣では取るべき道が違うんだと…。

管理人さん、いつも興味深い記事をありがとうございます。
2020年もワンピース楽しみましょう。

おでんはとても粋でカッコいい人ですね。
次に人気投票をしたら、

1位:ルフィ
2位:ゾロ
3位:光月おでん

ってなりそう。

>屍人さん

> あけましておめでとうございますのm(_ _)m

あけおめでっす(^^)/


> 「SMILE」の名前の由来はあくまでしのぶの推測 なのでシーザーやらのsmile関係者から他の名前の由来が聞かされる可能性もあるかなぁと思ったりしてます。「奴ら」に強調‥ついてるのとか文脈やコマ的にに必要あるのかなぁ と

あ~そういう可能性もあるかもですね~!

ただこれを上回る由来はなさそうな気も…('ω')

>ウソロアさん


> マルコは白ひげ海賊団の中で白ひげエースを除き多く描かれてたので一番最初に仲間になったと思ってたので衝撃でした
> 他隊長と比べて若いので不思議だったのでスッキリしましたけどね

やっぱ過去編は最高ですよね~(*'▽')

伏線とも言えない細かい謎もスルスル明らかになる感!

>塩アメさん

> 明けましておめでとうございます。
> かんりにんさん、皆さん、今年もよろしくお願いいたします。

おめでとうございます!

本年もよろしくお願いします(*'▽')



> 「名前だけなら2年前に既にドフラミンゴが言ってる」と書かれていますが、
> 「SMILE」はもっと前から使われています。
> ドフラがヒューマンショップのディスコに「時代は“スマイル”さ」と。
> これが504話(2008年)なので、少なくとも11年前からとなります。

あ、ここで言う2年前は作中での時間です~笑

正に仰ってるそのシーンを指してました(^^)/

>ワンピース考察大好きマンさん

> あけましておめでとうございます!いつも楽しく見させてもらってます!

あけおめです!ありがたいです(*'▽')



> ここまで見て思う衝撃なのですが僕的にはこんなすごいおでんの刀をゾロが持つって割と衝撃というかすごいなーとは思いますね。

確かにおでんの過去編を見た後で読み返したら、ゾロは大変な物を受け継いでしまいましたね!笑

>ロンダさん

> 番外編とすればマネマネの実の前の能力者が出た事ですね笑

確かに衝撃でしたね~('◇')

そして相当危険な能力という事を再確認できましたね!

「SMILE」という名前の由来

あけましておめでとうございますのm(_ _)m

名前の由来はあくまでしのぶの推測 なのでシーザーやらのsmile関係者から他の名前の由来が聞かされる可能性もあるかなぁと思ったりしてます。「奴ら」に強調‥ついてるのとか文脈やコマ的にに必要あるのかなぁ と

マルコは白ひげ海賊団の中で
白ひげエースを除き多く描かれてたので
一番最初に仲間になったと思ってたので衝撃でした
他隊長と比べて若いので不思議だったので
スッキリしましたけどね

No title

明けましておめでとうございます。
かんりにんさん、皆さん、今年もよろしくお願いいたします。


かんりにんさんへ
「名前だけなら2年前に既にドフラミンゴが言ってる」と書かれていますが、
「SMILE」はもっと前から使われています。
ドフラがヒューマンショップのディスコに「時代は“スマイル”さ」と。
これが504話(2008年)なので、少なくとも11年前からとなります。

今は時間がないので、「衝撃を受けたエピソード」は後で書きます。
ごめんなさい。

あけましておめでとうございます!いつも楽しく見させてもらってます!
ここまで見て思う衝撃なのですが僕的にはこんなすごいおでんの刀をゾロが持つって割と衝撃というかすごいなーとは思いますね。

No title

番外編とすれば
マネマネの実の前の能力者が
出た事ですね笑

Re: タイトルなし

> マムはSBSで28歳時と48歳時の美人な時が描かれてましたね。
> 妊娠を繰り返してたから栄養を子供に回してたんでしょうか?
> にしても、妊娠繰り返してる時のが痩せてるってのがマムらしい。ずっと妊娠しっぱなしでは戦闘力も落ちますよね。

子供を生み続けていた時もロックスに所属して海賊として一線でやってましたからね~!!

正に“ビッグ・マム”!!!笑

>Nさん

> 一番衝撃的なのは、ロックス海賊団の中央にいる女性がマムと思われることwww
> 幼少期から今の姿は分かるが、幼少期から一度、スタイルのいい女性になって、今に至る。
> アルビダといい骨格が変わりすぎwww

マムの姿はSBSで描かれてましたね(*'▽')ノ

あの時ならモテモテだった事でしょう。笑

>ひろさん

> これからワンピースの物語が佳境に向かって行くので、もっとびっくりする事が起きそうですね。

驚きの連続になりそうですよね~!

楽しみ(^^)



> 管理人さん、今年も色々とありがとうございました!来年もサイトの管理頑張ってください!来年も宜しくお願いします!

はーい(*'▽')ノ

ありがとうございます!!

のんびりやります(^^)

>かなさん


> 私ならキラーの正体とおでんの過去についてです。

衝撃という意味ならキラーの件は上位になりますよね~!

え!???って思いましたもんね('ω')

>ギロンさん

> 作品にもこのサイトにも1年間楽しませてもらいました
> このサイトの存在とかんりにんへの感謝もトップテンにいれちゃいます

わお!ありがとうございます(*'▽')

嬉しいです~!!

>zebraさん


> 強いていうなら カイドウとマムの四皇同盟でしょうか

これも衝撃でしたよね~!

まさかの展開でワクワクが加速しました(*'▽')

>スルメさん

> 別の意味で衝撃をうけたのが、
> ・ワノ国の人たち皆髪の毛カラフル
> ・小紫=日和という事実を本編とは違うところで聞かされる
> ・ヒョウ五郎は狛人間
> でした!

確かに~~笑

番外で言えば、VIVRE CARDの誤情報多すぎ!とかもあるかもw





> 主に2019年の後半はワンピースの歴史に触れていて、読者としては長年知りたかったことを遂に知れた喜びと、知ってしまったことでワンピースの終幕が見えてきた寂しさとで複雑な気持ちになりましたね。

本当にそうですよね~(*'▽')

全く同じ気持ちです!

マムはSBSで28歳時と48歳時の美人な時が描かれてましたね。
妊娠を繰り返してたから栄養を子供に回してたんでしょうか?
にしても、妊娠繰り返してる時のが痩せてるってのがマムらしい。ずっと妊娠しっぱなしでは戦闘力も落ちますよね。

No title

一番衝撃的なのは、ロックス海賊団の中央にいる女性がマムと思われることwww
幼少期から今の姿は分かるが、幼少期から一度、スタイルのいい女性になって、今に至る。
アルビダといい骨格が変わりすぎwww

おはよう御座います!ドレークは、びっくりしましたね!これからワンピースの物語が佳境に向かって行くので、もっとびっくりする事が起きそうですね。
 管理人さん、今年も色々とありがとうございました!来年もサイトの管理頑張ってください!来年も宜しくお願いします!

そうそうそうそう!!!×2

私も2019年は色々衝撃的でした!濃いところだらけで。で、私ならキラーの正体とおでんの過去についてです。
まず、キラーは密かに作戦を立ててるかと思いきや....というまさかの結論でしたし。だがしかし、最終的には誰かによって元に戻って欲しいと思います!ボロボロな心のケアも兼ねて。
次に、おでんの過去。色々ワクワクしましたし。最初私はルフィ達の安否のことばかり気にしていてあまり興味なかったのですが段々と関心を持つようになりました。

No title

作品にもこのサイトにも1年間楽しませてもらいました
このサイトの存在とかんりにんへの感謝もトップテンにいれちゃいます
ありがとうございました
いつも勝手なカキコしてすみません
良いお年をお迎えください
ちなみに四皇同盟がショックでした勝てる気がしない

No title

う~わあああ~ かんりにんさん もう盛り上がり過ぎてどれを一位にしていいかわからなくなりますねえ。

強いていうなら カイドウとマムの四皇同盟でしょうか

>この2組が組んだらマジで世界落とせそうだし、正にサブタイトル通り“龍(カイドウ)に翼(マム)を得たる如し”だ。
 ですが ワノ国で 手を組んでいる黒炭オロチがどう思うのか?
 オロチがうまく自分に取り込めるかどうか・・・

翼(マム)を得たことでかえって 右往左往してカイドウ、オロチ、そしてマムでさえ 迷走してゆくことになってゆくのでは・・・・(。-`ω-) 

No title

別の意味で衝撃をうけたのが、
・ワノ国の人たち皆髪の毛カラフル
・小紫=日和という事実を本編とは違うところで聞かされる
・ヒョウ五郎は狛人間
でした!

個人的に衝撃を受けた場面は、ランキングと被るところはありますが、
3:ロジャー海賊団vs白ひげ海賊団
2:ロックスの存在とガープの英雄伝説
1:四皇と伝説の海賊達の懸賞金額
です!
主に2019年の後半はワンピースの歴史に触れていて、読者としては長年知りたかったことを遂に知れた喜びと、知ってしまったことでワンピースの終幕が見えてきた寂しさとで複雑な気持ちになりましたね。ただ、2019年は特に衝撃的な場面が多かったのは確かです!来年の展開はおでんの冒険の続きと、いよいよ討入りの時、まだまだ衝撃展開満載な予感がするので楽しみすぎます!

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

オススメ

サイト内検索