記事一覧

ルフィ=ジョイボーイ!? 世界が待っているもう1人の王!!


JF2020で読まれた尾田先生の手紙の中に出て来た一文。

「ルフィ達の冒険の重要性、戦う事の意義」

7824.jpg

ワノ国の過去編が明け、コレが朧げながら見えてきた気がする。

ルフィは、はるか過去から託された「ある使命」を背負って生まれてきた存在だった可能性が高まった。

今回はその点についてまとめ、考察しておきたい。


 

海王類達の王“ポセイドン”しらほし


ロジャーとおでんが魚人島への航海の途中、海底で聞いた海王類達の話し声。

生まれるよ…!!

ぼく達の王が生まれるよ…

遠い海でも生まれるね……

2人の王がまた出会う日をクジラ達も喜んでいる


まず海王類達の言う「ぼく達の王」とは、古代兵器“ポセイドン”である“人魚姫”しらほしだ。

生まれてくるのに10年(いち十コ)、そしてその力をコントロール出来るまでに成長するのに15年(いち十5コ)。

16歳になったしらほしは、この力に目覚めた。

7826.jpg

25年前のロジャーが言った「早すぎた」というセリフも、世界をひっくり返す為にポセイドンともう一人の王が揃うタイミングではなかったという事だろう。



遠い海で生まれるもう一人の王


そしてもう一人の「遠い海で生まれる王」ルフィの事と思われる。

海王類達は、その2人の王がまた出会う日をクジラ達も喜んでいると言っていた。

7825.jpg

魚人島で“人魚姫”しらほしと出会ったルフィはその後、新世界に向かう海中でアイランドクジラの群れに遭遇した。

ロビン曰く「奇跡的」らしい。

ルフィ達を「“白い竜(ホワイトストローム)”」から救った事も、海面に顔を出した時の雄叫びも、ルフィとしらほし 2人の王が出会った事を祝福していたのかもしれない。

7809.jpg<



人魚姫とジョイボーイ


海王類達は続けてこう言った。

「今度はきっとうまくいく」

つまり以前は「うまくいかなかった」って事だよね。

それは800~900年前の「空白の100年」にまで遡るのかな。

空白の100年に存在した人魚姫と関係している人物といえばジョイボーイ。

この「うまくいかなかった」という事柄がジョイボーイが人魚姫に宛てた謝罪文にも繋がってきそうだ。

7827.jpg

[スポンサーリンク]


ジョイボーイが現れる


そのジョイボーイについて、ラフテルで世界の秘密を知ったおでんがワノ国に帰る前にこんな事を言っていた。

今まではこの“鎖国”に意味があった…!!

だがいつか“ジョイボーイ”が現れる日までに

開国せねば……!!!


前述した様に、ジョイボーイは「空白の100年」に実在した人物。

同じ年代に生まれたトキも800年の時を超えてこの時代にやってきてるワケだから、同じように「空白の100年」からジョイボーイ本人が現れてもおかしくないけど、これはネプチューンが言っていた「ジョイボーイに代わり約束を果たしに来る者」の事を指したセリフだろう。

いずれ必ずジョイボーイに代わって

約束を果たしに来る者が現れる

──それがわしら王族に伝わる伝説…


そして800〜900年前の「空白の100年」の時からの約束絡みで考えると、この「いつか現れるジョイボーイ」とは、海王類達が話してた「遠くの海で生まれるもう1人の王」とイコールなんじゃないだろうか。

7828.jpg

そう考えると…

ジョイボーイ=ルフィ=約束を果たしに来る者?

ジョイボーイってのは「称号」みたいなモノなのかもしれないよね。

つまりルフィ達の冒険の重要性・戦う事の意義とは、空白の100年でジョイボーイが成し遂げられなかった人魚姫との「約束」を果たす事を指すのかな?

ルフィ自身、現“人魚姫”のしらほしと「地上の森を一緒に楽しく散歩する」という「約束」をしたワケだけど、それとは比較できないくらいに大きな使命を背負って生まれてきた、と。



カイドウを討つ”巨大な戦”の主役


更に、第972話“煮えてなんぼのおでんに候”で、これに絡んだ発言があった。

20年以上先の話――

世界ではおそらく大海を分かつ程の”巨大な戦”が起きる

――つまりあと20年もすれば……

その”巨大な戦”の主役達が新世界に押し寄せる………!!!

カイドウを討てるのはそいつらだ!!


これもルフィの事を指しているものと思われる。

つまりルフィは…

●いつか現れるジョイボーイ(称号?)

●遠い海で生まれるもう1人の王

●ジョイボーイに代わり約束を果たしに来る者

●ポセイドンの王の力を正しく導く者

●数百年分の歴史を全て背負い世界に戦いを挑む者

●大海を分かつ程の巨大な戦の主役

●ワノ国と世界が待っている人物

●カイドウを討てる者


これだけの使命を遥か過去から背負って生まれて来たルフィ。

ルフィ達の冒険の重要性、戦う事の意義がハッキリとして来た!

ルフィ自身はそんな事考えてないけどね。笑

[スポンサーリンク]

コメント

物語の〝主人公〟なので、ルフィがジョイボーイの役割を果たすと思われます。

海王類を従える王と、象主を従える王。
ってことで、もう一人の王はモモじゃないですかね?
ルフィはどちらも声を聞くだけでしたし。

象主的な生物が、世界中の霧の海に隠れているのなら、スリラーバークの伏線も回収されますし。

それにしても、古代文字を扱えて、ロジャーと共にラフテルへ行き、空白の100年に育ったトキと夫婦。
おでんって重要人物過ぎますね。 
おでんの航海日誌が出てくる時が楽しみだ。
内容もだけど、おでんの活躍がもう一回見たい。

和の国を開国すると何か変わるとしか思えないです。例えば海流が変わるとか… 開国したらルフィがジョイボーイだったという事になるだろう

過去の名のある海賊達とか、政府側とのドラゴンの関係も知りたいですね。ドラゴンはジョイボーイの事や空白の百年とかについても情報持ってそうだし、革命軍は来るべき時の為に行動起こしてそうだし。そもそも二年間もロビンがドラゴンの所にいて何も聞いてない方がおかしいし。なんたって親父が海軍の英雄だから。

No title

ルフィは、英雄(ヒーロー)は嫌いですからね。
今までと同じで、ジョイボーイは別の誰かで、ルフィは手助けする流れがワンピース的にはあっていると思う。

No title

なるほど。
ジョイボーイ=王では無く、王はシラホシとモモかコビーでルフィー=ジョイボーイ。
ルフィー(ジョイボーイ)は二人の王を導き変化をもたらす者(海賊王)

なるほど、だから、シャンクスはイーストブルーにいたのか

この海で一番自由なヤツ=海賊王
って謳っているルフィですからね、
管理人さんの最後の一行、
全くその通りですね。

自分の言動に責任をもって
自由に発言、行動できる世界がワンピース。

20年以上前に連載を開始して
当時はSNSがこんなに発達していない時代。
現在は
自由に発言できるようになったけど
責任をもつことが希薄な時代になりました。
ワンピースを読み返すと
ルフィの言動は自由すぎるけれど
常に責任をとっていることがわかります。

描くのは難しいかもしれないけど
ジョイボーイ=いまを生きる読者へのメッセージ
なんて結末を期待してしまう。

No title

ジョイボーイが英語だとするとJoy Boy。joyは喜びとか楽しみなどの意味があるので、ルフィやロジャーがいう海で一番自由なやつが海賊王=一番楽しんでいるやつがジョイボーイという意味合いもあるのでは。

そして、新たなポセイドンが生まれるタイミングなどさまざまな鍵となるものが丁度重なったときに生まれたのがルフィで、ジョイボーイの意志を継ぐ者として、生まれるべくして生まれたのではないかなと思います

この海で一番自由なヤツ=海賊王
って謳っているルフィですからね、
管理人さんの最後の一行、
全くその通りですね。

自分の言動に責任をもって
自由に発言、行動できる世界がワンピース。

20年以上前に連載を開始して
当時はSNSがこんなに発達していない時代。
現在は
自由に発言できるようになったけど
責任をもつことが希薄な時代になりました。
ワンピースを読み返すと
ルフィの言動は自由すぎるけれど
常に責任をとっていることがわかります。

描くのは難しいかもしれないけど
ジョイボーイ=いまを生きる読者へのメッセージ
なんて結末を期待してしまう。

ジョイボーイ=ジョイントボーイなら、政府側の王イム様とD側の王を繋ぐルフィがジョイボーイなのかなと思います。マリンフォード決戦の時ミホークが不思議な力だ周りをどんどん引き寄せるみたいな事言ってたし、カタクリでさえもルフィに好印象だったから。イム様とD側の王が繋がりそうな時邪魔するのが黒髭かな??

ルフィは本当にジョイボーイなのでしょうか…?

96巻で25年前に海王類が、『生まれてくるのにいち十コ 大きくなるのにいち十五コ』と言っています。ルフィは17歳で海にでたので、現在19歳。もう一人の王=ジョイボーイだとすると海王類の言葉と矛盾します。また、ルフィにはロジャーと同じ力があるようですが、〝ロジャーが違った〞ことを考えるとやはりルフィはジョイボーイではないのではないでしょうか。
では誰なのか?私はコビーなんじゃないかと考えています。
まず、現在15歳の人があまりいないこと。コビーは15歳『かもしれない』ので、条件には合致します。それから、コビーは〝聞く力〞に長けていること。また、ここからはメタな話になりますが、『かもしれない』と言ったようにコビーの年齢が明かされていないこと。尾田先生はSBSに物語の核心に触れることは載せないと明言しています。ここで疑問なのですが、1巻から登場しているコビーの年齢を訪ねた人が本当に一人もいないのでしょうか?もしもコビーの年齢が〝物語の核心に触れること〞として扱われているとしたら……
勿論全て仮定の話です。私の想像が裏切られることを期待しています。

96巻読んで気づきましたが、ももの助は海王類が「もうすぐ生まれるね」って話した時、もう生まれてますよね?

No title

二人の王とはももの助ではないでしょうか?
ルフィは海賊「王」になる男です。2つ名の「王」は持たない気がするんです。そして、一人目のしらほしは海の動物と話せます。ももの助はゾウで陸の動物「象」と話力を貸して貰いジャックから助かりました。そして、その二人を「繋ぐ」のはルフィで海賊「王」なのではないかと思うんです。

ジョイボーイと王

ルフィはジョイボーイの生まれ変わりだと思いますがジョイボーイは、もうすぐ生まれる王ではないと思ってます。
海王類達は生まれることを感じとってるのに、ルフィを目の当たりにした海王類はルフィが王だと言う描写がありませんでした。
すなわち生まれる王とは別の種族の王だ言うことです。しらほしは海王類の王ポセイドン、そして海王類達はすでに生まれている王の話はしていません。なぜロジャーの前で王の話題が出たのか?それは王を感じとったからです?象主などの巨大陸上生物の王モモの助です。そしてもう1人のもうすぐ生まれる王とは空の王ではないかと!
やはりしらほしと会話しはじめでない感じがしたナミが空の王ではないかと思ってます。
ロジャーもルフィもジョイボーイの生まれ変わりでルフィもロジャーも海王類の声が聞こえても命令できなかった。つまり王ではなく王を導く者なのです。

ラフテルにたどり着いたロジャーに無くてルフィにあるのは、そのあらたな王との繋がりです。ロジャーの時代にはしらほしは居なくてモモは居ました、モモを20年飛ばしたのは古代兵器と言われる王を揃えるため!

No title

「ルフィ=ジョイボーイ」でしょうね。

358話の扉絵には、メリー号と嬉しそうな「クジラ」「海王類」がいます。
海王類は、破壊されたノアを運んだのとほぼ同じデザインで、
358話のタイトルは「復活」なので。

これ気になる。

『ルツ記』(ルツき)はヘブライ聖書におさめられたモアブ人女性・ルツの物語。『十二小預言書』を一書と考えた場合、『ルツ記』は旧約聖書でもっとも短い書である。
『ルツ記』は、異邦人であるルツがダビデ王にいたる家系の中で重要な役割を果たすことを語ることで、救いの歴史において「自らの民」ユダヤ人にとらわれない神の意図の壮大さを語っている。ルツは日本正教会ではルフィと表記される。

ジョイボーイは、王を継なぐ人物に与えられる称号でルフィが称号を継いでいる。
しらほしが海の王、砂漠の王ビビなら真逆の環境もあるしあるのかな?

No title

のりさんのコメント同感です。開国する前にルフィきてますよねー!

ルフィはもう一人の王でなく道標的な存在なんかな⁉ 本能のままに生きる奴ですから

お、尾田っち先生、、、もうちょい優しいヒントを悲

おでん様、あなたの言う通り20年後に現れました!!
ルフィ殿、あなただったんですね(涙)とキンエモン達が涙する。。。




ウラヌスはナミなんじゃないかって説たまーに見かけますが
もしそうだとしたらナミがその遠い海で生まれる王で、しらほしと出会いクジラ達が祝福したのも矛盾ないですよね。
自分はウラヌス=ナミの説のこと詳しくないですし信じてませんが、可能性のひとつとしてはまぁアリかなー

ジョイボーイがルフィなのかモモなのか気になるところではありますが、私はカイドウ・オロチの支配からワノ国を解放・開国出来た後が凄く興味あります。なぜ海軍までもが絡んで来てるのか、センゴクさんのサカズキに言ってたあのセリフの真意とは?
開国する事によってまだ眠っているワノ国の秘密もあるはずです。
その辺りが話に盛り込まれて来るとジョイボーイに初めて繋がる流れになりそうですね。

もう一人の王はモモのすけかなと思ってます。海王類を従えられるしらほしと象主を従えられるモモのすけが2人の王かなと。

その幼くも巨大な力を持つ2人の王を正しく導くのがジョイボーイ。それがルフィ。

やっぱり海王類がルフィをスルーしたのが気になります。前に象主を従えた者の子孫が光月家でその従者がミンク族。だからミンク族は象主の背中に住んでると思うとなんか納得できるのです。

No title

私はもう一人の王は海賊王になったルフィだと思います。
この称号以外に海王類の王と並ぶ物はありませんからこれは間違いないです。
その根拠に最近になってロジャー達はワンピースを発見していない事が明らかになったんですよね。つまり本当の意味で海賊王になったわけではなく、勝手に人間から呼ばれていただけだったのです。

そしてもう一つ重要なのが魚人島の言い伝えにしらほしを導く者が現れ世界に大きな変化が訪れる、とあることです。これがルフィ以外の人物となると話がややこしくなりますし、ビビは将来的にはともかく現時点では年齢や能力的にあり得ないです。他のキャラは更にあり得ませんし、主人公の影が薄くなるだけです。
なのでルフィだと思います。

ロジャー達は まだ早過ぎた故に世界をひっくり返さなかった。
ジョイボーイは覚醒した人魚姫も居て条件が揃って居たのに成さなかった可能性大。

ジョイボーイは何故世界をひっくり返せなかったのだろう?と思いますし
その原因がまた現在のジョイボーイかも
知れないルフィの身にも降り落ちそうな気がします。

ジョイマンでなく、ジョイボーイで良かった。。。

ジョイボーイ=ウソップ説

No title

(かなり前に僕はジョイボーイについて仮説を立てたのですが、
もうカビが生えた説なので再提出を躊躇していました…。)

ジョイボーイの「ボーイ」には、「奴隷」という卑語的意味があるようです。
なので、奴隷問題に深く関わった人物ではないかと思います。

天竜人に代表されるように、世界政府は奴隷制度を認めています。
(昔は魚人への差別が今よりもひどく、奴隷にされた者も大勢いたはず。)

ジョイボーイは奴隷(元奴隷?)、または巨大な王国側の人間で、
「奴隷解放」のために戦ったのではないでしょうか?

奴隷ナシには成り立たない世界政府側にとって、
制度崩壊は絶対に認められないことだし、
巨大な王国の「自由・平等」思想を持つジョイボーイは危険人物だったはず。

くじらたち

ちょっとこの考察からは逸れるのですが、くじらたちの頭に傷があるってことはみんなレッドラインにぶつかっていて、ここに来て、海王類たちには意志があることが判明したということから考えて、レッドラインを壊すことが海王類ひいてはルフィたちの目的の一つになるのかもなって思いました

「血縁を絶てどあいつらの炎が消える事はねェ…遠い昔から脈々と受け継がれてきた…」
白ひげの台詞ですが、シンプルにルフィへと受け継がれる描写が描かれるのだろうかと…。
「Dはまた必ず嵐を呼ぶ!」
ルフィなら、呼べそう。笑

個人的考察

個人的にはジョイボーイは称号のようなものだと思います。
そして過去のジョイボーイが行おうとしていた事こそが現在の「Dの意思」となっているのだと思います。
もしルフィが「2人の王」のうちの1人だとすると、魚人島の海王類はルフィを見た時に気付くのではないかと思います。
当初もう1人は桃の助だと思いましたが、シャーリーの予言時には生まれていたので、それ以外の誰か、ひよりや未だ登場していない者かもしれません。
もう1人は男ではないかと思っています。
根拠はラピュタの2つの王家の話からです。
なので一般家庭からではなく、王家からもう1人の王が生まれていると考えます。

人魚姫であるしらほしに対して、もう片方は沢山の王候補(覇王色持ちとか単に実力者とか器がデカイとか)の中でしらほしを導く事になったのがもう1人の王ってのが個人的ベストです
もしくはシャーリーの占いの更に凄いバージョンで、本来は別の奴だったがそれを捻じ曲げるか
運命に操られてるってのは好きじゃないので

界王達が深海でおしゃべりしてた時、モモの助平は既に生まれてるんじゃなかった?

Dであり、尚且つ物語の中心人物であるルフィなようなと!

ジョイボーイ=ルフィと仮定して
ルフィはジョイボーイとなることを運命付けられているのか
ルフィがやりたいようにやった結果たまたまジョイボーイとなるのか

個人的には後者であって欲しいですが

こじつけかもですが。

ジョイボーイ=ジョイントボーイ=繋ぐ者=過去と未来を繋ぐ者=ひとつなぎ。

ルフィが王(海賊王)になった時にこそ、ピースを繋いだ者、としてジョイボーイとして認定されるのかも知れないですね。

No title

ジョイボーイ人名ぽくないですよねそれと、ここで書くことじゃないんですけどルフィをルフィーと書く人なんなんですかね違和感がすごいです

海王類もクジラもなぜ未来が分かって、二人の誕生を喜ぶのだろうと、ふと思いました。

このことを考えると「海王類やクジラ達はDの一族が変えられた姿」と推察するのも面白いのではないかと思いました。

進撃の巨人のように戦争に負けたDの一族は姿を変えられたのではないかと。
そして、クジラになった人たちはレッドラインを割るために頭でつつき、海王類になった人達は世界を変える王を待ち続けているのではないのかな?

おでんが「ジョイボーイがワノ国に着く前に開国せねば」と言っているので、ジョイボーイ=モモノ助の線はない気がします。

もちろんもう一人の王はルフィーが大本命ではありますが、ルフィーが何やら宿命を背負った王というのも確かになんだか違和感がありますねー

ジョイボーイという響きからMENSを想像しがちですが、これが称号のようなものなら女性という選択肢も捨てきれないし、しらほしと境遇が似てるというところでナミさんの目もあるか?

それならイム様の1番の標的になりそうだが。。。ビビ?でも、Dではないしなー

少なくともあの海王類の会話から10コと15コだから25年前、もしくはしらほしが16だから26年前には生まれていなかったとすればそれより若いDとなると。。。やっぱ普通にルフィーか。

意表をついてコビーってのはどうかな?ファミリーネームは出てないし、生まれたのもしらほしと同じくらい?ちょい上か?

ルフィーを追っかけて勢い余ってラフテルに着いちゃうなんて、、、ないか。

No title

このオトヒメの言う、しらほしの力を正しく導く者は前々からルフィだと思っていますよ。
上のオトヒメの台詞を聞いて、「魚人島編の最後でしらほし姫が仲間になるんじゃないか?」と当時思ったくらいですから。

ジョイボーイについては称号ではなく、1人のキャラとして存在してほしいと思っています。新キャラとして登場してほしい。
僕のジョイボーイのイメージとしては、「不老不死な神様のような存在で、ボーイ(少年)の名の通り見た目は10歳前後、10代くらいの少年。服装は庶民的な普通の洋服、海賊衣装など。全く神々しさを感じない普通の少年の見た目、しかしその存在はONE PIECEの世界において絶対的である?」とか。
またイムとの関連も考えていて、「イムは心が闇に染まったジョイボーイの成れの果て?ジョイボーイとイムは同一人物?」、「ジョイボーイとイムはお互い宿敵の関係にある?」とか。
もしジョイボーイが1人のキャラとして存在するのなら、彼の姿が判明したときONE PIECEの物語は大きな核心に迫る、そして物語は最終局面を迎える、そんな気もしています。

シャーリーの予言やしらほしのことなど魚人島はいろいろ鍵をにぎってますね。ジョイボーイ=ルフィが本命だと思いますが、モモのすけってゆうのもあるのかなと。おでんとトキさまの子供ですし、いろいろ聞こえてますし。こどもと言えばマキノのとこにも産まれてましたね。

No title

ここでいうジョイボーイがDの意思を継ぐ資格を持つ者だとしたらルフィかもしれないですね^^

No title

もうひとりの王はズニーシャ絡みのモモの助に一票

No title

ジョイ(JOY)= 歓喜、喜び、幸福という意味
ジョイボーイ → 喜びに満ちた世界へと導く者?

ロジャーたちが最後の島で笑っていたように
その島をラフテル(笑い話)と名付けたように
ビンクスの酒の歌詞が笑い話で終わるように

失敗すれば笑う事しか出来なくなる「スマイル」は、それに対する皮肉なのでしょう

No title

魚人島をぶっ壊すと空気の大移動でマリージョアがレッドラインごと吹っ飛ぶのではないですかね。
海王類の王ポセイドン=しらほし、陸上生物の王プルトン=ももの助、そして天空の王ウラヌスはナミではないかな。陸海空を制する者ルフィが世界を制す。

他の方も書かれてますが、私も、ルフィが王というのは違和感が。

海王類は人魚姫のことを「我々の王」と呼ぶけど、そこで言う「王」とは「海王類を統率できる人」という意味でしょう。下手したら、「海王類に命令できる人」という意味。

誰かを統率したり命令したりする人に、ルフィがなりたいとは思えません。
ルフィは「俺は支配には興味がねえんだよ!」の精神だと思うんだけどなー

ルフィー=ジョイボーイというかジョイボーイ的な立ち位置なのがルフィーは何となく分かるきがしますけど、何となくルフィーはそういう宿命的で生まれてきたのでは無いのがルフィーだと思います。どー言えば正しいのか分かりませんがルフィーはルフィー‼︎かな⁈笑
巨人族は絡みませんかね?平均寿命が300年の巨人族なら900年前の出来事もしっかり伝わってそうですけど〜

もう一人の王はナミじゃないですかね
しらほしと初めて会ったときにほっとすると言われてましたしルフィとナミが初めて会ったオレンジ町に喜んでいるクジラの像が描かれているんですよね。偶然なのか伏線なのかは分かりませんが肌で気候を感じ取れたりする特殊な一面もあることからナミはウラヌスなんじゃないかなぁと思いました。

もう一人の王はルフィ以外の麦わらの一味の誰かの可能性もありますよね。出生が明らかになってないメンバーも怪しいです

感想コメントにも書きましたが、自分もかんりにんさんの考察と同じ見解です。海王類達の会話を受けてからのロジャー達の話の流れからもルフィ=ジョイボーイを連想させます。ナミの素性については、例えば、魔法使いの王国の王の末裔なんかを思わせますが、海王類の会話に登場する未来の出来事に対して重要な働きをする王は、しらほしとルフィだと考えます。って、事はルフィはDの一族の王の血統。ならば、ガープやドラゴンも、笑。というか、血統は関係なく最終的に王になると言うことなのかも。何れにしても、今後の展開が楽しみですな。

ジョイボーイの謝罪は何かと考えていましたが、魚人島は世界の中心にあり、海王類達を統べるにも場所として最適です。マリージョアが後から勝手にやって来たと考えるなら、レッドラインは人工のものだと思います。すると謝罪の内容は後から作られたレッドラインのことだと思われるので、それを壊してくれる人間を"ジョイボーイ"と喩えているのかもしれません。ちなみに個人的に不思議なのは、魚人島の周りにいる海王類がカームベルトから出てきてしまっていることですね。

No title

ペドロもルフィ達が世界を夜明けへと導く者と確信して自らの命を投げ出したしね

No title

世界に変革をもたらすかもしれない“もう一人の王”というのが“第二のジョイボーイ”となるルフィってことになるのでしょうかね?

でも、どっかでそうなる宿命と言うか使命と言うか、そういうものを知らされてもルフィは「そんなもん勝手に押し付けるな!」「俺は俺のやりてぇようにやるんだ!」などと言って激しく嫌がりそうですが。

イムが見ていた麦わら帽子も関係しそうですね。麦わら帽子がジョイボーイの意思を表す何かとか…

No title

実はジョイボーイは二人の王を合わせる約束とかもありえるのかな?
そうなると、王はルフィじゃなくなって、イムとかビビかもしれないなぁとか。

白ひげが「いつの日か、その数百年分の歴史を全て背負って…」と、言ってたように。
やっぱり、ルフィを指してる気がします…。

確かに推測していくとそうなりそうだけど
「800年前から約束された、運命を背負った冒険者。ルフィ」
って話出来すぎじゃない?
血統レースは親とじいちゃんだけでお腹いっぱいかな、、

王様的なのはしらほしやもものすけだけでいいよ。っていう希望

ジョイボーイ本人もトキ様の関係者で、
一緒にトキトキの実で現在に来ている可能性もっての面白そうですね。
トキ様はワノ国を目指す、ジョイボーイはエルバフ?を目指すみたいな形で別行動を取ったとか。

あと2人の王はハッキリと海王類や像とコミュニケーション出来るっていう部分からしらほしともう1人はモモの助かなぁって思ってます。
トキがワノ国を目指したのはおでんと王を産む為。

私も読んでる時は普通にルフィがもう一人の王と捉えましたが
よくよく考えると年齢が19歳なのが引っかかってます。

他にありそうなビビとかコビーとかも16歳ではないので、海王類が話した年齢は片方の王(しらほし)のことだけを指していたのでしょうかね?

オーロジャクソン号の卵が16年前に孵化してたりして
などと妄想が膨らみますが、やっぱルフィがもう一人の王というのが一番しっくり来ますね!

今さらですがアイランドクジラは本来「西の海」にいるはずなのに、どうして「新世界」にいたんですかね?
カームベルトを越えてきたってことでいいのかな?
あと、もう一人の王がルフィだとしたら魚人島での海王類のルフィの呼び方に違和感があるので違う気がします
ジョイボーイ≒ルフィ≠もう一人の王

果たせなかった夢
魚人島の未来を占い驚いたシャーリー…。
地上に移住した後に、島を壊す事でオールブルーが出現したりと!?

クジラたちの言う二人の王がしらほし(ポセイドン)とルフィだとすると、もう二つの古代兵器はどういった立ち位置になるのでしょう。ジョイボーイが三つの古代兵器の内ポセイドンとしか約束をしなかったのでしょうか?

考えられるのは

そもそもプルトンとウラヌスは人間ではなかったため約束のしようがなかった。

作中ではまだ描かれていないがジョイボーイはプラトンとウラヌスとも約束をしていた。

プラトンとウラヌスは敵である世界政府側の兵器だった。

ジョイボーイが来る時のためにワノ国を開国せよってことだとしたらルフィもう来ちゃってんじゃん。って感じですが、ルフィもといジョイボーイはワノ国で何かすることがあるんでしょうか?

No title

ナウシカみたいな展開ですかね^^
[その者青き衣を纏いて金色の野に降り立つべし] みたいな
かつての 英雄の再来のような、、、
ルフィも自分がジョイボーイだなんて関係なく その役割を全うしてしまう、、そんな活躍を期待したいですね。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

ONE PIECEの小ネタ呟いてます

7074.jpg

サイト内検索