記事一覧

船を降りたロジャーの処刑までの「空白の1年」について考える


25年前、グランドラインを制覇し「海賊王」と呼ばれるようになったロジャー。

そんなロジャーは28年前から不治の病に罹っていた。

おでんがロジャー海賊団の一員になった26年前には、既に船医のクロッカスに「持ってあと一年」宣告されていた。

7829.jpg

つまり船を降りた後は余命幾ばくもなく、いつ死んでしまってもおかしくない状況だったというワケだ。

それから一年後、自ら海軍に自首した時にはもう自身の死が直近に迫っている事を肌で感じていたんだろう。

牢に入っていたロジャーは全然元気そうな様子だったけども。笑

7830.jpg

さて、今回はロジャー がこの一年間で何をしていたのかを考えてみたい。


 

白ひげに会うつもりだ


船を降りる前に、ロジャーは「死ぬ前に“白ひげ”に会うつもりだ」と言っていた。

これは、2年前の頂上戦争の時に白ひげが回想していたあのシーンに繋がるんだろう。

ちなみにロジャーは船を降りる際、レイリーに帽子を託した筈だけど…

7813.jpg

この時も似たような帽子を被っているね。

まぁコレはちょっとしたご愛敬だろう。笑

SBSで質問したら「また似た様な帽子を買ったんですよ! 」とか言われそう。

この時白ひげはロジャーにラフテルにあった莫大な宝について聞かされている。

それが頂上戦争の時のこのセリフに繋がった。

興味はねェが…あの宝を誰かが見つけた時……

世界はひっくり返るのさ……!!

誰かが見つけ出す その日は必ず来る

“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”は実在する!!!


[スポンサーリンク]

 

ルージュとの出会い


そしてもう一つ確定してるのはルージュとの出会い。

その出会いからエースが生まれたわけだから重要な出会いだ。

7831.jpg

ロジャーとルージュはこの一年の間に出会ったのかな?

それとも、ロジャー海賊団として航海の途中に既に出会っていたのか…

どっちだろう。

前者であればロジャーが単身で南の海のバテリラに赴いたって事になるけど、短い時間の中でピンポイントで辿り着く可能性は低い気がするなぁ。

やっぱりこれまでの航海中に既に出会っていて、良い仲になってたのかも。

いずれにしても、ルージュも“Dの一族”だったというのは興味深い点だ。

「ゴール・D・ロジャー」「ポートガス・D・ルージュ」

お互い“D”だからこそ惹かれあったのかな?



海軍への自首


そして、死期が間近に迫ったロジャーは海軍へ自首…

バテリラのある“南の海”の海軍支部に行ったのかな?

それとも直接、ガープのいる海軍本部マリンフォードへ??

8488.jpg

ロジャーは生まれてくる子供を託す為に、どうしてもガープに会う必要があった。

ロジャー程の実力者なら一人でもグランドライン入り出来そうだけど、正規ルートを通ればクロッカスさんに会っちゃうな。

まぁ、普通に南の海の支部から本部へ移送された形だろうね。


この辺りの流れも尾田先生に描いて欲しいなぁ(願望)。

ロジャーの伝説をもっと見たいよい!!

[スポンサーリンク]

コメント

No title

Dについては自分はドリフトとかディアスポラとかこちらで発言した記憶がありますが
本当はハプロD遺伝子元ネタ説の支持者です
ただルージュの所為でこの説を肯定できないのが非常に残念です
他にもDの女性っていましたっけ?ローの妹は明確にDなんですか?
下にあるようにルージュが自称Dで血族DでなければハプロD説はなりたちますよね
「たかがまんがだけど・・・」
影響は大きいですよ
ほんとながらく手塚先生の所為で騎馬民族征服説を無条件に信じしてました
パヤオのおかげで照葉樹林文化論に触れたけどそれでもパヤオは縄文弥生戦争肯定派だったし
尾田先生にはぜひとも
和をもって貴しとなすを表現してもらいたいです

No title

「ガキが生まれるんだ このおれに 残念ながらその時 おれはもうこの世にいねェが」はエースって意味と自分の生まれ変わり(遺志を継ぐもの、ルフィ?)って意味があるように思えてきた。

ある意味利害の一致ですよねー。
ガープにエースを託したいロジャーと、ロジャーを捕まえた事にしたい海軍。
となるとロジャーがどこへ自首しに行ったとしても、最期にガープと面会したいと言う希望を叶える事はある意味都合が良いですもんね。

ポートガス・D

Dの一族同士が運命的に惹かれあったというのも素敵な考えなんですが、逆説的な必然性を考察してしまう自分がいます。笑

どういう事かというと、ルージュは元々Dの一族ではなくロジャーに同調してDの名を名乗るようになったのでは?という考察です。

①英語圏などでよく見るミドルネームには名乗るのにほとんどルールはなく自由に名乗れるそうです。自分はワンピース世界におけるDも同じものだと思っています。

②「血縁を絶てどあいつらの炎は消える事はねぇ」白ひげのセリフにもあるようにDの意志に血統は必ずしも必要なものでは無いということが読み取れます。
逆に言えば元々は血縁が関係していたってことですが…

③「この子の名はゴール・D・エース」と当たり前かも知れませんがルージュは父型の名を継がせようとしてました。単なる妄想ですがルージュも正式に結婚してゴール・Dの名を名乗りたかったのではないかなーと思います。
だからせめてDだけでも自分の名前に入れた?という考察でした〜。

関係ないですけどロジャーの不治の病ってなんなんでしょうね?実際の病名は使いづらいでしょうけど。ハンターハンターみたいに人工的な毒や放射線みたいな可能性もあるんでしょうか。それこそゴッドバレーで子供のシャンクスを庇って病気になったみたいな。

いずれルフィは麦わら帽子を卒業して、今回の船長帽をかぶる気がします。

麦わら帽子は、ワノ国編のラストで、モモのすけに引き継がれるのでは?

空白の1年の間ではないかもしれませんが、まだドラゴンとの絡みがなく、いつどこで出会ったか気になります
他にもロジャーの処刑シーンで出た人物の誰かとはこの1年で会ってるかもしれませんね
モリアがワノ国と関わりがあるのもロジャーから何か聞いたからかも?

No title

1年間でルージュと(普通の人の)一生分以上の充実した生活をした・・・であって欲しいですね。”D”の意味、父親が超一級指名手配、自首して処刑されるetc.全てを受け入れて母になったわけですから。

No title

ヒョウ五郎は、レイリーの名前でも反応がありましたよねぇ
だから前回の上陸時に書かれていないだけで会っているような気も

ルージュはどこかで会っていた説いいなぁ
船を降りて女に逢いに行くなんてロマンチック
ルフィみたいに、今は結婚しねぇ!って言ってたみたいな

うーん、ロジャーや白ひげなら、あの状態のワノ国にいったらなにかしらうごくとおもうので、ワノ国ではないかと…いくらおでんが協力を断ってても、仲間の国をめちゃくちゃにされたら黙っとらんでしょう

やはり白ひげがロジャーを連れてワノ国に来ると思うんですよねイゾウの件もあるしおでんが死ぬまで5年も先ですしここからまたワノ国は豊かに戻るんじゃないですかね

帽子に関しては、違和感ないかな。
俺は船長じゃなくなるから、帽子は被らずに置いていくってロジャーなら言いそう。
でもレイリーは、船長だった証として持っておいて欲しいって、この会話の後に帽子を渡すとか考えられなくもない。
船長じゃないから別れる時には被らないけど、背負ってる袋の中には入ってると思う。

No title

いつもながら良いポイントを突きますねー。かんりにんさん。

ロジャーと白ひげ達がワノ国に来たら、カイドウにも勝ち目はないですな、笑。

白ひげ達もおでんに会いたいと思うんですよね。
おでんも勿論ながら、そうでしょう。

ロジャーと白ひげ達が突然ワノ国へ遊びに来て
おでんの窮地を救うと言うのも、この際なんで有りにしてちょうだいよ。尾田さん。
尾田さんも読み方によっちゃ、おでん、なんだし。
せっかくなんで、その方向で尾田さん、ヨロシクです。

おでんがヒョウゴロウにロジャーの話をしただけでは?

白ひげとロジャーが二人で酒飲んで語ってる場所が桜の咲いている場所でしたし二人が語ってたのがワノ国だった可能性は高いかと思います

あの世界における桜は結構珍しい設定だった気がします。

この説があってた場合はワノ国の騒動は確実に知りそうですがおでんが数年生きてたこともあって一度はオロチの件は収まったってことに思えますがどうなることやら

ヒョウ吾郎のロジャーのような男発言は、
ロジャーに会ったことなくても違和感ないですねー
鎖国しているとはいえ、海賊王の知識くらいはあってもおかしくないかなと思いました

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

ONE PIECEの小ネタ呟いてます

7074.jpg

サイト内検索