記事一覧

23年前のワノ国鈴後で勃発した“ゲッコー海賊団”vs“百獣海賊団”の謎


第969話“バカ殿”にて、23年前にワノ国で起きた「海賊騒ぎ」と「墓荒らし事件」について一コマだけ描かれた。

それは、おでんがワノ国に帰還してから2年後の出来事。

真相は、鈴後で起きたモリア率いる“ゲッコー海賊団”とカイドウ率いる“百獣海賊団”の戦争だ。

7860.jpg

今回は、この件について気になる事をいくつか挙げ考えてみたい。


 

ゲッコー海賊団→スリラーバーク海賊団


7873.jpg

23年前当時、モリア率いる海賊団の名前は“ゲッコー海賊団”だった。

この時は“生きている”部下を多数抱え、自身の名を冠した海賊団を結成していたのだろう。

そしてこの戦争での敗北を経て、後に「スリラーバーク」を構築し、“スリラーバーク海賊団”に名前を変えたものと思われる。
 


戦争が鈴後で勃発した理由


一番気になるのはこの戦争が鈴後で勃発した事なんだよね。

海賊が鎖国しているワノ国へ入国する方法は「滝登り」一択なんだけど、麦わらの一味も、スペード海賊団も、白ひげ海賊団も、ビッグ・マムも滝登りした海賊達は皆「九里の砂浜」に流れ着いている。

九里から考えると鈴後の場所は真反対なんだよね。

7808.jpg

ただ描かれていないだけで、他の郷にも流れ着く可能性もあったりするのかな?

万が一、ゲッコー海賊団が正式に招待されて白舞から上陸したとしても、何故そこに行ったのかと言う疑問が残るし。

更にカイドウはワノ国本土じゃなく鬼ヶ島を根城にしてるんだよね。

どういう形で鈴後で戦争が勃発したのか。

もしかして元々モリアは、鈴後にある「リューマの遺体」と「国宝 秋水」を目的としていた?

それなら色々と筋が通るかも。

だとしたらモリアはワノ国の内情に詳しいって事になるけど…

[スポンサーリンク]

 

百獣海賊団の幹部


カイドウ軍の中には、シルエットではあるがちゃんとキングとクイーンの姿が描かれている。

7862.jpg

この時からカイドウの右腕なのかな?

そして、やはりこの時点ではジャックは居ないのかも。

VIVRE CARDの情報を信じるなら、ジャックはこの時「5歳」。

20年前の光月家と百獣海賊団の戦いの時にも下記の理由から居なかったと思われる。

●当時8歳という年齢

●イヌネコとジャックが互いを知らなかった

●ジャックの事を呼び捨てにする者の存在


ジャックは28歳!! 20年前のワノ国には居なかった可能性大!?

5155.jpg


今回の回想で初代ジャックなる人物が出てくるのかな?

ちょっと注目だね!

他にも気になる事があったらココに追記居していきます!

[スポンサーリンク]

コメント

No title

今までのモリアは太っちょでゴシック調やタキシードだったのに、最新作では細マッチョで裸ジャケットなのは新鮮です、自分は好きな造形だったり

海賊団の改名や鈴後にいた理由も気になりますが、当時の戦法も気になるところです
モリア側のイラストに欠片蝙蝠が描かれているので、すでにカゲカゲの能力者であったと思います
現時点ではゾンビ兵の運用や影の変形がメインですが、過信と野心に満ちていた時代はどう使っていたのでしょうかね?

戦闘ではなく「戦争」という表現がされたため、四皇に準ずる勢力だった気もします
カイドウと対立し、後に仲間を失いうも改名して再起、ペローナを拾って育てたり後の三怪人を勧誘して勢力を伸ばす……
脇役には勿体ないほど濃ゆい設定ですね。スピンオフの主役になってもいい気がします

別の記事でウソップの出身地シロップ村があるゲッコー諸島とモリアの関係についてコメントしましたが、更にもう少し考えてみました。

モリアの祖先ゲッコーがワノ国と関係していて、かつゲッコー諸島とも関係があるとしたら、ゲッコーがワノ国から東の海へ出たという仮定ができます。また霜月家たちが違法出国して到達したのも東の海です。(ゲッコーは霜月より前に出国したと想定してます)

どちらも何故、東の海に到達できたのか。
東の海とワノ国には何か行き来が可能なルートがあるのではないでしょうか。
この鈴後の戦闘も、東の海でロジャーの処刑があった後の筈なので、そのルートを使ってワノ国へ向かったのかもしれません。
戦闘場所が鈴後なのも、そのルートだと使用する港が鈴後にあるとか、モリアがワノ国と関係あるからリューマのことを知ってたとか、色々な可能性が考えられます。

派生しますがシロップ村と言えばメリー号を手に入れた場所、それを設計したメリーは今さらながら何者なんでしょう
ただの執事でありながら船の設計ができるとは考えてみれば不思議ですが
もしゲッコーと一緒に出国したメンバーの中に船関連の職人がいてその子孫がメリーだったら説明がつきます
また、とある島(ゲッコー諸島?)を管理するシロップ村の富豪の娘カヤも何か関係したり…
またまた、狙撃の才能を受け継ぐ家計のヤソップウソップももしかしたら…?そう考えるとシャンクスがヤソップの存在と才能を知っていたのも意味深に思えます。

…まあそこまでは考えすぎですが、東の海とワノ国、ゲッコー諸島とモリアに関係があれば色々考えられて面白いです

ただ問題はモリアの出身が東ではなく西の海なので予想が破綻している点です(笑)
長々失礼しました

徒歩で鈴後まで行った・・・とか?
観光したかったとかそういう類いでw

モリアさん結構長く出てて、戦闘数もなかなかあるのに、勝ったのほぼない。仲間想いのいい兄さんだけど、見せ場がなさすぎる。負けるなモリア、死ぬなモリア!!

ブルック曰くスリラーバークは西の海から来た船だそうですが、モリアの故郷も西の海なのですかね?

モリアが鈴後で戦うなら当然墓場の遺体を利用しそうなものなのにリューマ以外の墓が荒らされてる様子無かったのはどうしてなんでしょうかね?

No title

モリアの若かりし頃の風貌はバルトロメオっぽいですね
イカれたヤンキー海賊な感じで、相手が強者でも恐れないメンタルがありそう

ゲッコーモリアって下戸のモリアから来たとかないのかな?

>かんりにんさん

おはようございます。

23年前のモリアが率いる海賊団の名前は“ゲッコー海賊団”でしたのに”スリラーバーク海賊団”に改名した・・・・。

↓の方のコメントのように 月光・・・つまり かつて光月家が治めていたワノ国でしたが 光月おでんのバカぶりを見てて 没落してたのをモリアはみかけていたのではないのか?と。

 そのおでんのバカ振りを見かけたのがモリアの”ゲッコー海賊団”がカイドウ率いる百獣海賊団に敗北した直後でしたので モリアが自身の没落と重ね合わせてしまったため”ゲッコー”の海賊名は捨てたのではないでしょうか?

モリア「”光月”おでんだぁ~ なんだ、あのバカ振りは・・・・(自身の海賊団の名を連想してイラ立ち)(。-`Ц-)」

モリアにとって”月”と”光”は禁句になってる気がします。

最初モリアさんをしょぼいと思ってたけど、今は好きだな能力的・来歴的な意味で
カイドウに対しての敗北経験関連の人間臭いところとか大好き
同じような意味でクロコダイルも好きだな
敗北を知ってるが故の彼らの考え方も好きです
仲間を失ったが故にゾンビにこだわるモリアと若い頃から海賊王という理想を持っていたが、格上の海賊・白髭に敗北したが故に海賊王を夢見る格下のルーキー・ルフィにムキになるクロコダイル
うまく言えないけどなんか好き

ロジャー海賊団のように、名前を海賊団につけるのが普通だと思います。モリア海賊団、のように。しかし、なぜかゲッコー海賊団ですね。月光とかけた思わせぶりな団名です。ここのところ本編でもモリアが注目されているので、意外なキーマンなのかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

オススメ

サイト内検索