記事一覧

ワンピース 第973話“光月の一族”感想 その②


[週刊少年ジャンプ15号]

(コミックス派はネタバレにご注意)

第973話“光月の一族” 感想その②。

①を未読の方は、まずコチラからどうぞ↓

第973話“光月の一族”感想 その①

〇それが“世界”だモモの助
〇あの日の言葉を頼りにゾウで待つ
〇小紫があの曲を弾く時に面をする理由
〇しのぶは光月の家臣で錦えもんの妹分
〇イヌネコのケンカと追手のナンバーズ


それでは、この続きの感想をどうぞ↓



モモの助が高い所を怖がる理由


処刑場にいたカイドウが赤鞘の侍達より一足先に九里のおでん城に着いてる。

成程、ここでモモの助と出会ってたのか~。

カイドウの「お前の父は…バカ殿だ」発言の回収来た!

7998.jpg

以前ドレスローザ到着時にモモが高いとこを怖がるシーンがあったけど、それはここでのカイドウとのやり取りが原因だったのね。

だけど、おでんと世界を旅していた時のモモの助にとって高い所ってのは怖いものではなかった。

ここでのカイドウの恐怖&死の恐怖で高いトコへのトラウマが生まれた感じかな。

7999.jpg

ドレスローザに到着した時のモモが、プチ回想的に「名は?」って聞かれた時の事を思い出してたのもこの時の事だったしね。



トキ以外にも過去から現代にやってくる人物が!?


生前のおでんのセリフが意味深過ぎる。

トキ “お前も”…探しにきたんじゃないのか?

800年の昔から

世界がひっくり返る日を…

ならば20年先へ飛べ…!! お前の望む…


8002.jpg


これってトキ以外にも「空白の100年」から現代に誰かが来てるって事だよね?

その誰かってのは十中八九「ジョイボーイ」だと思われるんだけど…

以前ジョイボーイの事を別記事で考えた時に、ジョイボーイってのは何らかの称号的な名で、現代に現れるジョイボーイとはルフィなのでは?と考えていたけど、そうなるとルフィも800年前から飛んできた人物という事に…!!?

うーーむ、このあたり再考が必要だなー!

ルフィ=ジョイボーイ!? 世界が待っているもう1人の王!!

7828.jpg



怒りで顔が変わった傳ジローは狂死郎に!


大方の予想通り狂死郎の正体は傳ジローだったね!

傳ジロー=狂死郎確定?二人の共通点について考える

7546.jpg

その顔については変装か能力で変えてるのかと思ったけど、大好きなおでんを殺された「怒り」で変わり果てたものだったんだね。

8000.jpg
(colord by @KINGTHEWILDFIRE)

確か精神的に強いショックを受けると髪の色素が破壊されて一晩で髪が白くなるって話を聞いたことがあるような…

傳ジローの場合は季節が移り変わる程の長きに渡って怒り叫び続けたわけだから、風貌がこれだけ変わるのも頷けるよね。

その後、花の都で子分を増やして“狂一家郎”を作りオロチの元に潜り込む。

ヤクザの大親分としてオロチを守っている事も、得意の金勘定を生かして黒炭家御用達の両替屋になった事も、遊郭の楼主になった事も全て傳ジローの作戦の内なんだろうね。

金!! 女!! 兵!!

あなたに必要なものは全て動かせます


狂死郎として初めてオロチの前に姿を現した時にこう言っていたけど、逆に言えばいつでもそれらをオロチから奪う事もできるんだよね。

おでんが死んで20年目の今年、その好機は近い。

火祭りの日、狂死郎は都で留守番してるワケだけど、姿を消した同志達はこの花の都に集合してるんじゃないかな?

7408.jpg

[スポンサーリンク]


丑三つ小僧の正体も傳ジロー=狂死郎


ヤクザの大親分、黒炭家御用達の両替屋、遊郭の楼主…

それだけに留まらず、丑三つ小僧の正体まで傳ジローの仕業だったとな。

7883.jpg

傳ジロー頑張り過ぎてる!笑

そら日中に眠たくなって“居眠り狂死郎”って呼ばれる事になるわな。

んで、日和が丑三つ小僧の正体について知ってそうなそぶりを見せていたのもこれで納得だね。

でも一つ気になるのが、オロチ城で宴が繰り広げられている時に花の都に丑三つ小僧が現れたってのはどういう事だろう?

6601.jpg

狂死郎はオロチ城に居たし…

まぁこれに関しては、お庭番衆のブラフ(嘘)の可能性があるかな。

自分の正体を丑三つ小僧だと嘘をつくロビンに、嘘で返したとするなら矛盾しないかも。

――というのも、丑三つ小僧が出現する「丑三つ」ってのは午前2時~2時30分というド深夜。

夕方あたりから始まったと思われる宴が深夜の2時過ぎまで続いてるかな?と。

その辺りもまた別途解説が出るかもね。

コメント欄より追記☟

との康が捕まったことを意味するのだと思いましたが?

2020/03/09(00:10) ぷろへっさー


これや!と思ったけど、そーいえば…

オロチ城の宴の後にトノ康とナミやカン十郎たちは会ってませんでした?

だから、宴の時の丑三つ小僧はまた別の誰かだと思うのですが、、、^^;

2020/03/09(01:04)


やっぱりフリダシに戻った。笑



二大 公式からのネタバレ事件


今回「傳ジロー=狂死郎」「日和=小紫」というのがキチンと確定したワケだけど、だとすると作中ではない部分で公式がめっちゃネタバレしてたって事になるのよね。

それは、作外のジャンプの特集ページアニメのオープニングにて。

まず日和=小紫について。

第938話“女の秘密”の回の特集ページ「ワノ国動乱地図」

そのページには、その時の鈴後 北の墓場に居る人物として「ゾロ、おトコ、小紫」と書かれていたけど、実際には「ゾロ、おトコ、日和」の3人が居たわけで…うっかり小紫=日和だとネタバレしていた。

6449.jpg

これは小紫=日和だと知っている編集者側の先走った致命的なミスだだよね。

更に、傳ジロー=狂死郎について。

2019年7月からアニメのオープニングも一新されたんだけど、その中で「赤鞘九人男」括りのシーンがあった。

6853.jpg

でも、この傳ジローポジションにいる人物がどうみても狂死郎。

6859.jpg

これも公式からのネタバレになっちゃってるよね。

こういうのはなるべく避けて頂きたく候。


第973話“光月の一族”感想 その③に続く!

8005.jpg

〇おでんの言いかけた「ム」の続き
〇断片的に語られていたセリフまとめ
〇語られなかったカイドウVSアシュラ&傳ジロー
〇過去から逃げて来たトキ


[スポンサーリンク]

コメント

トキさまがはたとせを読んでいる隣の九里の民が 拝んでる描写の一人にお玉にすごく似ている人いません?てか、お玉ですよね?
お玉謎です

その日を信じて

※長文失礼します。
①傳ジロー  e-364
・そうなると944話ではゾロの攻撃から憎いオロチのことを護ったわけですか。本来護りたくもない相手なのに。「敵を欺くにはまず味方から」とはよくいったものですよ。
まあものすごく苦労してきたでしょうね。あの憎いオロチなどと20年もの時間を過ごしてきたわけですから。心がよく耐えていると思いますよ。
狂死郎として姿を変えず、真っ向からオロチとカイドウを打ち倒したいのでしょうけど、敵たちの強大な力の前に身を隠して待つしかなかった。いつか訪れる好機(トキの言葉)を信じて。その日を信じ傳ジローは狂死郎として生きていくしかなかったのでしょう。
また傳ジロー=狂死郎のみならず、傳ジロー=狂死郎=丑三つ小僧のトリプルだったとは。
お庭番衆の大黒が「丑三つ小僧は先程都に現れた」などと言っていましたが、正体である狂死郎はこの時宴の場にいたのも事実。この辺の理由は確かに気になりますね。
傳ジロー=狂死郎=丑三つ小僧という正体の判明、そして日和と再会した時流した男の熱い涙を信じ、傳ジローに今週の大賞を贈ります。
しかし傳ジロー(狂死郎)の年齢って現在50代前半~半ばくらいですよね?20年前から来た36歳の錦えもんよりも若く見えるし、アバロ・ピサロ(42歳)、茶ひげ(45歳)、オオロンブス(42歳)、ベッジ(42歳)、ゴッティ(33歳)、C家11男ズコット(44歳)、アラディン(46歳)などよりずっと若く見える。彼らの場合髭面だから年配(年上)に見えてしまうのかもしれませんが。
②日和
・「動乱地図」などの件から、前々から多くの方が「日和=小紫」だと確定的に見ていましたが、それでも本編で日和=小紫だと判明したことは十分に意義がありますよ。やっぱり原作本編で判明してくれるとスッキリしますから。
同一人物でも日和はおしとやか、小紫は芯が強い感じですが、日和(小紫)の強気な部分は母譲りかも。
今週は傳ジローが日和にこの先小紫と名乗るよう話したところで終わったので、来週は日和(小紫)が中心となるエピソードになるかも?そして過去のワノ国編ももうすぐ完結しそうです。
しかし日和というその名前から彼女を太陽に例えると、丸くて赤い太陽が紫色(小紫)に染まるわけですか。の太陽。まるで世界をひっくり返すかのような強大な存在に思えます。
③カイドウ・モモの助
・モモの助に対しカイドウは「あれがおでんの息子とは…………」と言っていたので、敵でありながら心の中ではおでんの人柄などを認めているようですね。このおでんへの感情が後々の展開にどう響くか?
成長したモモの助におでんの面影を見る日が来るのか?モモの助に力を貸す日が来るのか?
他に「ビッグ・マムと共にカイドウとも和解したい」、「カイドウはお玉の父親であってほしい」とか、カイドウに対して望んでいることはありますよ。モモの助との関わりも含め、ワノ国編の大ボスである彼には期待していることも大きいですから。

No title

初コメです。どのページにするか迷いましたが、この感想その③にします。

一つ目
『トキ“お前も”・・探しに来たんじゃないのか?』

この“お前も”は管理人さんの予想のようにもとれますが、「オレ(おでん)達と同じように“お前も”世界がひっくり返った日を探しにきたんじゃないのか?」
とも読み取れそうな気がします。
他に時間を飛んで(現代あたりに)きた人はいないと思います。

そのあとのトキの心の声のシーンに繋がって、「探しにきたのではなく、本当は逃げてきただけ」と心の中で言っているような気がします。

二つ目
『おでんさん・・・私は過去から逃げてきた・・・
未来へ飛べば誰かがやっててくれるって
私・・・思ってた・・・!!』

この「やっててくれる」は管理人さんの予想に近いですが、「世界をひっくり返してくれている」(完了形)だと思います。

そうすると、このトキの心の声は
「自分(トキ)自身が何もしなくても未来へ移動し(逃げ)続ければいつかひっくり返った後の世界にたどり着けると思っていた」
という意味合いだと予想します。

ただ、元々そう思っていたが最終的に
勝手にひっくり返った世界なるのではなく、沢山の人の想いや努力があってそうなるのであって、
自分の行動もこのあとの未来に必要かもしれないということにおでんとの出会いで気付き、
最後の行動にでたのではないでしょうか。
(この行動の目的はいろいろ考えられますが今はまだはっきりしません)

No title

お前も発言は

・目的が同じ
・旅の中でトキトキの実の痕跡を発見
とかでは

No title

wiki調べだけど傳ジローのモデルが愛染(藍染)明王な気がしてならない

感想のつづき

トキはあのまま本当に亡くなったのか。
おでんとトキの遺体は、どこに。
何故、トキはあの予言をあの場面で叫んだのか。

ところで、デンジローは狂死ローへと変化しましたが、あの変身ぶりは尋常じゃないです。
悪魔の実ではなく焔魔堂には何かがあるのか?
そもそも妖刀の持つ能力も不可思議ですが、デンジローの変身が悪魔の実の作用でないならば、彼の極限の怒りが何らかの不可思議能力を呼び寄せた、としておきましょうか。
リンゴの郷のきつね君も人間に変身できる訳なんで。
ちなみに、デンジローの計画は、以前、別記事で書いたように、オロチ側の動きを十分に確認しながらの計画と理解できますが、何故、日和と再会した時点で既に自らの正体をアカザヤ達に伏せるよう伝えたのか。
日和は、何故、リンゴの郷でカワマツ達と別れ、編笠村へ同行しなかったのか。
ここへ来て、色んな可能性を思わせてくれます、笑。
さて、色々と伏せられていた事実が繋がってきました。
今後の展開が楽しみですね。

怒りで顔が変わった傳ジローは狂死郎に!

決戦の日、錦えもんたちと狂死郎がどんな風に合流するのか…

きっと何食わぬ顔で合流するんだろうな。

トキが言う、やっててくれるは、文法上、やってくれるではなく、動作の継続で、誰かが続けて何かをしていると言う意味ですよね。
世界をひっくり返すことに繋がることだと私も思いますが、続けることで達成できることだと思うんです。
ロジャーの早すぎたという言葉に関連するのではないかと考えていますが、冒険、その結果得られる何かを集めることなのではないかなぁと思います。

僕はデンジローと日和が夫婦の関係なら、それが一番納得がいきます。
日和が敢えて現代に残ったのが、「光月の血を絶やさない為」ならば、オロチが支配するこのワノ国の中で、一番確かに「光月」を残せる相手だと思います。
それに附随してお玉が二人の子供なら、血が続いていると言うことなので、素直にうれしいです。
でもって、そうでないなら、個人的にはゾロが日向の相手にってのが僕の妄想です。

トキと共に800年前からやってきたのはドラゴン。ガープの娘との間にルフィが生まれた。ドラゴンはその時が来たら世界をひっくり返すための準備として革命軍を立ち上げた。

だったら面白いかな、と。

No title

笑顔で人相の変わった康イエ怒りで人相の変わった傳ジロー考え深いですね

傳ジローに執念を感じた。
オロチに頭を下げるときはいつか絶対殺してやろうと歯を食いしばっていたんだろうが、中途半端に仇討ちをせず、20年間待った心境はいかばかりか。

No title

現代に戻ると予想していましたが、初っ端からおでんが登場してくれましたか、笑。
在りし日のおでんが描かれていて、何か懐かしい。
父親としても面白いですな、笑。

ところで、今回は、色々と話が繋がりました。
詳細は、又、別の機会に触れるとして。

まず、トキについて

以前から指摘しているように、何故、日和を残したのか。
ここでも、日和が何故、モモ達と共に未来へ飛ばなかったのかについて、語られませんでした。
これは、ずっと疑問です。
河松と日和、又は日和個人には、トキがその目的を伝えているはずなんですが。
これが、現代の日和が大人でいなければならない理由と大きく関係してくると考えております。

「トキ、[お前も]・・・探しに来たんじゃないのか?」
・・・を「世界の夜明けを導く者を」に置き換え、更に「800年の昔から世界がひっくり返る日を・・・」の
・・・を「その目に焼き付ける為に」、又は「夢見て」に置き換えて読み、続けて「ならば20年先へ飛べ・・・!!」の・・・は「①そうすれば、必ず出会える」又は「②そうすれば、必ず叶う」として補足し「お前の望む・・・」「ム」へと続けて読む。

①の場合・・・には「世界の夜明けを導く者、即ち」となったならば「ム」の続きに何が入るのか? 「ムギワラ」なのか。
②の場合・・・には「自由で争いのない世界、即ち」「ム」この場合「ム」は何らかの固有名詞の単語の頭文字が続くのか。ムーン(月)がらみ、か。また、それは、Dの思想の総称の固有名詞なのか。

本誌では「お前も」にワザワザ黒点で強調されていることからも、トキ以外の過去人の存在を感じさせます。
先に書いたように、仮にトキが「世界の夜明けを導く者=ジョイボーイ」を探しに来たとするならば、トキ以外にもジョイボーイを探しに来た過去人がいるのかも知れません。
果たして、それは誰なのか?
それとも、この「お前も」はおでん自身が探しているジョイボーイをトキもまた探していると言う意味の「お前も」なのか。

つづく




傳ジロー = 狂四郎
確定で、赤鞘裏切り説については2人いるんではないかと

前半の裏切りが傳ジロー
ただしこれは裏切ったのでは無く、情報戦でオロチに負けた、というもの
激しい怒りがそれならば納得出来る
おでん家の財布を預かっていた傳ジローがうっかり漏らしてしまったために待ち伏せされてしまったという汚点

全体の裏切りが勘十郎
予想されていますが黒炭の家の出で
黒炭の呪縛から逃れられなかった
秘密裏に今も脅されてその狭間で揺れている、故に情報が中途半端
というものです

おでんさんのムはムギワラでしょ?
それがルフィなのか、別のムギワラなのか。どうなるのか、楽しみです!

>トキ お前“も”…探しにきたんじゃないのか?

>800年の昔から

この"も"は「探しに〜」に掛かっているだけで他にもタイムスリップしてる人が居ると言う示唆とは考えにくいでしょう。ロジャー達との旅で知った真実でも何かを探している者がいたと言う意味合いの方が強い。

No title

そもそもなぜおでんは20年後に世界がひっくり返ることを知ってるんだろ?
さらにトキの他にも過去から時を越えてきた人物を知ってるっぽいしこれらはラフテルで得た情報なのかな?
だとすると800年前の世界からこの回想の時点から20年後に誰かが飛ばされたって情報が書かれてたんじゃないかな?
トキトキの実は一つしかないのでトキの前任者が飛ばした?

No title

狂死郎の正体、尾田先生は読者の裏をかくかと思ってましたが、世間で言われてた通りの結果になりましたね…。
大恩ある康イエを見殺しにせざるを得なかった彼の心中はいかばかりだったかと思うと…。

でも、彼と小紫の正体が分かった事で、お玉の親問題はまた振り出しに戻ったと私は考えます。
私が傳ジローなら、主君の娘である日和と男女の仲になるなど、恐れ多くてためらってしまうと思うからです。
それに、彼は彼女に近づく男にも徹底的に目を光らせてたでしょうし。

それと、小紫こと日和が狂死郎こと傳ジローに斬られた(ように見せかけた)ときに現れた丑三つ小僧、単に狂死郎の部下の仕業って事はないですかね?

博羅町のチョイ出のおばあちゃんは、アシュラが初登場した時のおばあちゃんと同一人物かな?

狂死郎=傳ジローが確定したとなると、ますますお玉は傅ジローと日和の子供なのでは?疑惑が深まった気がします。
お玉の名前はおでんの玉子からとってるのかな。おでん様が玉子が好きだったとかそんなネタじゃあなかろうか。
日和が花魁になればオロチに目をつけられる事くらい日和も狂死郎も予想がつくと思うんですよね。そうなると色んな意味で日和の危険度はUP。
だからこそ日和は行動力があるので花魁になる前に光月の血を絶やさない為、実力行使に出たのではないのかな。
天狗山飛徹は「天羽々斬」「閻魔」を預かっており、刀をモモと日和の伝言でゾロへ返納したことで「長く人を待っている」と言う言葉を回収したと思わせて、お玉を預けた人物=お玉の親が迎えに来るのを待っている意味もありそう。

No title

トキ様「誰かがやっててくれると思ってた」と言ってるのはジョイボーイの事は知らなかったんでしょうか?

お菊とお面の謎

‪主さん!今回他にも注目すべき人物が!!!それはお菊の描写!‬きん右衛門の隣にいるお菊の表情、やけに無表情なんですよね。
‪それに犬猫が捕まった際に残ったのが‬
‪お菊 傳ジロー アシュラ‬
‪なのになぜか描写がない、、、アシュラで隠れた?可能性はありますけど、おかしいですよね

やっぱりお菊がお鶴のお店で身元を明かさずに働いてたのはきん右衛門が現れるのを見張る為なんじゃないかなと思います。

おでん様の「お前が望む…ム…」って無垢の世界かな?
無垢はいくつか意味があります。①「仏教で煩悩のないこと」②「心身が清らかで汚れのないこと、うぶで世間知らずであること」③「金や銀など物質が、混じりけがなく純粋であること」
④「布地が全部無地で同色であること、衣服(特に和服)が上着から下着まで無地で同色であること(=多くに白無垢のこと)」
なんかルフィみたいですね笑

対義語は、 煩悩(ぼんのう) 邪心(じゃしん)

No title

過去回想で、光月家の侍者で出てこなかったのは、刀を託された飛徹のみ

イゾウも登場するかな?
カイドウに一撃を喰らわせる瞬間にイゾウが回想で頂上戦争の頃のルフィを思い出し、白ひげの言う「世界に戦いを挑む者」が麦わらのルフィだとキンエモン達赤鞘の侍達に告げる。
おでん様、トキ様…現れました(涙)
親父…あなたの思った通り「麦わらのルフィ」です(涙)
キンエモン赤鞘の侍達もルフィの姿を見て…おでん様トキ様(涙)「あなただったんですね、ルフィ殿」と涙する。

この話には関係ないけど…

トキトキの実って、能力の持ち主が1000年後に飛んだら、1000年間能力者不在で新たな能力者も誕生しないので、激レアとされる悪魔の実の中でも更に超激レアなのでは!?

傅ジロー 苦労人ですね


元の髪色は紫か濃い青だったのかな
黒から青は無理がある

赤鞘に裏切り者は居ないと思います。
裏切り者が居るかも知れないと足並みを乱れたならばそれはカイドウ&オロチの好都合。

以前、狂四郎が丑三小僧で夜な夜なお金をばらまいてるから日中は眠くて居眠りしてしまうとコメントしましたが、管理人さんに否定されました

おでん様が名前を言おうとしてトキ様が口を押さえたときに、(ム)って言ったのは麦わらの(厶)ですかね?

No title

傳ジローは誰か裏切り者なのかをずっと探ってたんだと思います。だからずっと身内にも正体をばらさなかったのでは。

形相も変わり髪の色も抜け落ちてしまうほどの憤怒と憎悪、「狂死郎」という名は文字の通り怒り狂って死んだ男の抜け殻って意味だったのですね。
兎丼の囚人たちにとってモモが夢であったように、憎き仇に頭を下げて水面下の抵抗を続ける中で現れた日和が傳ジローにとっての夢になったのでしょう。
オロチの風呂の下りは平清盛の逆オマージュですね。高熱を出した清盛が冷水に入ったらすぐにお湯になってしまい、清盛はその高熱で死去して平家は衰退の道を辿るけれど、熱湯を冷たいと感じるほどの寒気を抱いたオロチは警戒を強めて20年に渡る栄華を思うがままに…本当に逆です。

康イエ様はきょうしろうの正体を知っていたのではないですかね。
それであのはんじ絵の変更とさらにその後のオロチ襲撃に備えた作戦をデンジローが考えたのでは。

それにしてもデンジロー男すぎ。
こんな絆で結ばれたおでん様の家臣たちからは、絶対にうらぎりものは出たらだめでしょ。少年誌なのに、夢をこわしすぎです。

狂死郎=傳ジローとなると、今後の物語の展開にもよりますが最終的に傳ジローは悲しい結末となりそうな気がします・・・。
復讐のためとはいえ、長い間オロチに仕え、河松が投獄されていたりトノ康が処刑されるのを黙って見ていた自分をはたして許せるのかなと・・・。

オロチの震え

居眠り傳ジローの異名が丑三小僧であったためにできたとかこれもうかっこよすぎます!

さて今回の描写でオロチの幻獣種としての能力として、暑さに強いというのが1つの能力なのではないかなって思えませんかね?

おでん様が言いかけた、ム について考察してほしいです!

No title

丑三つ小僧も 傳ジローだったとは 影でかんばりすぎ。

ヤクザの大親分や両替屋、遊郭の楼主…丑三つ小僧

四重生活・・・体力だけでなく神経もだいぶすり減らしますよ😓
 

傳ジローは怒りでスーパーサイヤ人になって髪が変化したみたい。
そして精神と時の部屋から出てきたときにはスーパーサイヤ人が常態化。
おでんと同じ髪型にして、ワノクニを守ろうとしてるようにも見える。
最後は内通者と傳ジローが戦うことになりそう。。

No title

やっぱり 傳ジローが狂死郎で丑三つ小僧だったんだ。

No title

傳ジロー  超カッコいいです

>確か精神的に強いショックを受けると髪の色素が破壊されて一晩で髪が白くなるって話を聞いたことがあるような…
べるばらのマリーアントワネットとか白髪鬼ですねとくに後者は棺桶の中で蘇生してその恐怖で白髪になったというw原作を読んでないんですが昔あった少年誌の「もしもの世界」シリーズってので知りました
フォーマットは巌窟王と一緒らしいのですがそのオマージュ作品である漫画の傷追い人の主人公も怒りとストレスで白髪になってましたよ

怒りで顔が替わるのは大魔神ですけど

河松裏切りについて管理人の見解を聞きたい

おでん様が言いかけた言葉…ム…は
ムー大陸か?
ムイの世界を作る事?ムイの世界の逆を作ったのが世界政府イム?

No title

トキ様はトキトキの実の能力で他人も飛ばす事が出来るって何故分かっていたのでしょうか?
トキ様自身か以前の能力者かが一度誰かを飛ばしたからではないでしょうか?
つまり赤鞘以前にも未来へ送られた人物はいるのだと思います。

傳ジローが一気に好きになった
不謹慎やけど、怒りで風貌変わる傳ジローかっこよすぎ
居眠りの異名も納得
これでひとまず傳ジローは味方で安心
彼のおかげで回想直前の窮地を脱することはできるかな?
彼はオロチに兵も金も用意できるって言ってたから、軍備のために金を用意してこの日の為に海外から船を大量に買っていたりしないだろうか?
ガレーラから取り寄せてたりしたら胸熱なんだが
というか壊された橋はスリラーバーク編を見るにフランキーが橋作れそうだけども
まァ不安なのはカイドウの部下から砲撃されたっぽいサニー号ですよね

Dさんに賛同

おでんはトキが
800年前の世界がひっくり返っているのを見たくて未来に飛び続けているのでは
と、トキに問いかけたのだと思います
しかしトキは逃げていると・・・
また新たな伏線なのか

No title

イゾウ加えたおでんの家臣10人勢揃いしたら泣いちゃうね

おでん死後の白ひげとイゾウの反応も気になるなぁ〜!さすがに白ひげならおでんが死んだ情報も把握してると思うし...
そしてイゾウの再登場をワノ国編で期待しる!!

おでんとの戦いの後にカイドウは更に強くなり後のあの体になり、サシでやる事に拘って結果サシでやるならカイドウだろうと言われるのか…
共闘なしもちろんサシでパワー系同士の上半身裸で殴り合う最終戦期待

お菊が一切でてこないの気になる

No title

つい最近ストレスで髪が白くなるメカニズムが解明されたらしいですよ

回想終わったら狂死郎はすでに合流してると思う。その為にこのタイミングの正体バレだと。
みんなが港から消えてるのも狂死郎のなんらかの手引きかと。
日和が狂死郎とみんなを引き合わせた可能性もあるね。狂死郎=傳ジローだから会いに行ってほしいみたいな伝言を誰かに伝えたかもね。

トキトキの実は使えば現代の時間軸からフェードアウトする事になるし、主要キャラが使う事も無いのかな?
それとも緊急回避に姿をくらます為に1日とか短い時間だけ飛ぶってのはあるのかな?

No title

怒りで人相が変わるのは関の弥太っぺのオマージュかもしれませんね

No title

しらほしが生まれたのは現代ですし、800年後はあくまで予言のようなものでルフィの誕生も現代だと思いますけどねぇ
そもそもドラゴンについて掘り下げ不足なのに真の親が別にいるなんて展開は個人的に考えにくいかなと

うーん。公式のネタバレの件ですが。

おトコを連れて逃げてきたのが、
小紫でなければ誰?どこからわいた?
という考えもあり、
なにより作者自身「女性キャラの顔が似通っている」という揶揄は気にしてるだろうし、世の「編集のミス?」指摘に

「何言ってんだ!見りゃわかんだろ!
わざわざ同じ顔に描いてるんだぞ!
どっからどう見ても小紫以外の何者でもないだろ!」とご立腹だったりする気も(笑)

だって浜辺に流れ着いた記憶喪失ビッグマム見て、みな普通に判るし、
誰これ?ってならないでしょう?(笑)

描き分け苦手を踏まえて
顔見て同キャラと判別してあげてもいいのかなー、と(笑)

あれ?カイドウ縮んだ?初登場時は巨人族かと思う程デカかったのに2mくらいだし、ももの助の首を手で掴めるほど手の大きさもおかしいw

オロチ城の宴の後にトノ康とナミやカン十郎たちは会ってませんでした?だから、宴の時の丑三つ小僧はまた別の誰かだと思うのですが、、、^^;

おでんの言いかけたムってなんなんでしょう。

やっぱり傳ジローが狂死郎でしたね。
となると日和は普段から自由に動けた事になりますね。
傳ジローと日和の子供がお玉なのかな?
後はトキトキの実がどうなったか?
トキが死んで娘の日和に無条件に引き継がれていて欲しい!

『トキ お前“も”…探しにきたんじゃないのか?』
↑これは人物を指してるんじゃなくて【世界がひっくり返る日】を指してると思いますよー。だから800年前からもう1人時間移動はしてないと思います。

No title

狂死郎が傳ジロー確定で敵側に本格的な侍の敵がいなくなってしまったな
見廻組に期待したいけど赤鞘より強いとは思えない
ワノ国編が始まる前は将軍のオロチが格好良くて強い侍だと期待してて出てきたのがあれだったのがな

800年前からやって来る王・・・
ナミって事はないですかね?
未だに出生が謎ですし。

天候を読み取る天性の才能、
しらほし姫との邂逅。
王同士の出逢いを喜ぶ海王類達。
ルフィ以外にナミも当てはまるかなと。

管理人さん女性ってマジ?

分かる

狂死郎の怒り、分かります。みんな同じ気持ちだと思うのですが、まさか狂死郎が1番怒っていたなんて。怒りで風貌が変わったのは、一晩泣き続けて青くなったドラえもん思い出しました笑
カイドウのスパイでもいるのかもな?っていうのはただ揺さぶっているだけのように思いました。全然別の所に何か潜んでいるのかも、、、。

この時現れたうしみつ小僧はやすいえの事だと思っていましたが、、確かこの後捕まって磔になったんじゃなかったでしょうか。
捕まる為にうしみつ小僧の名前をかたり、且つその罪も被ったのでは。

錦えもん曰く"ともに探して欲しい侍の「河松・アシュラ童子・傳ジロー」の行方はこれでオール明らかとなりました。それぞれ、20年間の生活はまちまちでしたが共通としては決戦の時に備えていたということ。辛いことにもひたすら耐え続けてきていたということも..。

No title

>>でも一つ気になるのが、オロチ城で宴が繰り広げられている時に花の都に丑三つ小僧が現れたってのはどういう事だろう?

との康が捕まったことを意味するのだと思いましたが?

回想終了後にもしかしたら傳ジローがどこかのタイミングで現れる可能性が高いですね?それにしても、思いましたが、あの康イエが処刑されるシーンにて彼も悲しかったでしょうけどやはり潜入捜査中の為悲しみを表に見せていませんでしたね?

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

オススメ

8118.jpg

サイト内検索