記事一覧

裏切者はカン十郎!これまでの伏線を総まとめ


第974話“いざ、鬼ヶ島!!”にて、ワノ国編最大の謎であった「内通者(スパイ)問題」に終止符が打たれた。

光月の中に潜り込んでいた内通者は赤鞘九人男の1人であるカン十郎

8034.jpg

これまで考えてきた中で一番怪しかった人物だけにそこまで驚きはないが、カン十郎が裏切り者だとわかるとこれまでの描写の全てがそれを示唆しているように感じる。

――という事で今回は、これまでに張られていた「カン十郎=内通者」の伏線をまとめてみたい。



異名と本名


カン十郎の異名は“夕立ち”、本名は黒炭カン十郎

8038.jpg

夕立ち(天気雨)は「狐の嫁入り」とも言われ、諸説あるがキツネが人を化かす怪奇現象繋がりでそう呼ばれているそう。

もしくは狐の嫁入り行列を人目から隠そうとして天気の良い日にキツネが雨を降らせているという説もあり、いずれにしても「誰かを欺く」・「何かを隠す」という意味がこの異名に込められているのではないかと考えられる。

つまり“夕立ちカン十郎”=裏切り者の暗喩?

そして「カン十郎」という名前自体もスパイの意味の「間者」から来ている説もある。

更に能力で「黒い墨」を使っている事も、「黒炭」と掛けたモノだったのかもしれない。



迫害されていた過去


ワノ国の過去編に登場したカン十郎には、迫害されていた過去があった。

7938.jpg

おでんはその理由を「カン十郎が人の髪の毛を奪っていた」からだと理解し、「自業自得だ」と綴る。

しかしその実、その迫害された理由が「黒炭」の人間だったからだと判明。

この迫害されていた過去も、カン十郎が黒炭=内通者という伏線だった。



ジャックがゾウに来れた事&雷ぞうを名指しした件


イヌネコが気にしていたジャックがゾウに来れた理由。

5843.jpg

これもカン十郎が情報を流したていたからだ。

錦えもん達は元々ゾウへ辿り着く為のビブルカードを持っていたと思われる。

カン十郎はそれをオロチに横流ししたのだろう。

ゾウにやって来たジャックが雷ぞうだけを名指しした事も、カン十郎からの情報だ。

雷ぞうと海で離れ離れになった時、象主は目の前に見えていた。

7254.jpg

ここから雷ぞうがゾウに辿り着いた事は想像に難くない。

つまり「雷ぞうだけがゾウに居る」と知っていたのは錦えもん、カン十郎、モモの助の3人しかいなかった。

カン十郎がドレスローザの地下に潜んでいた時、ドフラミンゴを通じてジャック側に情報提供をした?



ドレスローザで錦えもん達の名が筒抜けだった理由


上で「ドフラミンゴを通じて」と書いたが、これもほぼ確定だろう。

理由は二つある。

一つ目は、ドレスローザ国内で錦えもんとモモの助の名前がバレていた事。

8037.jpg

これに関してはカイドウを通じてという可能性もあるけど、だとしたらカン十郎だけがドフラミンゴのゲームの標的になっていなかった事がおかしい。

8036.jpg

これが二つ目の理由。

つまり、カン十郎はオロチの指示によりドフラミンゴに情報提供し、自分だけは狙われない安全圏に居たという事だろう。

[スポンサーリンク]


ゾウに登象の際に龍を出す


同志を求め辿り着いた象主(ズニーシャ)の麓。

そこから象主の背にある国を目指す際、カイドウを連想させる「龍」を描き出現させた。

3224.jpg

カン十郎は「目には目をと申す」と言っていたが、主君おでんを死に至らしめた憎き敵を連想する生物を笑いながら出した事は、カン十郎自身に心が無い事、そして裏切り者である事を揶揄していたのかもしれない。



オロチへの連絡


カン十郎は筆で描いたモノを具現化できる能力者。

例えば鳥を描けば、空を飛びオロチの元まで飛んでいく事が可能だろう。

その絵の中に伝言したい文言を記しておけば、情報をオロチに送る事が出来る。

オロチはカン十郎から送られてくる情報を紙の形で読んでいた。

つまり、指定された紙にカン十郎は能力で情報を飛ばしていた可能性が高い。

20年後に飛んだ直後もそうしてオロチに情報を送ったんだろう。

8035.jpg

ここでカン十郎が送った情報をまとめておこう。

20年前のおでん達の討ち入り情報
20年後の世界へ飛んできた事
ゾウへの行き方とそこに雷ぞうがいる事
光月の同志達の足首には月の印が入っている事
集合場所と作戦決行の日時を記した「判じ絵」
光月日和の生存と現在地
変更された集合場所「常影港」
兎丼「囚人採掘場」の制圧(オロチは誤報と認識)
修理していた船が伊達港にある事
九里ヶ浜に隠していたサニー号の位置



利き手は右で、下手な絵を描く時は左


これまでカン十郎が描く絵は気の毒なものだった。

しかしそれはワザと下手に見せていただけで、実際には本物と見分けが付かない程に精巧な絵を描く事が出来る事が判明。

その伏線となっていたのが右利きである筈のカン十郎が、絵を描く時だけ左手で描いていた事。

8030.jpg

これもオロチに情報を送り続ける為に真の実力を隠していたという事だろう。



[作外] コミックスの人物紹介


コミックスの人物紹介の欄で、カン十郎の表情だけが何度も変わっていた。

8042.jpg
(※上から92巻、93巻、94巻)

ここから、色んな顔がある=裏切り者という事を表していたのではないか?と推測されていた。

他にも、海軍の機密部隊所属として百獣海賊団に潜入していたドレークも93巻、94巻で表情が変わっていた。

ただこの登場人物紹介のページに尾田先生がどれ程関わっているのかは不明。

先の展開を知る編集さんの遊び心の可能性はありそう。

この部分、SBSかなんかで答えて欲しい。



以上。裏切者のカン十郎のこれまでの伏線まとめでした。

細かい所を挙げればまだあるかもなので、気づいたら追記します!

[スポンサーリンク]

コメント

No title

少し話がずれるのですが、ジャックはイヌアラシや猫マムシの顔を知らなかったのでしょうか?
討ち入りや、おでんと一緒に釜茹でされるところを見ていなかった(知らなかった)のか・・・ゾウではお互い初顔合わせの様な感じでした。

付け加えると、カン十郎の一人称『それがし』も元々は、特定の名称の使われ方はしていなかった。
例「〇〇それがし、なんて知らない」

カン十郎が抜けた事で、オロチの首8本に対して、赤鞘8人が1本ずつ切り落とすフィニッシュが見えた!

No title

赤鞘メンバーの初登場回はそのキャラの名前が使われてるんですけど、カン十郎だけ「お見知り置きを」なんですよね。

No title

ワノ国に悪魔の実を持ってきたのは、ひぐらし達の
様に思える。現代までワノ国から出たことない錦えもんのドロン能力は、いつ手に入りたのか?

左で書いてたのはマジで気付かなかった、、
尾田っちやべえな

もしかして、しのぶも左手で書いてたりして

No title

カン十郎は役にのめりこむことが最重要じゃなかったのかな?
オロチにモモのすけ連れてこいって言われて簡単に役をおりたのがよく分からない

コミックの顔が変わる奴気づいた方すごすぎる

夕立=ユダ(裏切り者)

次から次へと悪魔の実を持ち出す、ひぐらしのババアは一体何者だったんだ!? 

No title

疑問なんですが、カン十郎はお菊だけがワノ国に残るという情報をオロチに送ってないっぽいですよね?
ワノ国にいる間にその暇がなかったとして、ドレスローザで雷ぞうの情報を送ったであろうタイミングでお菊のことも知らせることが出来る筈です。
その情報があればオロチなら絶対にお菊を探すと思います。
カン十郎は情報だけを送り続けたと言っており、内容はあくまで報告だけで進言するようなことは書いていないと思います。
仮にお菊が女性的な見た目で変装されたら探し辛いからやめた方がいいと進言したとしても、ワノ国に赤鞘の生き残りが確実にいるのにオロチが行動を起こさないとは思えません。
それなのにオロチが最初に狙ったのはゾウにいる雷ぞうでした。何故なのでしょうか?



カン十郎とカイドウ

黒炭として迫害され死に場所を探していたカン十郎
死に場所を探しているカイドウ

これはカイドウも昔迫害されていたって可能性ありそう(オーズ達と同じ種族とか)

単行本の登場人物の紹介でカン十郎だけが何回か変わってるから、これも伏線かな。

No title

思い返してみれば、書いた絵を本物にする能力者から道具(筆)を奪わなかったのは不自然。
他の人に比べたら圧倒的に、おかしな格好をしていたのに。
また本人も能力を使えば、いつでも脱出や仲間に連絡を取ることができたはずなのに、今までそれをしてこなかったのも全部、内通者としての活動だったということか。

No title

裏切り者はカン十郎でしたか…僕の予想は見事に外れました(笑)。
右手と左手、全く気づきませんでした。


カン十郎は、家臣になってから寝返ったのか?
裏切るのを前提で、おでん様に近づいたのか?

刀を筆に持ち替えたのは、
(僕が見た限りでは)康イエからのお金で身なりを整えた時です。
しかしオロチとの会話場面でオロチはまだ粗末な身なりだし、
「光月の家臣」という役をオロチが与えたことを考えると、
かなり初期段階での接触となります。
ならば、わざと『希美の妖怪』を演じておでん様に近づいた??

おでん様に仕える前から能力者だったはずですが、
それを隠して刀を使っていた?
その後、能力者であることを周りにどのように説明したのでしょう?


すでに「バスク」さんが書かれていますが、
ゾウのロードポーネグリフがオロチ経由でカイドウに伝わっているかも?

さらには、ドレスローザでバージェスの物らしき風呂敷包みを、
錦えもんとカン十郎とでスズメに乗って回収してます。
風呂敷の中には、悪魔の実が数個入っていると思われます。
これがカイドウに伝わっていたら、絶対ほしがりますよね。

いろいろヤバイじゃないですか…。

今週号を何回か読み直しましたが、カン十郎の両親が舞台で襲われた件は、オロチが関わってる様な気がしてならない。
オロチの差し金で両親を殺害しておいて、傷心のカン十郎につけ込み、オロチの都合の良い役者に仕立てたのでは?
この先のストーリーでカン十郎はそれを知って、後悔して改心するとか。

カン十郎が二重スパイとか予想もされてるけど普通に雷ぞうや康イエ売ってる時点で無理があるよな

>かんりにんさん

そうでした。

もしドレスローザでカン十郎が捕まったなら すぐにシュガーのホビホビの能力でオモチャにした方がずっと効果的でした。

オモチャにされれば 錦えもんやモモの助の記憶から消すことはできますし
なにより 地下港の武器密輸のオモチャの労働力になります。

オロチがおでんから金借りてた頃、カン十郎が倍に出していたって、話があったけど
傳ジロは薄々カン十郎がスパイであることを勘づいていたのではないか?

カン十郎が今後、アカザヤ側に協力するかどうかは、モモをどう扱うか、によりますね。
ももの偽者を描き、鬼ヶ島へ連れていく、叉は、鬼ヶ島へ連れて行ってもカイドウへは偽者を渡すパターンがあれば、あの涙は、本物だったと言うことになります。
しかしながら、あれだけ、おでんの人と成りを間近で見ていたにも関わらず、オロチに忠誠を尽くす、カン十郎!
やはり、恐るべき変態だ!
それでも、一先ず今は、あの涙を信じるとしときましょう。

ま、改心しようかしないかはさておきどっちにしろカン十郎には、相当な懲らしめが必要ですね?

スパイの辻褄も気になりますがカン十郎はあくまでオロチに仕えているだけなのか、カイドウにも情報を与えているのかも気になりました
もしカイドウにも情報を与えているのならカン十郎はゾウにてロードポーネグリフの所在地を知ったことになるのでゾウが襲撃される可能性が高くなったのではないかと思います
とにかくカン十郎はドレスローザから旅をしてきただけにどんな情報が流されているのか分からないのでマジで怖いですね...

やたらまだ二重スパイだの、寝返るとか言うような意見あるけどなんでそんな複雑に考えるのか謎。
こういう時のワンピースってストレートにこのままカンジュウロウは悪として終わりでしょ。

大方の予想通りカン十郎が内通者だったけど、変にひねくれて内通者を他キャラにしないのはワンピースの良いところだよね
それにしても利き腕の描写しっかりしてるあたり流石だわ…

ねこざえもんはあっさり象主の
水浴びで流されてましたが、
今回の偽カン十郎は消えませんね。
単純に水量の違いですかね?
何かコーティングしているとかは・・・

No title

もしもカン十郎が純粋なスパイなら、もっと早く光月家の計画は潰されていたはずだと思うのですが…。
船の場所は教えたのに潜伏先は教えなかった?なぜ?

No title

なんというか悲しいですねぇ!!
くぅぅぅぅ。

でも、白ひげの
「ばかな息子を、それでも愛そう」を思い出します。

なんというか、これも伏線なのかなぁと思うのですが。
おでんとカイドウの会話。
今、思うと、おでんは気付いていたのかもしれないと思いました。

No title

本当は精密は絵を描けるカン十郎
そう考えると能力的にはかなりの強キャラになりますね
味方と思っていた人間を何十年も欺き続けるというのも恐ろしさを感じます
こちらの内情を知っている分だけ、相当な強敵ですよ?

舞台化粧しての役者だから。
さて今後どうなるか。

No title

康イエの遺体はカン十郎が供養すると引き取ってますよね。
処刑されたと思われた康イエはカン十郎が描いた絵で、実際は生きており匿われている可能性があるとすれば、カン十郎が20年前から(おでんと傳ジローには素性がバレており、そのうえで仲間に迎えてもらってる)二重スパイになっている可能性もあるのかなと。

赤鞘の9人目はイゾウになるのかな
トキがカンジュウロウの正体に気がついていたのなら、元から入っていないと思うんだよね

絵を描いてるうちに上達するという話を聞いたことあり
不思議には思っておりました

他にも筆で書かれた偽物とか紛れてたりするのかな?

ここでイゾウがワノ国に戻ってきた時本当の赤鞘九人男になるのかもね

カン十郎がしのぶに、「おでん様の想い」は遂げられないんだぞ!とか言ってたくだり、自分は全くそんな想いではなかったと考えると怖い。。釜茹でで雷ぞうがおでんに、あんたの夢は俺たちの夢だ!って言ってたのに、

920話の20年後に飛んだシーン!
カン十郎が以前描いたのと似た雀が飛んでいました
タイムスリップしてすぐにオロチヘ伝書雀を送ったのでしょうか

ゾウに登る時に錦えもんの目を隠して遅れを取ったのは何か狙いがあったんですかね?

それにしても知らなかった事で仕方ありませんが、おでんの「自業自得だ」は真相がハッキリした今、辛いものがありますね。
心が死んで恨みすらも無くなり、ただ生きて死ぬ為に与えられた役を演じていただけ、というのは闇が深い。
改心の糸口は無いような気がしますが…どうなるでしょう…
少なくともあの面白いカン十郎は戻らないだろうと思うと寂しいです

No title

夕立ちと天気雨は全く別物かと...

カン十郎のルーツ

戦国時代の東北地方には、羽柴勘十郎という人物がいたそうです。

黒炭オロチが、
オロチ→藤吉郎→秀吉と、
秀吉を連想させる人物なので、
黒炭→羽柴として紐付けてみました。

黒炭オロチ→羽柴秀吉
黒炭カン十郎→羽柴勘十郎

ちなみにこの東北の羽柴氏は、歴史上、秀吉とは何の関わりもない羽柴一族だと言われています。

カン十郎の両親、実はオロチとは何ら血縁関係等が無く、単に黒炭姓というだけで迫害されていたなんてことはないでしょうか…。

カン十郎の「黒炭カン十郎‼︎理由はこれで良いか?」という発言から、
カン十郎も実は何かを誤解した(もしくは騙された)まま今に至るのではないかと、ふと思いました。

最終的には、カン十郎がおでん様の侍として活躍してくれるんじゃないかと期待しています。

No title

傅ジロー同様カン十郎もアニメのOPでネタバレしてるんですよねw

カン十郎は2重人格だと思いたいです。

隠していたサニー号が破壊された時には、心を取り戻していたカン十郎が偽サニー号を描き、ダミーで破壊させたと思いこませたとか。

まぁ内通者に気が付いていたルフィ達が、フランキーに偽サニー号を作ってもらっていたかもしれないですね。

気味が悪い

オロチも言っているように
気味が悪いほど忠実に情報を送ってきた
とかいているようにオロチへの忠誠心、信頼、役者っぷりはすごいものがあるな
しかし
役を演じる必要がなくたなった今
更に
忠誠を誓い
信頼していたオロチから聞いていない状況(ルフィ達の出現)に陥った今
何を思う!!

シンプルに裏切りや人を嵌めたりする事を「絵を描く」とか言いますよね、任侠用語?
カン十郎の能力とかけてるのかな、とか思いました。
しっかし好きなキャラだっただけにショックが大きいです…

でもまあ、カン十郎の手によって麦わらの一味はシュガーの魔の手から救われたのも事実なんですよね。

No title

赤鞘8人衆になっちゃうのか
なんだかなあ

No title

カン十郎が初登場時にかじってたのはちしゃ(レタス)
花言葉は「冷淡な心・冷たい人」

ドレスローザでオモチャにされず、海楼石で縛れず、ビブルカード無しでは行くことの出来ないゾウにジャックが来て、イヌアラシがどうやって来たのか疑問に思ったことで内通者がもうカン十郎しか居なかった。
絵もわざと下手に描いてるんだろうなぁとも予想が出来た。
飛ばされたのはトキの能力を本当に知らなかったとは思うけど、トキは裏切り者は赤鞘の中に居る事は知っていたように思う。
モモを飛ばし、日和を残したのもそれが理由かな。

錦えもんと再会した時から違和感がありましたよね。
他の仲間は再会したら泣いて喜んだのにカン十郎だけ素っ気なかった。
今、読み返して見ると錦えもんまだ捕まってないのかよ!って感じに見える。

だからドレスローザではゲームの標的にならなかったんだ

かんりにんさん


>だとしたらカン十郎だけがドフラミンゴのゲームの標的になっていなかった事がおかしい。

>カン十郎はオロチの指示によりドフラミンゴにも情報提供していたんだろう。
 そうだ!オロチとドフラミンゴと 通じてたんだ。
もしオロチの内通者じゃなければ カン十郎も 錦えもん同様 受刑者ゲームの 標的になっていたはずです。


ってことは シュガーを撃退するためのウソップの残念顔。 あれ かえって 余計なことをしてしまったんだな。
 まさかウソップが自分の描いた絵を武器にするなんて想像つかなかったんだろう。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

オススメ

8118.jpg

サイト内検索