記事一覧

ロビンのハナハナの実の能力の可能性について


“麦わらの一味”の考古学者ニコ・ロビンは、幼い頃に悪魔の実を食べて能力者となった。

ロビンが食べたハナハナの実は、身体の各部を花の様に咲かせる能力とされている。

壁や他人の体に目や耳を生やし情報を得る事もできるし、自身の背中から無数に腕を生やし一瞬だけ空を飛ぶ事も可能だ。

8100.jpg

そして生やした部分はロビン自身と繋がっている。

例えば生やした腕が傷付けられたら、ロビン自身も腕に傷を負う仕組みだ。

そんなロビンの能力は、2年間の修行を経て大幅なレベルアップを果たした。

そのレベルアップとは、魚人島で見せたロビン自身を作り出す「分身」

つまり、身体の一部分だけでなく、人間丸ごと咲かせる事ができるようになったのだ。

しかし、その分身したロビンが描かれた際に2点程気になる描写があった。

それが、ダメージの共有がなくなった事と分身を構成していた花びらの事だ。

前置きが長くなったけど、今回はこの2つについて考えロビンの能力についての可能性を考え探ってみたい。


 

ダメージ共有の有無


ワノ国「オロチ城」を探っていたロビンが忍者集団“お庭番衆”に見つかった時、拘束され手裏剣による攻撃を加えられた。

しかしそのロビンは能力で作った「分身」であり、本体は部屋の外にいてノーダメージだった。

8098.jpg

分身だとしてもダメージ自体は共有するものだと考えていたから「これをは何故だろう」と疑問が湧いた。

ダメージ共有のオフが可能になった?

それとも、着物の下に防護服的な何かを身につけていただけの可能性もあるかな。

ロビンの「分身を使っておいてよかった」というセリフは、拘束から逃れた事だけを指していて、ダメージへの言及ではなかったという解釈も出来そうだ。

[スポンサーリンク]

 

分身を構成している花びら


そしてもう一つ。

ロビンが分身を消す時に全身が花びらのようになり散るシーンが描かれていた。

これまでもロビンが能力を使う際にときには周りに花びらが待っていたが、これは単なる「ハナハナの実」のエフェクト的な描写だと考えていた。

8099.jpg

しかし、ロビンが消えた後のその花びらをお庭幡衆の福ロクジュがしっかりと掴んでいた事から、この花びらはロビンの分身を構成するものなのではないかと考えた。

8097.jpg

つまり、「身体の各部を花のように咲かせる能力」だからハナハナの実と言っていたけど、実際には能力者自身の体を構成する「花びら」を出すことができる能力なのかもしれない。



ハナハナの実の可能性


仮に上で考えた様に「分身のダメージは本体に帰属しない」ものとして、更に「分身を構成できる花びらを出せる」のだとしたら、これまでとは違った戦い方が出来そうだ。

例えば花びら自体を直接攻撃に使ったりも出来そうだし、巨大なロビンを作って本体はその中に格納する形を取ればダメージは負わないかもしれない。

まぁ、ロビン自身はそんな戦い方をしないだろうけどね。笑

フランキーにおけるフランキー将軍みたいな願望は皆無っぽいし。

8101.jpg

他にも、ハナハナの実にはこんな活かし方があるかも!ってのがあればコメント欄によろしくです!

面白いモノはここにまとめます!







etc…


よろしくお願いします!

[スポンサーリンク]

コメント

ハナハナとか相手の身体から手を生やして首絞めて○せるから最強じゃん!
…なんて当初は思っていたけどそんな戦法が通じないくらい強敵揃いなのか強すぎて作者が扱いきれないからなのか思ったより無双できてないんだよなぁ…わざわざ間接技かけるより背後から手を生やして絞殺とかのが強いと思うんだけど

他の方も書かれてる通り、手裏剣の件は当たる直前に能力解除したものだと解釈しています。
ダメージの共有は、ドレスローザで見られるように(分身のほうにシュガーが触れたら本体もおもちゃになった)2年後でも存在してると思います。

コミックス80巻の64PのSBSにあの花びらの正体が明かされています!フワッフラワーと解説されていますが具体的な内容は書かれていません!

手のひらとか足の裏に咲かせることもできるんですかね?
出来たら武器を奪ったり、思ってる方向と違う方へ移動してみたりと、多対多の戦闘でも役に立ちそうですが‥。

ロビンの能力は無限大なのかもしれないですね〜
武装色を習得すれば更に強くなりそうですけど、腕が黒いロビンはちょっと…笑

咲かせられる距離も半径でどのくらいなのか、分身もどれくらいのところまで動かせるのか気になります。
距離関係なく分身を遠くへ行かせることができるならチートすぎますかね。

分身とどこまで共有するか

ダメージに関しては昔から思っていたことがあるんですが、攻撃する時もロビンは素手なので咲かせた手と共有していたら痛そうだなーとか思ってましたねぇ。笑

能力の使い方なんですが、ウソップが白海から落ちそうになった時に目や腕を水中にあるルフィの腕から咲かせていたので、分身も水中で咲かせて自在に動けるのかな?とか思います。
本体が海上にいるなら、海のエネルギーを共有してるかによりますかね?
悪魔の実が海のエネルギーを共有って矛盾してる気がしますけど。笑
他には毒や病なんかは分身にかかったらどうなるのか気になりますね。

散れ、千本桜(?)ができる?w

No title

ハナハナの実が覚醒したらどんなことが起きるのだろうか。
花で思いつくのは植物の種。覚醒すると、一定時間咲き続けた“花”は枯れて種となって相手に寄生する。
とはいえ、さすがに、寄生は怖いので種を取り込まれた相手はロビンの思い通りに操れるようになる。

内臓に手咲かせて潰せば一発じゃ、、、なんてハナハナの実出てきた時に思ったけど、それはさすがに最強すぎて許さないか(~_~;)

そもそも、悪魔の実の名前の付け方のナゾ、ですよね。

先にハナハナという名前があって、名前に沿った能力を設定するならば、身体の一部が咲く、なんてのはおかしくて、まずは花そのものが咲くのが普通ですよね。

逆に、身体の一部がニョキっとどこかに現れるのを見て、そこから名前を付けたなら、咲くとか、花とか、なんてちょっと連想から遠いですよね。それこそ、ニョキニョキとか、突然現れる、というような意味の言葉を選ぶのが普通と思います。

そう考えると、もしかして、花を咲かせるのが代々の基本能力なんじゃないですかね。
そして、ロビンは、最初から応用能力を発揮してる、あるいは最初から覚醒してる、とか。

覚醒で、いろんなものを花びらに出来それで分身形づくり、手足や目耳口とかは花びらから咲かして自覚もしくは遠隔操作していたと思う。

ペローナのホロホロの霊体のような、モリアのカゲカゲの影武者のような、

ペローナは分身は攻撃きかない、ロビンは攻撃くらうと瞬時に意識は本体へ(ここはモリアの影武者の立場逆転と一緒?)

体の一部→大量に咲かせるが負荷がかかると本体にも負荷がかかるも咲き続けられる

分身作成→1体のみ咲かせて、負荷かかると分身は消え意識は片方の本体へ(でも魚人島で分身と一緒に技かけてたので意識は同時進行っぽい?)

もし覚醒したとして、覚醒によって他人の分身が作れたとき、他人の分身のダメージはロビンに来るんですかね?
もし他人の分身のダメージがロビンではなく相手に行くのなら、敵の分身を作って攻撃しまくれば勝てますね
まぁ多分ダメージはロビンに来るだろうけど
よく考えてみれば、カン十郎の能力は絵が上手ければハナハナの上位互換かも

ロビンちゃんの顔に汗が浮かんでいるので一瞬は苦しかったのではないでしょうか

No title

アニメの描写は気にしなくていいかと思います

今のところ分身は一体出すのが限度みたいですけど、例えば岩とか瓦礫に目や手足を複数個生やしてそれぞれ歩き回らせることでクラッカー的な戦い方もできるんじゃないでしょうか。(絵的にヤバそう)

No title

もしも麦わらの一味で悪魔の実が覚醒するとしたらロビンかなあ。能力的にも描きやすそうだし。

他人の急所に咲かせて急所突けばイチコロですねー

たしか手や足を何本も合わせて、大きな手足にする技がありましたよね。そこから派生して巨大な分身を造ることも理論上は可能だと思います。

舞っている花はフワッフラワーですね
80巻のsbsに書いてあります
華麗さを演出しているので、構成しているわけではなさそう

ダメージは今も受けると思います。この能力はダメージ共有と咲く場所に接している事が変わらない条件と制限だと思います。
そうじゃないと便利すぎて(笑)

手裏剣はあの後、勢いよく地面に突き刺さったと思いますが(手元に漫画がなく記憶なので間違っていたらすみません)、体に刺さった後に能力が解けたら勢いは無くなりポトっと落ちるだけになりそうです。
なので、あれは刺さる直前にその部位から能力が解けていたのではないでしょうか。効果音は着物に当たった音?

今後の変化については、自分以外の物も咲かせられるようになると良いなと思います。
ドフラミンゴが自分以外も糸にしたように、ロビン以外の人や物を咲かせられたら面白いです。
分身のロビンが服や装飾品を着けたままにできるのはその前兆とも思います。

花びらの力も使えたらロビンらしくて素敵です!
あと武装色が使えたら怖いものなしの能力ですね

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

ONE PIECEの小ネタ呟いてます

7074.jpg

サイト内検索