記事一覧

カルメルの「羊の家」出身者がCP-0になっている可能性


四皇“ビッグ・マム”シャーロット・リンリンが幼少期を過ごしたエルバフには「羊の家」という孤児を預かる施設があり、リンリンは数か月間その施設で育った。

その「羊の家」を作ったのはマザー・カルメル。

“聖母”という異名を持つ慈悲深い人物だと知られているが、その裏の顔は“山姥”といわれる人売りのブローカーだった。

その施設で育てた子供達を海軍やサイファーポールに高値で売り捌いていたのだ。

8141.jpg

さて、そしてリンリンの無意識の暴走によってエルバフを追われ新天地に新たな「羊の家」を構えた。

そしてリンリンの誕生日にある事件が起こった。

お祝いにみんなが作ってくれたセムラのクロカンブッシュを夢中で食べるリンリン、だが気づいた時にはその場から誰もいなくなっていた。

その後、リンリンが“ソルソルの実”の能力者になっていた事

それを見ていた巨人族の畏怖の表情

それを見ていた海賊シュトロイゼンのリアクション


8143.jpg

これらを総合すると、リンリンはカルメルを勢い余って食べてしまったのではないかと考える。

悪魔の実の能力が移行している事から、少なくともその場でカルメルが死んでしまった事は間違いないだろう。

ただ、その場にいた子供達についてはどうだろうか?

リンリンはその場から動いておらず、ただひたすらに目の前のセムラを食べていた。

誤って1人でも誰かが食べられた場合、子供達はその場から逃げると行動とるのではないだろうか。

つまり最初に食べるられたのがカルメルで、それを見た子供達はどこかに逃げてしまったのではないか…

そんな可能性も十分に考えられる。

[スポンサーリンク]


では、その子供達はどこに行ったのか。

それを考える上で、前述したカルメルと世界政府の関係を思い出したい。

8141.jpg

カルメルは2年に1度、子供達を海軍及びサイファーポールに高値で売っていた。

もしかすると、このリンリンの誕生日のタイミングでサイファーポールを呼んでいた可能性があるのかもしれない。

つまり、リンリンから逃げる子供達を保護しそのまま連れて帰った可能性があるのでは?と。

なぜこんな話をするかというと、CP-0メンバーの中にこの「羊の家」出身なのではないかと思われる人物がいるからだ。

それがこの2人だ。

8142.jpg

手長足という一致と、仮面の類似。

ただ、この事件が起きたのは63年前。

当時の子供だった者達も今やしっかり老人になっているだろう。

マムやくれはの様に何歳になっても若々しい者達もいるが、サイファーポールのメンバーとして最前線で働くのは厳しい…?

そう考えると残るのは、二世の可能性。

息子や娘がそのままサイファーポールの諜報員になったのかもしれない。

スパンダインの息子スパンダムが、ラスキーの娘のカリファが諜報員になっている様に。

いつかCP-0メンバーが仮面を取る場面を期待したい。

[スポンサーリンク]

コメント

ドフラミンゴ

ドフラミンゴ討伐の知らせを見ていた闇ブローカーの中に羊の家出身者がいたら、面白い展開になりそうですね!

姿がシルエットで隠されてたのには、何か秘密がありそうで怪しいです。

No title

でも、リンリンが駆け出しの海賊だったころに政府側は例えば彼女が七武海入りするように羊の家出身の諜報部員を送り込んで説得させようとしたりすると思うんです
だっていくら彼女でも羊の家出身者の言うことなら聞きそうじゃないですか
年老いた現在でもマザーと羊の家の子供たちとの思い出に執着しているぐらいですし

そういえばゲルズもそこにそいたんじゃなかったっけ?

すごーい!ほんとだぁ~。
WCI編では結局リンリンの過去と彼女自身のトラウマについては何ら解決せぬまま終わっていたので、もし羊の家の子の血が生きてて、ワノ国でそこも絡み合ってくるなら是非見たいです。
マトモな愛を受けられずに育ってしまったリンリンが、生まれ変わるきっかけになればいいなぁ。

お茶会に出席した闇の帝王達が羊の家にいた子供たちに似ていることに気づきました。
顔のソバカスだったり髪型や顔の形など比較してみるとわかりやすい人物がいます。
年齢の面でも一致しそうなので、ぜひ検証してみて下さい!

逸れた話題に乗ってすみませんが、確かに能力者喰いで能力移行、というのは、僕も安直に思えてます。(ホールケーキアイランド編は全体的に安直。。。)
ただ、残念ながら、ああいう描写をしておいて、ソルソルの移行ではなかった、とすると、作者は読者を騙すためだけに、場面を切り取って漫画にしたのだ、ということになり、大変ガッカリです。
テレビ番組でも、生放送ならアクシデントがありますが、映画やドラマやCMなどは監督の意図があります。漫画も、作者の意図があって、必要な場面を切り取って描写しているはずですので。。。

因みに、作者がキャラを海にわざわざ入れるのも、「能力者じゃないよ」のサインと見るべきですよね。わざわざ女ヶ島まで泳いできたレイリー、レイジュに蹴落とされた弟、魚雷のごとく泳いでみせたコビー。いずれも、海に入ることを使わなくても話の流れに影響がない場面ですから、逆に言えば、海に入ることにも意味を持たせた場面、とも言えます。

No title

歓楽街の女王という仮の姿も持つステューシーは「何十年前」と突っ込まれる程度の年齢みたいですし、老齢でも若々しいタイプかもしれません

Dr.くれは、シャクヤク、ホワイティベイ などぶっちゃけ年齢だけは「ババア」に近くも高齢を感じさせないキャラは複数いますし

面白い考察ですね!凄い!
仮面の模様が若干異なるのも、親子だと考えれば説明がつく。CPは世襲が多いですから。

No title

黒ひげがどうやって悪魔の実力を奪ってるのか謎ですが、仮に白ひげのしたいから抜き取ってその実を食ったと仮定した場合、極端な話黒ひげが白ひげを丸呑みしてもグラグラの実は移りますからね〜
今現在出てる情報で判断する限り、広い定義で言えば同じ事なのかなと。

CP0のことじゃなくてカルメルのことで恐縮だけれども
カルメルの実はソルソルと明記されてなかったからソルソルに似た別の能力ってことはないかしら
キロキロとトントンみたいな

でないと能力者を食べたから悪魔の実の能力が移ったってのはなんか安直すぎるというか

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

ONE PIECEの小ネタ呟いてます

7074.jpg

サイト内検索