記事一覧

カイドウの息子ヤマト!この名前から予想される物語は…?


第979話“家族問題”にて、カイドウの息子の名前が「ヤマト」だと明かされた。

8274.jpg

このヤマトという名前には、2つの意味合いが含まれていると考える。

1つ目は、ワノ国のモチーフである日本の古称(雅称)「大和」

2つ目は、日本古代史上の伝説的英雄「ヤマトタケル」

彼のエピソードを見ていると、ONE PIECEに繋がりそうな物語がいくつもある。

――という事で今回は、ヤマトタケルのエピソードをいくつか挙げて、今後の物語を予想してみたい。


 

ヤマトタケルとは


8278.jpg

日本の古代史における伝説的な英雄。

武勇に優れており、西へ東へ日本の各地を征伐。

日本で最も強い男という意味から「日本武」の名を奉ったそう。

東方の蝦夷平定に向かう際、草薙剣(天叢雲剣)を与えられる。

草薙剣とは三種の神器の一つであり、 日本神話においてスサノオが出雲国でヤマタノオロチ(八岐大蛇)を退治した時に、大蛇の尾から見つかったとされる神剣。

ちなみにその時にスサノオが使った刀が、十拳剣(別名「天羽々斬(あめのはばきり)だ。

ONE PIECEの中でも見たワードが幾つか飛び出しており興味深い。

[スポンサーリンク]



怪力無双


ヤマトタケルは、幼少から武芸に秀で怪力無双で知られていた。

直感や知恵も冴えており、征西事業ではこれらを生かした知略で地方の強豪豪族達を討伐していく。


カイドウの息子ヤマトにおいても、捕まえる為だけに“飛び六胞”が駆り出されていた。

そしてブラックマリアには「手強い」とも…

更に「ヤマト坊ちゃん」と呼ばれており、年齢的にはまだ幼いのかもしれない。

つまりヤマトは、幼いながらもカイドウ譲りの怪力を持っている?

“飛び六胞”にしても、ご褒美に“大看板”の挑戦権を与えるくらいには大変な仕事なようだ。


 

父に恐れられる


ある時ヤマトタケルは、父の命を勘違いし兄を殺してしまう。

このことを聞き、いずれわが身にその災難が降りかかることを恐れた父は、息子を恐れ疎むようになる。


カイドウ自身は息子ヤマトを恐れているという事はないだろう。

しかし、ヤマトの「身内殺し」はあり得るのではないかと思う。

ここで言う「身内」とはカイドウの事だけじゃなく、百獣海賊団やオロチの軍勢も含む。

カイドウも扱いに困っている風の息子ヤマト。

ひょんな事から、こちらサイドの味方になる可能性は大いにありそうだ。



女装して宴会に忍び込み襲撃


父から任された征西、強豪豪族熊襲兄弟の討伐。

叔母から授けられた衣装で美少女に化け、熊襲兄弟の宴会の席に忍び込む。

そして宴もたけなわとなった頃を見計らって仕留める。


百獣海賊団は今まさに大宴会の真っ最中!

そこに密かに進軍し討入りを決行するのは錦えもん達だが、そこにカイドウの息子ヤマトも参戦する可能性が!?

更に女装も似合う美男子という逸話もあり、益々その容姿に期待がかかる!!笑


――という事で、簡単にヤマトタケルのエピソードを絡め、今後の展開を考えてみた。

福ロクジュが「海賊の世界は裏切りが‟華„」と言っていた様に、カイドウもまた息子ヤマトに裏切られる事になるのかな?

他にもヤマトタケルの面白いエピソードがあれば、教えてくださ~い!

コメント欄で語りましょう!!

[スポンサーリンク]

コメント

ちょいと追記

ヤマトがルフィ達をカイドウの居場所まで道案内する途中で、フーズフーやササキと遭遇し、直接対決すると予想。
結果は、ヤマトが勝利することで、読者に対し大看板へ挑む彼等以上の戦闘能力であることが示されるのでは。

No title

トキトキの実の能力者という可能性はないでしょうか?

危険を感じたら未来に飛んでしまい、
「捕まえるのが大変」という意味での「手強い」。

ヤマトは気ままにワノ国を歩き回り、
ドレークに襲われている編笠村でお玉を1年後に飛ばした…とか。

「女装も似合う美男子」と聞いて一瞬、イゾウ!?って思った
いや、まさかねぇw

ドフラミンゴの逆バージョンかな。思考が全く違う親子…

日本の昔話から考えると、モモの助がカイドウ、ヤマトがオロチを倒すことになりそうです。モモの助は象徴的な感じで実際はルフィが倒すと思いますが。

感想にも書いた通り、ヤマトと言うネーミングからも、非常に重要なキャラとして描かれると考えますが、やはり、ルフィサイドに有利に働く存在になると予想しています。
失踪した理由が、カイドウの決定した事柄に反発する為だとすれば、父であるカイドウの首を取ることまでは、しなくとも、カイドウの決定事項を中止させる目的として、ルフィ達に協力するのかもしれません。
ルフィと知り合うことで、カイドウやオロチの居場所までの抜け道を教えたり、ヤマト自らが、部下達を丸め込みルフィ達がスムーズに行動できるよう、先導するのでは。
因みに、カイドウは「先に言うと、混乱を招く」と言っていることからも、ヤマトの結婚では、ないと考えています。
カイドウのセリフからも、宴に集まった連中が、混乱する内容であり、ヤマトにも関係する事柄となるとワノ国の支配権の委譲なのではないか、と考えます。

年齢はモモと同じくらいの設定がいいな
28?くらいだったかな?
最後モモが元の歳に戻って2人で和の国を守るみたいな

〉管理人さん

古代文字じゃなくて、象主と話せる方の能力って事で。テヘペロ。

>猫genさん


> ヤマト、ルフィか桃の助のどっちかと意気投合する展開あるんかね?

めっちゃありそう~~~

>totoさん

> やまと YAMATO
> おたま OTAMA

お玉もまた特別な存在なのですかね(*'▽')

Re: タイトルなし

> ヤマトが日和と結婚するようなキャラなら、モモはルフィについてくるかもしれませんね。
> おでんから古代文字を受け継ぐ時間もあったし。

モモはおでんから古代文字の読み書きは教えられていないですよ~('Д')

>エル・アミーゴさん

> 仮に本当の息子だとして、さすがにヤマトがカイドウを攻撃する・裏切るってのは嫌だな。
> 二児の父より。

パパさんからのご意見きました~~(*'▽')ノ笑

>さこさん


> 容姿は、ヤマトタケルとか色々と考えてみるが、ふと日本には戦艦大和があったなぁ…と、思い出し戦艦大和に何らかのヒントがあれば…

ヤマトという名前には色んな要素が絡んでて面白いですよね~!!

Re: タイトルなし


> ヤマト=エドワード ウィーブルといった話しにはならないでしょうか。

う~ん、可能性がゼロではないでしょうけども~~

個人的にはナシかなぁと。

>とくめいさん


> ヤマトが子供で父親が嫌いな状態なら、ルフィと出会って「俺が本物の海賊を教えてやる!」みたいな事をルフィが言って、『海賊見習い』としてついてくるとかも面白そう

その展開も面白そうですよね~(*'▽')

>息さん


> 敵の息子には罪はない、という内容を描いて世界中に読んでほしい

その流れありそうですね~!


親子がテーマって、コメント見るとスターウォーズをなぜか連想する…

ヤマト、ルフィか桃の助のどっちかと意気投合する展開あるんかね?

桃の助「カイドウは仇でござる」
ヤマト「そうか……手伝おう」
……ないな

やまと YAMATO
おたま OTAMA

No title

オグナでした

ヤマトが日和と結婚するようなキャラなら、モモはルフィについてくるかもしれませんね。
光月家として。
おでんから古代文字を受け継ぐ時間もあったし。
麦わら船団に光月家&ミンクが加わる!?

No title

サブカル的にヤマトタケルと言えば
火の鳥ヤマト編を思い出します
ヤマトのオグニはクマソのタケルの妹と禁断の恋をします
そして父というか政権に反抗し人柱の代わりに埴輪を用いることを進言しそのために命を代償にします

そこで妄想しました
ヤマトは埴輪です
カイドウ自体人間かどうかわかりません
仮にカイドウが人間でないとしたら自身のアイデンティティに疑心がありそれが趣味自殺につながってるのかもと思いつつ
おでんにあこがれおでんと家族(親子)に興味を持ち自分の子供として埴輪を見つけ生命を与えて親子ゴッコしてるのです

ないな

仮に本当の息子だとして、
さすがにヤマトがカイドウを攻撃する・裏切るってのは嫌だな。
二児の父より。

ヤマト…自分的にはオロチを何らかのカタチで倒してもらいたいが錦衛門か傳ジローたち赤鞘が本命なのかも…

容姿は、ヤマトタケルとか色々と考えてみるが、ふと日本には戦艦大和があったなぁ…と、思い出し戦艦大和に何らかのヒントがあれば…

やっぱり父子関係がテーマで固そうっすね
ヤマト&カイドウ
モモノスケ&おでん
ウィーブル&白ひげ???

どうなるんだろ
ドラゴンもワノ国を開国するみたいな都市伝説ありましたね

No title

宇宙戦艦ヤマトもどこか背景にある気がします。
自分的には、宇宙海賊キャプテン・ハーロックも微かに感じているので。
カイドウ、波動砲出しますし。

と言いつつ。
なんか、性格が楽しみです。
ヤマトの。

ヤマト=エドワード ウィーブル
といった話しにはならないでしょうか。

どう繋がるかは分かりませんが、
ウィーブルはワノ国編へ参戦してくるかと思っていて、
また、違う父子の話しが重なるのは
少し疑問があります。

〈ストーリーは読めませんがヤマトが仲間になる可能性はないでしょうか?

→ヤマトが子供で父親が嫌いな状態なら、ルフィと出会って「俺が本物の海賊を教えてやる!」みたいな事をルフィが言って、『海賊見習い』としてついてくるとかも面白そう

ヤマトと日和が結婚すると思うのです。
敵の息子には罪はない、という内容を描いて世界中に読んでほしいと。尾田がやりそうだと思いました。

>まーくん

> ヤマトはおでんを彷彿とさせる人物だったら嬉しいな。

それめっちゃイイですねぇ!

ヤマトがおでん節を発揮する人物なら、胸熱ですわ!!

>よくばりセットさん

> この話題に水を差すわけではないですが「ヤマト」って単語がONEPIECEでも日本というかワノ国を意味するって確定でしたっけ?

いや、全く確定してません!笑

>りょさん

> 探すだけなら数の多い他の手下でもできるので飛び六胞に頼む理由はヤマトが単純に強いのだと思いました。

うむうむ。そういう事ですよね!



> 探し出される前にルフィが騒ぎを起こしそうなのをヤマトが止めて意気投合して仲間になり、ヤマトが俺の親父はバカ殿だ。という発言を期待してます。

それ、アツい!

ヤマトはおでんを彷彿とさせる人物だったら嬉しいな。ルフィと意気投合したりして。百獣が窮屈で失踪してるわけだし。騒動がおさまったあとのワノ国のリーダーがモモの助では幼いと思っていたので、ヤマトという可能性も出てきた?
その昔、日本は倭(ワ)の国と呼ばれていた。そして、統一されて大和(ヤマト)になった。ドン!

No title

ヤマトがヤマトタケルになぞらえられたキャラクターだとして…

・父親は景行天皇です。まさかカイドウを天皇になぞらえるのでしょうか?それとも天竜人の息子?
・兄の大雅命を殺害します。家族(海賊団を含む)殺しはあり得るかも?
・伊吹山の白猪に祟られて死にます。まさかあの猪の親子がヤマトを呪い殺す?
・出雲建と仲良くなった上で剣を別物にすり替えて殺します。おあつらえ向きに一人になったゾロに近づいて閻魔を奪う?父カイドウを自分で殺すつもり?

それからもう一つ。ヤマトはヤマトタケルではなく、カミヤマトイワレヒコ、つまり神武天皇モチーフの可能性は?でも流石に神武天皇は色々とうるさそうなので違うかな……

No title

この話題に水を差すわけではないですが「ヤマト」って単語がONEPIECEでも日本というかワノ国を意味するって確定でしたっけ?

ONEPIECEを日本発のフィクションとして捉えられる読者目線ならヤマト=日本=ワノ国って連想できますけど、ONEPIECEのキャラクターたちがヤマト=ワノ国って捉えているのか疑問に思いました

探すだけなら数の多い他の手下でもできるので飛び六胞に頼む理由はヤマトが単純に強いのだと思いました。探し出される前にルフィが騒ぎを起こしそうなのをヤマトが止めて意気投合して仲間になり、ヤマトが俺の親父はバカ殿だ。という発言を期待してます。

>塩アメさん

> 『ヤマト』が『日本で最も強い男』の意味なら、『モモの助』はおでん様が「『天下無敵』を表す言葉」と言ってます。
> 似てますね。

共に強者だったおでんとカイドウ。

モモの助とヤマトも対になる存在として描かれてるのかもですよね!

本島に登場が楽しみすぎる(*'▽')

>空水さん

> ヤマトはワノ国編ではなく次の物語の舞台に登場しそうな気がしています。もう遠くまで船を出したんじゃないですか?

いや、流石にワノ国編で登場させると思います。

Re: タイトルなし

> また母親に全く触れない所が!

尾田先生曰く、母親は冒険の対義語ですからね。笑

語られるのか語られないのか…



> ヤマトは父親を怨んでるってのは有りそうですかね?

あるかもです!



> お坊ちゃんってのも真面目さと幼さを連想させますよね。
> お坊ちゃんの呼び方は15才位までですかね?
> それ以上だと若頭とか?跡目とか?

確かにそうなりそう。

やっぱり少年っぽいイメージですよね~!!

>和田さん


> キングが態々飛び六方を招集し、大看板の位置をかけてカイドウの息子を捜索するとなると簡単には発見する事が困難な人物であると思います。

手強い=発見が難しい=潜む事が得意な能力という事ですね!

あるかもです!

>匿名さん

> ストーリーは読めませんがヤマトが仲間になる可能性はないでしょうか?

もしかしたらそんなストーリーもアリかもですよね(^^)/

敵であり四皇でもある海賊の息子を仲間に…面白いかも!!

No title

『ヤマト』が『日本で最も強い男』の意味なら、
『モモの助』はおでん様が「『天下無敵』を表す言葉」と言ってます。

似てますね。

No title

ヤマトはワノ国編ではなく次の物語の舞台に登場しそうな気がしています。もう遠くまで船を出したんじゃないですか?
ヤマトのその名前からヤマトタケル、古代日本の英雄をイメージしますので、次の物語の舞台は古代日本風の国か?ワノ国は江戸時代風の所なので、次は弥生時代・大和時代風の国が舞台か?ワノ国ならぬアスカノ国とか?
そうなるとお玉もそこに連れていきたいですね。ヤマトがヤマトタケル風の戦士、お玉が勾玉って例えで。
同じ日本でも古代と江戸ではイメージもがらりと変わるものですよ。

また母親に全く触れない所が!
いつものパターンで回想で母親が死ぬんだろうか?
その事でヤマトは父親を怨んでるってのは有りそうですかね?
お坊ちゃんってのも真面目さと幼さを連想させますよね。
お坊ちゃんの呼び方は15才位までですかね?
それ以上だと若頭とか?跡目とか?

キングが態々飛び六方を招集し、大看板の位置をかけてカイドウの息子を捜索するとなると簡単には発見する事が困難な人物であると思います。
予想ですが、トケトケの実の能力者で周囲の風景に溶け込む事ができる能力なのではないですかね?その隠れている中で見聞色の強いモモノスケに会い、意気投合する流れでは?
また、トケトケの実の能力として、人の感情やトラウマ、執着などを解かす能力もありその中で20年前に時が止まったモモノスケの年齢を解かし年齢を進めるとかかな?とく

ストーリーは読めませんがヤマトが仲間になる可能性はないでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

ONE PIECEの小ネタ呟いてます

7074.jpg

サイト内検索