記事一覧

死は人の完成!カイドウの死生観について考える


「趣味:自殺」

「こんな世界壊れてもいい」

「殺されてやっても良かった」
等々…

カイドウは初登場時から、非常に「死」に近い所にいるキャラクターである。

そして、第944話“またの名はヤマト”にてカイドウの死生観がハッキリした。

「時世じゃねェがよ……!! 死は人の完成だ……そうだろ?」

このセリフからカイドウは、死は恐れるものではなく人を完成させるものの一部だと考えていると思われる。

今回はこんなカイドウの死生観についてアレコレ考えてみたい。

8746.jpg


 

カイドウの死生観は誰の影響?


まず、カイドウの「死は人の完成」という考え方は、誰の影響で生まれたものか。

やはり光月おでんの「伝説の一時間」を見たからこそだろう。

おでんを討つ際、カイドウは「見事な死に様」と称していた。

同じシーンを見たカイドウの子・ヤマトがおでんの「生き様に泣いた」ってのが正反対で皮肉になっている。

8747.jpg

カイドウはおでんの死に様に、ヤマトはおでんの生き様に魅了された、と。

綺麗に対比になってる。

おでんの死の前までカイドウは、ロジャーや白ひげについて「どこか甘ェ奴ら」と評していたが、20年前の「伝説の一時間」を経て変わった。

「おれは“侍”が好きだ…ロジャーも…“白ひげ”も…!! うまくやりやがった…!!」

この「うまくやりやがった」とは、「見事な死に様」を遂げたという事だろう。

やはりカイドウの死生観は、20年前のあの日に固まったと思われる。



ロジャーと白ひげの死に様


ロジャーと白ひげについてカイドウが呟いた「うまくやりやがった」とは、前述した通り「見事な死に様」という事だ。

ロジャーは死んで時代を変えた(新たな時代を作った)。

白ひげの死は時代に決着(ケリ)をつけた。


それぞれが偉大な死を遂げている。

カイドウ自身も「見事な死」をもって己の人生を完成させたいと考えているのだろう。

カイドウが侍を好きな理由は、「いつでも死を覚悟しているから」だ。

「お前らの気迫に……!!光月おでんの影を見た…──別に殺されてやってもよかった」

かつて敗北を感じたおでんに殺されるならそれは誉れであり己の最期に相応しい、と。

しかしおでんのいない今、その願いをどう叶えるのか。

[スポンサーリンク]


趣味の自殺


気になるのはカイドウの趣味である「自殺」

8748.jpg

仮に自殺で死んでしまった場合、カイドウの中でそれは誉ある死なのかな?

いや…それではあまりにお粗末だよね。

だからこそ、「趣味」程度のお遊びなのだろう。

自殺や拷問程度では死ねないのはわかってるけど、人を完成させてくれる「死」に近づきたいという願望からくる趣味だ、と。



世界最高の戦争を起こそうとしている理由


「急げ“ジョーカー”最期の戦闘準備を整えろ!!!こんな退屈な世界壊れてもいい!!!世界最高の戦争を始めようぜ!!!」

カイドウは今の世界を「退屈」と断じ、世界最高の戦争を起こそうとしている。

その為にワノ国を「海賊の帝国」に変え、古代兵器を呼び覚まして、世界を恐怖と戦争が支配する暴力の世に変えようとしている。

その理由もやはり、カイドウの死生観に基づくものだろう。

ロジャーの様に、白ひげの様に、そしておでんの様に、カイドウ自身「理想の死」を遂げたいのだろう。

カイドウはおでんになら殺されても良いと考えていた。

だが、おでんを超える者はおろかおでんに匹敵する者も居ない現在。

――お前らはやはりおでんじゃなかった……あんな怪物侍はもう現れねェ……!!!」

この現状に絶望したからこそカイドウは、世界を巻き込んだ戦争を起こそうとした。

そこになら、おでんに匹敵する者がいるかもしれない、と。



自殺願望はいつから?


でも、そもそもカイドウの「自殺願望」はいつから持ってるモノなんだろう。

おでんと出会い、謀らずもおでんに対し卑怯な戦法で勝ってしまった罪悪感からくるもの?

いや、もしかしたらそれ以前から淡い願望自体は持っていたのかもしれない。

第1025話“双龍図”の中で、“息子”ヤマトに浴びせた言葉の数々はかつて自身が感じた事と思われる。

「友情は上っ面!! みんながお前を恐れる!!! 人は力で支配しろ!! お前は鬼の子だ!!!人間と仲良くはなれねェ!!!」

友と思っていた者に裏切られ、周囲の者達に恐れられ避けられ続け、人と関わるには力で支配するしかなかった過去…

屈強な肉体を持つカイドウも、メンタルはそこまで強くなかった?

カイドウの過去…気になる。

まだまだカイドウの過去は深そうだから今後に期待大!!

[スポンサーリンク]

コメント

No title

カイドウは奥さんに先立たれて何とか再会する方法を探してるとかそういう理由の様な気がする

大看板の内仲間になった経緯はキングしか知らないけどクイーンが仲間になった場面がみたい
ギャグみたいな展開なのかシリアス展開なのか

カイドウがひとつなぎの大秘宝を欲しがる理由って映画スタンピードのブエナ・フェスタと似てるよね。拠点を決めて宝を狙う相手を打ち負かしていく、あわよくば劇的な最後を遂げたいって目論見じゃないかなと思います。

幼少期のトラウマがあるのか分からないけどジャックやられそうな時は助けるし、部下が倒されて怒ってたし仲間意識はあるんだよね
完全に信用しているのはキングだけかもしれないけどね

ワノ国編でカイドウ自身の末路がどうなるのか全く想像出来ない…。ルフィ陣営が勝つのはストーリー上確定としても流石に殺しはせんだろうし…でもおでんや赤鞘達との事を考えるとワノ国編後の「最終章」まで持ち越しにせずここで決着つけてほしい。

No title

和の国後の世界的な戦争、マリージョア?として
誰が戦争を引き起こす、カイドウ?ルフィ?黒ひげ?
戦場は一ヶ所だけなのだろうか?

ハチノスが鬼ヶ島みたいに飛ぶ事はないのかだろう?
鬼ヶ島はレッドラインを越えることは可能か?

時世じゃねェがよ……!!

この言葉には、時期的に昨年相次いだ俳優、女優の自殺が関係していると思いました。それがなければ、本来違ったセリフが入ったのかと。ワンピースの世界に生きるカイドウはこういう考え方だけど、現実では時世じゃないよ。少年誌であり、幅広い世代に認知度が高い漫画であるが故の、メッセージ性を感じました。

単純に、戦争を起こして殺されるのを待ちたいんやろなぁ

No title

僕の「葉隠」コメントについて説明します。

「武士道と云ふは、死ぬ事と見付けたり」の一節が注目され過ぎて、
葉隠は死の奨励書と思われがちですが、
僕は「いかに生きるべきか」が書かれていると受けとめています。

己を捨て、あらゆることに自分を勘定に入れない。
見事な死に様をむかえるためには、生き様が大事。

(僕の読み込みが足りず、これらの解釈は間違っているかもしれません)

カイドウの死生観に「武士道と云ふは、死ぬ事と見付けたり」を書いたのは、
「死は人の完成だ」が、死にたがりの言葉とは思えなかったからです。
むしろ、赤鞘たち侍と同じ印象を僕は受けました。

いずれにしても説明不足のコメントを送ってしまい、ごめんなさい。

No title

葉隠を自殺の啓発書とか武士道が自殺を推奨してると勘違いしてるけど、武士道そのものは「命は大事」ってのが大前提だから
たった一つだけの命は尊いものだけど、その命すら賭けられる覚悟や心意気が大事ってのが武士道の本質

ハンターハンターのキルアも命を賭けると命を捨てるのは別物だと言い切ってるしね

No title

日本は自殺大国です。
十代の最大の死因が自殺。
尾田先生が少年誌で「趣味:自殺」としたのには理由があると思います。

ルフィがカイドウを倒すのはその部分なのだと。
武士たちの「死に場所を探す」も含めて。
死生観をぶっこわすのが、ルフィの仕事であり。
尾田先生の全国の少年たちへのメッセージになるのだと思っています。
ただ倒すだけではなく。
生きていくことを選ばせる。

開国もそういう意味かもしれない。
自殺が美しいという考え方を根本的にぶっこわしてくれることを望んでいます。

No title

葉隠の「武士道と云ふは、死ぬ事と見付けたり」

No title

カン十郎も「共に死んでこそ完全なる"役"が完成していた!!」と言っていましたし、ONEPIECEには終わりを意識した発言が増えてきましたね

気になるのはカイドウの過去
ロックス関連を含めた彼の過去がわかれば死生観がいつ完成されたのかもわかるのですが

No title

世界最強だったロックス海賊団が負け、船長は亡くなってしまう。
「盛者必衰」的な無常観が、当時のカイドウに芽生えたのかも?
飛ぶ鳥を落とす勢いもいつか終わりがくるのなら、
死に際だけは見事でありたい…と。

ロジャーに対するカイドウの見方が面白い。
ロジャーは海軍と手を組む裏切り者だし、ロックスを葬った憎き敵です。
なのに、そのロジャーの死に様をきちんと評価しています。

No title

戦闘狂らしい考え
戦って死すれば誉れ

四皇の目的って明確
大体が現四皇が最終目標ワンピースだけど

果たしたい目的が次に明確に判明しているのは

カイドウ=世界に対して戦争を仕掛け、暴力による世界を作ること

ビッグマム=いろんな種族が平等に差別のない理想郷を建国(ホールケーキアイランド)。まだ達成は出来ていない(巨人族その他2種?)
ビッグマム本人と同じ目線で食卓を囲む事

ティーチ=不明、ハチノス拠点・・・予想→海賊が海賊らしく生きれる世界を作る?略奪、殺し、占領、支配。
最もスタンダードな海賊が海賊による支配を望む的な

シャンクス=不明

故 白ひげ=不明 ワンピースに興味なし、家族をとても大事にしている(船員)

欲の成就こそ死への形ではないだろうか?とは思う。
ワンピースはそのうちの一つであって
各々また壮大なスケールの夢を持っていると思う。

ルフィは愚直に海賊王という夢に突き進んでいるけど
海賊であればみんなが目指すものであって、本当のルフィの心根の夢はまだひた隠しにあるのかどうか定かではないけど

ワンピースを見つけること海賊王になる事以外での夢があるのであれば興味深い。

と死は人の完成とカイドウが放った言葉に対して、死=欲としていろいろ考察してみましたで候。


文中の話数が間違えてそうです。
944→994ではないかと、ご確認ください。

No title

ゾロと赤鞘九人男だと実力はそれほど変わらないと思うんですよね。
むしろ傅ジローなんかはゾロより上のような・・・
少なくともおでんのような世界トップクラスの実力ではないですよね。
ただ、2年後からゾロが底を見せたような戦いはしていないですし、本気で戦っていない可能性がありますよね。
個人的には赤鞘が追い詰められて壊滅状態の時にルフィが来る。
ルフィが追い詰めるけど叶わない。
そこにゾロが来てゾロにおでんの幻影を見る。
そこをついてルフィがカイドウを倒す。
みたいな感じかな。
まあ素人の考えなんて余裕で越えてくるでしょうけどね。

「あんな怪物侍はもう現れねぇ」か。
ゾロが怪物侍に進化するフラグ??

あれ
この記事読んでると
だんだん
ヤマト死亡フラグたってるんじゃ。。。
って思えてきました
今週の展開から
ヤマトと仲良くなるももの助
しかし
ヤマトはカイドウにやられ
もも覚醒
そしてカイドウを討つ
あれあれ
割としっくりくるのかしら。。。

No title

死は人の完成は、ロジャーがレイリーに言った「おれは死なねえぜ?」という意味深な発言からロジャーは死ぬことで何かを完成させたもしくは完成させようとしたことに繋がっているのでは??

Dの意志も過去のDの一族の死後にもしっかり繋がれていることも関係しているのではないかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索