記事一覧

おでんの航海日誌に書かれている内容について


ヤマトが聖書(バイブル)として肌身離さず持っている「おでんの航海日誌」

8470.jpg

この中身には何が書かれているのか。

今回はその内容について、作中の描写を元に考えてみたい。



白ひげやロジャー達との旅の記録


おでんの航海日誌には、白ひげやロジャー達と旅した5年間の貴重な経験が記録されている。

作中のおでんの言葉より引用。

見た事もない世界だ!!

感じた事ねェ「寒さ」!! 「暑さ」!!

「植物」「動物」!! 「人類」「強さ」!! 「思考」!!

何もかも違って目からウロコが落ち続ける日々だ!!

全てが想像を超えて行く!!

おれは小さい!! 世界のほんの一部なんだ!!


これは、おでんが錦えもんと傳ジローと共にワノ国を漫遊している時からの習慣だ。

7922.jpg

海外の航海者達を真似したものだが、鎖国国家のワノ国においてはこれだけでも貴重な文献だ!


 

ラフテルで知った「世界の全て」?


そして最後の島「ラフテル」についても触れられていた。

――あの日 おれ達は世界の全てを知った――

“空白の100年”とは…!!

“Dの一族”とは…!!

「古代兵器」とは……!!

「ワノ国」はかつて世界と接していたのだ

本当にあった“莫大な宝”を目の前に…

ロジャーはあの時…笑ってた

おれ達もそうだ 涙が出る程笑った


“空白の100年”、“Dの一族”、「古代兵器」

これらについての詳細が書かれているかは分からないが、おでん達は「全て」を知った、と。

[スポンサーリンク]


20年以上先の未来の情報


4年前のワノ国鬼ヶ島にやって来たエースにヤマトがこんな事を聞いていた。

ねーねー海外はどうだ?

若い奴らどんどん出て来てないか!?


外の情報がほぼ入ってこない鎖国国家のワノ国、特に鬼ヶ島に監禁されているヤマトが外の世界を知る術は無い。

それにもかかわらずこの発言…

まるで新世界に若い奴らが押し寄せるのを知っていたかのような言い方だ。

これは「おでんの航海日誌」に書かれていたからこそ知っていたのだろう。

おでんの日誌にはただの航海の記録だけではなく、これから先未来に起こる事の予言的な内容にも触れられているのかもしれない。

おでんが死に際に妻トキに残した手紙にもこうあった。

あと20年もすれば…

その“巨大な戦”の主役達が

新世界に押し寄せる……!!!

カイドウを討てるのはそいつらだ!!


8864.jpg


ヤマトが今回言ってた事も、おそらくこれを知っていたからだろう。


ワノ国にやって来る“D”の者


ヤマトはこの航海日誌を見ながら、モモにこう言っていた。

キミ達がルフィをワノ国に連れて来たんでしょ!?

星の数程いる海賊達の中でキミ達が出会い…!!

この国に連れて来たのは…

僕には運命としか思えない!!

だってルフィの名前には“D”がついてるんだもん!!


8875.jpg


“D”の名を持つ者がワノ国を訪れる事を、ヤマトは運命だと言った。

おでんの日誌には、いずれワノ国に“Dの一族”が訪れる事も書かれてそうだ。

それは、この時言っていた「ジョイボーイ」ともイコール??

「いつか“ジョイボーイ”が現れる日までに」

8874.jpg

ロジャー達は早すぎた…

20年以上先の未来には誰かが生まれ、ロジャー達を超えていくだろう、と。

その辺りの内容も日誌には書かれていたのかもしれない。



航海日誌に書かれている内容 総まとめ


――という事で、おでんの航海日誌の内容についてまとめてみたい。

●実在した莫大な宝(ワンピース)について
●ラフテル(笑い話)と名付けた島について
●空白の百年に纏わる世界の秘密について
●歴史の裏で燻るDの一族について
●世界を滅ぼしうる古代兵器について
●かつて世界と接していたワノ国について
●いつか復活するジョイボーイについて
●巨大な戦が起こる事
●その巨大な戦の主役達が海に押し寄せる事

箇条書きでまとめるとこんな感じかな?

いつか、ワンピースが最終回を迎えた後にでもリアル「おでんの航海日誌」を発売して頂きたい!!!

[スポンサーリンク]

コメント

No title

ワノ国関係者みたいな五老星の謎が、ここに書かれていたら嬉しいです。

空白の100年ってなんなんだろうね?
普通為政者は、自分達に都合のいい嘘を教えるもので隠しはしない
物理的に100年無いと世界が元に戻らないくらいに荒れ果てたんやろか?
少なくとも昔あった大きな国って、罰と称してデカい象を歩かせるくらいの力(魔法?呪い?化学?)はあったわけで
悪魔の実位は作れそうだよね
だとしたら、ラフテルにある宝って悪魔の実かな?
コレでコイツら倒せる!みたいな

昨年の映画から思っていること
ラフテル(笑い話)と見つけたら世界がひっくり返るを合わせて、ワンビースとはひっくり返るほど笑ってしまうものなのかなと思いました。
ただ具体的なものは分かりません。
まぁ言うなれば言葉遊びみたいなものです。

ヤマトが本の中身を言う前にルフィが日誌を破き捨てそう

その内容がこれから誰にどう伝わるかも気になります
ラフテルで知った事はレイリーからも聞かなかったので、ルフィ達は知らないままでいそうですが、モモには伝わるのかな
日誌の中身を知った状態でヤマトかモモが仲間になるのも面白いです

あとロジャーとの別れの時に泣いてたのに泣いてないと書いていたのは、日誌の内容にミスリードがある示唆という気もします

おでん様は「今まではこの『鎖国』に意味があった…!」と述べているから、鎖国により守られたモノがあると考えている。

航海日誌には、「ワの国が鎖国することにより何を守ってきたか」も書かれているのだろう

大体が、おでんはこんな冒険しましたってあらすじなだけで、航海日誌にどれを書いたかは何も分かってないよね?
ましてやラフテルやワンピースについてはロジャーが書くことを許可するかなぁ。エターナルポース作る事にあれだけ激怒したし。

光月家がDの名を持つ者(ジョイボーイとなり得る者)をワノ国に迎え、互いの力で夜明けに導く…的な事が記されてるのだろうか?と。
※光月家(モモの助)ジョイボーイ(ルフィ)

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

ONE PIECEの小ネタ呟いてます

7074.jpg

サイト内検索