記事一覧

アニメワンピース 感想&考察 掲示板 971~975話


ONE PIECEアニメ用の雑談の場。

アニメ用のフリートークをする掲示板第㉔弾

記事の内容としては、

●原作とアニメの描写比較

●アニメで新たに気づいた点

●アニメでの追加情報&シーン


等について、かんりにん基準でまとめていきます。

コメント欄ではアニワンについての感想でも考察でもご自由にどうぞ!

原作の事について自由に語りたい場合は下記記事へ。

ワンピース.Log 雑談コーナー⑬ [フリートーク]



第971話「討ち入り!おでんと赤鞘九人男」


04/25(日)放送。









第972話「決着の時!おでんVSカイドウ!」


05/02(日) 放送。














[スポンサーリンク]


第973話「釜茹での刑 おでん決死の一時間」


05/09(日) 放送。










第974話「“煮えてなんぼのおでんに候”」


05/16(日) 放送。







第975話「燃える城!光月の一族の運命!」


05/23(日) 放送。










コメント欄も賑わってくれたら嬉しいのでよろしくです!!

Twitterにも色々と投稿中!

7074.jpg

[スポンサーリンク]

コメント

No title

・アニメももうじき97巻の再現に入りますね。
フーズフーササキブラックマリアうるティの飛び六胞4人、
カイドウの秘書的なキャラとして、そこそこ出番の多い真打ちバオファン
ナンバーズの中で最初に名前が判明した人型の八茶
そして早くも人気爆発のヤマト
彼らの登場や声優さんの判明を考えると、97巻の再現が今年のアニメの中で一番盛り上がるとこだと思うので、大いに期待したいです。

・それと下に書いた『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の国内興行収入が400億円を突破しました。おめでとうございます。
今こそ心を燃やしたいですね。いろんな意味で。

 
△ 🐗 🔥

975話回想

975話のイヌアラシの回想で赤鞘のメンバーの中でカン十郎だけボロを着てなかったです(他のみんなは服や羽織にツギハギが見えます)
やはり裏切っていた為他のみんなと違いボロを着ていないのだとびっくりしました

975話回想

975話のイヌアラシの回想で赤鞘のメンバーの中でカン十郎だけボロを着てなかったです(他のみんなは服や羽織にツギハギが見えます)
やはり裏切っていた為他のみんなと違いボロを着ていないのだとびっくりしました

アニメ975話
何となくですが、光月(天月)トキの最期の描かれ方と魚人島のオトヒメの描かれ方はデジャヴのような感覚がありました。
共に信念をもった奥さまで、未来に託す部分とか。
おでんが開国を言い出したのも外国を回ってって思ってましたが、実はトキの念願だったのかも?って気がします。
ここまでの推測で言えば、ポセイドン=しらほしなので、同じように、モモの助=ウラヌスもあり得ませんかねー?
それこそゾウを操るだけなのか定かではありませんが。
駄文失礼しました。

アニメ975話

※長文失礼します。アニメ975話は原作973話「光月の一族」の再現回

・今回のアニメに登場したナンバーズは僕も四鬼だと思います。まあ四鬼は名前が判明したその回でフランキーに速攻で倒されたので、ナンバーズの中ではかなり不遇なキャラですが…(98巻989話「負ける気がしねえ」より)
しかし残りの1・2・3・6・9のナンバーズ5人は一体いつになったら登場するのでしょうか?原作のワノ国編も決戦に近づいていますし。
もしかして5人全員は鬼ヶ島に来ていないのかも?残りのナンバーズたちと出会うのはワノ国編の後の長編なのかも?

・ただ残り5人のうち「くにゅにゅくにゅ♡」という言う者が鬼ヶ島に確かにいるようなので、少なくともナンバーズ全10人のうち6人は今鬼ヶ島へ来ているようです。(四鬼・五鬼・七鬼・八茶・十鬼と、「くにゅにゅ」と言う者(9の番号?)の6人)
声のみですが「くにゅにゅくにゅ♡」と言う者は97巻978話「飛び六胞登場」の回でその存在を確認できます。語尾に「♡」を付けたその言い方からこの者は女性説もあるので、原作978話がアニメで再現される時は「くにゅにゅ」の声が男性であるか女性であるかも気にしてみます。

・おでんの「ならば20年先へ飛べ…!!お前の望む…」、「ム」という原作であったやり取りは今回のアニメの字幕だと、「お前の望…んっ…」となっていました。また実際の声による台詞でも「望む」の「む」の部分を言う前に、トキに口止めされて「む」と言えず「んっ…」となっていました。
いずれにせよ原作で印象が強かった「ム」の一言の台詞とはまた違っていました。
このおでんの「ム」の後に続く言葉として「麦わら帽子を被った男が…」などという説も挙がりましたが、今回のアニメを観た限り「お前の望む、ム…」というより「お前の望む…」という風にも思えたので、トキの「望むもの」は「ム」の言葉で始まるものではないのかも?

・あと原作で「二十年を編む月夜に九つの影…」の字幕が入る場面で描かれている、目を瞑り手を合わせていた少女がお玉に似ているので、「20年前トキの最期(?)に立ち会っていた少女はお玉その人ではないか?」などという説も挙がりましたが、今回のアニメで20年前にいた少女のカラーリングを確認したところ、小豆色の髪に、藤色の着物と、お玉とは異なっていました。そのため「20年前にいた少女はお玉ではない(×)」ということが分かります。

・まあお玉といえば「8歳になった直後なのに、4年近く前は5歳」、「年数と年齢に約1年の差(ずれ)がある」という謎がずっとあったので、「トキトキの能力、時間移動と深く関わっているキャラではないか?」、「だから20年前にお玉がいてもおかしくない?」などと考えるところもあったのでしょう。僕も含め。
ただ最近になってVIVRE CARDにて「お玉はエースの仲間になる為5歳と背伸びをする」などと判明したため、年数と年齢の差(ずれ)に関して深い意味がなかったということが分かりました。つまり「お玉は時間移動と深く関わったキャラではない」ということでした。(これは個人的にもかなり拍子抜けでした(笑))

・しかし4年近く前(アニメではぴったり4年前)のお玉の年齢は4歳になった直後だと思えるので、その時に自分の年齢を5歳だと言い張った彼女はある意味大物かも!?さすがは麦わらの一味の仲間候補か!?

おでんが板ごと上に乗ってる赤鞘たちを投げ飛ばしたとき、ドラゴンボールの願い叶え終わったあとの散り方にとても似ていて、なんだか感動した、だが奴が混じっていることを思い出した、冷や汗

D=笑った時の口は確定っぽいな
恐らく尾田先生1話の時からD=口って考えがあったんだろうけど本当凄い

アニメ974話

※長文失礼します。(アニメ974話は原作972話「煮えてなんぼのおでんに候」の再現回)

・光月おでん、20年前釜の中で命を落としてしまったのか?しかし原作1007話「たぬきさん」の回で偽者のおでんが現れたときは、「おでん本人説」も多く挙がったので、偽者の登場ではあったものの、これは生きていたおでん本人がいずれ再登場するという伏線だとも感じたいとこですが。
ただ「おでんはもう死んだ」と、彼の死を受け入れてこの先ONE PIECEを読んでいくのも良いと思います。「おでんの生死」については、読者それぞれの自由な考え方で良いということで。
まあ今夜は死者を弔う火祭りの夜、盛大な程亡き人に想いが届くのであれば、おでんやペドロの霊(魂)が鬼ヶ島に降臨してほしいとも思っていますが。

・あと、
カイドウ「ババアの件は悪かったな。ころしておいた」
おでん「真面目だな…せいぜい強くなれ」
(アニメでは「そうか。ハァハァ…。真面目だな。せいぜい強くなれ」と少しだけ台詞も変わっていました)
のやり取り。ここで「ころしておいた」というカイドウに対し、おでんも「何もそこまですることはなかったろう…」などと、ひぐらしへの同情を言わなかった辺り、彼の中の黒炭家やひぐらしへの怒りを密かに感じたとこではありました。

・あと今回のアニメが終わった後流れた、menuとONE PIECEのコラボCM。このCMでは主人公のルフィの他、ゾロ・ナミ・ウソップ・サンジ・チョッパー・ロビン・ロー・シャンクス・ハンコック・エース・サボ・しらほしなどの味方側のキャラが多く登場し、皆子供時代の姿で描かれているのですが、その中にはビッグマムもいたので、このCMは「マムと和解する、マムが味方になる」という伏線だとも思いたいとこですが。
ちなみにCMにジンベエはいませんでした。麦わらの一味なのに可哀想な扱いですが。

・あとアニメオリジナルで「煮えてなんぼのォ~」の台詞を言う前に、おでんが笑顔になる場面が追加されました。「おれの侍たち、トキ、モモの助、日和。行ってまいる」ということで。
アニメで見せたこの時のおでんの笑顔は、目を細めた、とても優しいものでした。根は優しいおでんの人柄を表した、とても良い笑顔でしたよ。
しかし今回のおでんの笑顔を見ちゃうと、あの超ヒット映画を思い出します。




お玉「最近の情報だと『無限列車編』の興行収入が398.8億円を記録したらしいでやんす!!」
トコ「アハハハ!!400億の大台まであと少しだね」
お玉「ここからが正念場でやんすなあ!!」
モモの助「同じジャンプの作品として、応援するでござるぞ!!」

アニワン放送予定

5月16日 煮えてなんぼのおでんに候

5月23日 燃える城!光月の一族の運命!

5月30日 再び現在!二十年の時をこえて

6月6日 海は海賊!討入り!いざ鬼ヶ島

アニメ973話

※長文失礼します。

・しのぶ「誰がバカ殿だ!?言ってみろ!!!」
ヤマト「あなたの言葉で僕は泣いた!!」
おでんを想うしのぶの気持ちが当時8歳のヤマトに響き、20年後彼女を突き動かすことになったわけですね。(98巻994話「またの名はヤマト」より)
しのぶはベテランくの一という肩書きですが、原作988話「待たせたな」の回ではモモの助を縛る鎖を上手く外せず、この時そばにいたキングからも「手際が悪かったな…!!」と指摘されるなど、正直いまいちな部分も目立つキャラだとは思っています。
でもおでんを想う気持ちだけは昔から確かなので、そこが彼女の一番良いとこだとは思っています。もししのぶが20年前おでんへの想いを口にしなかったら、ヤマトもここまでおでんを慕うことはなかったかもしれませんしね。
「誰がバカ殿だ!?言ってみろ!!!」、大げさかもしれませんが、歴史を大きく動かす重要な言葉になったのかも?

・「どうなってんだ 奴の皮膚は」、今回のアニメの元である原作971話「釜茹での刑」では猿飛がこの台詞を言っていた感じですが(この台詞の時、猿飛の口が開いていたため)、アニメでは猿飛ではなく福ロクジュが言っていました。
また「どうなってんだ 奴の皮膚は」から「どうなっている!?奴の皮膚は」と、台詞が微妙に変わっていました。
今回のアニメでの猿飛の台詞は原作にもあった「隊長 しのぶです!」だけでした。

〇お庭番衆、猿飛の声は平井啓二さん
・前回のアニメ雑談㉓でもコメントした方です。お馴染みの青二プロ所属の声優さんで、アニメでは常連のお一方で。
ノズドン(シーガル)役などで少し前にもアニメに出演し、これまでアルビオン・イカロスムッヒ・リトルオーズJr.・ブラメンコ・アマドブ・アブドーラ・ミノコアラ・スパイダーマウス・28男カトウ・ペンギンなど、多くのキャラをアニメで演じてきました。
高塚正也さん(Mr.5・ティラノサウルス・ジャイロ・マミー・綱ゴロー役等)などと共にONE PIECEのアニメには欠かせない声優さんだと思っています。
声優さんが判明していない見廻組のホテイも含め、この先アニメに登場するであろう、八茶・七鬼・四鬼・五鬼・十鬼・ブリスコラ・フォートリックス・ポーカーのうちの誰かは声が平井さんや高塚さんになるような気はしています。

・それにしても「声の出演」で猿飛の下に書かれていた「お花」というキャラは誰でしょうか?アニメを観ていても分からなかったです。
同原作971話で縛られていた女性かな?手前にいた。彼女は髪に青い花の飾りを付けていたので、そこからお花なのかな?髪の色は黄色で、アニメオリジナルで「助けて…」という台詞がありました。
他にも彼女(お花?)の横←にいた男性は「家族に…会いてえ…」と言うなど、オリジナルの台詞もありました。これらの言葉により結果としておでんは頭を冷やし、5年間カイドウとオロチに従うことになりました。民の命を守るために。

・お花役の金子有希さんは、平井さんや高塚さんと同様、青二プロ所属の声優さんで、前回のWCI編では32女オールメグ役で出演しました。

今回は特別熱かったですね
それ故に、カン十郎がちらつくと
胸が痛くなりました

作画過去一で最高に
作られている気がします

ここにきて、ありがたいことですね。

ヤマトのシーン見逃してた

戦いが厳しいものになるとかなんとかいう理由でおでんを騙して5年間も戦力補強しておいて
『お前のような男を待っていた』と言われてもなあという気がしますけど

アニメ972話

※長文失礼します。

・しのぶには「勝ぞうの孫説」がありますが、今回のアニメ(972話)を見てその可能性もあると思えました。
今回のアニメは原作970話「おでんVS.カイドウ」の再現回ということで、少女時代のしのぶがアニメで描かれ、その髪の色は茶色でした。そして勝ぞうの葬儀にいた孫の少女の髪の色も同じ茶色でしたので、同一人物であるかも?
ただ厳密に言えば同じ茶色でも、しのぶの髪は色が濃く、少女の髪は色が薄かったので、完全に色合いが一致しているわけではないのですが、「色の濃さに関しては誤差レベル」と考えれば…?

・しかし黒炭ひぐらし、モモの助に変身し人質のふりをして、おでんVSカイドウの誇りある戦いに水を差してしまいましたが、ひぐらしだってカイドウを助けるつもりでやったんだと思いますよ。
卑劣な手段ではありますが、ひぐらしにとってはそれは当たり前なのかも?彼女なりではありますが、あくまで自分の考えややり方でカイドウを助けようとしたのでしょう。決して戦いの邪魔をすることが目的ではなかったと思います。
あと偽者のモモの助に刃を向けていた名もない百獣海賊団の男。ひぐらしの人質作戦の協力者として、あの男もひぐらしと同様後で処分されてしまったのかな?
まあいずれにせよ卑劣な手段はカイドウに好まれなかったということですな。

・あとアシュラ童子がキングに倒された後、錦えもんはクイーンに後ろから攻撃され倒れました。錦えもんとクイーンの場面はアニメオリジナルでした。
原作970話ではシルエット姿と思われたキングとクイーンもアニメでは姿がはっきり描かれ、台詞も追加されました。

手下「こちら第1部隊。全滅しました!光月おでんの強さはわれわれの想像をはるかに超えています!」
クイーン「チッ!情けねえな。たった11人の侍にいつまでてこずってやがる。こっちの兵力は1,000人だぞ」
キング「見てられんな」

クイーン「突っ込め~!」
手下「おでんの首を取れ!」
錦えもん「雑兵はわれらで食い止めるぞ!」
クイーン「行かせねえぞ!」
錦えもん「うおっ!」
クイーン「お前らの相手は俺だ」
錦えもん「望むところ!」 など

・それにしてもキングが持っていた松明の火が青かったですが、どうして青い(水色の)火なのか少し気になりますね。それも火災のキングという、火や炎に関する彼の能力ゆえか?

お庭番衆・声

(アニメ971話)※長文失礼します。

・オロチが九里に現れる場面では原作(969話)では見かけなかったお庭番衆の「雷刃」と「風影」の姿が確認できました。少なくとも2人は20年前からお庭番衆にいたようですね。(風影は小さく描かれ、登場も一瞬でしたが)
まあ風影は戦闘シーンも描かれないまま原作1007話「たぬきさん」にてヒョウじいにあっさり倒され、(今のとこ)雷刃も鬼ヶ島では見かけていないので、2人とも扱いが良いわけではないのですが…
雷刃は94巻945話「おリン」の回でゾロに斬られる場面があったので、初めから鬼ヶ島へは来ておらず、今はワノ国本土で傷の手当てをしているのかも?(さすがに死んではいないと思う)
ちなみに雷刃の声はウソップ役の山口勝平さんだったりします。(粗忽屋東品川店の名義で)
しかし20年前にお庭番衆に雷刃がすでにいたということから、雷刃の相方的な風刃も当時からお庭番衆にいたと思われます。雷刃と風刃はどちらも身長200㎝で、どちらも得意技がぬめり格闘(97巻SBSより)であるため、その共通点から2人は双子の兄弟ではないかと思います。雷刃と風刃のモデルである雷神と風神は対になっていますしね。

・また原作971話「釜茹での刑」の回に登場するお庭番衆の「猿飛」も今回のアニメ971話で先駆けて登場しました。
20年前がたいのいい忍者の男が福ロクジュや大黒たちと一緒にいましたが、その大柄な体格や炎のような髪型、そして今回のアニメにより判明した、白っぽい薄い緑の髪、オレンジのマフラー、紺色の忍者衣装という、前に登場したお庭番衆の猿飛と同じカラーリングなどから考えて、20年前にいた忍者の男が猿飛だということが分かります。
まあ彼が後年鬼👹の面を付けるようになった理由までは分かりませんが。(少なくとも20年後は鬼の面を付けている)
もしアニメで猿飛役の声優さんが判明するのなら、声は三浦祥朗さんがいいです。アブサロム役などの。

・今回声優さんが判明したキャラは、少女時代の日和(大和田仁美さん)とヒョウ五郎の妻(佐藤智恵さん)。

・本来の日和役である水樹奈々さんは少女役もお上手な方です。しかし水樹さんは今産休中ということもあるので、今回の大和田さんの出演は水樹さんの代役ということかもしれません。
・あと今更ですが、個人的には水樹さんには日和ではなくお玉を演じてほしかったですね。他にもお玉役として竹達彩奈さんや小倉唯さんも希望していました。
まあ少女キャラや女性キャラはワノ国編から先の長編にも何人も登場すると思うので、竹達さんや小倉さんのような人気女性声優さんたちがこの先多く出演してくれることを願いますよ。もしイム様の正体が少女や成人女性であれば声は人気声優の悠木碧さんがいいと思っていますし。

・ヒョウ五郎の妻役の佐藤智恵さんは、長寿アニメ『クレヨンしんちゃん』のボーちゃん役で有名で、最近だと『妖怪ウォッチ』の主人公の親友キャラ、カンチ(今田干治)役とかも。
佐藤さんは80年代から声優をしているベテランの方で、お馴染みの青二プロにも長く所属していると思われますが、ONE PIECEのアニメには何気に初出演っぽいです。

20年前の時点ではクイーンはサイボーグじゃなかったのね。腕が義手じゃない。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索