記事一覧

ワンピース 第1012話“うず”感想その②


[週刊少年ジャンプ23号]

(コミックス派はネタバレ注意)

第1012話“うず”感想その②


 

サブタイトル“うず”に込められた意味


今回のサブタイトル“うず”

作中ではヤマトが戦いたくて「うずうず」している描写があり、そこからのサブタイだろうと思っていた。

9315.jpg

しかし、それだけだとサブタイにするにはやや弱いのでは?というコメントが。

つまり、もっと複数の「うず」が掛かっているのではないか、と。

今回の”うず”。

各フロアに対決したい者達が居て”うずうず”

傷が疼き”うずうず”

渦= めまぐるしく動いて入り乱れている状態

――で人も思いも渦巻いているということですかね。

勿論読者も今後読みたくて”うずうず”。

2021/05/10(11:05)


今まで赤鞘たちは大きな集団で動いていましたが、前回からバラケ始め、さらに今回は個々で動くことになりました。

それが小さな「渦」を意味し、徐々に成長し近くの「渦」と合体したりして、百獣海賊団を崩壊させる大きな「渦」となることを暗示しているのかなぁ、と。

2021/05/10(10:48) 塩アメ


私も「渦」も掛かっていると思います。

冒頭の菊とイゾウのケガのやり取りに掛けて「傷が疼く」の意味もあるんじゃないかと思います。

2021/05/10(11:15) ノースシーロード


ヤマトの能力に「渦」が関連してるとか?

2021/05/10(08:42) 満貫エイトサウザンド


 「うずうず」「渦」「疼」…!

なるほど~!!

今回の話の中にこれだけの「UZU」が込められていたのか!!!



シャンブルズで入れ替わった「飛んでる何か」


ローはゾロ&ゼウスを連れて屋上から離脱。

元々どこへ飛ぼうとしてたのかは不明だけど、結果的に城内2階の空中に“シャンブルズ”。

「飛んでる何かと入れ替わっちまった」

9310.jpg

ローも予想外の様子。

この「飛んでる何か」ってのは何だったのかな?

飛んでるって事は、生物だろうか…

もしくは直前に城内2階で爆発があったから、「瓦礫」か何かの可能性もあるかも。

仮に生物ならロー達と入れ替わりで屋上に「誰か」が行く事になるんだけど、今のルフィVSカイドウの戦いに水を差すような者が行くとは思えない。

空を飛んでいるキャラの筆頭といえば翼を持つキングだけど、トップ同士の戦いに大幹部レベルは割り込まないんじゃないか、と。

だとしたら、翼や羽を持つギフターズとか?

ルフィとカイドウの戦いの結末を見届けて皆に伝える役目のモブとかなら、無くもないのかな?と。

コメ欄より☟

メアリーズが屋上に行ってて城内にルフィとカイドウの戦いが実況されちゃうとか?

2021/05/10(00:16)


コレだ!めっちゃありそう!!

[スポンサーリンク]

 

続!赤鞘マッチアップ案


感想その①の方で、各戦場にバラけていった赤鞘の侍達のマッチアップ予想をしてみた。

特に、まだ相手の決まってない錦えもん、傳ジロー、イゾウ、河松は誰と戦うのかな?と気になってるマン!!

なので、コメント欄の中から「これだ!」と思ったモノを取り上げてみる!

ライブフロアに向かったことや、河松のこれまでの因縁(囚人として長く囚えられていたこと)を考えると、クイーンと戦うんじゃないかと……!

2021/05/10(01:26)


傳ジローはササキと戦うでしょうねー。

このままあの裏切りがスルーになるとは思えませんねー。

2021/05/10(16:11) ワンピース大好きマン


河松は兎丼の因縁からクイーン戦に加勢。

傳ジローは元“親友”のササキと対峙!

ありそうありそう!!

ササキは既にフランキー将軍が戦ってるけど、対戦カードスイッチも全然ありだ~



ルフィとカイドウのサシ勝負に対するヤマトの反応


ルフィとカイドウが現在屋上にて一対一(サシ)の勝負をしていると知った時のヤマトの反応。

「え、“一対一(サシ)”…」

9312.jpg

カイドウはサシでやるなら世界最強の呼び声が高い。

そんなカイドウとサシ勝負をするなんて…

――という、単純な「不安の表現」なのかな?

というのも、ゾロやサンジはルフィの勝利を疑ってないのよね。

これは仲間かそうじゃないかの違いを表してるだけなのか…

それとも、カイドウは単純に強いだけじゃなくて何かがある?

この辺り、少し気になるよね。


――という事で、第1012話“うず”の感想その②でした!

感想その①はコチラ☟

ワンピース 第1012話“うず”感想その①

9309.jpg

[スポンサーリンク]

コメント

飛んでる何か

これ、ずばり孔雀の能力を持つ日和じゃないですかね。
日和は今、屋上の岩陰に隠れて戦況を見つめてると思います。
猿ルフィと桃のすけが犬ヤマトに合流して
そこに日和が現れたら桃太郎オマージュ完成です。

No title

モリアがゾンビ軍団がいれば勝てていたみたいな発言していたから、数がいないとカイドウには勝てないのかも。そう考えるとヤマト(もしくは飛んでる何か)がルフィを救わないとまずいかな。

↓さも自分で考えたかのような書き方...神木のパクリやん


おでんの航海日誌と今回出てきた「おでん漫遊記」は本当に同じものなんでしょうか?
今まで航海日誌が描かれてる場面では全部右綴じになってますが、「おでん漫遊記」は左綴じです。
それに984話に描かれてる航海日誌の表紙は小さいのではっきりしないけど四文字のタイトルになってるような?

No title

サシについて、例えば、見聞色の覇気がスゴくて、一人に集中するとその動きを確実に捉えられるとか。複数いると、他の人は見えなくなるから負けちゃうとか。

No title

おでんの航海日誌と今回出てきた「おでん漫遊記」は本当に同じものなんでしょうか?
今まで航海日誌が描かれてる場面では全部右綴じになってますが、「おでん漫遊記」は左綴じです。
それに984話に描かれてる航海日誌の表紙は小さいのではっきりしないけど四文字のタイトルになってるような?

菊の「カン十郎は拙者に討たせてください!」の後の、錦えもんの「……」が何か引っかかります。
錦えもんは何を考えたのか。
・討てなかった菊にヤツが今度こそ討てるのか
・カン十郎は拙者(錦)が討つ!
・本当に菊は討つ気があるのか、もしかして間者なのでは…

なーんか引っかかります。

No title

「飛んでいる何か」=マルコ

これで鬼(カイドウ)の前に
サル(ルフィ)とキジ(マルコ)が揃う。
あとはもものすけと犬
犬はイヌアラシ?
それともヤマトの能力?

No title

今回のシャンブルズのとき、ローはゾロに触っていましたか?

シャンブルズは同数の物体と入れ替わるので、
もしゾロに触っていたのなら「飛んでる何か」は1個(または一人)ですが、
触っていなかったのなら「飛んでる何か」は2個(または二人)になるのでは?
ゼウスは、もともと浮いているので微妙かな…。

メアリーズと入れ替わったのなら、飛行中のムササビのSMILEバオファン?


ルフィとカイドウのサシを知ってヤマトが「急がなきゃ!!」と言ったのは、
いくつか理由があると思います。

カイドウに「新鬼ヶ島の将軍にはならない」
「爆発する手錠で20年間も鬼ヶ島に監禁なんて、親子の縁を切る」
「開国後、おでんの意志を継ぎルフィと一緒に冒険する」を宣言。

カイドウをブッ飛ばし、力ずくでそれらを認めさせるつもりではないでしょうか?

すでにルフィはヤマトに、目の前でカイドウをブッ飛ばす了解を得ているので、
共闘はありでしょうね。

No title

ビッグマムは、なんだかんだ言って過去回想編もあるくらい重要なキャラで、ここで誰かに負けて退場にはならないと思います。マムがルフィを敵として見てる理由は、喧嘩を売られ、娘の結婚式とお茶会をめちゃくちゃにされた事が主要因ですが、その理由にはマムも納得できると思うし、勘違いからのすれ違いもあったような気がする。夢や目標とするところも近いし、カタクリの存在もあるし、やはりカイドウを倒したあとマムとは和解する気がします。ナミとマムは意気投合し、ゼウスは合意的にナミの元へ。マムはまたサンジの作ったケーキが食べられると喜ぶ......どうでしょう?

鬼ヶ島戦も後半だと思いますが、まだまだ気になるポイントが出てきて先が読めませんね。
モモが日誌を読んで何を知りどう動くのかも重要だと思います。
CPもどこで関わるか分かりませんし、どういう落着を迎えるでしょうか。

No title

実はセリフにも、、、
「ウル頭銃」が、ウルで改行して、「うず」になってますな!

うず

・腕を切られた菊の疼き
・昔イゾウと離れ離れになった時のことを思い出した菊の疼き
・ペドロが死んだことを知ったネコマムシの疼き
・骨が2〜30本折れていたゾロの疼き
・ビッグマムという4皇との戦いに巻き込まれていく一味の渦
・戦いにワクワクするヤマトのウズウズ
・子供がやられそうになることが許せないと改めて気づいたナミの疼き
・この展開に熱さを感じた読者のウズウズ

ナミ+ヘラにも期待

※長文失礼します。
④ヤマト・サンジ カイドウ・ジャッジ(未登場)
・「一対一…急がなきゃ!!」、ヤマトはこの後ルフィVSカイドウの決戦の場に向かってくれるようですね。それはありがたいとこです。
やはり「父と子、親子の対立」というのは漫画やアニメの王道ですからね。前回のWCI編では「サンジとジャッジの親子対立」でしたし。
・カイドウとヤマトの親子の間で、どういう言葉が交わされるか気になります。以前サンジが父ジャッジに言ったように、「お前はおれの父親じゃねェっ!!!ヴィンスモーク・ジャッジ」、「二度とおれ達の前に現れるな!!!」という親子訣別(?)の流れとなるか?ヤマトも(表向きは?)「父は死んで構わない」など言っていたことですしね。(98巻987話「忠臣錦」より)
ただサンジとジャッジの場面(87巻870話「訣別」より)では、息子のサンジは「熱くなりすぎた…」などと感じたのか、「お前はおれの父親じゃねェっ!!!…」の台詞の後、冷や汗をかいてフーフー息を切らし、父のジャッジも気まずい表情になって冷や汗を流すなど、この時は親子して似たような顔つきをしていましたよ。
なんだかんだ言ってもお互い気にかけてはいたのでしょう、心の底では。
そういう意味では似たもの親子ですよ。サンジとジャッジは。
さてこんな感じのサンジとジャッジ親子ですが、果たしてヤマトとカイドウ親子はどうなるか?
⑤お玉
・うるティに引っ叩かれるお玉。「8歳の子供でも戦場に出れば攻撃対象になり得る」という、リアルな教訓も感じるとこですが。
ですが攻撃などにより気を失ってほしいキャラではないですよ。もしナミたちとマムが戦うことになったら、それを止めることができるのはお玉しかいないと思っていますから…
⑥ビッグマム
・「麦わらの一味 あいつの後はお前らだ!!!」などと、マザーモードで優しくなる対象はあくまで8歳のお玉だけですか…うるティはともかく、ナミたちにまで優しくなれなかったのは少し残念なとこですが。
まああくまでマザーモードであり、心の底から優しくなる「おリンさん」とはまた別ということなのでしょう。
ただお玉を「おれのダチ」などと言っていたことから、お玉への友情は確かなようなので、そこは一番期待したい部分です。もしナミが負けそうになったら、代わりにマムにうるティを倒してほしいです。傷つけられた友(お玉)に報いるために。
⑦ナミ・ゼウス・うるティ ヘラ(未登場)
・ナミVSうるティ。「女性の敵にはナミ」というのは王道な気がしているんですよね。リトルガーデンではビビと共にミス・バレンタインを、アラバスタではミス・ダブルフィンガーを、エニエス・ロビーではカリファを倒すなど、「味方側のヒロインとして、敵の女性たちと戦うのがナミ」という印象が強いです。
・さて、うるティを相手にこの後どう戦うか?以前1004話でうるティと戦った時、「倒せないわよね…!!」、「もっと強い雷じゃなきゃ…!!」などと言っていたので、重要になるのは雷⚡の力、延いてはゼウスのことだと思うので、やはりうるティを倒すためにゼウスの力を借りるか?
・あるいはゼウスではなくナミはヘラの力を借りることになるかもしれません。ゼウスはマムのとこに戻り、代わりに新人のヘラがナミに力を貸すという展開になるかも?
これまでの流れを考えれば「ナミ+ゼウス」というコンビのほうが合っているでしょうけど、この後「ナミ+ヘラ」という、女性同士の新コンビ結成となるかも?ナミとヘラの合体攻撃によりうるティを仕留めるか?

サシでやるなら

サシでやるならカイドウ…
ということは過去にその光景を見た者が何人かいたのではないでしょうか?

一対一でなければならないということはカイドウには周りもろともカイドウの仲間も全滅させるような力がありそれを知っているヤマトがルフィを助けにいく展開があるのではないでしょうか?

ゾウで言ってたフランキーの対カイドウ用の武器が気になりますが、カイドウの所へは行かないのかな?

うずの件サンジ(眉)もいれてー

マッチアップからの今後の展開

ビッグマム海賊団から、なぜペロスペローだけが参戦してるのか気になってました。
ここで、ビッグマムとペロスペローが負けることで、ビッグマム海賊団の実質No.1は、カタクリになります。
次に、百獣海賊団ですが、カイドウ、大看板、飛び六胞が負けると、ヤマトが実質No.1になります。

これにより、ビッグマム海賊団と百獣海賊団は、名前を変えて、麦わらの一味と友好関係になるという展開は、無いでしょうか?

いままでの戦いってタイマンが当たり前くらいのがあったけど、この色んな思いや立場の人たちが渦巻いている戦場では割り込みとか裏切りが当たり前になってる。ルフィがカイドウに勝てれば倒すのは誰でもいいし、ゾロが負けても他で勝てれば麦わらの一味の負けにはならない。

自分は菊のカン十郎討伐志願後の、錦えもんの『……』が引っ掛かりました。
結果的に菊に任せてはいましたが、疑心が残る錦えもんは自分と同行するよう伝えたのでは無いかと。
あそこでカン十郎は菊に任せ、錦えもんは別へ向かってもよかったのでは?
錦えもん自身も戦力の分散を発言していた矢先でしたし。

管理人さんが記事にされていたイゾウと菊の黒炭血族説を自分は推しています。
今回の冒頭でも触れられていましたが、イゾウと菊を別離させるきっかけとなったおでん様の強行出港に対する憎悪も相まっての裏切りか…。
と、まぁただの妄想考察ですがどうでしょう?

No title

首一本が残っているハズのオロチが気になりますね……傳ジローが討ち取りに戻っているか、モモの助の前に現れるか……。

ジャックの扱いが小さ過ぎる気がするんだよなあ
イヌアラシだけだと荷が重過ぎるとおもうので、赤鞘以外で誰か助太刀に来るのでは、と予想
そしてそこで瞬殺w
どちらにせよジャックの見せ場はやられるだけ…

No title

菊の「かゆい」は武士の矜持だけでなく、錦えもんの影響もあるのかも?

パンクハザードで錦えもんがサンジに蹴られて壁にめり込んでも、
「痛…痛…かゆい!!」と言ってました。

菊は、小さいころから錦えもんが大好きですから。

夜明けを知らぬ王と九つの影・・・最後にまた全員集合するはず・・・

菊のセリフ、昔、男塾で羅刹が腕を失った後にかすり傷だと言ったのを思い出す。オジサンには嬉しい

カン十郎にトドメを刺すのは錦えもんの務めですかね。
ネコマムシはペドロの仇でペロスペロー、河松は日和のボディガード、イゾウと菊はマルコとの共闘でナンバーズの残り、ゾロはマルコに手当てしてもらった後で炎をまとうキング、サンジはジャッジとの因縁があるクイーン、ヤマトはこのままモモの助のボディガードでいいのだろうか…見せ場が足りない気がします。以上予想でした。

赤鞘

イヌアラシは ジャック
雷ゾウは 福ロクジュ
アシュラは 偽おでんと共にで…

イゾウ、菊、河松、ネコマムシ
残りの錦えもんと傳ジローはドコに?

菊には もう一度カン十郎と相対して決着つけて欲しいな!
一人一人バラけていくのかな?
それはそれでカッコいいね!

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索