記事一覧

カイドウは何故“ジョイボーイ”を深く知っている?


第1014話“人生の大根役者”の冒頭、カイドウに敗れたルフィが海に沈んでいった。

その様子を見ながらカイドウはこう呟く。

「お前も…“ジョイボーイ”には…なれなかったか…!!」

9369.jpg

ジョイボーイとは“空白の100年”に実在した人物であり、「現代に再び現れる」とされている謎の存在。

そしてラフテルに「とんでもねェ宝」を残した張本人でもある。

さて、このジョイボーイなる存在を、何故カイドウは知っているのか?

しかもただ名を聞いた事があるだけではなく、ジョイボーイの役目のようなものについても深く理解しているかのような口ぶりだ。

これまで作中でジョイボーイについて知っていると思われていたのは…

●ポーネグリフと共に伝説が伝えられている魚人族の王族達
●ラフテルに到達したロジャー海賊団のクルー達
●ポーネグリフの古代文字を読みとれるロビン

7828.jpg

では、カイドウはどこでジョイボーイについて知ったのか。

今回はこの件について考えてみたい。



カイドウはどこまで知っている?


カイドウはジョイボーイについて、どれ程知っているのか。

今回の短いセリフの中から読み取れるのは…

9369.jpg

●ジョイボーイという存在
●ジョイボーイが現代に現れる事
●ジョイボーイの役割(?)
●かつてジョイボーイになれなかった者達の存在

これは、仮に魚人島にあるポーネグリフを読めたとしても汲み取れる情報量ではない。

他にも世界各地にあるポーネグリフに、ジョイボーイの存在が記されていたりするんだろうか。

例えば、ワノ国にあるポーネグリフの内容がそうなのかも。

ただカイドウは古代文字を読めないし、百獣海賊団のクルーにも古代文字に精通した人物は居そうにない…

ならば、どこで知り得たのか。



ロックス時代の船長ロックスの存在


カイドウの海賊史を遡ると、ロックス海賊団の見習時代があった。

かつて“世界の王”を目指した男・ロックスが率いた海賊団だ。

ロックスは「世界の禁忌」に触れすぎたとセンゴクは話していた。

9370.jpg

その「世界の禁忌」の中にジョイボーイの情報も含まれていたのだろうか。

仮にそうであるならば、カイドウはその時代にロックスからジョイボーイの存在や役目を聞いていたのかもしれない。

ロックスも名に“D”の文字を持つ“Dの一族”

運命か宿命か、ジョイボーイの存在について知り得てもおかしくはない。

これからカイドウの過去に多少なり触れるのであれば、ココと繋がるのが一番しっくりくるよね。

[スポンサーリンク]


ジョイボーイになれなかった者達


カイドウがロックスからジョイボーイの情報を聞いたのであれば、「かつてジョイボーイになれなかった者」もロックス本人?

ジョイボーイが当時の人魚姫(ポセイドン)との約束(世界を夜明けに導く?)を成す存在なのであれば、現世界政府との衝突は避けられない。

事実ロックスは“世界の王”を目指しており、当時世界政府の転覆を目論んでいたと思われる。

やり方は過激だけど、ジョイボーイとして成すべき事をしようとした可能性もあるよね。

もう一人の候補が入るとしたらロジャー?

ルフィ=現代のジョイボーイとするならば、多くの共通点を持つロジャーもそうだった可能性が高そうだ。

2年前の頂上戦争で白ひげは黒ひげにこう言っていた。

「お前じゃなェんだ…ロジャーの待ってる男は…」

7400.jpg

それが“ジョイボーイ”であり“ルフィ”である!

――と繋がるのが一番可能性高そうだよね。



カイドウはワノ国でジョイボーイを待っている?


カイドウがワノ国に留まり続ける理由は、ジョイボーイがこの地に現れる事を知っているから?

「あと20年もすれば…その”巨大な戦”の主役達が新世界に押し寄せる…!!! カイドウを討てるのはそいつらだ!!」

8864.jpg

おでんの言うこの人物こそジョイボーイだと思われる。

カイドウもそれを知っていて、自分の「死」を完成させてくれる人物を待ち望んでいるかもしれないね。

だから今回の冒頭でルフィが敗北した時に呟いた「お前も…“ジョイボーイ”には…なれなかったか…!!」の真意は、「お前もおれを討てる存在ではなかったのか」という意味も含むのかもしれない。


いずれにせよジョイボーイを深く知るカイドウ。

ワノ国編も終盤に入っていると思うけど、ここからカイドウの過去編が始まったりするのかな?

個人的にはロックス時代についてめちゃめちゃ知りたいで候!

[スポンサーリンク]

コメント

なんでロックスって名前でよばれんてねやろ?
モンキー·D·ルフィー→ルフィ
マーシャル·D·ティーチ→ティーチ
ハグワール·D·サウロ→サウロ

ロックス·D·ジーベック→ロックス

ジーベックじゃないの?普通

ロックスの魂ってカイドウの中に入ってるのかもって思っちゃいました。
マムの能力でロックスのウオウオの能力を死ぬ前にカイドウに移した、
カイドウにルフィに雷鳴八卦する前に一度笑った時があってそれの口がいつものカイドウと違う感じがしたのです。
今もカイドウの中で生きてるとか

No title

ジョイボーイは普通にルフィだと思う。ルフィが倒れた直後に言うってことは最低限カイドウに迫る強さが必須。
モモノスケは自分が無力だからこそゾウでルフィに助けを求めたわけで、急に強くなる展開は話の流れ的にあり得ない。

あとルフィは英雄じゃないかのように言う人がいるけど、アラバスタやドレスローザでは英雄視されてるから今さらなんだよね。

ジョイボーイって(の説)?
微妙のB型の偏見推理でお送り。
ジョイボーイは少年の心を持ってる人だと・・・それとたからものも入っていると推測(たからものは無能の者。 小ばか者。 愚人、無能者を嘲る言葉。)・・・その事からおでんさん、ルフィはジョイボーイ。そう人が真っ直ぐでこわい。MひとりごとM

恐らくジョイボーイはコビーですね

ルフィの親父もドラゴンだけど何か関係あるの?

モモの助がジョイボーイならシャーリーの予言や海王類の遠い海で王が生まれるの件が変わってくるし、おでんがすでにモモがいるのにジョイボーイがいつかやってくると言うのは違和感がある。モモにおでんやロジャーが、いつかお前がジョイボーイになるだろうって思うシーンが必ずあるだろうしなぁ

No title

本当にこの漫画奥が深いな。ジョイボ-ルなら知ってるけどジョイボ-イって一体何なんだろう?
今後の展開が楽しみ。

ジョイボーイといえば魚人島→海王類ですね

ロジャーやおでんは、「万物の声」によって海王類の声を聞くことができました
もしかすると、「万物の声」を聞くことが、ジョイボーイの条件であり、カイドウ攻略の鍵なのかも?
(ルフィも聞けはしますが、これを攻撃転用するには至っていませんね)

また、カイドウがウオウオの実を食べたのは「万物の声のうちの海王類の声」を聞くためだったのかもしれませんが、それでは聞くことはできなかったなど考えることもできます
ワンピースを得るためにはカームベルトの攻略は必須でしょうしね

ジョイボーイになれなかったのはカイドウもそうでしょうけどシャンクスもじゃない?
ジョイボーイになる資格としてカイドウを倒せる強さ以外にも何かあるんでしょうよ
少し不思議なのが、ジョイボーイって古代文字が読めなきゃたどり着けないワードだよね?
カイドウそんなにポーネグリフに興味無さそうに見えてたんだけどな
和の国に来た理由のひとつに古代文字の解読って目的があったとするならおでんは殺さないでしょ?

ノアにのせるのって魚人島の人たちなのかな?
地殻変動orそれ以外の理由で崩壊する魚人島の人たちが乗ることに。ルフィたちがノアに乗せるのを手伝う形になるとか? 、、、。分かりませんが返信ありがとう。

既に何人かの方が書かれていますが、“お前も”ジョイボーイになれなかったか、というのは、“俺も”ジョイボーイになれなかった。という意味にも取れるなと思いました。

マムが以前言っていたカイドウへの「一生の恩」は、ウオウオの実の幻獣種をあげた事でしたよね。
これが仮に、カイドウ自身がそれを望んだ(なんならどうしてもその実が食べたかった)という話なら、どうしても龍になりたったのではないでしょうか。
竜宮城には大きな龍のモニュメントがありますが、“竜”だからという単純な理由ではなく、王族に伝わる待ち人“ジョイボーイ”を模して造られたものだとすれば、ジョイボーイは龍だった→カイドウもジョイボーイに憧れて龍になりたかったのではないかと。
カイドウという名前もジョイボーイへの憧れから来ているのであれば、マムが「お前おれに大きな借りがあるよね、“カイドウ”」と、名前を強調して言っていた理由にも繋がるかなと。
まぁ、JoyBoy≒快童という考え方がワンピース世界にもあればの話ですが(^^;

カイドウが現在のジョイボーイであり、次のジョイボーイの出現を待っている状態で、出現するまで死ねないと思いました。

なお、次のジョイボーイはモモの助です。モモの助が覚醒してジョイボーイになるシナリオだと思いました。
ルフィは覚醒をサポートする役目があり、ワノ国に来たと思われる。

モモの助がカイドウと同等の龍になってカイドウを倒し、ジョイボーイを継承するのでしょう。

>まめさん
ノア自体、世界中の人が乗れるほど大きくはないですしね笑
しかしそうなるとノアは誰が乗る予定なんでしょうね
海王類が引くって事は乗組員には操舵できないって事ですよね
それか位が高いから操舵させられないのかな?
乗るの天竜人だったりして笑

のちに地殻変動がおきてグランドラインの上下がそろう?それがワンピース意味? 世界が混ざったらワノ国は開国するしかないのかなと、、
地殻変動中に多くの人を避難させるのにノアの方舟が必要なのかと、、、ないか(笑)

私にはカイドウが絵の感じがしました。

話違いますけどワンピース世界の地球のグランドラインや島々って不自然なほど横一列だよね。
何か秘密有りそうですよね。春夏秋冬の島も入り乱れて混ざってるし、グランドラインで地球を割るとDの形になるし、、元々春夏秋冬あったけど地殻変動でめちゃくちゃなったような世界にみえたの。

今回の話で、ジョイボーイ=ルフィで確定したとは全然思いません。
読者全員にそう思わせといて、実はモモノスケでした!という大どんでん返しがありそう。

というか、ルフィに使命とか役目とか、似合わない。

ジョイボーイになれとか、世界を救えとか言われたら、逃げ出すのでは?
ルフィがなりたいのは、一番自由な「海賊王」だけでしょう!

しかし20年後にジョイボーイが現れるってなんで分かっているのだろうね?
まあこの物語の根本的な秘密にあたってしまうが、、。
実は歴史はすでに決まっていて、今現在の時が空白の歴史にあてはまるストーリーだったりして、、。時空パラドックス的な話になってしまうけど、、 和製英語で上下そろうことをワンピースと言うけど、、ないか、、(笑)

No title

ジョイって英語で
うまくいくこと、成功、満足、喜びって意味でしょ
ということは、、、なんだ?(笑)

カイドウは、やはり、ジョイボーイを待っているのでしょうね。「おまえもなれなかったか」は、自分を死に導いてくれなかった、という、半ば、諦め、半ば、ほっとしたような、そんな感情ではないか、と、勝手に推測させていただきます。総督閣下!

仮に、ロックスがジョイボーイのことを知っていたとして、ではそのロックスはどうやってジョイボーイのことを知ったのか?
これが、次の謎ですね。

ポーネグリフ経由の情報なら、オハラの学者達でしょうか。
当時は今のように「ロビンしか古代文字を読めない」という状況ではなかった。
古代文字を読める学者は多数存在し、その中に、ロックスに協力した者がいてもおかしくない。
妄想がはかどるなあ。

カン十郎が古代文字を読める可能性はないのかなぁ?

世界政府が倒されたあとの世界でもルフィはあくまで賊であってほしいから、変に英雄ボジションにおさまらないでほしい。
皆が待ちわびる英雄はコビーで良いと思う。

お前もて普通に考えて自分もでしょ。
カイドウ自身がジョイボーイ

盗み聞きしてたカリブーも一応ジョイボーイを知ってるってことにはなりそうだけど、カリブーがカイドウに教えたわけじゃなさそう
「ジョイボーイ」って称号っぽいだけど、ヤマトが言う「おでん」みたいな感じで、カイドウが言った可能性もまだあるかも
やっぱり、ロックス関連と考えるのが無難かな

ルフィって思うじゃないですか
ジョイボーイ
モモの助ですよ

カイドウ自身、ジョイボーイの出現を期待しているようですね
カイドウの言う「退屈な世界」がジョイボーイの出現によって変わるのかな?

ビッグマムも、トットランドの最初の方で、三将星にルフィがやられたと思った時に「アイツらも口だけか」みたいな、期待外れみたいな反応をしてたから、カイドウと同じく『ジョイボーイ』候補としてルフィのことを見てたんじゃないかと思ってる

ロックスは世界の秘密を知ったがジョイボーイになれなかった
拾った孤児に全てをたくし強くさせることを決意
ジョイボーイ→快童→カイドウ名前を付ける
カイドウは世界を夜明けに導くものになるために強くなる
しかしある時自分もなれないと悟ってしまった
大切に育ててもらった恩を返さず自分は死ぬしかない
ただ強くなりすぎて死ねない
世界の秘密を知る者として、世界政府が統治する腐った世界を夜明けに導くことは出来なかった代わりに世界を破滅させるほどの大戦争を起こしそこで見事な死を完成させたいと決意した

覇王色を纏ってみせたルフィを見て、カイドウが窮地ほど笑い、笑うほどに...かと笑う
ルフィにジョイボーイの素質をみたカイドウ
ロックスがそうだったように自身もルフィに激しくぶつかる
しかしルフィの覇王色を纏った攻撃は実にお粗末なものだった
そして自身を越えられないルフィに一言
おまえもまたジョイボーイになれなかったか
はどうですか?

個人的に思ったカイドウの言う"お前も"という複数のジョイボーイになれなかった者たちは、ロジャーの他にカイドウ本人も含む気がします。

魚人島のシルエット、
大人になったもものすけに
見えない?

ドフラミンゴかもしれませんね、いろいろ知ってるようでしたし
もしくはおでんの日誌を読んでいたとか
白ひげもいろいろ知ってたようですが、カイドウに話すとは思えませんね

カイドウはなぜか大きな戦争が起こる事も分かってますし、もっと沢山知ってそうですね
マムも同じくらい情報を持っているでしょうか
そもそもラフテルへ行くのにロードポーネグリフが必要な事も広まっていますし
何十年と海賊をやって大物になっていけば色々な所に情報が散らばっているのかもしれませんね

キングの正体もここに絡んでくるのも有。
一挙に色々明らかになって繋がりの違和感も無し。
マムの誘いも納得。

新たな過去が描かれない前提であれば、今のところロックス時代が濃厚ですよね。
もちろん百獣海賊団には古代文字解読者はいませんし。
僕の予想では、ジーベックはトキトキの実の能力者(トキ様の前任者?)に飛ばされ空白の100年以前からタイムスリップしてきた、なおかつ古代文字を解読できた者なのだと考えてます。
目的はDの再建及び世界政府への反逆、ジーベックはDの中でもルフィよりの善人者だと思ってます。
黒ひげとのリンクや、センゴクの語り口調などの影響で悪者扱いな現状ですが。
カイドウは古代文字を解読できるジーベックから、ひととなりを伝え聞いていたのではないでしょうか?

『カイドウ』って本名なんですかね?
そうじゃないとすれば、そこにもけっこう重要な意味がありそう。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

ONE PIECEの小ネタ呟いてます

7074.jpg

サイト内検索