記事一覧

ローの“穿刺波動(パンクチャ―ヴィレ)”で開けた大穴の意味


第1039話“大トリ”で、ローが放った覚醒技“穿刺波動(パンクチャ―ヴィレ)”

“衝撃波動(ショックヴィレ)”と同じ系統の内部から衝撃を与える技だが、それとは比較にならない程に刀身を伸ばして放っていた。

9992.jpg

鬼哭はマムの体を貫通し、空飛ぶ鬼ヶ島すら貫き、更にワノ国本土の地面深くにまで到達。

そこから放つ波動はマムへ大ダメージを与えると共に鬼ヶ島とワノ国の地面へ大穴を開けた。

その穴の大きさが技の威力を物語っているが、これを食らっても死なないビッグマムの怪物具合よ。

さて、ではローは何故「大穴」を開けたのか?

ただ「大技っぽく見せたかった」ワケではなく、穴を開けた事には明確な理由とローの考えがあるハズ。

今回は、この件について考えてみたい。



ビッグマムをその穴から落とす為


ビッグマムはワノ国編において、これまでに二度も「落ちる」経験をしている。

一度目はワノ国上陸時、キングにより船ごと蹴飛ばされて海に落ち、記憶喪失になった。

二度目は鬼ヶ島ドクロドーム屋上での決戦時、ロー達のコンビプレーで海へ落ちそうになっていた。

二度あることは三度あるという事で、ビッグマムの最期はワノ国の奈落へ落ちて終幕?

この穴がどこまで達しているかわからないけど、もしも潜港のある海面まで達していたらマムはリタイアになるよね。

9994.jpg

ローは、この作戦で倒そうと考えてるのかな?

キッドが放つ“電磁砲(ダムドパンク)”は、マムをこの穴に落とせるか…

ただヘラかプロメテウスが追いかけてしまうだろうけど。

[スポンサーリンク]


武器庫の爆弾と火前坊の存在


大穴が開いた場面でその存在に気付いたヤマト。

9992.jpg

わざわざこの描写を挟んだという事は、ヤマトはこの大穴を爆弾の処理に利用する?

上で考えたように、仮にこの大穴からビッグマムが落ちてゆくならヤマトもそれを目にするだろう。

今まさに爆発しそうになっている爆弾を、そこに落として回避するってのはあながちない話でもなさそうな。

火前坊も奈落へと向かう命令を受けているから、下が出来ればそちらに向かいそうだし。

ローとキッドはこの爆弾の存在を知らないだろうから、ヤマトが機転を効かせる事ができるかどうかがポイントになってくるかもしれない。

それが叶えば、穴に落ちるマムへの追い討ち攻撃になってくれそうだ。

そんな大爆発が起これば、ヘラやプロメテウスにとってもダメージになるかもだし。



大穴に鬼ヶ島で蓋をする?


ヤマトの他にもう1人、この大穴に気づいている人物がいる。

それが、ワノ国上空で鬼ヶ島を引っぱり続けているモモの助だ!

もしも、この大穴が海まで続いてなかったら…

鬼ヶ島を落として蓋をしてしまえば、マムを封印できる??

いや、それだけだとマムが回復したり、食いわずらい状態になったりしたら破壊して脱出してきそうだね。笑

そう考えると、やはり海に落として再度「記憶喪失」になってもらう方が良さそうな…

6819.jpg


ローの開けた大穴について、おぼろげながらこんな展開を考えてました。

皆さんのご意見もお聞かせください!!

[スポンサーリンク]

コメント

溶岩/マグマのある地層までブッ刺して、マグマをマムの体内まで引っ張ってきて、衝撃波。その過程での大穴。

エニエスロビーの大穴はオペオペの仕業か。オペオペの実こそ名前とやれてることの差が大きい。オペなんてほぼしてない。ルームで世界を包めたらとんでもない実。

ビッグマムは「疲れた、もうやめた。ロジャーがなんだい!ふんっ!!」と言って退散。トットランドに引き返すも黒ひげ登場。「ビッグマム、お疲れのとこ悪いが...この国はもう終わりだ。お前もろともな!!」

ゴムゴムの実が覚醒して周りに影響及ぼしてるんじゃないですか?

大穴はノックアップストリームを起こす為の物だったりして、ローのクルーが潜水艦で海に潜ってたのは海底火山を調べていたのかもしれないです。電磁砲と自然の力を合わせてマムを退場させる。

No title

空いた穴に島でふさぐ考察については無いかなと思う。

普通に考えて穴のサイズが一貫して同じなら、島ははまらないよね?
だって、島にあいた穴と同じ穴があいてるんだからそこに島が落ちても穴は貫通してることになる。

可能にするならば、島に空いた穴よりも下側の穴が大きくないと成り立ちませんね。

ズニーシャ

ズニーシャが鼻をぶっ刺す大穴と予想してますが、その後どうすんのか想像できてないです。
ロードポーネグリフって鬼ヶ島にあるんでしょうか?そしたら鬼ヶ島破壊するとかはないでしょうね。ズニーシャが鬼ヶ島を藤山に吹っ飛ばすとか?

落とす為に穴を空けたのではなくて、技の結果穴が空いただけ、だと思っていました

地球が回るチカラの一部を刀を介してマムにぶつけたと勝手に解釈していました

No title


穿刺波動(パンクチャーヴィレ)は”注射”系なので
「針の深さと時間は調和」するので”威力”は無関係。
ただ深く刺すのに時間がかかっただけ。



四皇は“簡単には倒せなかった”て結果の方が
今後の映画やストーリーにも使いやすいと思う!

だからマムもカイドウも”勝利”はするけど”倒さない”と思う。

おそらくマムはソルソルがあるから”封印”!
カイドウは”怒りが収まる”!
カイドウはそもそも”ただ怒ってるだけ”だからね!

他の方が言ってるけどこの技使えるならシーザーの毒とかを体内に入れられそうなんだけど解除すると弾き出されるとかそんなご都合技なのかな?

ローが剣を伸ばしたのは威力向上の為かなと思います。
穴を開けて落としたとしてもプロメテウスとヘラがいるし復帰は容易なはず
火前坊は特殊な火だとしても火薬による爆発ならプロメテウスで防げそう

キッドの一撃を当てる為踏ん張りの効かない空中にビックマムを追い込みたかったのか?

でもそれだと引き立て役だよなぁあんなに嫌がってたのに

別の意図があるのかな?

No title

やっぱり、マムの最後はマザーカルメルの真実を知って改心ってパターンが一番しっくりくるような。少年漫画的にも丸く収まる気がするし。

え、ただ波動の力を強化するのに必要だっただけじゃないの。
攻撃くらってまでもああしないと倒せないと思ったからの判断。
ただでさえ紙一重の状況で攻撃の後のこと考える余裕無いと思うけど。

マムが死んだらゼウス消えるんちゃう?

No title

ソウルを使い果たしたマムはシワシワの小さな婆になる。そして隠居生活へ。

ローがこんな大技を使えるなら、フランキーに強烈な小型爆弾を前もって用意してもらい、マムの体へ剣を突き刺した瞬間にでも、マムの体内へ小型爆弾をシャンブルズさせ、爆破させれば、かなりのダメージを与えられるはずなんだが。

さすがに、描写的にちょいとグロすぎるか、笑。

なるほど。鬼哭が床&その下の鬼ヶ島の大地に刺さった瞬間は穴の直径は細かったですが、ローが技を発動させた時はその衝撃で穴は広がっていますね。
床穴の直径は丁度マムが入るくらいの大きさ、そして大地はもっと大きなクレーターレベルに。
これなら確かにマムも下に落とせそう。

刀身伸ばせば面積広がって波動の威力が上がるとかそんな単純な理由じゃないですかね?

大穴にマムを落とす説あるけどそれって一時的な脅威の回避は出来てもビッグマムを倒すって言う根本的な解決にならなくね?

ただ単にマムをぶっ倒す為にやった事だと!
あいた穴は、その威力を物語ってるかと!
技が発動中に何かの為にとか、誰かの為にというのはないと思います!
結果、あいてしまった穴を誰かが何かに使うというのはアリだと思います!

この大技をやる前にキッドに何かいいたげでした。俺が穴を開けるからお前は落とすような攻撃をしろって言いたかったんだと思います。

ワノ国編開始当初から疑問だった花の都の富士山のいびつな細長〜い形…。
ローの開けた大穴にこの富士山がズポッとハマる展開ないですかね。
オロチ城は瓦解され、富士山に刺さった鬼ヶ島を拠点にモモが将軍としてヤマトが鬼姫としてモモを守るとか。

No title

身もふたもないが、
ロー自身は考える余裕はない。

No title

爆薬、火前坊、マムの順で穴に落ちる。
で、ロケットのようにマムは彼方へ飛んでいく。

地底の石ころとマムをシャブルズする。

だからローが鬼哭を伸ばしたのは、マムに致命傷を与えるには大地のエネルギーや地殻のエネルギーが必要だったから?
今のところそんなイメージです。

あの開いた穴自体がストーリーに絡んでくるのは間違いないと思いますけど。

今の段階ではなんとも言えませんが、そもそも鬼哭が大きく太く長くなったと言ってもビッグマムを貫くくらいにしか太くはなってないわけだから、あの穴にマムを落とすのは無理がある様な。
実際穴小さいですし。

波動

補足情報
波動医学は、ドイツやロシアを中心に代替療法として活用されています。1970年代後半に元々トンネル技師だったドイツのパウル・シュミットは土木工事を効率よく行うために、地中の障害物を掘削前に確認する方法として「ダウジング法」という技術に着目しました。

 「ダウジング法」は、地中に隠れている物質や水脈などが有する固有の波動を地上で感知するというもので、魔術的な古くからの技法です。

 シュミットはこの技術を研究・活用するうちに、人体が発している波動に強い興味を抱いたのです。多くの医師たちとの共同研究を行ううちに、各臓器や器官が有する固有の周波数や、病気によってその周波数にもたらされる変化などを30年に渡って調べ続けたのです。そこでシュミットが確認したのは、全ての病気にはそれぞれ固有の振動数があるということだったのです。シュミットは、人間の発する多種多様な周波数の波動と、外部から発せられる波動を共鳴させることで、病気の診断を行う方法を示しました。シュミットの最大の功績は、個々の病巣は固有の周波数の波動を有し、外部にも発信しているという事実を確認し、それぞれの周波数を計測した点にあります。シュミットの業績によって、私たちの体の中には、非常に多くの周波数の波動が発生していることがわかったのです。
さらに調整した周波数の波動と共鳴させることで、個々の疾患の生み出す波動(病理波)を消し去る方法を確立していったのです。体内の病理的な波動を外部からの健全な波動で,共鳴現象により、調整し、その結果病気を癒すわけです。これが「波動療法(波動医学』」の原理です。

穿刺とは...
体外から血管・体腔内や内臓に注射針を刺すこと。検査のため体液などを吸い取ったり、体内にたまった体液やうみを排出したり、治療のため薬物を注入したりするのに行われる。




No title

マムは落ちる。
で、爆弾も下に落とす。
そして、火前坊も落ちて大爆発からのマム敗北
ほぼこれは決まりだと思います。

なんだか画が浮かんできますね

最後に鬼ヶ島で蓋をするのは思いつきませんでしたね。
これはマムが復活したことを考えると考えづらい気もしますが、仮にそうなった場合、扉絵でマムの脱出冒険編があると面白いカモ?
おしるこ好きだから和の国にもなじめそうですし。

ただ、鬼ヶ島はズニーシャ破壊してくれる方がストーリー的には面白いです。
長い鼻で一撃HR。

今後の展開が楽しみw

ビッグマム封じ

絶対に上に行かせない!という認識だから多分大穴にキッドが落として終わるでしょう、、、
その後はビッグマム海賊団の残りメンバーがマムを助けるとは思うけどリタイアかなと。
海水に入ることでソルソルの能力が解除されマザーの洗脳が解けてたと思っているので、今度こそエルバフの回想が入りマザー消滅、最終決戦でいいマムがスポット参戦だったらあちぃでございます。笑

ローが穴を開けて
キッドが落として
ヤマトが爆弾落として
海水が上がってきて、
ズニーシャとモモで鬼ヶ島で塞いで、
海流が狂って、無くなって
和の国への往来が容易になって、
開国。

マムはキッドのアサインで磁力を付与されてるから下に落ちていくとしたら爆弾もくっ付いて来そうですねw

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索