記事一覧

クーデターの絶えない、かつての陽気な町「ヴィラ」について考える


4週連続で休載中のONE PIECE。

その救済措置として休載中のジャンプには毎号「Road to Laugh Tale」という小冊子がついてくる。

内容は、今後に関わってくる事柄のまとめや尾田先生の設定画等が掲載されている。

その中の1つ「ロードポーネグリフの在処」の項目の中に、「麦わらの一味 未踏の地」として幾つかの島や国が挙げられていた。

もちろん名前が出ただけの島も数多くあるから、今後一味が行かない島の方が多そうだ。

中でも特にメインで取り上げられたのはこの3つ。

「エルバフ」「ヴィラ」「ハチノス」

10290.jpg

巨人国エルバフや海賊島ハチノスが取り上げられているのは何となくわかるけど、この中の「ヴィラ」だけ少し異質な気がする。

本編で二度名前が出ただけにも関わらず、ここに名を連ねている。

逆に言えば、この地は今後重要になってくる?

――という事で今回は、このヴィラについて考えてみたい。


前述した様に、この「ヴィラ」が作中に登場したのは2回。

それは、ナミが読んでいる新聞の記事と、ナミが手に入れたノーランドの航海日誌に書かれていた一文より。

10289.jpg

新聞を読むナミ「ヴィラでまたクーデターか」(96話)

400年前のノーランドの航海日誌を読むナミ「陽気な町ヴィラを出航…」(228話)

この件は25巻のSBSでも取り上げられていた。

10291.jpg

400年前には「陽気な町」だったヴィラが、クーデターを繰り返す「危険な国」に。

そしてこの一文☟

「ヴィラで何があったのかというより、世界で今、一体何が起ころうとしているのか、という事でしょうか。」

つまりこれは、「革命軍」主導のクーデターと思われる。

[スポンサーリンク]


世界では今、現世界政府に反旗を翻す流れがある。

これはロビンも言っていたね。

10292.jpg

ドラゴンの思想が世界中に広がって多くの国が倒れている、と。

そんな多くの国の中の1つに「ヴィラ」もあるんだろうね。

では、この国が今後ルフィ達にどう関わってくるのか。

「未踏の地の1つ」として取り上げられたという事は、ルフィ達は今後の航海でヴィラと関わる事になるのかもしれない。

その理由として考えられるのは…

ルフィは近い未来に「世界をひっくり返す」存在。

つまり、現「世界政府」が倒れる事を意味していて、それは革命軍ドラゴンの思想とも一致する。

ルフィの成す事=革命軍ドラゴンの思想=それに賛同する国々(ヴィラetc)

この一致から、ヴィラを始め多くの革命後の国々がルフィの味方になる流れなんじゃないかと考えられるかな。

ルフィが世界をひっくり返すタイミング、もしくはその前後で再び「ヴィラ」という名前が作中に出てきそう。

その時にはまた400年前の「陽気な町」に戻ってたらいいな。

――以上、ヴィラという国について考えてみました。


[追伸]

以前、この「ヴィラ」がナミの故郷なのではないかという説もあったみたいだけど、VIVRE CARDでナミの故郷は東の海(イーストブルー)の「オイコット王国」と判明したので、可能性は無くなったかな?

[スポンサーリンク]

コメント

No title

赤ちゃんナミが巻き込まれた島が「ヴィラ」ってことはないですかね~。

エルバフの話は出ないのかなぁ。

ここで、「ヴィラ」が出てくるなんて意味深ですね。革命軍と縁がある場所として、サボの絵が飾ってあった町がもしかしてヴィラだったりしないですかね。民衆が武装しているように見えるのでクーデター中なのかも?

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索