記事一覧

悪魔の実の能力者!Dr.ベガパンクの本体(ステラ)と猫(サテライト)まとめ


“世界最大の頭脳を持つ男”天才科学者Dr.ベガパンク。

10624.jpg

彼の頭脳は「人類が500年かけて到達する域」にあると言われ、若い頃に制作した設計図ですら完成させるのに200年~300年を要するとされる発明がいくつも存在しているそう。

研究分野も非常に広く、兵器開発から人間の細胞研究まで行っている。

「世界最大の頭脳を持つ男」Dr.ベガパンクの発明まとめ

それが可能な理由は、元来持っている天才的な頭脳に加えて悪魔の実の能力による所も大きい。

ベガパンクが有する悪魔の実は、あらゆる知識を際限なく記憶できる“ノミノミの実”。データ容量に比例して脳ミソも肥大化してしまう為、最大時には巨人族の身長(最低でも12m)に届く程だったそう。

日々肥大化し続ける脳ミソを切り離し、エッグヘッドにある巨大卵の頂点(PUNK RECORDS)に格納したベガパンク、現在は頭のアンテナを通じて念波で繋がってるそう。

そしてベガパンクを語る上で欠かせないのが、ベガパンクの6人の分身である「猫(サテライト)」!

10634.jpg

本体(ステラ)が「猫の手も借りたい」程の忙しさから生み出した存在であり、ベガパンク自身に必要な要素のエキスパート達だ。

6人合わせてベガパンク1人分の人格だが労働力は6倍になり、それぞれの性格と任務が違う故それぞれの体験には価値がある。

その価値を日に一度「パンクレコーズ」と同期する事で集約し、日々アップデートされ続けている。

[スポンサーリンク]


科学の進歩を優先する為に善悪にそこまで頓着がないベガパンク。

「そんな心配をしていては科学は前に進めない!!」

幼い頃から島民を幸せにする研究をする反面、島民に隠れ軍事的な研究にも精を出していた。

10635.jpg

そんなベガパンクの経歴を大まかにまとめ。

●未来国バルジモアで過ごす少年時代
●海外の無法な研究チーム「MADS」に所属
●生命の設計図“血統因子”の発見
●世界政府によりベガパンク逮捕&チームごと買収
●パンクハザード研究所所長
●カイドウの血統因子から人造悪魔の実(失敗)を作る
●海軍特殊科学班(SSG)班長

前述した6人の猫(サテライト)達は、エッグヘッドに来てから造られたと思われる。

6人で完成なのか、未だ増えるのか…

ベガパンクの今後の動向に注目が集まるね!!

[スポンサーリンク]

コメント

脳に念波でアクセス出来るって事は思考をタッピングもされる可能性もあるし、脳を共有するという事はハッキングもされる可能性があるって事よね。
ベガパンクの事だからそういう対策にはぬかり無いんだろうけど、一瞬バグってる描写があったのが気になった。

No title

麦わらの一味とエッグヘッドを抜け出したのち、扉絵ともリンクして元MADS集結の流れが面白そう。

もし、仮に本体が死んでしまった場合、切り離した脳はどうなるんですかね。
生き続けて、脳だけ人間になってしまう?(グロい汗)

六人の分身っていっても、全員それぞれ個性がありすぎる笑
性別違うし、2人はロボット?で3人は女の子だし(趣味なんかな?)
女の子達は生身なのかアンドロイドなのか。。。
ベガパンク自身のクローンではまずなさそう。ベガパンクの人格かどうかも疑問。
ベガパンクがルフィにエッグヘッドから連れ出してくれと頼んだけど、猫達はどうするつもりなんだろう?
「正」は男かな女性かな。
そろそろヘルメットの下が見たい。
登場時からヘルメットで顔が隠れているの、何か意味があるのかな。
誰か意外な人物??

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索