記事一覧

ワンピース 第1073話“ミス・バッキンガム・ステューシー”感想


[週刊少年ジャンプ09号]

(コミックス派はネタバレ注意)

第1073話“ミス・バッキンガム・ステューシー” 感想。



潜伏期間20年!ステューシーの本来の目的は?


味方と思っていたステューシーに突如裏切られたCP-0。

無警戒のままに噛まれたカクに、海楼石を使われ噛まれたルッチ。

共に眠らされ海楼石の手錠をかけられた。

結局「ベガパンクのもう一人の味方」はそのまんまステューシーだったワケだけど、期待100%の働きを見せてくれた!

10783.jpg

潜伏期間20年以上…!!

ルッチ達がW7に潜伏していた5年とは比べ物にならない年数!

ベガパンク側は今回の事を意図して潜り込ませていたわけじゃなさそうだけど、ステューシーを潜伏させていた本来の目的は何だったんだろう?

まだその役目は果たせてない筈だけど、もうステューシーは行き場を失っちゃったんだよね。

あ、ルッチとカクをここで消せば、まだCP-0に戻れるか。笑



ベガパンク本体(ステラ)の失踪


CP-0の2人を征圧し、セラフィム4人も命令下に置いて、後はエッグヘッドを脱出するだけになった状況でまさかのベガパンク本体(ステラ)が失踪…これはボニーも一緒になのかな?

ボニーがベガパンクのラボで父くまの記憶に触れた後、一体何があったのか。

この失踪には、2つのパターンが考えられそう。

1つ目は、くまの記憶を知ったボニーがベガパンクを連れてどこかへ向かったパターン。

2つ目は、エッグヘッドに潜んでいた何者かに連れ去られたパターン。

この2つ目の「潜んでいた何者か」てのは、フロンティアドームを解除した何者かと結びつくかな?と。

10788.jpg

あ、もう一つ…「エッグヘッド失踪事件」とも絡んでくる可能性もあるか。

いずれにしてもベガパンクの安否が気がかりだよね。



緑牛に拐われたウィーブルにイケメン化フラグ!?


マルコがワノ国の討ち入りに参戦し島にいない間に、白ひげの故郷「スフィンクス」に財宝を没収しに来ていた海兵達。

世界政府非加盟国に対する海軍のスタンスは海賊のそれと変わらず、スフィンクスには白ひげの財宝があるのではないかと略奪しに来た模様。

そのピンチを救ったのが“自称白ひげJr.”エドワード・ウィーブル!

7297.jpg

最終的に海軍大将の緑牛がやってきて連れていかれたらしいけど、亡き父の故郷を守る姿は男前だったよい!

あれ…緑牛にやられたって事は、おそらく「養分的な何かを吸われた」って事だよね。

ワノ国編のラストで、緑牛に養分を吸われたしのぶがミラクルチェンジしたようにウィーブルも…

10851.jpg

コレ、ウィーブルのイケメン化がついにきちゃうのでは!?

可能性高まってきたああ!



バッキンの肩書「自称科学者」「MADS居候」


前回、ステューシーがミス・バッキンガム・ステューシーのクローンである事がわかった。

10824.jpg

それと同時にミス・バッキンのポテンシャルの高さに驚いて記事にもまとめたんだけど、今回登場したバッキンの肩書を見るにそんなでもない?笑

ロックス海賊団の時は「自称“科学者”」

MADSの時は「居候」

なんとなく口八丁手八丁で組織を転々としてるイメージが湧いちゃったけど、クローンであるステューシーは普通に有能なんだよね…

うーん、ロックス時代の過去編はよっ!!!


ウィーブルと白ひげの血縁確定


初登場時のウィーブルとバッキンは白ひげの財宝を狙うただのハイエナ的な立ち位置のキャラクターと思われていた。

けど、バッキンの正体が判り過去のビジュアルも判明した事で、ウィーブルが白ひげの息子である事に少しずつ信憑性が上がってきていた。

そしてここに来てのバッキンのこの発言…

「マルコ!! お前も“白ひげ”とウィーブルの血縁を疑ってんだろ!? 証明できる奴ならいるよ!! “Dr.ベガパンク”だ!!!」

この「ベガパンクが証明できる」って発言自体が、ウィーブルが「科学的に作られた存在」である可能性を更に高めるんだよね。

血液型が違うからまんま白ひげのクローンではないだろうけど、白ひげとバッキンの血統因子を使って科学的に作り上げた存在だろう、と。



“五老星”ジェイガルシア・サターン聖


まさかまさか五老星の一角が自ら動くとは!

エッグヘッドに近づく黄猿の船に乗っていたのは…“五老星”ジェイガルシア・サターン聖!!

800年前に聖地マリージョアに行った19の家系の内、これで3つが判明した形かな。

ドフラミンゴの家系「ドンキホーテ」家。

FILM REDで発覚したシャンクスの家系「フィガーランド」家(仮)。

そして今回の「ジェイガルシア」家。

10852.jpg

サターンって「土星」の事だよね?

五老「星」だから、惑星の名前をつけてるのかな。

だったら他の4人も…??

そう思って太陽系の惑星の図を見ていたら…

10853.png

「太陽」はルフィ(ニカ)で、地球(青色の惑星)の部分に「世界の王」イム様を、土星にサターン聖を当てはめると…残りの4人が「水星」「金星」「火星」「木星」のどこかに当てはまりそう?

まぁ、当てはまったからなんだって話だけど。笑



小ネタ(Twitterより)





――以上、第1073話“ミス・バッキンガム・ステューシー”の感想でした!

皆様の感想・考察も是非コメント欄でお聞かせください。

コメント

バッキンガム宮殿と土星

○ミス・バッキン 🏆 👵🕶
・ベガパンク(本体)の失踪、前回シャンクスの覇気を感じ慌てて逃げ出すなど、情けない印象の緑牛が元七武海のウィーブルを捕らえる、5人セットの印象が強い五老星、そのうちの一人の名前が判明するなど、各キャラに見せ場や気になるとこもありましたが、今週の大賞キャラはステューシーのコピー元であるミス・バッキンにしました。
前回の1072話でステューシーがミス・バッキンのクローンであることを知って、「だったらステューシーとミス・バッキンの対面が見たい。コピーとオリジナル、会えばどんな会話になるのだろうか?」などとミス・バッキンのことも考えていたら、そのバッキンが次の話ですぐ登場したということで、話の構成や流れが良いと思いましたので。
・ステューシー「んもう」
 「野性的なんだから♡」
バッキン😭「父親の村を守って監獄行きだなんて!!何といういじらしい子!!」
妖艶な雰囲気のステューシーと豪快に泣く親バカなバッキン、まあこの2人を性格とかで比較すると、コピーとオリジナル元という同一人物的な関係があるようには思えませんが(笑)
・しかしバッキンは「バッキンガム・ステューシー」というのが本名ですか。バッキンガムと聞くとイギリスの「バッキンガム宮殿」(イギリス国王の宮殿)を連想しますね。
また今回名前が判明した五老星の一人が「ジェイガルシア・サターン聖」。サターンと聞くとやはり連想するのは「土星」ですね。
バッキンガム宮殿に土星、僕ら読者がいる現実世界にあるものを連想させますが、これらが意味するものとは?
・まあこれはあくまで僕の考えなんですが、僕はONE PIECEの中でこの先現代の世界も描かれる気もするんですよね。例えば尾田先生の出身地である熊本県とか。
ONE PIECEの世界から急に物語の舞台が2020年代の日本へと変わった。1+1が2ではなく3や4にもなるONE PIECEの物語なら何が起こっても全くおかしくないと思います。
でも物語がこの先どんな超展開になろうとONE PIECEの人気は決して下がらないでしょう。まあいろいろな予想外や超展開をこの先も見せてほしいですね。

個人的にはあまりクローン乱発して欲しくない。
乱発するならマモー(ルパン三世)ぐらいやれば良い。
クローン人間にありがちな
①オリジナルに激しく嫉妬、殺そうとする
②短命
③自我を保てない
というのが今までの所無いのがせめてもの救いかな

No title

威権順位について疑問を持たれている方がいたので考えてみたのですが、

・基本的には命令した者が意識を失うと命令はリセットされる。
・威権チップによる命令だけは特殊で、セラフィムは命令した者を見て判断しているのではなく威権チップを見て判断しているから、威権チップの持ち主が意識を失っても威権チップがある限り命令はリセットされず、尚且つ他の人が威権チップを使って命令しても上書きできない。

って感じですかね?

ルッチが命令した瞬間に威権チップ(ルッチ)という認識をされて、それを途中で威権チップ(ステューシー)には変更できないみたいな。威権チップを持つルッチの命令に従っているというよりは、ルッチが持つ威権チップの命令に従っているイメージなのかなと。おそらく、今回みたいに命令中に敵に威権チップを奪われたときのことを想定しているんだと思います。だから、五老星同士とかベガパンク同士だったら上書きできるのかなと思ってます。

ふと思ったんですけど、セラフィムへの命令ってマネマネの実で変身した場合はどうなるんですかね。いつかボンちゃんが活躍する展開ありますかね。

No title

もしかしてベガパンクって元ロックス海賊団だったりしますかね? 
発明やら実験やら、金銭がかかってしまう以上、 
「金儲け」が目当てのロックス海賊団に関わっていないかな、と。

確かに制作に携わる劇場版作るにしても、原作をきちんと綺麗に一回畳んでからがいいですよね。
ストーリーやキャラ設定が固まりきってない段階で微妙に原作と関わる様な劇場版なんてやるから矛盾や不満が募るわけで。
今考えてもシキやゼファーに2年前ルフィが勝っちゃうのどうなん?って思う。
ロジャーや白ひげって大したことなかったんだなって思っちゃってもしょうがないです。
あと実写は間違いな失敗すると思います、おそらく尾田っちには実写プロデュース能力は無いんだとファーストルックビジュアルをみて直感しました。

まずは原作漫画を終わらせて、声優も高齢化しているんだし。

ドラゴンボールのように原作漫画を終わらせてから、劇場版なり実写版なり作ればいい

威権順位

1073話を読んで威権順位についてしっくりこなかったです。
皆さん納得できましたか??????
ステューシーがルッチを眠らせましたが、
「私とルッチの威権は同列。セラフィムへの命令は書き換えられないわ。」と言っています。

ここから察するに、
・同列といえど先に指示した人の命令にしか従わない
 (命令した者しか命令解除できない)
・眠る≠気絶
ということによりステューシーは命令を書き換えられなかったということかな?

先に指示した人が気絶してしまえば書き換えられるはずだから、書き換えられなかったということはやっぱり『眠る≠気絶』ということなのでしょう。
それしか考えられない・・

例えばですが極端な話、威権最高位の1人サターン聖が暴走して(笑)“マリージョアを破壊せよ”なんてセラフィムに命令しちゃったとして、当人は失踪でもしたら(気絶させられない)、他の五老星といえど命令を書き換えられないということですよね!?
この場合はセラフィムを倒すしかないということか・・

あくまで極端な例です。失礼しました。

そもそも『アレ』が本当にくまの記憶だったのか、が疑問

くまの能力を考えれば
二人が『アレ』に触れてどこか(場所とか過去とか)に飛ばされた、とも仮定できるのでは…

確かに尾田先生には原作一本に集中してほしいですね。
1番大事にすべき漫画原作が疎かになっている現状はいかがなものか。
映画だ実写だと色々と手を出してしまった以上、止まらなくなってしまったのか退けなくなってしまったのか…。
いくらサブコンテンツが盛り上がったところで原作の面白さには関係ないですからね。
今日発表された実写版のティザービジュアルなんかひどかった…。
メリーの船首がヤギの生首だったり、ルフィがスニーカー履いてたり、ウソップとサンジが筋骨隆々だったり、ゾロが腹巻じゃなくお洒落サコッシュをお腹に巻いてたり…。
尾田先生が監修してるとは思えぬ実写再現率…。
いい加減、漫画原作者は実写化の過ちの歴史からいろいろ学んでほしい。
まじで。
あとなんで実写成功例の少ないネトフリを選んだんだろう?
海外志向だから?
今は無きマーベルドラマのネトフリシリーズとかまじでひどかったぞ、複数年契約だったカウボーイビバップの実写版なんて1シーズンで強制打ち切りだったし。

実質「隔週連載」「1話あたりのページ数減少」…
尾田栄一郎さんには昔みたく原作漫画一本に、集中させてほしい。

劇場版と実写ドラマに関わってから、マジでページが進んでない…

No title

wikipediaを見てたら、土星の衛星の中に「アトラス」という名前を見つけたのですが、関係あるんですかね。サテライトも人工衛星って意味だし…。

ルッチ
ニャンさんなのに噛ませ犬。
そんで噛ませ犬らしく噛まれちゃった。

No title

サターンが代々受け継がれる姓ではなく
個人の名なのは興味深いですねえ

ボニーとパンクを誘拐したのは
カリブーだろうよ

〈土星じい〉
黄猿だけだったらバスターコール発動と
妄想したけど…ソレは無しか…
気になるのは【実在の土星】と
【E.H外郭の輪っか】【土星爺の名前】。
“B.P=使用者”で“土星爺=所有者”?
そんで“水先星島”も水星爺がいて
しかも政府管轄なのかな?と。
そしたらロジャーの
『ここは最後の島じゃない』発言解明?
水星ぽく【小さい島】だったとか……
…………
ウィーブルの父親。B.Pが正解を知ってると…
「白髭が父親でないことを」!?
密かにジャッジから…とか。
イケメン➡ハンサムでバチコーン!!

ウィーブルかっこよ
そして、白ひげのガチ息子フラグ 笑

ルッチ&カク、やはり そんなに強く
なっていない
ステューシーは あぁは言ったけど
簡単に交わされ
簡単に気絶させられるなんて
CP0の弱さが露呈してしまったな

で、セラフィムミホークの剣は
業物ではないんだろ
覇気も使って無いのに 何故ゾロとの
あんな激しい接触で 剣が折れないんだ

海軍の悪役化が加速しているなぁ
サターンも 悪役感満載

しかし、五老星を1人だけ登場させる事
によって、五老星の存在感を
フルに演出した尾田栄一郎は やはり凄いな

今まで謎の人だったから仕方ないのかもしれないですが、エッグヘッドに来てベガパンク中心の話になってますね。

ベガパンク失踪してサテライトとかだけで出港するのかな?

緑牛の場合、脂肪吸引にあたるのかはわからないけど、サンジと整形外科能力同士いつかぶつかり合うのかなとふと思った。

月の民=Dの一族が、太陽の力であるヒトヒトの実モデル太陽神ニカを食べることが重要だったと考えます
月と太陽の交わりにより地殻変動が起き、ひとつなぎの秘宝が現れるのではないかと思います

No title

世界政府側も割れる展開でしょ、これ。
そして黒と白の最終戦争へ。

最終的に五老星にセフィラムの権限が移る流れですね。

ウィーブルのイケメンな展開が見た目のイケメン化だったら盲点だったわ

No title

ルッチを活躍させても倒すまでに時間がかかればまた話を長引かせて〜と批判されますし噛ませ扱いはしょうがない。

しかし七武海程度に苦戦する海軍本部さん弱いですね。今まで世界を支配出来ていたのが不思議。

No title

五老星の元ネタって明言あったっけ?
ないなら、その書き方だと風説の流布すぎる

>>にゃんさん

実は人間って歳食うと背が縮むもんなんやで。

マルコ一度防衛を理由に救援断ってたけど、あれから何も対策せずにワノ国きたのか?

バッキンとステューシー身長が違いすぎるけど
バッキン縮んだ?

五老星ですが一週間の月火水木金土日ではないかなと。

月≠地球の周りで回っている(世界を裏から操る)イム
火水木金土=五老星
日=ニカ=ルフィ


少しイムの根拠が弱いですけど。
五老星も月・火水木金土・日の配置でそれぞれの個人的な考えがイム寄り、ルフィ寄りだったら面白いかなと思ったり。

①B.P『夢の中へいってみたいとぉ
思いませんかぁ?ふっふっふぅ~(痛)』
②【土星をどっ星ぇ~い】
老いた星が直々に?抜け駆け??

ボニーとステラってくまの記憶を見に行ったんじゃ…その前か後で何者かに襲われた?

そういえばエッグヘッドで降りたカリブーは今どこに…?

ルッチのかませ犬感が笑

タイトルに人の名前がつくときに、ミスがついたのははじめて?バロックワークスを除いて。

サターンだのウラヌスだのジュピターだの、セーラームーンじゃあるまいし。
まぁでも、天体説を仮説とするなら月はどうなる?
エネル?
あと地球がイム様って何の根拠もなくない?
適当な仮説だなぁ。

火薬に咲く花でヒルルクを思い出した。

No title

五老星が来たのはセラフィム関連っぽいですけど、それ以外にも何か目的があるのか…。
あと、サターン聖はマルクスがモデルになってると巷では言われていますが、マルクスってロスチャイルド家とつながりがあるんですよね。もし、ル・フェルドの名前の由来がロスチャイルド(ロチルド)だとしたら、そこ経由でMADSのベガパンクともつながるし、ちょっと気になります。

あと、ステューシーが敬語じゃないのはサテライト相手だからなんですかね。

No title

ウィーブルが白ひげ傘下結果的に潰して回ってたのは、毎回白ひげの息子を巡っての口論がきっかけって言ってたし
ちゃんと白ひげの息子として立ててあげれば仲良くなれるのかもしれないな

No title

ウィーブル、
今回の描かれ方を見るに、
味方サイドっちゅうことですかねェ~?

アーあれだ。「ワンピースフィルム・ゼット」でほら、
ゼファーの腕を切り落として、
ゼファーの部下をヤりまくったっちゅう新・七武海

ウィーブルならそんな残虐なことァしねェかもな~

No title

ポセイドンがネプチューンに対応することになるのが少し変な感じがしますが、太陽系の惑星に五老星を配置して、古代兵器をウラヌス(天王星)ポセイドン(海王星)プルトン(冥王星)と考えることができますね。尾田先生が設定を練ったのは冥王星が準惑星に降格する前だったのでしょうね〜

No title

ウィーブルイケメンな展開ここで来るか!

ついに五老星の個人名が登場したか……
いよいよ終盤って感じがしますね

黒ひげのコビー誘拐に続き緑牛に捕まったウィーブル、
ベガパンクやCP-0や五老星まで動いて、
海軍や世界政府を巻き込んだ大きな戦いに向かいつつある……?

ステューシーがCP0として、政府側に潜り込んでいたのは、いろんな海賊の血統因子を取る機会を増やすためとかかな

扉絵やば!
ベガパンクだけまじで平和への道まっしぐらなんだけど!!
政府もよく平和賞を取った研究所を潰せたな

ミスバッキンの紹介には『"元"ロックス海賊団』
ステューシー(バッキンクローン)の紹介には『ロックス海賊団』
この違いは何か意味があるのかな?

No title

水星~土星が五老星で埋まれば
後はウラヌス・ポセイドン・プルトンで綺麗に収まるのかー

ワンピースをより一層好きになった箇所(記事違いかも知れませんが)

最近の連載で、1つ尾田先生の事が更に好きになった理由がベガパンクの理想を語るシーンです。
「世界中にエネルギーが行き渡る世界」
これを実現したい理由がとても現実的であり、漫画=娯楽とのバランスが取れていて物凄く表現がこれ以上ないなと。

世界にエネルギーが溢れてる
↑漫画的世界
行き渡るように出来れば大きな戦争の火種を1つ消せる
↑戦争が無くなるでは無く数ある中で1つ消せるだけ、それ以外にも多数あって戦争が無くならない事を突きつけるというか、少なくとも尾田先生の中では争いが無くなる事は無いという考えを突きつけるべき事柄と思っての表現だったのかと。

漫画、娯楽、創作物なら戦争が無くなるとか、ワンピース世界で起こってる戦争は資源争いのみっていう事に誤魔化してベガパンクの理想は戦争を無くすために!って事にしても間違いでは無かったかなと、少なくとも自分は思ったので。

面白おかしく、とはいえ長年名前は出てきたベガパンクの理想って読者の目を引く所で自分の表現を伝えようとしてくれる所に感動しました。

自分が20代で分かってなかったから、ってだけかも知れませんが。

バリア解除したのが誰だ問題が解決するんかな?
シリュウかベガパンク分身の誰かか…アトラスかな?ルッチに瞬消しされたやつ。ミステリー小説だとヤラレタのは実はがお決まりだが…

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索

プライバシーポリシー