記事一覧

ワンピース 第1085話“ネフェルタリ・コブラ死す”感想その②


[週刊少年ジャンプ27号]

(コミックス派はネタバレ注意)

第1085話“ネフェルタリ・コブラ死す” 感想その②

感想その①は←コチラ。



サボの技名は「将棋」由来


玉座の間に潜入していたサボが、イム様に繰り出した攻撃「王手飛車」

この技名は「将棋」由来。

「目から火の出る王手飛車」という言葉があるように、王手飛車取りは相手に自分の玉と飛車に両取りをかけられた状態で、目から火が出るほどの絶対絶命の大ピンチという事。

11210.jpg

「火」そのものであるサボが使う「王手飛車」、強力そう!!

そして、その「飛車」が成ったら「竜王」

サボの技にも「火炎」“竜王”が!

11204.jpg

この時点では流石に誰も気づけないねw

今回の話ではワポルが「詰んだ」とも言ってて若干「将棋」関連を匂わせてるんだけど、これは最近「名人戦」を制し七冠となった藤井聡太竜王・名人に絡めてるのかな??

(※将棋や藤井聡太竜王・名人についてコメ欄で色々教えてくれて感謝です!修正しときました!!)



サボも“D”を名乗る?


今回コブラから「我々も“D”である」との伝言を授かったサボの脳裏に浮かんだのは、エースとルフィと共に過ごした幼少期の記憶。

エースとルフィの二人共の名につく“D”について気にしていたサボに対し、エースがこう返した。

11205.jpg

「やろうか“D”」「サDボ」

「どこに(“D”を)入れてんだよ!!」と笑い話になってしまったけど、現在その名に“D”を持つ者達も過去コレに近い感じで“D”を名前につけてたケースもありそう。

以前、“D”とはある「思想」の略称であり、それは血縁を絶たれても消えない「意志」という記事を書いた。

白ひげも「”血縁”を絶てどあいつらの炎が消える事はねェ…――そうやって遠い昔から脈々と受け継がれてきた……!!」と語っていた。

つまり“D”は、その意志を持つ者なら誰でも名乗る事ができるのでは?と。

11206.jpg

だからこそエースの意志を継いだ、サボがこの先“D”を名乗る可能性もありそう。

あのシーンはギャグで終わらなそう!って話。



イム様はリリィを信じていたかった


イム様が語る800年前のリリィ王女の“大失態”。

11207.jpg

「あの日のリリィのミスがなければ!!」

「起きてしまった過去に…最悪のシナリオが一つある」

「本当にミスだったのか…それとも計画的だったのか」


リリィが“D”という事が判明し、イム様の言う「最悪のシナリオ」となってしまった。

コレ、イム様自身も薄々気づいてたけど、ミスであると「信じていたかった」って感じだよね。

まさかリリィがそんな事をする筈がない、と。

この感情は、友情や愛情という強い「情」から来るものか…

800年前当時のイム王とリリィ女王の関係性が俄然気になる!!!


スパイ×ネフェルタリ


感想①の方でも書いたけど、800年前当時のリリィは“D”でありながら、敵側の20カ国の連合軍の一員だった。

これはスパイ活動に他ならない。

ビビがアラバスタの王女という肩書を隠してバロックワークスに潜入した事とリンクする!

11208.jpg

800年の時を超え似た行動をとる二人(リリィとビビ)は、きっと姿も瓜二つなんだろうね。



アラバスタの進むべき道


イム様の存在と“D”との関係性、そしてネフェルタリ家も“D”である事、そしてリリィ女王のやった事…

全てを知ったコブラが今際の際にこう呟く。

「やっと…アラバスタの進むべき道が見えた」

これは、2年前にロビンと話した時から考えていた事に終止符が打たれた事を意味する。

11209.jpg

つまり「アラバスタは、“D”と共に世界政府に反旗を翻す」という宣言だろう。

これがアラバスタの進むべき道!


――以上、第1085話の感想その②でした。

第1085話の感想その①は←コチラ。

コメント

サボは元の名字名乗ってたっけ?モンキーDは健在なのと義兄弟+エースの意志としてポートガスDサボって名乗ったりするかな

サボがコブラ王を殺害した者に仕立て上げられた事で、反世界政府の者達がサボを炎帝としてヒーローとして崇めていて、サボ自身も革命の炎がそれで燃え上がるのなら良し思っている。

レヴェリーに参加していた王族達にはコブラ王とワポルは欠席扱いと知らされて以降、二人に合わずしてレヴェリーが終了し、その後にニュース(情報操作はされているけど)を見てどう思ったのだろうか?ルフィ側の王族達なら、ルフィの兄であるサボに限ってあんなニュースはありえないと思ってくれるかな?ルフィと関わりのない他の王族達はどうおもうのかな?ニュースを鵜呑みにして、革命軍のサボめ一国の王を殺害をするなど許せん、革命軍を何とかしなければと思う奴らもでてくるんじゃないかな?革命の炎が燃え上がる分、逆も少なからずあるんじゃないかと思った。
イガラムやチャカやペルはサボに真実を聞きたくて仕方がないだろうね、ニュースが情報操作された物であり、サボがそんな事をするはずがないと心ではわかっていても、ビビもいなくなっている今、真実を知るまでは怒りの炎はサボに向いてしまってるいるかな?それとも世界政府が何か隠している怪しいと冷静に判断できているかな?もしくは、既にビビがモルガンズ本社からイガラム達に連絡を入れて、自身に何があったかやワポルから聞いた真実を伝えているかな?モルガンズ本社なら、きっと盗聴妨害の白電伝虫はあると思う。ワポルは盗聴電伝虫がいるかもしれないからと色々ビビっていたけど、世界政府に本社の場所がバレて引っ越しをする位だから、白電伝虫も用意してそうだしね、連絡してる可能性はあると考えてもいいかな

イワンコフがサボに『一番に狙われるのはヴァナータよ』って言っていたけど、世界政府にとって一番生きていてもらっては困る存在だからね、イム様砲で死んだと思われてるかもしれないけど、その方が好都合だよね。
ただ、イム様砲発動前の五老星のセリフに個人的に違和感を感じた、ルルシアにサボが居るとわかった時の反応で、『ルルシア…』『なんと…』『成る程…』『運のない男だ…』『いやこれが運命…』、五老星はサボを消したいハズだと思ってるんだけど、消したい側の反応にしては違和感があって、ルルシアにたまたまサボも居たのかっていう反応としてはわからなくもないんだけど、普通なら刺客を向かわせる手間が省けたとか、丁度良かったとか、我々に牙を剥けるからこうなるんだとか、これが反逆者の末路だとか、なんとか言いそうなのにって思って、まるでサボを消すつもりがあまり無いような、どこか運命に任せてるような感じがしたんだよね

今回抜け殻という表現がなんか引っ掛かります。
子孫なのになぜ抜け殻なのか。
特に意味はないのかもしれませんが笑

この記事見て思ったのが、アラバスタ編のコブラとロビンの会話でポーネグリフで歴史を紡ぐ話が出てくるということはこの時からネフェルタリにDがつく構成があったってことなんでしょうか。
空白の歴史への言及はワンピ世界ではタブーなので

サDボは血縁じゃなくてもDをつけれる示唆で、リリィはジョイボーイと駆け落ちして、結婚後Dがついたのではないかと予想します。
1085話の駆け落ちともリンクしてる。

800年間知りたかった事なんだろうね
わざわざ自分の姿を見せてまで聴きたかった事か
結局サボにもワポルにも見られたし軽率な行動だけど知りたかったんやろなぁ

どんな関係だったのか俄然気になりますが、アラバスタのビビとコーザの様な関係だと私は嬉しいです。

No title

リリィで検索すると出てくる「リリィ」の意味と使い方・語源・名前で使う場合・花言葉」というサイトがあるのですが、そこで解説を見るとリリィ女王はイム様の最愛の人だったりして…?
花の部屋に咲いてるのも百合の花とか

No title

一部抜粋で失礼します。
外国の方の名前には、愛称を「リリィ」とする名前があります。その名前というのが、「エリザベス」です。日本では「エリザベス女王」の名前としてよく知られていますが、外国の方の名前、特にヨーロッパ圏では少なくない名前とされます。

「エリザベス」のスペルは「Elizabeth」で、これを愛称で呼ぶ時には「Lily(リリィ)」になります。「Elizabeth」の名前は「Elis(s)avet」というギリシャ語が由来で、この言葉は旧約聖書に登場するアロンの妻「エリシェバ(Elisheva)」を元にしています。

この言葉はヘブライ語で、意味は「エリ(我が神)」と「シェバ(維持・誓い)」で成り立っており、まとめて「エリシェバ」となった時には「我が神は我が支え」や「我が神に誓う・我が神への誓い」の意味となります。したがって「リリィ」と「エリザベス」の由来になる「エリシェバ」の名前が示すことは、そういった意味になります。
「リリィ」=「(白い)ユリの花」は、キリスト教にて使用される「純潔のシンボル」でした。そういった扱いは、「リリィ」を愛称とする名前の由来が持つ意味と結び付く部分でもあります。
「リリィ」および「ユリの花」が持つ花言葉は、たくさんあります。それは、「純潔・純粋・無垢・貞操・無邪気・あなたは偽れない・処女性・品性・貴重・稀少・高貴な・自尊心・威厳・純血・洗練の美・愛らしさ・純愛・愛の告白・待ち切れない思い」です。

No title

一部抜粋で失礼します。

外国の方の名前には、愛称を「リリィ」とする名前があります。その名前というのが、「エリザベス」です。日本では「エリザベス女王」の名前としてよく知られていますが、外国の方の名前、特にヨーロッパ圏では少なくない名前とされます。

「エリザベス」のスペルは「Elizabeth」で、これを愛称で呼ぶ時には「Lily(リリィ)」になります。「Elizabeth」の名前は「Elis(s)avet」というギリシャ語が由来で、この言葉は旧約聖書に登場するアロンの妻「エリシェバ(Elisheva)」を元にしています。

この言葉はヘブライ語で、意味は「エリ(我が神)」と「シェバ(維持・誓い)」で成り立っており、まとめて「エリシェバ」となった時には「我が神は我が支え」や「我が神に誓う・我が神への誓い」の意味となります。したがって「リリィ」と「エリザベス」の由来になる「エリシェバ」の名前が示すことは、そういった意味になります。

「リリィ」=「(白い)ユリの花」は、キリスト教にて使用される「純潔のシンボル」でした。そういった扱いは、「リリィ」を愛称とする名前の由来が持つ意味と結び付く部分でもあります。

「リリィ」および「ユリの花」が持つ花言葉は、たくさんあります。それは、「純潔・純粋・無垢・貞操・無邪気・あなたは偽れない・処女性・品性・貴重・稀少・高貴な・自尊心・威厳・純血・洗練の美・愛らしさ・純愛・愛の告白・待ち切れない思い」です。

ポーネグリフの素材って判明していたんでしたっけ?光月家が作った、絶対に壊れない石くらいしかまだわかっていなかったような、、、海楼石もかなり硬いみたいですから、海楼石が含まれている、可能性も充分ありえそうです。
酒鉄鉱という説もありますよね(革命軍の会話で一回だけ名前が出てきた)。その事から「ビンクスの酒を届けに行くよ」のビンクスの酒はポーネグリフという説もありますよね。なので、ここの歌詞はポーネグリフを世界各地に散りばめたリリィの事を歌っている可能性もある?
リリィがニキュニキュだったら、“大失態”した後、政府の手が届かない、アマゾン・リリーに飛んで身を隠す事も出来そう。

月の象形文字がDっぽい事から、
光月おでん→光“D”おでん

“D”は元々、月の人と他種族の混血説推しているんですが、ドラゴンヘッドとドラゴンテールは月の軌道と太陽の軌道の交点。“D”は月と太陽の混血で“D”はドラゴンの頭文字とか(笑)

ポーネグリフを各地に散らばしたのは?について

他テーマで挙げていた内容にもなるのですが、
ネフェルタリ家は連合国の思想(支配制度、奴隷制度など)が間違っている事に気づき、ネフェルタリ家一同は連合国から抜け、下界に残ったネフェルタリ家の血縁者は、各国に散らばりいつしかDの一族が世界を戻してくれる(変えてくれる)事とリリィの願いを果たしてくれる事を信じて、メッセンジャー的な役割としてなのか?ポーネグリフの守り手としてなのか?後世へとDの意思を残してきたんじゃないかな?
下界に残ったネフェルタリ家の本家はアラバスタ王国へ、分家やそれ以外はワノ国(ポーネグリフやプルトン繋がり)、ブリス王国(セントブリス号の中にティティに似た写真があった為、ノックアップストリームで打ち上げられ空島で約200年漂い続けていた事もありどこかの空島にも血縁者がいるかも)、アマゾンリリーを作った(Lily:リリィ、リリー、百合、人々が花の名前関連繋がり)、ジャヤ&空島スカイピアエンジェルビーチ(コニスもティティやビビに似ていて服の花柄がローズである事、あと関係ないかもだけど門番の名前がアマゾンなので少し気になっている。)へと散らばり(他各国へも散らばってるかも)Dの意思やポーネグリフ、ネフェルタリ家の血縁を絶やさ無いことを守ってきたのではないかな?
ネフェルタリ家の一族がポーネグリフを下界に持っておりて、他協力者(Dの一族の生き残りやDの思想を持つ者達)の手をかりて各国にポーネグリフを持っていき守ってきたんだと思う。


他あるとしたら、能力で散らばした説もありかなと思う。
ニキュニキュ(当時の能力者)やトキトキ(天月トキ)やワプワプ(当時の能力者)やドアドア(当時の能力者)の能力で移動させたとかね、
だけど、もしポーネグリフが純度100%の海楼石から作られたものだとしたら、直接触れなかったとしても、能力は無効化されてしまうんじゃないかなって思う。
まぁ、間接的に能力を使えばいけるかな?ポーネグリフを何かに包んでとか、能力者じゃない者にロードポーネグリフを紐か何かで巻き付けて、その者に能力を発動させれば、一緒に飛んでいったりできそうよねwドアドアなら、運びたい先の場所との空間を繋ぐだけだから、大きなドアを作って開ければ、そこに非能力者達で運べば言い訳だから行けちゃうか?

なんなりと方法はありそう?

月の交点は2つあって、地球を周る月の軌道(白道)と太陽の軌道(黄道)が交る点、昇交点と降交点と一般で知られている。けど、古代ではそれぞれの交点をドラゴンヘッドとドラゴンテールと言っていたらしい。要するに、月の軌道を竜の胴体に見立てていた。まさに、天の竜(天竜人の由来?)。
ちなみに、この交点で月が満月になったり新月になったりすると「月食」と「日食」が起こるらしい。月食?月が食われる?「D」に食われてしまうぞ、に繋がらないですかね?

Dについてですが、アラバスタ編を読み返して思ったのが、ビビとの別れの時腕に描かれてたX印を掲げてましたよね?Dもそんな感じだったんじゃないでしょうか?
このX印はボンちゃんが仲間に化けた時それを見分けるための対策として書いた物でしたよね?
巨大な王国と連合国との戦いもアラバスタ編と似たような事が起きたんじゃないでしょうか?連合国側にもマネマネの能力者がいて巨大な王国のメンバーに化けてスパイしていた。それを見分ける為にDを印にした、それが受け継がれていると考えました。

今回の話で気になった事。

サボが先が三角の伸びてくる攻撃(悪魔のシッポのような、バジリスクもしくはコカトリスのようなシッポ)をくらっていたけど、サボはロギアなのに何故攻撃を受けたのだろうか?
覇気による攻撃だったから(シルエットが黒いから覇気を使ってるのか、使ってないのかわからない)?
コブラ王を担いでいるから、回避する際にロギア能力発動して、万が一コブラ王を燃やしてしまったらマズイと思って発動出来なかったから?
それまでの戦いで大分疲れていて、コントロールができなくなっていたから?
イム様か五老星の何かしらの能力で、サボの能力を封じていたから?
結構気になる所なんだよね!

イム様が忌々しいポーネグリフが散らばったのは、リリィのミス(失態)であってほしかった、だけど計画的なものだったのではないかと思いつつも、心では計画的ではなくミス(失態)だったと信じたかったような印象を受けた、イム様とリリィは何か特別な関係があったように思える、早く続きが読みたい。

巨大な王国と連合国が戦争を始める前の世界情勢はどうなってたのかな?その辺の回想シーンも描かれて欲しいな

Dの名について

【これまで考えてきたもの】
・日(陽)=Day=dies(ラテン語)
・夜明け=Dawn
・解放する(脱植民地化)=decolonize
・えくぼ(笑うと出来る。出来ない人もいるけど)=Dimple
・守る者=defender
・神=Deus(ラテン語)

【新しく追加で考えたもの】
・神鳥=divine bird=divina avis(ラテン語)
ドンキホーテ・ロシナンテの話からDの名前を考えてみた。

おれの故郷では子供はこうしつけられている
行儀の悪い子は『ディー』に食われてしまうぞ

そしてある土地では『Dの一族』をこう呼ぶ者達もいる『神の天敵』

『神』を仮に天竜人とするならばお前達の目的は、『この世界の破壊』なのかもしれない『D』には『神』に相対する思想があるハズだ

このことより、ワンピでは神=天竜人としていて、天竜人の天敵はDの一族ということが言える。

ここからは個人予想からの関連付けになるのですが、天竜人の特徴はナーガ(蛇神、竜)の特徴をモチーフにしているのではと考えていて、その王であるイム様の種族はナーガラージャ(ナーガ族の王であり竜神)をモチーフにしてるのではと考えている(※インド神話のナーガやナーガラージャをモチーフにしている理由は他テーマで挙げてるのでここでは省きます)。

天竜人は普通の人間ではあるが、戦争に勝った側の20の血族でDと反対の支配思想を持っていて、イム様は竜人(竜神)で連合国を勝利に導いた種族だと考えている(普通の人間、サイボーグ、小人、別の種族かもだけどwイム様は竜人族推しなのもあるので、ここの説明では竜として話しますw)。

神⇒天竜人⇒蛇神や竜
神(天竜人)の王⇒イム様⇒竜人(竜神)
とした時に、蛇や竜の天敵は何かを調べると、炎の様に光り輝き熱を発する神鳥であるガルダがあがってきた。
ガルダ(ヴィシュヌの乗り物)はインド神話で蛇・竜の類(ナーガ族等)と永遠に相容れぬ敵対関係にあり、それらを退治する聖鳥として崇拝されている。(ナーガ族等からしたら害鳥の類い)
これは、インドにおいて猛禽類や孔雀は蛇を食べると解釈されていたところからも来ているらしい。

この、ガルダとナーガ族(蛇・竜⇒天竜人・イム様)は永遠に相容れぬ敵対関係の部分では、Dと天竜人・イム様は永遠に相容れぬ敵対関係を表してる様に思える。

また、コラソンの話であった、行儀の悪い子は『ディー』に食われてしまうぞ!!!は、
ガルダが蛇ナーガ族(蛇・竜⇒天竜人・イム様)を食べるという部分に掛けているのかもしれないと思った。

あと、ルフィの技で『ロックマシンガン(怪鳥銃乱打)』というのがある。この怪鳥ロックは、ガルダの近縁である巨鳥シームルグと同一とされていることから、技名からも匂わせているのではと考えた。

これらのことより、神=天竜人・イム様(ナーガ族)の天敵はD(ガルダ)となるのではと考え、Dは神鳥=divine bird=divina avis(ラテン語)の説を挙げてみた。

正直、ゴロがあまりよくないのでないとは思っているw

これなら、Dはガルダに乗る神にして、神=Deus(ラテン語)の方がいいかなとも思ったw

Dが受け継がれる意思なのであれば、ポーネグリフを守ってきた一族であるワノ国の光月家や魚人島の王家、空島シャンディアの民、ゾウのミンク族などなど、みんな隠し名としてDがついてそうですよね。
実は光月 “ D ” おでんでしたとかだったら胸熱。

ロジャーがラフテル到達したあとゴールDからゴールドにさせられたのはつまりどうゆう事なんだろう?

No title

コーザみたいに当時のアラバスタがD王国の悪政を倒す為に20王国側として協力したら、イムが操ってたみたいな。
というのが、アラバスタ、ドレスローザ、ワノ国でも起きていたのでその暗示かなと思いました。
扉絵のニカを倒した側が海の子を泣きながら送り出す。
departuresという歌はいくつかありますが、globeの曲が有名で、歌詞を見ると切ないですね。

白ひげも「”血縁”を絶てどあいつらの炎が消える事はねェ…――そうやって遠い昔から脈々と受け継がれてきた……!!」より

【Dの意志(思想)は生き続ける】
・純血のDの一族
・混血のDの一族(純血のDの一族とDの一族ではない者との間にできた子孫達)
・元々Dの血族ではないが、Dの意志(思想)を継ぎDの名を与えられた(名乗っている)者
・Dの血族だったが、Dの意志(思想)に共感できない者や時が経ち受け継がれずにDの意思(思想)を忘れてしまった者

もし、Dの名を持つ全ての者が絶えたとしても、Dの意志(思想)と同じ意志(思想)を持つ者がいる限り、Dの意志(思想)は生き続けるって事だよね、熱いね!

プラトンの“洞窟の比喩”で、囚人(一般人)が子供の頃からずっと壁に繋がれて、その壁の後ろの焚き火の光をつかって、向かいの壁に動物の像などの影の投影を見させつづけると、繋がれた囚人たちは影こそが世界の真実だと認識するようになる。けど、拘束から逃れた囚人の一人が洞窟から外に出て太陽を初めて見た時、自分達が見てきたものは実体ではなく、太陽こそが世界の真実だと気づいた。というような有名な哲学の例え話があるけど、今回、五老星が動物の影になる描写があったけれど、あれは、読者にその姿を隠すためではなく、イム様の能力なのかなと思った。洞窟の囚人達が影こそが真実だと洗脳されていたように、イム様も何か人を洗脳する能力があるのかも?(シュガーの能力のように人の記憶にはたらきかける系)その能力が「空白の100年」をつくる事を可能にした?Dは後世が真実に近づけるようにポーネグリフを、道標に残した。
「世界の夜明け」は太陽(ルフィ)が世界の真実を暴き出した時を指しているのかも。
プラトン曰く、太陽は「善の子供」だってよ。哲学ってよくわからん笑

リリィの手紙を読んで自分達は反世界政府の立場になると思っていたのに
「ならばなぜ我々は」空白の100年を紡ぐキッカケになるポーネグリフを表に出さないように守ってるんだろう‥‥
ということでしょうか?

それにしても今回の話で
元々、夢の果て=自由な国を作る(場所はナミが雨降らして ウソップが植物増やすのに活躍できるアラバスタ)だと思っていたので、その予想に少し近づいた気がするー

No title

革命軍が奴隷解放するのを見逃した(手助けした)藤虎とのリンクで、リリィが巨大な王国と同盟関係にあった人々を見逃した説は自分も考えたのですが、普通に考えるとポーネグリフなんていう最重要案件をイム様が持ち出させるかなと…良くて「リリィに免じて命だけは助けてやる」が限度じゃないかなって。

となると現実的に考えられるのはポーネグリフのマリージョアへの移送役を、全幅の信頼を置くリリィに任せていたのが…というパターンの方が無理がない気がします。

七冠になった棋戦は名人戦です。

No title

「ならばなぜ我々は」このポーネグリフを守り続ける必要があったのだ
かな (笑)

リリィ王女のミスでポーネグリフが世界中に散らばったってことは
元々ポーネグリフをばら撒こうとしてるのをリリィ王女が止めるよう指示されたけど
それを見逃してしまったからばら撒かれたってこと?
それが本当にミスだったのか、あえて見逃したのかって話か?

No title

ならばなぜ我々は、ポーネグリフを守り続ける必要があったのだ

かな?(笑)

王手飛車の盤面間違ってますよ
王手になってないし
王手とは王の前に歩があるなどの放置したらもう負ける状態のことで
上の盤面だと飛車に逃げられ銀で金を取りその銀を取られるただの金銀交換です

プルトンをマリージョアに放つのかな?
プルトンは月のロボット兵、ウラヌスはエッグヘッドにある鉄の巨人。
Dの意志は新しいものを受け入れる器=自由=ワクワク

ワンピースは白いキャンバス!

リリィは手紙を書いた時初めてDを名乗ったのだと思います。おそらくはジョイボーイからDをもらって。

リリィはどうやってポーネグリフを世界中にばら撒いたのかが気になります。パンゲア大陸が大きく変化し現在の世界の形になったように、イムが800年前に世界の地形をレッドラインと4つの海に成形した時にこっそり世界中に散らばるよう細工したのでしょうか。800年前の過去編を早く読みたいです。

ではアラバスタでのコブラの台詞、「ならばなぜ我々は」はどの様に解釈すべきなんだろう?
教えて、詳しいひとー!

No title

みんなDから始まる単語を必死に探してるな笑

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索

プライバシーポリシー