記事一覧

ワンピース 第1100話“ありがとうボニー”感想


[週刊少年ジャンプ 新年1号]

(コミックス派はネタバレ注意)

第1100話“ありがとうボニー” 感想。

(※早売りのジャンプを購入して感想を書いています。)



黄猿の“どっちつかずの正義”


今回の冒頭「──今日は仕事で来た」と言っていた黄猿だけど、読み進めてみたら普段は「プライベート」でも来てるんだよね。

ベガパンクと仲は良い、けど海兵としてしっかりベガパンクの意に反する仕事もする黄猿。

正に黄猿が掲げる「どっちつかずの正義」――って事?

11533.png

ベガパンクは「そういう所が嫌い」とズバッと言ってるの面白いけど、黄猿の立場を考えて「仕方がない」とも思ってそうな。



くまへの追加条件と人質ボニー


ボニーの病「青玉鱗」を治す条件としてベガパンクが出したのは「くまの血液提供」「クローンを作る許可」だけだった。

しかし軍の研究所には盗聴用の電伝虫が仕掛けられており、その会話を聞いたサターン聖が追加の条件を3つ出してきた。

1つ、くまの七武海加入。

2つ、くまの人体改造。

3つ、くまの思考と自我の消滅。


まぁ、そうなるよね…

ジンベエが知ってたくまのエピソード「海軍に捕らえられ終身刑だったが七武海となることで海に戻ってきた」てのも作られた逸話だったか。

11471.jpg

1つ目の「七武海への加入」は世界政府の人間が海賊に課す条件としては妥当。

海軍が所有するには「海賊のクローン兵」は面目が立たないってのもまぁわかる。

でもその後の2つはダメだろー!

マジでサターン聖…なんなんだよお前。

これでベガパンクが言ってた「くま自身の判断」も判明したワケだけど、くまの過去が描かれれば描かれるほどくまの聖人っぷりが際立つなコレ。

11534.jpg

ベガパンクじゃないけど、くまはホントに「立派な男」「誇らしい」、もう「大好き」だ!!!



初期七武海メンバーの加入時期


くまが七武海に加入した時期は約3年半前と判明!

しかもそのポストは、エースが当時の七武海の一角を落としたからだったのね。笑

そのエースにも七武海へのお誘い来てたけど蹴ったんだよね。

11535.jpg

これが約4年前と判明!

つまりこの間の約半年は“六武海”状態だったのかな?

これで初期七武海メンバーの大体の加入時期が判明したかな?

七武海メンバー加入時期
クロコダイル
20数年前
ハンコック
13年前 
ジンベエ
11年前
ドフラミンゴ
10年前
くま3年半前

あ、まだミホークとモリアが判明してないわ。

まぁ少なくともくまが加入した時には既に七武海だから、それ以前ってのは確定。

しかしクロコダイルの(初登場時の)懸賞金が比較的低かったのは「七武海への加入時期が早かったから」というしっかりした答えがあるの「さすがONE PIECE」という感じ。

11536.jpg

この漫画のスゴさの一つは矛盾が少ないとこよね。

ちなみにくまの七武海加盟についての反応のシーンに、なんでアルビダとコビーがいたんだろ?何か関係ある??


黄猿がニカを知っていた理由


仲良くニカダンスを踊るベガパンク、くま、ボニー、戦桃丸、そして黄猿。

エッグヘッドでルフィが“ギア5”を披露した時に黄猿が「これが…!!」とつぶやいたのは、この時にくまからニカについて聞いてたからなんだろね。

11537.png

でも「ニカ」の名前を言うだけでも消されてしまう看守がいるくらいなのに、大将である黄猿は知っちゃってても良いのかな?

逆に大将クラスだからいいのか、ベガパンクの友達として知っただけなのか。

しかし5人の楽しそうな事…ずっとこの時間が続けばいいのに。



くまのボニーへの愛に泣いた


今話…というか今回のくまの過去編で描かれているのは、くまがどれほど慈悲深い人物かって事と愛する者達への愛の深さだよね。

今回もボニーに対する愛が溢れ過ぎてて、涙なしでは読めない。

●自らの死を突きつけられても、ボニーが助かるとわかり心から喜び涙を流せる度外視の優しさ

●しかもその事をボニーには伝えない配慮

●バニーの描いたくまの似顔絵を船のメインマストに掲げる子煩悩

●「ありがとうボニー 生まれてきてくれて」


11538.jpg

こんなくまが!不幸のまま終わっていい筈ないだろ…!!!

救いをくれ尾田神(GODA)。。。



後に繋がる描写の数々まとめ


今回だけではないけど、過去回想には後に繋がるシーンがさりげなく描かれている事が多いよね。

それをまとめておきたい。

⚫︎元々は冬島で寒かったエッグヘッド
→ベガパンク開発の島エアコンで南国化してる現在

⚫︎黄猿の部下だったドレーク
→パシフィスタの内情に詳しいと言われるシーンに繋がる

⚫︎猫の手も借りたいベガパンク
→猫(サテライト)誕生のプロローグ

⚫︎エッグヘッドに物資を運ぶウミットカーゴ
→後に闇の世界の皇帝として登場するウミット

まだまだありそう。

くまの過去編を読み返してまとめておくのも楽しそうだよね!

X(旧Twitter)に投稿しとこかな。



くまは“東の海”へ!目的は?


ラストのくまは“東の海”フーシャ村近海に…!!

ちょうど指令が入っちゃったみたいだけど、元々何をしにここに来たのかな。

ドラゴンの息子ルフィを見に来た?

ゴア王国の現状を確認しに来た?

フーシャ村のウープ・スラップ村長が実は重要人物で会いに来た、とか??

9088.jpg

うーん、くまの目的が見えないけど指令入ったから未達で終わるのかもね。

そういえば過去回想とはいえ、エース・サボ・ルフィのASL三兄弟が登場するの嬉しいな~~!!

11540.jpg

現実ではもう一斉に登場することは叶わないから。泣


――以上、第1100話の感想でした。

皆様の感想・考察、コメ欄でお待ちしております!!


コメント

自分よりも娘

○くま 🏆×3 🐻 ベガパンク(本体)・黄猿・サターン聖

サターン聖(電伝虫越し)「(最終的に一切の思考と自我を捨ててもらう)」
ベガパンク(本体)「改造人間から人の意志を取ればただのロボットじゃろう!!!」
くま😢「ありがとう、ボニーの病気が治るなら、おれはどんな運命でも受け入れる…!!!」 ポロ… ポロ…
ベガパンク(本体)「くま…!!」
黄猿(被っていた帽子を前に少し倒す)
次のコマに心なしか寂しそうな顔をする電伝虫。
サターン聖(電伝虫越し)「(ベガパンク…くまの改造完了と娘の病気完治までの期間は?)」
・まあとにかく「くま」が良かったですよ。今回も。
「ボニーの病気が治るなら、おれはどんな運命でも受け入れる」などと言ったときのくまの涙顔😢がとても印象に残りました。
「自分の愛する者が助かるのなら、己の心さえも捨てられる」。娘のボニーに対するくまの愛が本当に深すぎて…
くまの涙もきっとボニーを助けられるという喜びや嬉しさの涙で、決して自分の心が無くなることを悲しむ涙ではないはずです。
娘ボニーを想う深すぎる父の愛、真実の愛を読者に見せてくれたバーソロミュー・くまに今年3度目の大賞を贈ります。

・しかしくまが涙する場面はくま本人のみならず、全てのキャラが良かったです。
自分よりも娘を想うくまの姿などを見て、目に涙を浮かべるベガパンク(本体)。
やるせない気持ちもあったのか、目元を隠すように帽子を少し前に倒す黄猿。
そしてサターン聖。
くまに自我を捨てろと言った張本人ですが、「病気が治るなら、おれは…」の言葉を聞いた後に描かれた電伝虫の表情がどこか切ないような、寂しいような感じなんですよね。
もしサターン聖の表情や気持ちが自身の髭面の電伝虫に表れていたとしたら、あの時はさすがのサターン聖も心が動いたのでしょうか?民の命などゴミのように見下すあの冷酷なサターン聖でさえも…
まあ、くまの返事を聞いた直後のサターン聖の本当の気持ちまでは分からないですよ。本人でもない限り。
ただくまの返事を聞いてその後あれこれ聞かず、素直に「くまの改造完了と娘の病気完治までの期間は?」などと潔く話を進めているのも何かいい感じでした。「その言葉、本当か?」などと疑わず、一応でもくまを信用したということで。
「くまの深い愛が冷酷なサターン聖の心さえも動かしたのか?たとえわずかな心の動きだとしても」。今回はそんな風に思えましたね。

ベガパンクが、未来の再現?みたいなこといってるんですが、ここ気になりませんか!?

やっぱり、過去に、未来の技術があった?
(ややこしい)

オレは、ベガパンクか くまが死ぬかと
思っていたけど、それ 黄猿かも
ベガパンク側の仲間になる事は無くとも

どっちつかずの正義・・・

立場の事を めっちゃ気にしていたから
「あっしゃ、味方には なれんですわ」
とか言って
最後、サターン聖と海軍の 猛攻撃を一手に受け
ベガパンク・くま・ボニー・戦桃丸を逃がすのかも
そして、戦桃丸とかが
「おじきーーー」て叫ぶ中、笑顔で死亡
大将が 海軍を裏切る
衝撃にならないかなぁ

で、くまは 生存・・・にしてくれ!(お願いだ)

セラフィムが感情持ってるのってベガパンクの優しさなんだろうな😢

コビーがアルビダの船にいたのは2年間なので、くまの七武海加入は最近の話ですよーって描写ですかね?
後はドラマ版から漫画へ入った人へのちょっとしたサービスだったり?

くまが改造、ボニーが治療してる半年の間にエースが白ひげを親父と慕うようになるのかー。

コビーとボニーって義兄弟的なやつなのかなって思いました髪色的に。だいぶ違う時期に地上に捨てられた感じで。

くまとボニーの件は、おだっちの娘を思う気持ちを表現しているのだと勝手に思って読んでる。

フーシャ村に行った理由

①ガープに会いに行った
七武海と海軍は近いので、ドラゴンがガープの息子と知りガープに話を聞きに行った
②スラップ村長に会いに行った
村長は実は超優秀な元科学者で、くまが完全に自我を失わない細工をしてもらった(そうだったら面白いなという妄想)

エースとサボ登場は確定ですか?

シャンクスにボニーの話をするためにフーシャ村に行ったとか…??
それを聞いて、シャンクスは出航を決めた。

コビーとアルビダのシーン、深く考えないのであれば単にそのくらいの時期の話なんだよってことかな…
今回の過去編はいつもより長い期間の話だから分かりやすい基準って感じで入れたとか
コビーがアルビダの船に迷い込んだのがルフィ出航の2年前(現在から4年前)の話だから、そこから半年くらい経った頃っていう

フーシャ村に行った理由

①ガープに会いに行った
七武海と海軍は近いので、ドラゴンがガープの息子と知りガープに話を聞きに行った
②スラップ村長に会いに行った
村長は実は超優秀な元科学者で、くまが完全に自我を失わない細工をしてもらった(そうだったら面白いなという妄想)

No title

くまが実際に訪れていた場所に一味それぞれを飛ばしていたと考えると、フーシャ村にも誰かを飛ばせるもしくは飛んでいけるかも。

No title

まさかヒグマに会いに・・・ないか(笑)

No title

これだけ世界政府と密接に関わっていて一度は政府の管理下から逃れたはずのボニーがなんで最悪の世代の一角になったのか、くまを助けるためならボニーが海賊として名を上げるなんてリスクの高い事せずに、父と同じ革命軍に入ればよかったのに。

とりあえずサターン聖は◯んで欲しい。

黄猿も結構辛い立ち位置なんだよな
友達三人も失った訳で…
自身が掲げた正義とは言え、そこまでするか?
何か裏がある会話してるし、黄猿が寝返ったら全て解決しそうではある

本当にクマは救われて欲しい。
この先、世界がハッピーエンドになってもクマが犠牲になったら報われないわ

面白いのはサターン聖、契約内容こそ非情ですが理屈はちょっと正論っぽいこととなんだかんだ約束は律儀に守ってくれていたこと
これまでの外道悪役は約束なんて破ってナンボって奴がほとんどでしたからね
本当に彼ら五老星は世界政府の体制の安定化しか考えていないのでしょうね
律儀故に人間味がない、契約の悪魔のような存在ですな

五老星はボニーが天竜人だとは気づいていない…?

これだけくまの意思を奪う手術を拒んでいたベガパンクがただすんなり言われた通りに手術をやったんだろうか?何かしらの出来事をトリガーにして意思を戻すように細工してないだろうか?ベガパンクなら出来そうだし、そうであってほしい。

くまがフーシャ村に行ったの、単純にドラゴンの息子であるルフィを見たかったから?もしかしたらゴムゴムの実=ヒトヒトの実(モデルニカ)である事を知っていて、将来のニカを見たかったのかも。

No title

アルファはカリファの姉で、アルカリが由来ですかね?石鹸がアルカリ性だから、アワアワの実とかけてそう。父親もCPで優秀な血筋だからクローンを作った可能性もワンチャンありそう。

ペガパンクがステューシーを「図らずも世界政府にスパイとして送り込んだ」的なことを言ってましたけど、今回の五老星とのやり取りを見る感じ、ステューシーのクローンをかわいがって愛情を注いでいたけど、無理矢理世界政府に連れていかれてCPとして活動させられてたっぽいですよね。

ボニーとコニーにやっぱ似てるよな…ジニーがわざわざ「下界」って言い方してたけどそれって天竜人に攫われたっていうブラフで本当はソルベ国王に攫われてたとかなのかな

黄猿とベガパンクの会話はなんとなく気になりますね。黄猿がベガパンクの味方というのを誤魔化すような会話に聞こえました。
世界を揺るがす衝撃には、黄猿の海軍脱退?裏切りも入ってるんじゃないでしょうか。

今回で1100話
世界に思いもよらぬ衝撃を与える
事件がついに判明かな
1200話完結説だと残り100話…
物語も更に加速しそうですね
楽しみであり、さみしくもあり…

ブラックモリア

ドレークって矢沢永吉がモデル?
若い時の髪型が今の永ちゃんで、今が若い時のリーゼントの永ちゃん。

No title

でも、パンクハザードでの実験失敗が4年前で回想内でドラゴンが「先日の事故」って言っていたことを考えると、「第7研究所」を使ってた期間はすごい短かったことになるんですよね。だとすると、やっぱりエッグヘッドにあるんですかね。それか、「第7研究所」で別の研究をしているふりをして空白の歴史の研究をしているとか?ちょい見せで「第8研究所」は監視が強い感じの話が出ていたし、監視の目を盗むために「第7研究所」を使っているとか。
パンクハザード編でも「PH-006」というのが何度も描かれていたし意味がありそうな気はするんですよね。

シャボンディ時点ではまだドレークが実はSWORDで二重スパイだってゆう設定は無かっただろうからしょうがない。

No title

そういえば、エッグヘッドが「第8研究所」で、パンクハザードでシーザーたちが使っていたのがおそらく「第6研究所」ですよね。「PH-006」と表記されているので。茶ヒゲいわく、化学兵器の実験失敗によって3つの研究所のうち2つが吹き飛んでいて、そのときの回想で「第4研究所(PH-004)」が確認できるのでおそらくもうひとつは「第5研究所」。そうすると、「第7研究所」が未登場ですけど、別のどこかに存在するんですかね?それとも、エッグヘッドに「第7研究所」もあるのか。本筋とは関係ないかもしれませんが、ちょっと気になったので。

管理人よ。
ドレークと2人きりの時に攻撃したら、がSWORDである事を知らないと判断しても良いが、あの場でスルーしたら他の海賊に怪しまれるだろ?
そもそも、元少将に言い直した時点で知ってる可能性大だろう。
ワノ国に行こうとしたのもドレークがいるなら、理解出来るし。

なんか今回も下書きの跡っぽい線が残ってるように見えるな
もしかしてまた…?

ドレークレベルの部下を抜かれて大将の黄猿に話が行ってないなんてことあるのかな?
いくら黄猿が大人しく従うタイプとはいえそれくらいの内情は知らされてると思うけど

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索

プライバシーポリシー