記事一覧

ボニーの病「青玉鱗」の原因と治療法判明!サターン聖の目的は!?


くまとジニー、そしてボニーの人生を翻弄させた病「青玉鱗」

近年ごく稀に聞く難病で、日光や月光等「自然光」を浴びると皮膚が青い鉱石のようになってしまい、光を防いでも時間により進行してしまうそう。

治療前のボニーは、10歳まで生きられないと言われていた。

11631.jpg

ボニーのこの病は、母ジニーから遺伝したものだ。

今回はボニーとジニーが罹った病「青玉鱗」の原因と治療法についてまとめ、関連する疑問について考えてみたい。



「青玉鱗」の原因


ジニーが「青玉鱗」に侵された原因は、サターン聖の薬物実験による「副作用」だった。

11632.jpg

医者の一人が「近年ごく稀に聞く病」と言っていたから、これまでにもジニー以外に何人も実験していたんだろう。

サターン聖も「また」と言っていたしね。

その実験に奴隷ではなく、天竜人の第8婦人だったジニーを選んだのは、くまの大切な人という認識だからだろうか?

そしてその「青玉鱗」は生まれたボニーにも「遺伝」してしまった。

つまり時系列的にはこんな感じか。

●攫われて天竜人の第8婦人になるジニー
●サターン聖がジニーに薬物実験をする
●副作用の青いアザ(青玉鱗)が出て失敗
●ジニーが身ごもり、ボニー誕生
●生まれたてのボニーに“悪魔の実”のエキスを飲ます
●病に侵されたジニー、下界に捨てられる
●ボニーに青玉鱗が発症し遺伝する事が判明


「青玉鱗」の治療法


ベガパンクは「青玉鱗」の治療にまだ現場に下ろしていない技術を使った。

11527.jpg

新しい幹細胞を作り移植すれば治るのだと。

エッグヘッドで話していた「人口臓器(オルガノイド)」を使うのかな。

「医学の未来に不可欠な技術」とベガパンクも言っていた。



サターン聖の実験の目的


では、サターン聖はジニーへの薬物実験でどんな成果を求めていたのか。

実験の失敗による副作用「青玉鱗」は、太陽や月の光に当たると進行する病。

太陽といえば、天竜人にとっての敵“太陽の神ニカ”

11633.png

つまりニカに対抗する存在を作る為の人体実験だったのではないか、と?

今の所この説が一番しっくりくるかな。


皆様の考えも聞かせてください!

コメント欄でお待ちしています!!

コメント

イム

イム様が同じ病気持ちでそれの薬を作るための実験ではないでしょうか

サターン聖は、悪魔の実のエキスをボニーに与える実験をするなど能力に関する研究をしてそうなので、この薬物実験も何かしら悪魔の実が関係してそうだと思いました
妄想ですが、明確な弱点である海を克服した能力者を作り出す目的の実験で、海水に耐えられる代わりに副作用で自然光がダメになり青い石が体から出てくる、とかだったら面白いなと。

No title

ニカの能力の影響を受けなくなるようになる薬物なのかもしれませんね。
五老星が追い詰められた際、イチかバチかで自分に投与して運良く成功し、ルフィがピンチになるって展開があるのかも。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索

プライバシーポリシー