記事一覧

消えたゴッドバレーはスリラーバークとして存在している!?


一般的には伝説の“ロックス海賊団”が壊滅した事件として知られている38年前に起きた「ゴッドバレー事件」。

実際には、豊富な資源を持つ政府非加盟国「ゴッドバレー」を舞台にした天竜人による3年に1度の「先住民一掃大会」と銘打った“人間狩り”。

そのゲームの賞品になっていた「海賊島の宝」を奪い返しに“ロックス海賊団”が乱入。

そして“ロジャー海賊団”を含む多くの海賊団もそれを狙ってかゴッドバレーに流れ込んだ。

ゲーム終了後には世界政府によって「ゴッドバレー」は所有される事になる予定だったのだが、何があったのか跡形もなく消えてしまい、現在では地図にも記されていないそう。

11786.png

そして38年前に“西の海”で消えた「ゴッドバレー」が、姿を変えて現在も存在しているという説がにわかに噂されている。

それが「スリラーバーク」

2年前にルフィ達も上陸した、モリア率いる“スリラーバーク海賊団”の海賊船だ。

今回は両者の共通点をあげ、この説について考えてみたい。



“西の海”にあった島


かつて“西の海”に存在した島「ゴッドバレー」。

“西の海”からやってきたさ迷う島「スリラーバーク」。

11787.jpg

共に“西の海”にあった島であり、一方は地図から消え、もう一方は“偉大なる航路”にやって来た。

これが繋がるのではないか、と。

ちなみに、くまの回想に出てきたゴッドバレーの城と、スリラーバークの城にも類似が見られる。

11789.jpg

ただ“西の海”から“偉大なる航路”前半の海に行くには“赤い土の大陸”を超えなくてはならない為、そこの部分がこの説の肝になりそうだ。



ロックス海賊団クルーと将軍ゾンビ


次の共通点は、ロックス海賊団クルーと将軍ゾンビ。

ゴッドバレー事件があった際に壊滅した“ロックス海賊団”のクルーと、スリラーバークに居たモリアの部下である“将軍ゾンビ”の中に同一人物と思われるキャラがいるのだ。

11788.jpg

つまりゴッドバレーで死んでしまった“ロックス海賊団”のクルーが、その土地と共に“偉大なる航路”にやって来て、そこを住処にしたモリアによってスリラーバーグとして“将軍ゾンビ”として生まれ変わったのではないか、と。

ただ“キャプテン・ジョン”は、スリラーバーク後に名を上げた海賊なので、ここではないどこかで死亡した際にモリアが入手したと思われる。


島ごと浮かせる能力者の存在


スリラーバークは「村を丸ごと乗せた世界一巨大な海賊船」。

11790.png

ゴッドバレーにあった住居部分を乗せたのだろうか?

それをする為には“悪魔の実”の力が必要だろう。

それを考えた時、38年前のゴッドバレーには「島を浮かせる事の出来る能力者」が二人いた。

●“フワフワの実”のシキ

●“ウオウオの実”モデル「青龍」のカイドウ


11791.jpg

青龍は焔雲で島を浮かせる事ができるけど、この時のカイドウは能力者になりたて。

ゴッドバレーの土地を“偉大なる航路”に運んだ張本人はシキ…かな?

その理由については計り知れないけど…

ただ現在の所有者であるモリアがカイドウと因縁あったりするのは気になる…

7860.jpg

この戦いの後に、スリラーバークを作ったのかな?


――という事で、ゴッドバレー=スリラーバーク説について考えてみました。

ゴッドバレー事件にはまだ明かされていない事もあるから、別のキャラ視点でまた描かれそう。

その時にこの件が判明したら嬉しいね!期待!!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索

プライバシーポリシー