記事一覧

ワンピース 第1111話“太陽の盾” 感想


[週刊少年ジャンプ17号]

(コミックス派はネタバレ注意)

ワンピース 第1111話“太陽の盾” 感想。

(※早売りのジャンプを購入して感想を書いています)



五老星は全員“覇王色の覇気”持ちか


エッグヘッドの迎撃システム「フロンティアドーム」のレーザービームをものともせず、研究層に侵入した「以津真出」マーズ聖!

11811.jpg

そんなマーズ聖を見たジンベエは「何ちゅう覇気…!!」と驚きを隠せない様子。

そして「封豨」ウォーキュリー聖が「覇王色の咆哮」を放っていた事からも、五老星は全員「覇王色持ち」だろうね。

流石に“世界最高権力者”達、それに見合う怪物級の実力と共に相応の覇気を備えてても違和感はない。

それが今、エッグヘッド脱出の壁として立ち塞がっている…うむむ手強い。

11804.jpg

だけど前回と今回で五老星のほぼ全員が一定の活躍をしたからお披露目(?)は済んだかな(「サンドワーム」ピーター聖だけがやられっぱなしだけどw)

ルフィ達のエッグヘッド脱出は近い!?



カクを「相棒」と呼ぶルッチ


今回地味に驚いたのはルッチがカクを「相棒」と呼んで、マーズ聖に「殺さないでくれ」と懇願していたこと。

ルッチは怪我で動けないカクを置いて一人で暴れだしたからカクを「見捨てた」と思っていたけど…「相棒」と思ってたん!?

サンジもカクにこう言ってたよね。

「見捨てられたな、お前」

11816.jpg

だけどもしかしたら…ルッチは「“麦わらの一味”ならばカクを殺さない」というある種の信頼のもとにカクを置き去りにしたのかもしれない?

味方である筈の世界政府のトップには「殺さないでくれ」と懇願し、敵であるはずの海賊には(ある種の安心感から)相棒を「見捨てる」という選択肢を取るルッチ…謎の逆転現象で面白いね。

そういえばルッチは“麦わらの一味”の行動原理についても詳しかったし…

11817.jpg

一流の諜報員だけあってよく見てるのか、と。



五老星とエルバフの巨人族の因縁


ウォーキュリー「巨人族…!!」

サターン「食い合わせの悪い事だ…」

ウォーキュリー「因縁深き者達…!!」


成程、五老星とエルバフの巨人族達には「因縁」があるそう。

まぁ「エルバフに伝わる神」=「太陽の神ニカ」だし、800年前から続く何かがあるんだろうね。

“Dの一族”だけじゃなく、「20カ国の連合軍(現天竜人)」と敵対した者達が世界各地にいた、と。

11818.png

この時(☝︎)にピーター聖が言ってた「(今も続く?)永い戦い」と言っていた敵は「エルバフの巨人族」の事を指していたのかも。



“太陽鋸”と“太陽の盾”


前回の“太陽鋸”に続いて、今回もまた「エルバフの戦士」ドリーとブロギーから「太陽」を冠する技が登場した!

その名も“太陽の盾”!!!

五老星との「因縁」や今回の「太陽の盾」という技から推測するに、エルバフの戦士ってのは“太陽の神ニカ”にとって「盾」と「矛」となる存在だったのかな?

11682.jpg

今回の構図(ルフィを守り五老星を退けるドリーとブロギー)がまんま、それに当てはまりそうな。

空白の100年存在した者達も結構判明してきたし、その時にあった出来事がこれからガッツリと描かれそうだから俄然楽しみになってきたぁ!!!!!


何度目のトムジェリかw


ウォーキュリー聖の咆哮で体のパーツ(傷跡や装飾品)がポロッと取れたり、その辺にある木を削り出して咄嗟にバットを作ったりしてるの、あまりにもトムジェリ(カートゥーンアニメ)過ぎるニカルフィw

まんまコレじゃーーん☟笑

11819.jpg

“ギア5”になってから毎回のように描かれる自由奔放で楽しげな戦闘描写、好きだなぁ!

「バトルに緊張感がなくなる」って意見もあったりするけど、このふざけた状態から一気に真剣な表情をする時もあって、そのギャップもまた良きでしょ!

11820.jpg

「どんな時もふざけることのできる主人公」てのが尾田先生の想いだしね。



サターン聖の能力はいくつある?


妖怪「牛鬼」の姿に変化し「毒」を持ち、自他を魔法陣で「空間転送」し、どんなダメージも「無効化」、更に睨みつけるだけで相手の頭を吹き飛ばすような攻撃や、見えない何かで相手を押さえつけたりと、多彩な「力」を持つサターン聖。

11433.jpg

この中の幾つかは五老聖の皆に共通する力なんだろうけど、サターン聖には更に「爆発物」を吐き出していた!

これにはルフィも驚きで、十中八九「毒」だと思っていた物を弾き返すと大爆発!笑

――というか、一体いくつの特性を兼ね備えているんだサターン聖は…



鉄の巨人始動! ジョイボーイに何を謝る?


ついに動き出しエッグヘッド島内に姿を表した鉄の巨人。

巨人族の遥かに大きいって、古代巨人族と同サイズ?(巨人族の約3倍)

ニカの力が覚醒した際の「解放のドラム」の音に反応して動き出したと思うんだけど、そんな鉄の巨人はジョイボーイに対し謝罪をしていた。

11377.jpg

「スマナイ…ジョイボーイ」

これは何に対しての謝罪?

鉄の巨人が200年前にマリージョアに現れた時から現在まで動いていないのであれば、その時の事についてなのかな??

突如として現れた理由はまだ明らかになっていないけど、ジョイボーイが絡んでいる事は確定…

やはり以前考えたように、800年前のジョイボーイと天月トキは仲間で“トキトキ”の力で鉄の巨人を飛ばしたんじゃないだろうか?

●ジョイボーイに「謝る」鉄の巨人

●当時の人魚姫に「謝る」ジョイボーイ


鉄の巨人がマリージョアに現れた200年前は魚人の差別問題に動きのあった年。

10645.jpg

朧げながら繋がってきそうな…


以上、ワンピース 第1111話“太陽の盾”の感想でした!

感想お待ちしています。


コメント

残念ながら(?)自分はギア5・ニカはめちゃくちゃ気に入ったしもっとバトルを見たいですね
それに、ふざけつつも「それでも取り返さなきゃいけねェもんがあんだ!」と叫び、またペドロの名を呟きながらヨボヨボ状態から再度立ち上がるルフィの姿は十分熱かったですし
それとふざけてる姿との間に乖離があるとも思わないんで

オレも、「笑い」の戦い方には否定派だな~
ギア4までは 「怒り」によって強くなっていた
だから、感情移入出来た
けど、今はしづらい

エッグヘッドは ボニーやくまの事情を「知らない」
から まだ良いとして
ワノ国では 多くの人達のキツさも知っていて
どんな時も 笑ってしまう悲しさも「知っていた」はず

ニカへの変化も ルフィが全てを
コントロール出来ない仕組みになっているよね
・・・スマイルと同様

今後、追い詰められた時の 熱い戦い方は
ルフィでは もう見られないし
例え、シャンクスやサボや麦わらの一味が
惨殺されても ふざけた戦い方を
半強制的にしなくてはいけないんだよな
何かね・・・


て、オレも 巨人族の“ 強さ ”に違和感があった
そうか、巨人族のトップ戦士が
当時のMr.3に 手も足も出なかったのか・・・
ハイルディンも そんなに強くなかったし

No title

>嫌なら読むな!嫌なら他人をまきこむな!自分一人で、語っていろ!

読んで酷いと思ったから忖度なしでコメントしただけですけど。
あんたのコメントに対して「嫌なら見るな」系の返信をするなら、
「批判コメントを見たくないなら、このブログに来るな!」
って言ってるようなもんだからね。

それにあんただってアマゾンで買った単行本の端が折れ曲がってたら☆1にするだろ?
そんなあんたに「折れ曲がってるのが嫌なら自分で本屋に買いに行け!」と言う奴が現れたらどう思う?
きっと「こいつやべーな…」って思うぞ。

結論、「嫌なら見るな」が如何に頓珍漢であるのか自覚した方がいいし、「嫌なら見るな」の様な質の悪いコメントを使えば使うほど、作者や他のワンピースファンに迷惑がかかっている事に気づこうぜ。

No title

>↓さては対カイドウ戦読んでねえな??

いやいや、カイドウ戦こそ覇気を纏って殴る蹴るのめちゃくちゃアバウト過ぎる戦いだったじゃん。

んで、ゴムゴムの実が覚醒すると思いきやのヒトヒトの実モデルニカという超絶最悪な後付け。
「じつはヒトヒトの実でした~!」ってゴム人間として四半世紀生きてきたルフィのアイデンティティが崩壊してんじゃん。
そんで何ができる・できないか分からない、急に弱体化したと思ったら急に復活する、攻撃が効いてるのか効いてないのか分からない、作者のさじ加減でどうにでもなる描き方をしてんじゃん。

昔、キン肉マンの最終章で展開がシリアスになりすぎて、長く重苦しい戦いの中でスグルがふざける隙がなくなってしまった。ゆてたまご先生は連載を終えた理由はそこにあったと述べられてます。シリアス過ぎる展開は作者の思惑を超えて作品を終わらせてしまう力を持つ。くまのエピソードとか暗過ぎましたもんね。その問題を自浄する為に登場させたのがニカだと思います。バトル漫画の最終章でここまで主人公ふざける作品ってあんまりないですし、こんなにトムジェリに寄せられてそれを受け入れられない人がいるのも分かりますが、ニカのバトルは漫画界の大発明だと思ってます。世界中が見守る最終章で、他の誰もやったことのない表現を生み出している尾田先生は素晴らしいです。

~最近の妄想~
鉄の巨人➡昔のプルトン【戦艦】
レイリー➡冥王を繋ぐ者(剣士)
ゾロ➡新プルトン【戦漢】(地獄の鬼)

ではワノ国の地下に在る物は…
初代鬼徹?最古の名刀?
ビビの先祖が持っていた剣?の様に
持ち運び出来る物。

それと鉄の巨人の謝罪は…
熊サンと同じ様な悲しい話になりそうな…

嫌なら読むな!嫌なら他人をまきこむな!自分一人で、語っていろ!

↓さては対カイドウ戦読んでねえな??

ひどいね

バトル漫画の大前提である「能力のルール、設定」「どうやったら勝てるか、負けるか」
そこが明確にされているからこそ、キャラはお互いそれをどう突破するかを試行錯誤するわけで、そこがバトル漫画の面白さ。
ワンピースはもともと他の作品と比べてアバウト過ぎる傾向にあって、
毎回、見開きで技出した→何か知らんけど倒したから勝ち、って感じで進んでた。
更に新世界編になって本格的に覇気が登場して以降は、覇気をまとって殴るだけの雑なバトルに成り果てた。

そんなところに、さらに全く未知の存在であるニカを放り込むんだからもう収集つくわけがない。
ニカは何をどれだけ出来る能力なのか、何に強くて何に弱いか、どうやったら倒せるのか、死ぬのか。
全くわからない。
全く分からないままダラダラ話は進んでいく。
勢いだけで何がどう効果があるのかとか何も分からない、伝わらない。
もう全てのバトルが作者のさじ加減でなんとでもなる、まさに茶番。
だからニカの戦闘には緊張感が全く出ない。

ニカの戦闘はトムジェリをオマージュしている様だけど、
トムジェリはアニメだから映える表現であって、漫画だと白ける。
これを「面白い」と思って描いているのなら、センスが枯れたとしか言いようがない。
全く面白くないんよ。

あとさ、ペンキとかヘルメットとか空想で用意できるのなら、申し訳程度にバットだけ木から加工してるんじゃねーよ。
牛鬼の攻撃はどんだけ遅いねん、となるでしょ?
とても「世界一の漫画家」が描くようなクオリティじゃないんよ。
とにかく酷過ぎる。

五老星が「ルフィはここで消しとかねばならん…!」的な事言ってると「何今更言ってんだこいつw」って笑っちゃうんだけど、「ニカがやべぇならもっと早く消しとけ」ってのはツッコんだらダメなとこ?

他の方々が言われる通り確かにニカのシーンはつまらないよね…
ういていると言えばいいのか?
そぐわないと言えばいいのか?
適当な言葉は見つからないけれど、トムジェリの世界観とワンピースの世界観が違い過ぎるから、トムジェリをパクった?オマージュした?事で異物が混入したように感じる敏感な人は多数いるのは間違いないね

あんな不死身な五郎星なら単体でカイドウ・マム・七武海倒せるでしょう。
それをしなかったのはなぜ?
何か秘密でもあるのかな?

関西弁のアンチ…同じ関西人かはわかりませんが恥ずかしい…。何がしたいのかもわかりませんし、ただただ恥ずかしい…。

戦闘がこれまでで一番面白くねーわ
初期のイーストブルー編頃の戦闘が一番面白かったんやけど…もうあん頃のワクワク感はあらへんな…惰性にとても残念や
無駄にひきのばしてんのは尾田っちの意志じゃなくて甘い汁を吸い続けたい出版社側の意志な気がしてならへん、ドラゴンボールがそうやったしな~
ワンピースでいうと尾田っちがDで出版社が天竜人やなw

ごろうせい
全員覇王持ち?てチートすぎ
ドリーブロギー強❕

これドレスローザの時みたいに
エルバフ先行組とエッグヘッド残留組に分かれそう

No title

第1111話、ひさびさにヨークが登場しましたが、
ヨークは録画のこと知ってるんですかね、知らないんですかね?

この録画をいつしたのかにも拠りますが、
もし、裏切り発覚前に録画したのであれば(その可能性が高いですが)、ヨークは録画のこと知らなきゃ変ですよね。
脳みそ共有があるはずなので。

このあたり、おだっちはもう一ひねりしてくる気がします。

たとえば、
ステラは、裏切り発覚後にヨークの記憶を修正しており、ヨークは五老星に間違った情報を教えてしまう、とか。

その情報のせいで、五老星はカメラ前で世界の秘密をペラペラしゃべるよう誘導されてしまう、とか。

ルッチの驚きようからして、以津真天の姿を見たのは初めてなのかな。
ただその後すぐに状況報告してるからマーズ聖と気づいたのか、分かってたのか。
カクの命乞いをしたところに「難しいな、虫など踏もうとして踏むものではない」って言ってるからボロブレス的な炎の攻撃でラボごと吹き飛ばそうとするんじゃないかな。
それを炎をものともしない鉄の巨人が防ぐ展開になる予感。

>とりあえずドリブロとの絡みは見てて和む
この感覚は当時読んでた人にしかわからん感覚だろうなー

ワンピにハマり始めた頃の最新刊が14・15巻だったから何となくわかるw

トムジェリはマジでいい加減にしろ。ギアが上がっていくに連れてどんどんダサくなってく。ルフィの戦闘シーンはもう期待しない。

サターン聖の手札の多さは百獣海賊団のクイーンと同じものだと思います。
科学者、動物系の能力者、覇気使い。かなり似通った点があるので自分の身体をかなりいじっていると思います。

現在ベガパンクは行動不能なので科学技術なのか、能力なのか、覇気なのか判断出来る人物がいないのもありなんでもありですね

覇王色の咆哮を受けた後のドリーとブロギーのアイツは誰だに対して、ルフィが言った世界政府の偉い奴だ、と言い切ったのには違和感を感じた。

牛鬼に対してなら解るけど、封豨は召喚された時点では既に怪物の姿で現れて人の姿を見ていないのだから確証もなく言うのには違和感。
これまでのルフィなら多分とかおそらくとかふくみのある言い方をすると思うんだけど、思い過ごしかも知れないけど何かありそう。

No title

ルッチさん何だか何度も殺しあって仲間ほども信頼できるロジャーとガープみたいじゃないですかそういうのはスモやんとかとやってくださいよw

Mr.3に手も足も出なかったのは…
2年経ってるから!ドン!!
そこは突っ込んだらダメ
とりあえずドリブロとの絡みは見てて和む
この感覚は当時読んでた人にしかわからん感覚だろうなー

サターン静ボムボムの実能力も持ってるのか?笑

世界政府側に王女リリー(ビビ)がいて、仲間にロボ(フランキー)、動物ゾウ(チョッパー)でジョイボーイ(ルフィ)ってな感じで、空白の100年と現在の人物がなんとなく似てきたように思いました!ジョイボーイの一味が揃って冒険する過去編とか描かれる展開になったらワクワクするなー!と思いました!

>五老星と七武海ってどっちが強いんだ?

どう考えても五老星の方が強いでしょう。四皇と戦えるレベルかと。単体でも戦えそうなチート級な能力の数々…2〜3人も居りゃ四皇の一味もろとも打破出来るぐらいの強さはあるでしょう。
実際現四皇の幹部サンジは睨まれただけで(?)身動き取れなかったわけですから。さすがにルフィやカイドウ、マムには効かないんでしょうが、クイーン・ジャックぐらいなら抑えられるかも?

そこで不思議になるのが、じゃあ世界の均衡とは何だったのか?四皇なんて蹴散らして世界政府が牛耳れたんじゃないの⁉と、思わなくもない。
ワープや飛行能力があるんならワノ国なんて全然鉄壁の要塞じゃなくない⁉ってこと。

この辺りも辻褄の合う設定あるんですかねぇ?本気で戦ったら何かしらの後遺症があるとか。でも今回はそうも言ってられない緊急事態と判断に至った的な…。
どう思われます?

切断されてやられっぱなしいうてもサンドワームはニカルフィをのみこんだ事実があるしな~それにあれは再生してるやろ
ほんで1111話はゾロの回言うてるやつ多かったけど全然違うやんけwww
子供がいうてんねやったらまだしも大人がいうてるんやったらキモすぎてドン引きやでwww
まぁサムネ詐欺やタイトル詐欺する奴らよりましやけどなwww

五老星相手にそこそこ戦えてるブロ&ドリーがなんでMr3ごときに手も足も出なかったのか、、、

No title

ジョイボーイ(魚人族を太陽の元に導くという約束を果たせず)人魚姫に対し謝罪
鉄の巨人(ジョイボーイに変わって悲願を果たす事が出来ず)ジョイボーイに対して謝罪

No title

ドリーとブロギーこの歴戦の強者感頼もしすぎる
覇王色の覇気持つ正体不明の化け物共に囲まれても全く臆してない

五老星と七武海ってどっちが強いんだ?

No title

サターン星みたいにダメージ負ってもすぐ修復する体ならフロンティアドームのバリアも意味ないな
五老星皆不死身の体とみて間違いないな

サンドワームかっこええやろ、何かバカにしとる奴が居るらしいが

1111話だし、ジンベエがいるところにはゾロがいるから、ゾロに何か起こるのでは!?

それが良い方向か悪い方向かは、分かりませんが…

ワイ 見聞色の覇気持ち
ハゲ馬カッコイイって言ってるけどコイツもクズって言われる未来が見えた

No title

サンドワームは北欧神話にも出て来るよね。
土着の巨人族と侵略者であるヴァイキングの戦争神話で
サンドワームは混血ロキの懐刀でソー暗殺の切り札。

No title

サンドワーム定期

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

サイト内検索

プライバシーポリシー