記事一覧

海軍の潜入ドレークの“百獣海賊団”加入時期について思う事


百獣海賊団に加入したX・ドレーク率いる「ドレーク海賊団」

現在では百獣海賊団の真打ちの中でも最強の6人である「飛び六胞」という役職に就き、幹部の1人に名を連ねているドレーク。

しかし実はドレークは海軍本部の機密特殊部隊「SWORD」の隊長でもある。

つまりドレークがワノ国にやって来た理由は、海兵としての任務だったという事だろう。

四皇の海賊への潜入任務?

そして“百獣海賊団”への加入時期は「一年以上前」

6243.jpg

だけど加入のキッカケ自体は「2年と少し前」まで遡る。

新世界入りしたドレーク海賊団が、カイドウお気に入りの「冬島」に上陸した際の出来事。

その冬島には、カイドウの部下の“アイアンボーイ”スコッチという男がいた。

6242.jpg

このスコッチにドレークはこう呟いた。

――つまりもしお前の首を取れば

カイドウが黙ってないと


元々、百獣海賊団への加入を希望していたドレークは、この流れでスコッチと戦ったと思われる。

しかし、この後すぐに百獣海賊団入りをしたのならば2年前にはワノ国入りしてる筈だ。

実際にはスコッチとの邂逅から「数ヶ月から一年の間」が空いている。

では、その「数ヶ月から一年の間」に何があったんだろう。

今回は、そのあたりについて考えてみたい。



① ドレークVSスコッチ


まず、その時のスコッチとのドレークとやり取りはこうだ。

ス「あの人を怒らせない方がいいぜルーキー」

ド「――つまりもしお前の首を取ればカイドウが黙ってないと」

ス「そういう事だ…わかったらさっさと…」

ド「だったら話が早い」


ゾオン系古代種「アロサウルス」に変身したという事は、ドレークは臨戦態勢だ。

言葉通り、スコッチを倒したんだろう。

つまり、傘下であるスコッチを通してカイドウに喧嘩を売った事になる。

[スポンサーリンク]


② カイドウとの遭遇


スコッチを倒した(と思われる)ドレーク。

その後の行動はどういうモノになるだろうか。

やはり、スコッチを連れて自らワノ国へ向かったのかな?

そこでドレークはカイドウと初めての邂逅を果たす事になる。

傘下の海賊を倒す程の実力をカイドウに示したドレーク。

その上で自身の海賊団を“百獣海賊団”に入れて欲しいと願い出た?

カイドウは強いヤツを好み、ドレークはカイドウの元へ潜り込みたがっている。

両者の利害が一致する事で、ここはスムーズに事が運んだ可能性が高いのかもしれない。



③ 百獣海賊団入りと空白の期間


さて、ここでようやく本題に入りたい。

ドレークによるスコッチ討伐から、ワノ国上陸&カイドウとの邂逅がスムーズに行ったとしたならば、前述した様に加入時期は約「2年前」になる筈なんだよね。

しかし実際にドレークが加入したのは「一年以上前」

年数的に微妙なトコではあるけど、1年から数か月の開きは感じる…

簡潔にまとめてみよう。

〇年前出来事
約2年前・ドレーク海賊団、新世界入り
・カイドウお気に入りの島に上陸
・スコッチを倒す
・ワノ国へ向かう
1年以上前・百獣海賊団へ加入
・真打ちの「飛び六胞」となる

こんな感じになるかな。

では、この空白の期間にドレークは何をしていたのか。

●単に飛徹がドレークを認識したのが加入してから数か月後だった

●ワノ国潜入の為、海軍本部とも連絡を取り準備を整えていた

●カイドウに気に入られる為の準備をしていた


etc…


あげられる理由としてはこんな所だろうか。

ドレーク自身も興味深い過去や肩書を持ってるから、このあたりもキチンと描いてくれたら嬉しいなぁ。

[スポンサーリンク]

コメント

すぐに部下になっては潜入の為と怪しまれるからしばらくはうどんで働かされて従うようになったと演じたか、すぐにワノ国には向かわず部下と戦い続けたか。
と予想してます。

編傘村の件は私も気になってます。
世界政府に加盟していない国だから何しても許されるということですかね?

編笠村を襲ったのは本当にドレーク?
カイドウに怪しまれない為とは言えやり過ぎだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント


 [誰が見ても気持ちのいいコメント欄に!]

ONE PIECEの小ネタ呟いてます

7074.jpg

サイト内検索