記事一覧

さくらももこ先生に語ったワンピースの正体!それは「心の成長」なんかじゃない!!

2014年7月22日に発売されたさくらももこ先生のデビュー30周年を記念したムック本「おめでとう」。これは、さくら先生自らが特別編集長をつとめている。その中で「ONE PIECE」の尾田栄一郎先生がさくらももこ先生の自宅を訪れた際のルポが、全カラーで10ページ描かれている。この件は、ジャンプの巻末コメントの方で尾田先生も書いてた。ちなみに尾田先生がさくら先生の事を「ももちゃん」と呼ぶのは下記のメールでのやり取りから。...

続きを読む

過去の敵の再登場時期を考える③「新世界編」

過去の敵の再登場時期を考える 第③弾。第①弾 「東の海(イーストブルー)編」第②弾 「楽園(パラダイス)編」遂に強者達の海「新世界」編へ!※ここはまだ途中なので随時追加していく予定。【新世界編】[目次] 〇ホーディ・ジョーンズ〇マスター・シーザー・クラウン〇天夜叉・ドンキホーテ・ドフラミンゴ ホーディ・ジョーンズ2年後の魚人島にて登場した、アーロンの意志を継ぐ新魚人海賊団の頭“ホーディ・ジョーンズ”。実体の無い怨み...

続きを読む

過去の敵の再登場時期を考える②「楽園(パラダイス)編」

過去の敵の再登場時期を考える 第②弾。前回の「東の海(イーストブルー)編」に続き、今回は「楽園(パラダイス)編」!ちなみに「楽園(パラダイス)」とは、「グランドライン前半の海」の事。[一度でも“新世界”に足を踏み入れた猛者達は“偉大なる航路(グランドライン)”前半の海を口を揃えてこう呼ぶ――「あの海は“楽園(パラダイス)”だった」(第594話ナレーション)]しかし既に、相当な数の敵キャラが再登場してるんだよね。笑【楽園(...

続きを読む

過去の敵の再登場時期を考える①「東の海(イーストブルー)編」

これまでにルフィが倒してきた数多くの敵。その中には後に「表紙連載」に登場したり、本編に再登場したキャラも多い。今回はこれまでの敵を振り返り、「再登場」か「フェードアウト」かを考えていきたい。ちなみにルフィが倒したボス級のキャラに限定&過去編での登場は除く。(例:魚人島編のアーロン)【東の海(イーストブルー)編】[目次] 〇斧手のモーガン〇百計のクロ〇首領クリーク&鬼人のギン〇ノコギリのアーロン(※既に再登場して...

続きを読む

ルフィの「夢の果て」考察!ロジャーと同じ「あの言葉」とは?

ルフィの夢である「海賊王」には「続き」がある。それは2年前の頂上戦争の時にエースが言っていた「夢の果て」だ。「心残りは…一つある…お前の“夢の果て”を見れねェ事だ…」この「夢の果て」とは――幼い頃のルフィがエースとサボの前で宣言した事だろう。そしてシャンクスがかつてレイリーに言っていた「船長のあの言葉」とも一致するものと思われる。「“東の海”に…!!! ロジャー船長と同じ事を言うガキがいたんだ…!! 船長のあの言葉...

続きを読む

ルフィの最高地点“ギア5”!“ニカ”の覚醒で出来る事まとめ

両足ポンプで血液を加速させ身体能力を上げる“ギア2”。骨風船で体の各部を巨大化させる“ギア3”。筋肉風船で武装覇気とゴムを融合させた“ギア4”。そして、“ゴムゴムの実”改め“ヒトヒトの実”の幻獣種 モデル「ニカ」の力を覚醒させたルフィの最高地点“ギア5”!!“太陽の神二カ”とは、太古の昔に奴隷達がいつか自分達を救ってくれると信じた伝説の戦士。人を笑わせ苦悩から解放してくれる戦士だそう。その力が目覚める事でルフィに何が...

続きを読む

ワンピース 第1047話“都の空”感想その②

[週刊少年ジャンプ21号](コミックス派はネタバレ注意)第1047話“都の空” 感想 その②。[目次] 〇コミックス修正案件?掴む手もパンチも「右手」〇最後のパンチは“ゴムゴムの”何?〇カイドウの最強技!? “不動”の名を冠する技名は…〇トムジェリオマージュ最新版〇その他小ネタ(Twitterより) コミックス修正案件?掴む手もパンチも「右手」今回のラストシーンで、ルフィが放とうとした超特大のパンチ。そのパンチを確実に当てる為に(?)...

続きを読む

ジャンプ21-22合併号表紙&ワンピース第1047話 巻頭カラー感想

[ジャンプ表紙]青春の数だけドラマがある!ジャンプ連載作品の主人公達が、様々な部活のユニフォームに着替えて大集合!!ルフィはサッカー部!!この全身ver.がアクリルのminiフィギュアになって全員サービスに。[巻頭カラー]One Piece, Ch. 1,047: Luffy and Kaido continue their thunderous battle while Onigashima plummets! Read it FREE from the official source! https://t.co/wXMNqvZoVc pic.twitter.com/eLQP7o8YfR—...

続きを読む

ワンピース 第1047話“都の空”感想その①

[週刊少年ジャンプ21号](コミックス派はネタバレ注意)第1047話“都の空” 感想 その①。(※日曜の夕方に早売りされたジャンプを購入し感想を書いてます。)[目次]〇“ゴムゴムの雷(かみなり)”〇ロジャーは能力者ではなかった〇覇気>悪魔の実の能力〇“大威徳雷鳴八卦”〇ワノ国の侍の意識を変えるのはウソップ!?〇まだ生きていたオロチ、傳ジローの出番!?〇モモは鬼ヶ島を支えられる焔雲を出せるか〇小ネタ(Twitterより)“ゴムゴムの雷(か...

続きを読む

モモの助がカイドウ級の強さに覚醒する可能性を考える

モモの助がパンクハザードで食べた「ベガパンク製の人造悪魔の実」。これはカイドウの血統因子を抽出し作られたモノだと判明した。モモの助が「龍」に変化できる様になった理由は、カイドウのウオウオの実の幻獣種 モデル“青龍”の影響だった、と。ただベガパンク曰くそれは「失敗作」だったらしく、世界政府に渡す事なくパンクハザードに長年保管されていた。その件について、CP-0のこの男はこう呟いた。「失敗作で良かったと つく...

続きを読む

物語の終盤で一度だけ登場する「眼帯の海賊」とは誰?

実はONE PIECEには、「眼帯のキャラクター」が登場していない。これは尾田先生のポリシーらしい。かつては「海賊=眼帯」というイメージがあったけど、「眼帯がなくても海賊は描けるんだぞ」という尾田先生の意思表示だ。――とは言え、もちろん眼帯自体が嫌いというワケではない。だから“物語の終盤”で一人だけ“眼帯の海賊”が登場すると明言している。今回は、この「眼帯の海賊」について考えてみたい。[目次] 〇とあるコラムでの尾...

続きを読む

白ひげは実在した!それは尾田先生がホレこんだ酒場のおやっさん!!

ONE PIECEの連載10周年記念で発行された情報誌。それはコミックスに挟まれた「ONE PIECE PARADISE!」、略して「ワンパラ」!!その内容はONE PIECE尽くめで、尾田先生の描き下ろしも載っていた。今回は「vol.2」の白ひげの話をまとめておきたい。ジャンピング近況アタック!こんにちは。白紙を渡されました。ワンパラ用に何か書いてと言われました。近況とかでいいですよって適当か!自由か!まー、信頼されていると受け取る。最近...

続きを読む

尾田先生「ぼくはマスコット・チョッパーを解禁した」秘話公開!!

ONE PIECEの連載10周年の際に発行された「ONE PIECE PARADISE!」。それはコミックスに挟まれた記念情報誌。略して「ワンパラ」!その内容はONE PIECE尽くめで、尾田先生の描き下ろしも載っていた。今回は「vol.2」の、チョッパーのマスコット化にまつわる秘話をまとめておきたい。アニメ8年目スープレックス!どうでもいい裏話をここでしよう。この物語は、数年前に起きた僕と東映アニメーション作画番長小泉昇氏との戦いの記録で...

続きを読む

ドラム島に桜が咲いたチョッパー編のラストは偶然の産物だった!?

ONE PIECE 総集編 THE 25TH LOGに掲載されている尾田先生書きおろしの「連載ってワンダーランド」。今回のお題は「予想以上に活躍したモノ」。カナダだったかなードラムロックと言われる岩の写真を本で見つけてね。かっこいいからそれをドラムロッキーという山にして、ドラム島という名前の島を作りました。いわゆるチョッパー編の始まり始まり。このシリーズもチョッパーのデザインがなかなか決まらなくて、見切り発車しましてね...

続きを読む

ビビは元々アラバスタ王女の予定ではなかった!?

ONE PIECE 総集編 THE 21st LOGに掲載された、尾田先生による書き下ろし「連載ってワンダーランド」。今回のお題は「予想以上に活躍したキャラクター①」ぶっちゃけいっぱいいるけど、それはビビです!!いや ミス・ウェンズデー。バロックワークスのエージェントとして登場した彼女ですが、それ以上の事は考えていませんでした。ところがある時髪をおろしたミス・ウェンズデーを描いてみてふと思ったのです。王女っぽーーーい。少し...

続きを読む

サイト内検索